海物語で朝一魚群リーチがハズレたらハマり台の兆候?やめた方がいいの?


スポンサーリンク


フィーバー!

元店長の”ななしー”です。

 

今回は、海物語の朝一魚群リーチハズレについて考えてみます。

噂でよく聞くのが「朝一で魚群リーチがハズレると、それはハマり台の兆候」 ということです。

 

これって本当なのでしょうか?

本当にハマる台なら、すぐにやめた方がいいですよね。

 

早速考えていきましょう。

 

先に僕の考えをまとめておきますね。

 

・海物語などのパチンコ台には、朝一などの時間の概念はありません。

・魚群リーチのハズレが、ハマりの兆候ということはありません。

・魚群リーチが朝一で外れても、ボーダーラインを上回っていれば続けて打つべきです。

 




朝一で魚群リーチが外れる意味とは?

海物語は大人気機種なので、週末になると開店からお客さんが座りますよね。

 

そんな中、開店から朝一番で魚群リーチ発生!

幸先良いスタートと思いきや、まさかのハズレ・・・。

こういう体験をすると、何だかこの後、この台はハマりそうな気がしますよね。

 

でも実は、朝一で魚群リーチが外れても、その後のハマりや大当たりには一切関係がないのです。

以前似たような記事を書きましたので、よろしければそちらも併せてどうぞ。

 

海物語沖縄4で時短中に魚群リーチが外れるとハマる前兆?不調台なの?

 

まずは「朝一」という時間から考えてみます。

 

パチンコ台に時間は関係ない

海物語などのパチンコ台には、時間帯によって大当たりしやすい、ハマりやすいということはありません。

パチンコ台は、スタートチャッカーに玉が入った瞬間に大当たりの抽選をしています。

もちろんいつ何時に打っても、大当たり確率は変わりません。

 

仮に「朝一の電源投入後は大当たりしやすい」ということがあるのなら、それは大当たり確率がアップしてることになります。

海物語は、確変図柄を引いた時のみ大当たり確率がアップします。

時間帯で大当たり確率が変わることは絶対にありません。

もちろんこれは、朝一でも閉店間際でも変わりません。

 

そもそも海物語等のパチンコ台には、今が何時何分なのかを知る由もないのです。

中には、朝一の電源投入後に演出が変わる台がありますが、それは演出の出現率が変わっているだけであって、大当たり確率そのものが変わっているわけではないのです。

 

朝一で確変潜伏などがあれば、話は別ですよ。

これは確変ですから、大当たりしやすいに決まっています。

 

まずは海物語などのパチンコ台には、時間の概念がないということを知って欲しいのです。

「朝一」と言っても、それは人間が勝手に決めた時間であって、パチンコ台には一切関係ありません。

 

また恐らく「朝一」と言うのは、電源を切って入れた直後の状態の事を指している人もいると思います。

海物語などのパチンコ台は、電源を切っても当たる確率は変わりません。

通常時の大当たり確率が1/300なら、何回電源を入り切りしても1/300のままです。

電源を切ったところで何も変わりません。

RAM クリアをすれば、確変や時短が消滅して通常時に戻るだけです。

 

 

魚群リーチが外れる台はハマリの兆候?

海物語などのパチンコ台には、時間は関係ないことを説明しました。

では魚群リーチが外れると、それはハマりの兆候なのでしょうか?

これは、度々僕が説明している「パチンコ台の大当たりの仕組み」がこの答えになります。

 

パチンコ台は、スタートチャッカーに玉が入った瞬間に大当たりの抽選をしています。

毎回転、毎回転これを繰り返しているだけです。

あらかじめ、連チャンやハマりの波がプログラムされているわけではないのです。

いつ大当たりするのかは、誰にも予想ができません。

全ては、毎回転ごとの大当たり抽選の結果次第です。

 

確かに激アツリーチの魚群リーチが外れると、 何だか当たらなくなるような気がします。

魚群リーチに限らず、信頼度の高い激アツリーチを外すとハマりそうな気がするのも分かります。

でもそれは、人間が勝手にそう思ってるだけ。

 

