今パチンコ打つならどの台?おすすめの勝てる現行機種2021まとめ

「今日は何の台を打とうかな…」

と迷っているあなたのために、今おすすめの勝てる機種の口コミを集めてみました。

台選びに迷っている人は、ぜひ参考にして下さいね。

 

記事の後半には、

・パチンコで安定して勝てる台

・連チャンしやすい台

・当たりやすい台

について解説しています。

2021年12月 今パチンコで勝つならこの機種!

2021.12.12 追記

2021年、今年最後のおすすめ機種の口コミです。

 

12月導入の最新機種と言えば…

・P真・花の慶次2 漆黒の衝撃 EXTRA RUSH

・P北斗の拳9 闘神

・Pデビルメイクライ4 クレイジーバトル

・新世紀エヴァンゲリオン~未来への咆哮~

ぐらいが注目でしょうか。

 

念のため言っておきますが、年末年始のパチンコは超ボッタクリ営業なので、クリスマス以降は絶対に打たない方がいいです。

あと、CR機は1月末でなくなりますので、どう考えてもこの年末は回収でしょう。

 


↓ハワイアンドリーム遊ぶなら遊雅堂 ↑遊雅堂は登録するだけで3千円プレゼント!
遊雅堂のアカウント登録と無料ボーナスのもらい方をキャプチャ画像で解説!

Pうまい棒は一発逆転勝ちを狙える

【Pうまい棒4500~105002021年10月導入

今打つなら、Pうまい棒がおすすめです。

(よく回る台ということが条件です。回らない台はイライラします)

この台は大当たり確率が1/34なので、意外に”お座り一発”があります。

他の台で負けた後に、このPうまい棒に座ってすぐ当たり、8,000発ぐらい出て一気に取り返したことがあります。

 

「うまい棒」というお菓子は誰でも知っていますが、この台は決して単なる名前だけのタイアップ機ではありません。

演出のアニメもシュールで楽しく、個人的にはヒロインのうまみちゃんがカワイイ!

通常の演出モードは6種類もあり、ハイビスカス味モードやパトランプ味モードなど打っていて飽きません。

大当たり中の楽曲もたくさん選べ、全体的にかなりよく造り込まれている印象です。

 

大当たり中は右打ちし、一度当たれば最低でも1,500発の3回権利、つまり4,500発が約束されます。

右打ち中は1/2.2で当たるので、ストレスなく出玉を獲得できます。

 

そしてPうまい棒の最大の見どころが、大当たり終了後の+4回のチャンスタイム。

チャンスタイムで1回当たるごとに、1,500発獲得することができるのです。

つまり4回すべて当たれば、ナント6,000発も上乗せ!

合計、一撃で10,500発ももらえます。

最低4,500発~最大10,500発なので、これが機種名の由来です。

 

チャンスタイム中も1/2.2の確率で当たるので、本当にドキドキします。

1回当たるごとに1,500発ってヤバくないですか?

4回すべて当たることは珍しいですが、逆に4回すべて外すことも珍しいので、実質1回の初当たりで6,000発~7,500発は獲得することが可能です。

負けている時からの一発逆転勝ちを狙うなら、Pうまい棒がおすすめですね。

 

ただ初めにも書きましたが、回らない台に座ると玉減りがかなりが早いです。

役物内に玉が入らないと、打っていても面白くありません。

 

また、この台は初当たりをたくさん引く台ではありません。

そのため軍資金もある程度必要で、深追いするとボロ負けする可能性があります。

1万円とか金額を決めてやるのが良いと思います。

 

設置ホールや台数が少ないのが欠点ですが、ネット上でも意外と人気があるようです。

私が行くホールでは3台しかありませんが、いつも満台で取り合いになっています。

羽根モノや一発台が好きな人には、ぜひ1度は打って欲しいおすすめ台になります。(40代男性)

 

今後は北斗無双より北斗9闘神が勝てる

【P北斗の拳9 闘神:2021年12月導入】

今パチンコ打つなら、北斗の最新作「闘神」をおすすめします。

 

まずスペックについてですが、1/319でRUSH突入率が約66%・継続率81%で、右打ちはALL1,500発です。

ガンダムユニコーンが比較対象になると思いますが、3,000発が無い代わりに、大当たり時の"秘孔チャッカー"でかなり増えていきます。

また、ボーダーが18~19とかなり甘く、の台で突入率50%を取りに行くよりも、よっぽど頑張れると思います。

 

そして初代の北斗無双がなくなるので、今後はホールの看板機種になる可能性が高いです。

看板機種=釘調整が甘くなると考えております。

特に新台の今のうちは、どこの店舗も大事に使うので狙い目です。

 

闘神は1種2種混合機ですが、他の機種と違うのは転落方式という点です。

真・北斗無双のようなST機ではありません。

右打ち中は1/29で当たりますが、同時に通常時に転落する小当たりを1/105で抽選しています。

いかに先に1/29を引き続けるかが、連チャンのポイントです。

個人的には、この転落方式は北斗のバトルモードに合っていると思います。

撤去されてなくなる初代北斗無双より、これから看板機種となる北斗9の方が勝てると思います。(30代男性)

