海物語を打つならシリーズの中でどれがおすすめ?楽しい機種など口コミ2019まとめ

フィーバー!

初めて釘調整をした機種は「CR海物語3R」な、元店長の”ななしー”です。

※「A」が付かない初代の方です。

 

前回は、「北斗の拳シリーズ打つならどれ?」と言う口コミをご紹介しましたが、今回は、王者”海物語シリーズ”の打つならどれ?です。

 

海物語シリーズって、本当に機種数が多いですよね。

沖海?大海? 3? 4?

ミドル?ライト?甘?

どれを打てばいいのか、本当に迷います。

 

これだけ機種数が多いのは、検定切れまで撤去されることがない、絶大な人気機種だからです。

逆に、海シリーズすら飛んでいるパチンコ店は終わってます。

 

そんな海物語シリーズのおすすめの口コミを集めましたので、ぜひ機種選びの参考にして下さい^^

 




海物語シリーズの中で打つならどれがおすすめ?

 海物語シリーズの中で大爆発が期待できる【沖海4桜ライト】がおすすめ

34歳 男 パチンコ歴14年 

私がおすすめする海物語シリーズは、CRスーパー海物語IN沖縄SCA 桜バージョン ライト199ver.です。

海シリーズで打つなら、沖海4桜ライト、これだと思ってます。

 

最近は、パチンコの基本スペックがだいぶ厳しいです。

海物語シリーズも例外とは言えず厳しいですが、そんな中でも沖海4桜ライトは、「打つならこれ!」とおすすめできるスペックです。

 

初当りは軽めの199なので、だるみもなく打っていて楽しい機種です。

爆発力も十分備えており、ST機としての性能が高いです。

ST中の回数は、確率分母と同じ33回なので大爆発が期待できます。

初当り、爆発力、人気、どれをとっても海シリーズの中で一級品のデキです。

 

オーソドックスな315タイプの海もいいですが、私は引き弱なので1000ハマりが怖いです。

199ならそこまでハマらないので、安心して打ってます。

 

沖海4桜ライトがいいなと思ったきっかけは、以前パチンコで何を打ってもだめだった時期がありました。

その時に、たまたま座った沖海4桜ライトで大爆発して、この台のスペックの優位性に気づきました。

 

演出面も面白く、飽きない演出ばかりだと思います。

一番好きなのは、やはり確変中のどノーマルですね。

はずすと2度と立ち直れませんが。

 

”千本桜”も大好きな曲で、まさかパチンコで聞ける日が来るとは思ってもいませんでした。

あれを聞くと「やってやった」感がありますね。

沖海4桜ライトは、現在の海物語シリーズの中で最高の1台だと思います。

 

 

 海物語シリーズ打つならウリンモードが楽しい【沖海3甘デジ】がおすすめ

37歳 男性 パチンコ歴10年

パチンコの海物語シリーズの中で、どれが一番楽しいかと問われると、私はCRAスーパー海物語IN沖縄3ASBです。

 

この機種のスペックは甘デジタイプで、初当たりが1/99.9で確変突入が100%、確変は5回転までの1/9.9になります。

その後の振り分けで、時短が25回、50回、100回とあります。

 

すごくライトなスペックなので、当たりが軽い分、引き戻しを含めて連チャンしやすく爽快感があります。

演出も海物語シリーズのシンプルなものが多く、初めての人にもわかりやすいです。

 

確変中は通常モードに加え、ウリンモードという特別な演出モードが選べます。

確変中を打つなら、このウリンモードがおすすめ!

 

基本的にはリーチになればアツいのですが、リーチになった後もパターンの種類が多いです。

また、それまでの煽(あお)りの種類も豊富で、演出のバランスが非常に良く楽しさを感じました。

記憶している限り、ウリンモードがあるのは沖海3だけだったはずです。

 

時間つぶしとして打つなら、スペック、演出バランス、当たりの軽さ、当たりや確変や時短の消化時間の速さ、そしてやめ時の明確さ・・・。

どれをとっても非常に優秀で、設置してあるならぜひ遊んでいただきたい台です。

海物語シリーズの中では、絶対におすすめですよ!