魚群リーチが外れたからと言って、大当たり確率が低くなることはありません。

魚群リーチが外れた後も、常に大当たり確率は同じです。

仮に魚群リーチが外れた後にハマったとしても、それはたまたま結果そうなっただけ。

その台がいつ大当たりするのかという未来のことは、誰にも分からないのです。

 

そもそも魚群のハズレリーチというのは、「魚群の外れリーチ」という演出に当選したからです。

海物語などのパチンコ台は、スタートチャッカーに玉が入った瞬間に大当たり抽選をしていると説明しました。

 

当たりを引いた場合は、大当たりのリーチを発生させて大当たりさせます。

でも、大当たりの時しかにかリーチが発生しないのでは、お客さんは飽きてしまいますよね。

だからたまには大当たり抽選に外れた場合に、ハズレのリーチを演出して発生させるのです。

魚群リーチが外れたということは、大当たりの抽選には外れたが、「ハズレの魚群リーチの発生に当選した」ということです。

 

リーチというのは、大当たり抽選の結果を見ているだけということですね。

もっと言えば、スタートチャッカーに入った瞬間に抽選しているということは、 ハズレの魚群リーチがいつ出現するかも分からないということです。

「たまたまその回転で、ハズレの魚群リーチを引いただけ」。こうシンプルに考えてください。

 

繰り返しますが、この先当たりやすいとかハマりやすい等が、あらかじめプログラムされていることはありません。

ハズレの魚群リーチも、いつ出現するのかも分かりません。

全ては、毎回その都度行われる大当たりの抽選結果次第です。

 

なんだか大当たりしそう、いやハマるかも・・・というのは、人間の感情が勝手にそう思ってるだけです。

 

 

魚群リーチが外れたらやめた方がいいの?

このように、朝一などの時間帯や魚群リーチのハズレは、未来の大当たり抽選の結果に全く関係ないのです。

朝一で魚群リーチを外したからと言っても、それがハマりの兆候ではありません。

 

仮に魚群リーチが外れた後にハマったとしたら、それはたまたま結果そうなっただけです。

あらかじめ、その結果を予想できるものではない、ということを知ってください。

 

では、仮に朝一魚群リーチが外れたら、その台はそのまま打った方がいいのでしょうか?

もしくは、やめたほうがいいのでしょうか?

 

未来がどうなるか分からないので、これは迷いますよね。

でもこの答えも簡単です。

 

ボーダーラインを上回れば、そのまま打ち続ければいます。

ボーダーラインとは、パチンコ雑誌によく載っている「1000円で何回転以上回れば~」という数字です。

 

このボーダーラインを上回れば、打てば打つほど玉が増えることになります。

反対にボーダーラインを下回れば、 打てば打つほどどんどん玉が減っていくことになります。

 

もっと言えば、そもそも魚群リーチが外れる以前に、その台を打ち始めた時から1000円で何回転回るのかを数えるべきです。

「魚群リーチが外れてから」では遅いです。

 

海物語に限らずパチンコ台を打つのなら、ボーダーラインを把握しておくことは必須ですよ。

スポンサーリンク

 

まとめ

海物語などのパチンコ台には、時間の概念がありません。

朝一でも閉店間際でも、大当たり確率は変わらないのです。

もちろん台の電源を入り切りしても、大当たり確率は変わりません。

 

パチンコ台は、スタートチャッカーに玉が入った瞬間に毎回抽選しています。

予め、大当たりやハマりの波が決められているわけではないのです。

だから魚群リーチが外れたからと言って、それがハマりの兆候ではありません。

 

たまたまその回転で「ハズレの魚群リーチ」の演出に当選しただけ。

その後ハマるかどうかは、誰にも分からないのです。

 

そのままその海物語を打ち続けるかどうかは、 ボーダーラインを越えてるかどうかで判断すべきです。

魚群リーチのハズレで判断してはいけません。

それよりもその台を打ち始めた時から、ボーダーラインを超えているかどうかのチェックをしましょう。

 

 

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。