海物語にはなぜ4図柄のサメが2匹いるの?緑色の裏ザメの意味は? 


スポンサーリンク


フィーバー!

元店長の”ななしー”です。

 

大海物語4や沖縄4などの海物語シリーズ、今日もホールで大人気ですよね。

 

そういえば、海物語シリーズって4の図柄のサメが2匹いますけど、これって何か意味があるのでしょうか?

④の数字が緑色のサメは「裏ザメ」と言われていますが、なぜ4の図柄のサメだけ2匹なのでしょうか?

 

これについて考えています。

 

先にこの記事の要点をお伝えしておきます。

 

・4図柄のサメだけが2匹いるのは、確変の突入率を50%にするための昔の名残です。

・緑の裏ザメの意味は、リーチの出現率を上げるためとも言われています。

・過去にも10の図柄があった機種もありました。

 




海物語にサメが2匹いる理由は?

海物語シリーズは、実に数えきれないぐらいのスペックの台が今まで発売されてきました。

マイナーな型式も合わせると、一体いくつぐらいの機種数になるんでしょう?

あなたはいくつ言えます??

 

僕は、全ての海物語シリーズを打ったわけではありませんが、どのスペックの海物語にも4の図柄であるサメが2匹いますよね。

 

1のタコと9のカニの間にいるサメは、通称「裏ザメ」と呼ばれ④の数字が緑色です。

ちなみに3と5の間にいるサメは、「表ザメ」と呼ばれ?④の数字が黄色です。

 

このサメが2匹いる理由は、確変の突入率を50%にするためです。

 

サメ2匹で偶数の図柄を増すため

話はかなり遡(さかのぼ)りますが、初代CR海物語が発売された1999年の時のことです。

いや~懐かしい・・・。(遠い目)

僕が、現役バリバリのパチンコ店店長やっていた頃ですね。

 

実はこの初代のCR海物語の頃から、4図柄のサメが2匹いました。

当時は、確変突入率が50%の機種が主流。

 

海物語は奇数が確変図柄、偶数が通常図柄です。

これは、今も変わらずに引き継がれています。

 

現在のパチンコ台は、セル盤の隅っこにある「7セグ」が本当の”メインデジタル”です。

いわば液晶のデジタルは飾りです。

だから7セグを見ると、大当たりが確変なのか通常なのかが分かります。

 

でも昔は、液晶のデジタルがそのまま”メインデジタル”だったのです。

今のように小さい7セグの表示はありませんでした。

 

だからと言って特に問題があったわけではないですが、 当時のパチンコ台のルールの一つの中に、

「確変突入率は、メインデジタルの見た目と同じでなければいけない」

というルールがあったのです。

 

当時の海物語の確変突入率は50%ですから、メインデジタルの見た目も確変大当たりが50%でなければいけないということです。

 

わざわざ説明はいらないと思いますが、海物語の確変図柄は・・・

 

奇数図柄の1・3・5・7・9

偶数図柄の2・4・6・8

 

です。

 

でもこれだと、見た目の確変突入率が5/9となってしまい50%にはなりません。

現在の規則の海物語シリーズでしたら、7セグが本当の大当たり図柄ですからこれでも問題ありません。

しかし1999年当時は液晶画面のメインデジタルを確変突入率50%にしなければいけないので、そこで4図柄であるサメを2匹にして偶数の数を1つ増やしたのです。

 

奇数図柄の1・3・5・7・9

偶数図柄の2・4・6・8・4

 

となれば、メインデジタルの見た目も確変突入率が50%になります。

これが、4図柄のサメが2匹いる理由です。

 

 

4のサメではなく10図柄ではダメなの?

偶数の数を一つ増やすために、4の図柄であるサメを2匹に増やしたこと分かりました。

 

でも、なぜ4の図柄なのでしょうか?

9のカニの後に、素直に10の図柄を追加すればいいと思うんですが・・・。

 

実は、10の図柄がある機種もあったのです。

それが現金機の権利物「ギンギラパラダイス」シリーズです。

この現金機のギンギラパラダイスには、10の図柄「カサゴ」がいたのです。

 

現在の復刻版のCRギンギラパラダイスで、9の図柄の後ろにいるチャンス図柄の”アレ”です。

実はヤツ、昔は10の図柄だったんですよ。

 

もちろん現金機ですから、確変はありません。

確変はCR機にのみ認められているので、現金機では、どの図柄が揃っても大当たりは3回1セットと言うスペックです。

 

ギンギラパラダイスが登場したのが1995年ですから、海物語よりも4年も古いですね。

つまり、ギンギラパラダイスがヒットして、そこから海物語が誕生したのです。

 