 

 

 【沖縄2設定付き】が海物語シリーズの中で打つならおすすめ

パチンコ歴=海物語歴8年、40代の女性です。

”ストーリー型”の長いリーチ機種をまったりと楽しむのもよいですが、やはり仕事しながら限られた時間で打つなら、最終的には時間効率のよい海物語シリーズに戻って来ます。

 

海物語シリーズの中でどれが一押しかと言うと、Pスーパー海物語IN沖縄2 SAHS(初当たり確率1/106.5~1/119.8)です。

ライトスペックで設定がついているため、初当たり確率にかなり幅のあるパチンコ機種です。

今でも根強い人気のある沖縄2の懐かしい演出を、そのままきれいな台で楽しめます。

 

私個人としては、近年のフラッシュ演出の強すぎるパチンコに比べて、この「沖縄2設定付き」は気持ちが落ち着きます。

 

先日、朝一でこの台に座って打った時のことです。

初当たりがかなり遅く、しかも単発に終わったということがありました。

 

不安に感じていたのですが、その後の当たりがさくさくと早い段階で来て、しかも3連チャン以上が何度も続き、最終的には一万発近くにまで出ました。

沖縄2設定付きは、感触的にどれが高設定かと分かった時点で続行できるので、長い時間遊べる台です。

 

もうひとつ、海物語シリーズを打つならおすすめなのが、CRスーパー海物語IN沖縄4SCA(初当たり確率1/199.8)。

こちらは、ライトミドルスペックの台です。

大当たり中のSTである”千本桜ゾーン”の期待度によって、変化のある演出にドキドキさせられます。

おなじみのミニキャラや、マンボーのアクションも楽しいです。

 

昔の桜マックスや桜ライトが好きだった人には、楽しんでいただける爆発力のある台です。

私は、これまでに最高で13連までしたことがあります。

 

また、海物語ジャパンシリーズも保留が8個まで溜められ、利用するホールでは比較的回る調整をされていることが多いので、最後にこちらもおすすめしておきます。

 

 

 海物語シリーズ打つならスペックが良い【沖海3桜ライト】がおすすめ

26歳 男 パチンコ歴8年

海物語シリーズはどれも楽しく、甲乙付けがたいですね。

一番おすすめは、CRスーパー海物語IN沖縄3桜ライトバージョンです。

 

おすすめの理由としては、まずはスペック。

現在のパチンコと比べると、スペックが段違いに良いです。

海物語シリーズの中でこれを探して、わざわざこの機種を打ちに行くことも多いです。

時代に逆行した100%突入の安定感のある、ショートSTの出玉速度が打っていて楽しいですね。

 

沖海3桜ライトを打つなら、マリンモードが一番有能だと考えております。

海物語シリーズとしては珍しく、先読みが多彩な所がマリンモードの良いところだと考えております。

海物語シリーズは、魚群の有無やリーチ中のさりげないチャンスアップが楽しい、という方も多いと思います。

ですが、魚群やチャンスアップだけでは少しもの足りない!といった心境を、払拭してくれるのがマリンモードです。

 

海モードの魚群よりも、加速前兆+ウリン合流+魚群のが安心でき、同じ当たりなら演出や多くのチャンスアップを見れた方がお得だという主観から、沖海3桜ライトのマリンモードを推します。

どれを選んでも結局は一緒だと思いますが、個人的にはマリンモードでしか見ることができない、扉から手前に来る魚群や宝箱から上昇する魚群がとても素敵で見ていて楽しいです。

是非、沖海3桜ライトを打ってみて下さい。

 

 

スポンサーリンク

 

 万発が期待できる【海物語 金富士】がシリーズの中でおすすめ

33歳女、パチンコ歴15年です。

 

私が15年前に最初に打ったパチンコが、海物語シリーズでした。

「パチンコを打つなら、設置台数が多いのが良いかな」と思ったのと、ルールが簡単そうと思って座ったのがきっかけです。

当時、どの海物語シリーズに座ったのかは覚えていませんが、少し勝つことができたのもあり、それからは海物語シリーズのファンになりました。

 

