海物語で魚群リーチが外れたらやめるべき?お詫びは来るのか解説!

海物語を打っていて、一番アツい瞬間と言えば魚群リーチでしょう。

でも、もしこの魚群リーチが外れたら…?

激アツリーチの魚群を外した後は、「もう当たらない」「調子が悪い台」と判断してやめるべきなのでしょうか?

もしくは、俗に言う「お詫びリーチ」が来るので、そのまま打ち続けた方が良いのでしょうか?

今回は、こんな疑問について解説します。

 

【先に結論】

・魚群がハズレても、その後どうなるかは分かりません。

・魚群ハズレ後のお詫びリーチは存在しません。

・打つべきか辞めるべきかは、ボーダーラインで判断します。

 

魚群リーチが外れた後にハマるのかどうかは分からない

先に結論を書きましたが、海物語で魚群が外れても、その後どうなるのかは打ってみないと分かりません。

すぐに当たるかもしれないですし、大ハマりするかもしれません。

仮にハマったとしても、それは実際に打ってみた結果であり、魚群が外れた時点ではこの先どうなるのかは分からないのです。

よって結論としては、辞めるべきかどうかはボーダーラインで判断します。

 

魚群がハズレても大当たり確率は変わらない

なぜ、どうなるのか分からないのか?

それは、大当たり確率が変わらないからです。

ここでは、大海物語4スペシャルを例に説明します。

大海物語4SPの通常時の大当たり確率は約1/319です。

魚群リーチが外れても、この確率は1/319のままで変わりません。当たり前ですよねー。

ということは、魚群が外れても当たりやすくなったり、ハマりやすくなったりはしないわけです。

確率が同じなら、当たりやすさ(ハマリやすさ)も同じ。

だから魚群外れ後にどうなるのかは、実際に打ってみないと分からないのです。

 

パチンコは過去の抽選結果に影響されない独立抽選

多分、これだけだと納得しない人がいると思うので、もう少し補足で説明します。

大海物語4SPに限らず、パチンコの大当たり抽選は俗に言う「独立抽選」です。

簡単に言えば、それまでの過去の抽選結果に影響されずに、毎回転ごと(1回転ごと)に独立して(単独で)抽選しているわけですね。

具体的には、それまでどれだけ連チャンしようが、どれだけ大ハマりしようが、次の回転の抽選には何ら影響を与えないってことです。

大当たり確率が1/319のまま変わらないので、当たり前って言えば当たり前なんですが、意外とここを勘違いしている人が多いので気を付けて下さい。

 

ハマった後に当たりやすくなることはなく、また連チャンした後にハマりやすくなることもありません。

つまり魚群リーチが外れても、その後の大当たり抽選には一切関係ないです。

だから「どうなるのかは分からない」となり、魚群が外れた後にいつ当たるのかは1/319と言う確率次第になります。

 

パチンコは先抽選で魚群ハズレはその結果に過ぎない

ついでに、大海物語4SPの魚群リーチの仕組みについてもカンタンに説明します。

これは大海物語4SPの限らず、パチンコすべてに当てはまることですが、リーチや各演出は大当たり抽選のに出現します。

 

スタートチャッカーに玉が入る

大当たり抽選をする

抽選結果が当たりなら、大当たりする演出やリーチを出す。

抽選結果が外れなら、外れる演出やリーチを出す。(もしくは何も演出を出さない)

 

という流れです。

ポイントは、先に抽選している点ですね。

先に大当たり抽選をして、その結果によって液晶画面に出す演出を決めているのです。

 

つまり魚群リーチが発生した時点で、当たりかハズレかはすでに内部では決まっていることになります。

魚群リーチが発生して、その場で大当たり抽選をしているわけではありません。

まあ、いわゆる「出来レース」ですね。

魚群を外すと悔しいですが、それは元から決まっていたことであり、リーチや各演出はその抽選結果を見ているだけに過ぎないのです。

 

魚群が当たらないのは大当たり抽選に当選していないから

「だから何だ?」ってなりますが、激アツリーチだろうがノーマルリーチだろうが、ハズレはハズレなんです。

ハズレをどうやって演出しているか?だけの違いであって、1/319の抽選に外れたという事実は同じです。

「何で魚群が当たらないんだ?」って怒る人がいますが、それは大当たり抽選に当選していないからです。

大当たり抽選に当選すれば、ノーマルリーチでも当たります。

 

繰り返します。

リーチや各演出は、大当たり抽選の結果を見ているだけです。

液晶デジタルが回転する前から、すでに当たりか?ハズレか?の結果は決まっています。

 

魚群リーチで半コマ外れしても惜しくはない

そうは言っても、魚群で半コマで外れると「惜しい!」ってなりますよね…。

でも、これも初めから決まっていたことです。

大当たり抽選に外れた結果、内部で

「魚群リーチを発生させて、半コマで外れる演出を出そう」

と決まっていたわけですね。

 

半コマ外れでも、ハズレはハズレ。

全然、惜しくはないです。

 