少し話がそれましたが、海物語でもそのまま10の図柄を採用すれば、奇数と偶数の数は50%ずつになり問題はありません。

でもなぜ10ではなく、4の図柄のサメを2匹に増やしてまでも採用したかと言うと、これはリーチの出現率をアップさせるためだと言われています。

 

この現金機のギンギラパラダイスでは、10種類の図柄があります。

液晶画面のデジタルの上段・中段・下段のすべてに、10種類の図柄があります。

 

しかし海物語シリーズでは、10ではなく4のサメの図柄を増やしていますので、デジタルの中段のみサメが2匹です。

デジタルの上段と下段はサメは一匹、つまり図柄は9種類しかありません。

 

リーチは、上段・下段と挟んだ形で発生します。

当然、図柄が10種類よりも、9種類の方がリーチの出現率をアップさせることができます。

これが10の図柄ではなく、あえて4図柄のサメを2匹に増やした理由と言われています。

 

この説が本当かどうか僕も自信がありませんが、確かに言われてみればその通りですよね。

それに10の図柄のカサゴは、ギンギラパラダイスのキャラクターであり、海物語は海物語でまた別の機種です。

 

海物語で10の図柄を採用せずに、あえてサメを2匹に増やしたのは、メーカーの中に何か考えがあったのでしょう。

もし、どなたか本当の理由をご存知の方がいれば、 ぜひ教えてください 。

 

余談ですが・・・

と言うことは、4のサメではなく、2や6・8の偶数図柄を2つに増やしても良かったことにもなります。

なぜ4のサメだったのでしょう・・?

 

僕が思うには、2や8を2つにすると「図柄の配列上、表の図柄と裏の図柄が近すぎるから」かな?と思います。

1と9の間に裏の図柄がありますので、2(8)が通り過ぎてまた2(8)が来ることになりますからね。

 

では、4ではなく6でも良かったのでは・・・?

 

もうこれは、サメのほうが生物として馴染み深いから?でしょう(笑)。

スポンサーリンク

 

緑色の裏ザメの意味は?

これ、僕知らなかったのですが、9と1の間にある方の4図柄のサメは「裏ザメ」って言うんですね。

これに対して、3と5の間にある4のサメは「表サメ」。

 

しかも裏サメの方は、数字の④が緑色ですね。

表のサメは、数字の④が黄色。

ちゃんと区別されています。

 

そんなことも知らなかったのか!と言われそうですが、昔は表も裏も4図柄のサメは全く同じでした。

緑色ではなかったのです。

 

今は確変中などのダブルリーチで、真ん中中段に裏ザメが停止すると確変確定になるんですね。

いや~、これはよく考えられている演出だと思います。

だって例えば3と4のダブルリーチがかかった場合、裏ザメが停止候補だったらもうその時点で確変の大当たりはなく、単発で確変終了の可能性しかなくなってしまいますからね。(再抽選は考慮せず)

 

昔は、ダブルリーチで裏ザメが停止候補だったら、「当たるな!」と念じたものです。

でも、今は裏ザメで停止した場合は確変確定なので、これはメーカーさんよく考えたなと思います。

機種によって違いがあるみたいですので、詳しくは一度ご自身で調べてみてくださいね。

 

 

まとめ

海物語シリーズで4図柄のサメが2匹いる理由は、昔の海物語の確変突入率を50%にするための名残です。

これは、当時は液晶のメインデジタルの見た目と、実際の確変の突入率を同じにしなければならなかったからです。

 

現在は「7セグ」がメインデジタルですので、特に液晶デジタルの偶数と奇数の図柄の数にこだわる必要がありません。

でも長年受け継がれてきた絵柄の配列なので、あえて変更することなくそのままサメを2匹にしているのだと思います。

 

又、現金機のギンギラパラダイスのように、そのまま10の偶数図柄を増やしても良かったと思いますが、おそらくリーチの関係であえて4図柄を2つにしたのだと思います。

 

初期の頃の海物語シリーズでは、実は表サメも裏ザメも同じデザインでした。

数字の色も黄色で、緑色ではなかったですね。

でも今の海物語シリーズでは、数字の色が緑の④となり、表と裏とでサメ②匹を区別されています。

 

本当にこういう細かい演出などが、この海物語シリーズがロングヒットする理由だと僕は思います。

海物語はノーマルリーチでも大当たりが期待できるので、打っていても飽きませんからね。

ゲーム性もシンプルで誰にでも分かりやすいというのも、大人気の秘密だと思います。

 

この辺は、さすが一流メーカーの三洋さんだと思いますよ。

 

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。