時代は流れ、パチンコも高継続が人気の時代になりました。

82%継続の他機種にハマったことなどで、しばらく海物語は打たなくなりました。

 

しかし更に時代は流れ、65%までしか継続率を設定できないとなった時(今はもっと高継続率が許されています)に出会ったのが、CRスーパー海物語INJAPAN金富士199ver.でした。

当時の私は、65%くらいの継続率じゃ満足できないだろうと決めつけていたところがあり、パチンコ自体への熱も冷めかかっていました。

 

しかし、この「海物語 金富士」を打ってみると、まず最大8個まで保留が貯められることに驚きました。

199.8分の1というライトミドルスペックのため、当たりが早く一番つまらない通常時が短く感じたのです。

 

さらに初回の大当たりから15ラウンドに期待でき(50%)、その後も15ラウンドに片寄れば、2万発や3万発も夢ではありません(実際に出たことあります)。

この65%の継続率でも、楽しいと思える台があるのかと感激しました。

私は、短気で通常時のハマりが長いのが嫌いなので、同じような方におすすめしたいです。

 

海物語シリーズは、どれを打っても大体の演出が共通して分かりやすいので、初心者の方に向いていると思います。

この「海物語 金富士」は”和”がテーマになっており、綺麗な日本の風景やお祭りの景色、更にはオリジナルの演歌(すごく良い曲です)もあり、他の機種にはない魅力が詰まっています。

せっかく打つなら、楽しい気持ちで曲にノリノリになりながら打ってほしいです。

 

 

 海物語シリーズ打つなら、飽きずに楽しめる【海物語 ジャパン 桃鉄】がおすすめ

34歳、女性、パチンコ歴16年目になります。

『海物語シリーズ』は、私がパチンコを始めた時からある機種で、数々の種類の機種を打って来ました。

デシハネ、ライト、ミドル、全てを経験しており、今でもメインで遊戯している機種です。

 

そんな私が『海物語シリーズ』で1番おすすめするスペックは、『CRAスーパー海物語 IN JAPAN with 桃太郎電鉄』です。

この機種は甘デジであり、大当たり確率1/99になります。

大勝ちを狙っている方にこの機種はおすすめしませんが、少しでも長く遊戯したい方や、勝ちが少額でも良いから楽しみたい方におすすめです。

 

この機種は『海モード、ジャパンモード、お祭りモード』と3種類から選べ、それぞれリーチ演出が全く違う為、飽きずに長時間楽しむことができます。

どれを遊戯しても楽しいのですが、私が長時間打つなら『お祭りモード』にします。

 

機種名に『with桃太郎電鉄』とあるように、桃鉄とコラボをしております。

特に『お祭りモード』では、桃鉄の色々な演出が楽しめます。

リーチ後に桃鉄キャラが登場したり、変動中に突然登場したり、SPリーチ中に桃鉄キャラが登場したりと、本当に演出が多彩で飽きが来ません。

又、大当りラウンド中に『桃鉄チャンス』というサイコロゲームがあり、サイコロを振って見事ゴールに辿り着くと、次回の大当りが確定になります。

 

7ラウンド7カウントで490玉、16ラウンド7カウントで1120玉と、出玉は少なく大勝ちは望めません。

しかし、比較的他の海物語シリーズに比べ連チャン率も高いですし、余りハマらないために長時間遊戯できる機種だと思います。

どれを取っても、「海物語ジャパン桃鉄」は面白い機種だと思います。

 

 

 海物語シリーズ打つならサクサクあたる【スーパー海SAE5】の甘デジがおすすめ

60代の男性で、パチンコ歴は約40年です。

SANYOの海物語シリーズは、数あるパチンコ機種の中でも不滅の機種とも言えるほど、長年に渡って人気があるシリーズの一つです。

パチンコをする人なら、一度は海物語シリーズを打ったことがあるはずです。

 

そんな海物語シリーズですが、現在でも次から次へと新機種が登場しています。

どれを打ってもシンプルでスピード感あふれる、海物語シリーズ特有のパチンコが楽しめます。

 