仮に半コマ停止から走っても(再始動しても)、それは初めからそう言う演出が選ばれていただけです。

大当たり抽選に当選した結果、

「魚群リーチを発生させて半コマで一旦ハズレとし、その後再始動して当たる演出を出そう」

と決まっていたわけですね。

半コマ外れしたその場で抽選しているわけではなく、デジタルが回る前から決まっていた出来レースなんです。

 

魚群の19リーチでハズレても惜しくはない

当たれば確変確定の「1と9の確変魚群Wリーチ」も同じです。

仮に外れても、初めからそう言う演出で外れることが決まっていただけ。

特別、惜しいということはありません。

悔しい気持ちは分かりますが、全然惜しくはないです。

19リーチでハズレても、ハズレはハズレですね。

 

魚群が2回連続で外れた後でもどうなるかは分からない

魚群1回だけならまだしも、さすがに2回連続で外すと凹みますよね…。

でも、これもハズレの魚群リーチ演出を2回連続で引いただけです。

魚群が1回外れた時点では、その後どうなるのかは決まっておらず、そのまま回した結果として2回連続で外れただけです。

さらにこのまま回せば3回連続で外れるかもしれませんし、もしかしたら当たるかもしれません。

それは、実際に打ってみないと分からないのです。

 

魚群を外しまくっても調子が悪い台ではない

「魚群を外しまくる台は調子が悪い」

って言う人がいますが、これは違います。

その理由はここまで説明した通りで大当たり確率は変わらず同じで、毎回転ごとに独立抽選しているからです。

「調子が悪い=当たりにくい」と言う意味だと思いますが、大当たり確率が同じなら当たりやすさも同じですよね?

パチンコ台に調子の良し悪しなんかありません。

 

魚群外れ後にハマりそうな気がするのは「気のせい」

・・・と、ここまで大海物語4SPで

・魚群ハズれた

・魚群が半コマで外れた

・19の魚群Wリーチを外した

・魚群を2回連続で外した

・魚群を外しまくった

という例を挙げて説明しました。

 

上記のような体験をすると…

「魚群が外れたからハマりそう」

「魚群が外れたから、台の調子が悪い」

と思ってしまいますが、これらはすべて人間が感情として勝手にそう感じているだけです。

機械であるパチンコ台には、全く関係ありません。

 

「魚群が外れた後はハマりそうな気がする」というのは、正にそういう気がするだけの「気のせい」です。

大海物語4SPは、毎回転ごとに1/319で抽選しているだけですので、魚群が外れてもその後の展開には一切関係ないです。

 

「大海物語4SPで魚群が外れたらどうなるのか?ハマるのか?」

という疑問については、パチンコの大当たりの仕組みから見れば、

「どうなるのかは分からない」

が答えになります。

これが、ここまでの結論になります。

 

魚群ハズレ後のお詫びリーチは存在しない

「魚群が外れた後には”お詫び”が来る」って言う人がいます。

「魚群外れてゴメンネ」と言うお詫び(?)の意味で、魚群外れ後の○○回転以内に大当たりする魚群リーチが来ることのようですが、これって本当なのでしょうか?

 

もうこれは答えが出ていますが、お詫びの魚群リーチなどは存在しません。

その理由は、もちろん「魚群が外れた後は、どうなるのかは分からない」からです。

 

魚群を外しても魚群リーチの出現率は変わらない

大当たり確率が変わらないのと同じで、魚群を外しても魚群リーチの出現率も変わりません。

リーチや演出も「過去の抽選結果に影響されない独立抽選」だからです。

つまり「お詫びが来やすい=魚群リーチが来やすい」は、根拠のないオカルトだと言うことが分かります。

魚群を外したからと言って、「その後○○回転以内に再び魚群が来やすい」ということはないです。

 

魚群を外しても魚群リーチの信頼度は変わらない

魚群の出現率が変わらなければ、当然、魚群リーチの信頼度も変わりません。

「お詫び魚群リーチ=当たりやすい」と言いますが、これも全く根拠のないオカルトですね。

仮に変わったとしても、そもそも内部の大当たり抽選に当選しなければ、どれだけ魚群が出ても絶対に当たりません。

大海物語4SPに限らず、パチンコで「お詫び」など存在しないことは、パチンコの大当たりの仕組みを理解すればカンタンに分かるはずす。

 

↑信頼度100%の魚群とは、大当たり抽選に当選した時にしか出現しない魚群です。

大当たり抽選ハズレ時には絶対に出現しないので、その分、魚群リーチ自体の出現率が下がることは当然のことです。

 

お詫びリーチで当たってもそれは偶然に過ぎない

それでも中には

「いや、俺は魚群を外した後にお詫びが来て当たった」

という人もいるでしょう。

これは、ごく自然な当たり前のことです。

 

…ということは、

「やはり魚群で外れると、○○回転以内にお詫び来るのは本当なのか?」

と言えば、やはり違います。

 

これは魚群を外した後○○回転以内にたまたま偶然魚群リーチが出現しただけにすぎません。

初めからお詫びが仕組まれていたわけではなく、たまたま連続して魚群が出てそこで当たっただけです。

逆に魚群を外した後に、全く魚群が来ないのもおかしな話ですからね。

魚群が来るかどうかはその時その時の確率次第ですから、やはり外した後どうなるのかは「実際に打ってみないと分からない」になります。

 

もし、どうしても「お詫びの魚群はある!」と言うのなら、それは

「魚群が外れた後にすぐに再び魚群で当たったから、この大当たりをお詫びと呼ぼう」

とするべきです。

このニュアンスの違いが分かりますでしょうか?

 

「この先、お詫びが来る」

ではなく、

「当たったから、これをお詫びと呼ぶ」

です。

未来と過去の違いです。

 

未来はどうなるか分かりませんが、過去のことは事実として分かっています。

ですから、

「魚群外れの後に、すぐにまた魚群で当たったことをお詫びと呼ぶ」

なら、これは正しいと言えます。

 

でも

「魚群外れの後にはお詫びが来て当たる」

は、未来のことで不確定です。

これはパチンコの仕組みから見れば根拠がないのでオカルトとなります。

 

魚群リーチの意図的な出し方はない

「そもそも魚群が出ない!魚群の出し方を知りたい!」

と言う人もいます。

確かに海物語シリーズは、魚群が出てナンボな所があります。

が、残念ながら意図的に魚群を出すやり方はありません。

リーチが掛かった瞬間に、ガラスをコンコン叩いてもムダです(笑)。

 

内部で魚群リーチの演出が選ばれなければ、どうやっても魚群は出ません。

どうしても魚群を出したければ、もうひたすら回すしかありません。

どれぐらいの確率で出るかと言えば、それはあらかじめプログラムで決められた確率です。(数百分の1?)

 

大当たり時には、当たる魚群リーチが。

ハズレ時には外れる魚群リーチがそれぞれプログラム通りの確率で選択されます。

魚群が出ないのは、魚群リーチの演出に当選していないだけです。

 

大海物語4SPでビッグバイブや大泡が外れてもハマりやすくなったりはしない

大海物語4SPで、魚群と並んでアツイ演出がビッグバイブや大泡です。

このビッグバイブや大泡が外れた後は、どうなるのでしょうか?

やはりハマってしまうのでしょうか?

 

もう答えは、分かっていると思います。

「実際に回して見ないと分からない」で、魚群リーチと全く同じです。

ビッグバイブや大泡が発生する前から、当たりかハズレかはすでに決まっています。

外れたからと言ってその後当たりやすくなったり、ハマりやすくなったりすることはありません。

1/319は、1/319のままです。

 

魚群・ビッグバイブ・大泡。

外れると悔しいですが、ハズレはハズレ。

液晶デジタルが回転する前から結果が決まっていた”出来レース”ですので、全然惜しくありません。

その後どうなるのかは、実際に打ってみないと分からない確率次第になります。

 

【結論】魚群を外した後のヤメ時はボーダーラインで判断する

では、結局うなるのか分からないのなら、魚群・ビッグバイブ・大泡が外れた後は一体どうすればいいのか…?

何を基準に、ヤメ時を判断して決めればいいのか…?

という疑問が残ります。

 

この答えは、ボーダーラインです。

ボーダーラインとは、千円あたりの平均回転数ですね。

自分の打っている台がボーダーラインを下回っていれば辞めるべきで、上回っていれば続行するべきと判断できます。

ボーダーラインを上回っていれば、理論上は打てば打つほど玉が増えるからです。

 

これまで説明したように、パチンコは確率がすべてです。

大当たり確率が1/319で変わらないのなら、千円で少しでも多く回った方が有利に決まっています。

どれぐらい回れば勝てるのか?

これを理論的に計算した数値が、ボーダーラインになるのです。

 

【補足説明】

今回は、「魚群が外れたら」というテーマで書きましたので、「魚群が外れた後はボーダーラインで判断する」と結論付けました。

しかし魚群リーチの出現の有無に関わらず、海物語(パチンコ)はボーダーラインを下回っていると分かった時点で、即ヤメるのがベストです。

ボーダーラインを下回っている台は、打てば打つほど玉が減って行くからです。

魚群リーチを待たずして、「回らない」と判断すればすぐに辞めましょう。

だからこそパチンコは、釘を読むことが大切なんですよ。

 

↑遊雅堂は、運営会社があのベラジョンカジノと同じ。

もちろん、ハワイアンドリームシリーズも遊べます。

特徴は何と言っても、日本円がそのまま使えること。

わずらわしいドルに換金しなくていいので、為替を気にすることなく気軽にプレイできます。

今なら登録時に3,000円プレゼント!

↓ハワイアンドリームがより荒波になった「クリスマスversion」が登場!

ハワイアンドリームのクリスマスと通常版とのスペックの違いを比較してみた

↓ディーチェなら合法的に景品交換ができる!