その中で打つなら、おすすめはCRAスーパー海物語sae5が楽しいです。

そのスペックですが、大当たり確率が約90分の1で5回転のSTが付きます。

 

時短は従来の機種に似ており、絵柄により25回転、50回転、100回転に分かれます。

25回転ばかり続くと正直しんどいですが、50回転、100回転があると展開は非常に楽です。

 

何せ、大当たり確率が約90分の1なので、サクサクと大当たりがやってきます。

期待できる大当たり総数は初当たりのほぼ1.8倍で、一日打てば60~70回の大当たりが期待できます。

 

最近は、いろいろなスペックの機種が出ています。

どれを打とうか、迷っている人も多いことでしょう。

そんな方におすすめするのが、CRAスーパー海物語sae5です。

15ラウンドが2%と少ないのが寂しいですが、それを差し引いても納得のスペックです。

 

 

 【大海物語4MTB】は破壊力があるので、海物語シリーズ打つならコレしかない

私がおすすめするパチンコの海物語シリーズは、CR大海物語4MTB Ver319です。

同シリーズのスペックの甘い「CR大海物語4 With アグネス・ラム 遊デジ119ver.」も好きなのですが、打つならばCR大海物語4MTB Ver319をおすすめします。

 

大海4MTBは、パチンコの醍醐味である大当たりした時の出玉感が魅力です。

16Rで当たった時の出玉は1890発で破壊力があり、これが出ると個人的には連チャン率も伸びる気がします。

大海4を打つならば、断然Ver319です。

 

遊戯モードは従来からのラグーン、アトランティス、トレジャーの3ステージの他に、「クリスタル」という新しいステージが加わっています、

どれも楽しいですが、おすすめはやはりクリスタルモードですね。

 

リーチ中に、クリスタルが割れればほぼ大当たりします。

恐竜がからむとどんな時も期待でき、画面中心で叫ぶと期待大です。

音楽も楽しく確変、時短中はノリノリでプレーできます。

 

このシリーズは、ビックバイブも楽しい機能です。

通常時でもビックバイブがどこからでも発生し、大当たりが期待でき恐竜とも絡んで大迫力です。

 

また、パールフラッシュもシリーズ史上最大の全画面で、リーチ中に突然発生した時などは大興奮です。

海シリーズでどれを打つか迷ったら、私はこの大海物語4の319ver.をお勧めします。

 

 

海物語シリーズの中で打つならどれがおすすめ?のまとめ

驚きました。

今回の「海物語シリーズ打つならどの機種がおすすめ?」は、8件の口コミを集めたのですが、8人すべてがバラバラの機種をおすすめしていました。

 

僕は、このような口コミや体験談・感想を、他にもたくさん記事にしてご紹介していますが、基本「早い者勝ち」で採用しています。

僕が意図的に機種を選んで、口コミの結果を操作をしていません。

 

この今回の結果から思うに、結局海物語シリーズはどれもおすすめで、どの機種を打っても楽しめるということが言えます。

 

海物語シリーズって、初めて打っても「あ、海だな」って言う安心感がありますよね。

リーチも、演出こそ年々派手にはなっていますが、基本はシンプル。

魚群が出ればアツイ!とかは、もう初代の頃から変わっていません。

 

口コミにもありましたが、”ストーリー型の長すぎるリーチ”を採用していない点も、海物語シリーズならではだと思います。

メーカーの三洋さんも、よくニーズを分かっているな、と。

 

スペックも凄いですよね。

甘デジ、ライト、ミドル、これだけすべてのスペックが人気でおすすめされるのは、無数にあるパチンコ機種の中でも海物語シリーズしかありません。

スペックのバランスが絶妙で、リーチアクションともうまく絡み合っていると思います。

甘すぎたり辛すぎたりするスペックは、ホールも使いづらいですからね。

 

海物語シリーズの客層は、年配のお客さんがメインですが、若い人にも楽しめる機種です。

男女年齢問わず、ここまで受け入れられる機種って他にありますか?

スロットのジャグラーシリーズぐらいかな。

 

今回の口コミの結論として、「海物語シリーズは、どれを打ってもおすすめできる」でした^^

 

 

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。