 

 

神バカボンは右も左も1,500玉で勝ちやすい

【P神・天才バカボン~神SPEC:2021年10月導入】

現在、一番稼働率が高いとされている、天才バカボン神スペックをおすすめします。

この台はミドルスペックで、遊タイムは非搭載です。

遊タイムがない分だけ、店側としては釘を甘めに使っている印象があります。

 

神バカボンが勝ちやすい点は、何と言っても初当たりを含め出玉が全て1,500玉という点です。

ラッシュ突入率75%・継続率65% or 81%にも関わらず、右も左もすべて1,500玉もらえます。

当たりさえすれば現金投資をやめることができ、さらに時短も付いて来るため引き戻しにも期待ができます。

最近の機種は突破型が多く初当たりの出玉が少ないので、STや確変に入らなければ追加投資になりますからね…。

 

今作ではバカボンがイケメンぽくなっており、カッコいい仕上がりになっています。

2021年10月に導入された機種ですが、近所のホールでは今でもほぼ満席な人気台です。(30代男性)

 

↑ネットで話題になった11万発オーバーの画像です。

 

牙狼月虹は宵越し天井狙いで勝てる

【P牙狼MAXX-MC:2021年6月導入】

似たようなスペックの機種が出て来ていますが、今見直しても牙狼月虹が一番かなと思います。

私は新台の頃から打ち続けています。

 

初当たりを早めに引いて1/2の確変突入率を突破すれば、1,500発の大当たり出玉が高継続するので勝ちやすいです。

大当たりを引けなくても、天井の950回転で単発スルーさえしなければ、簡単に巻き返すこともできるのも魅力の1つです。

 

店がリセットしていなければ、宵越し天井狙いが効きます。

今はあまりいないですが、遊タイムの存在を知らずに300回転ぐらいで捨てて行く人もいます。

こういう台を宵越しから拾って、天井当たり後に12連ほどして一気に万発オーバーした経験があります。

出玉スピードがかなり早く、ちょっと遅めの時間からでも打つことができ、そしてあの疾走感がこの台の好きな所です。(30代男性)

 

牙狼は遊タイム付きの中では釘が甘い

【P牙狼MAXX-MC:2021年6月導入】

私は、回転率主義で台を選んでいる。

現在のパチンコはかなり釘が厳しく、回る台ほとんどない。

その中で強いて言えば、牙狼月虹が今は一番良い扱いを受けているのではないかと思う。

 

しっかりと台を選べばそこそこ回る台もあるし、遊タイムもついている。

今のパチンコの現状の中で、遊タイム付きの台で牙狼月虹ほど回る台は他にないと思う。

回転率だけではなく、遊タイム狙いで台を選ぶこともできるので、その時に合った色々な立ち回りができる。

 

台のスペックも良い。

1/319で突入率50%・継続率82%は単純だがバランスが良い。

ガンダムUや神バカボンのような変則スペックよりも、個人的には牙狼のようなシンプルなスペックが好きだ。

また、右打ちに入れば確実に1,500発がもらえるので、駆け抜けても最低限の玉の保証があるところは嬉しい。(20代男性)

 

再導入もされている北斗無双がおすすめ

【CR真・北斗無双:2016年3月導入】

私の今おすすめの機種は、ズバリ初代の北斗無双ですね。

 

理由① 撤去日が近いので今しか打てません。

最長でも、2022年1月31日までの設置となっています。

歴史に残るであろうCR名機とも、あと一か月半くらいでお別れですね。

人気の高さを証明するかのように、この年末前に真・北斗無双を再導入する店舗もあります。

 

理由② 1回の出玉が2,400発と多い

ラッシュ突入率50%で、継続率は約80%。

ここだけ見れば普通のスペックですが、今のP機にはない一回の大当たりで2,400発の出玉が獲得できます。

そのため、同じ連チャン数でも圧倒的に出玉量に差があるのが特徴です。

 

理由③ 遊タイム非搭載機種で釘が甘め

P機の遊タイム搭載の機種って、どれも釘調整がキツすぎて千円で10~15回転しか回らない…、何てザラにありますよね。

でもCR機である真・北斗無双には、遊タイムは付いていません。

天井がないのでお店も釘調整を甘くすることができ、お客さんも回転数やハイエナを気にすることなく打てます。

個人的には、遊タイム反対派です。

 

理由④ 人気機種のため大量設置されている

真・北斗無双はどこのホールにも設置され、そしてその台数も多いです。

台数が多ければホール選びや台選びに幅ができ、うまく立ち回ることができます。

釘が悪くても無理にその台を打たずに、他の台を選べる所は勝つための大きなメリットと言えます。(30代男性)

 

↑登録するだけで3千円プレゼント!

遊雅堂のアカウント登録と無料ボーナスのもらい方をキャプチャ画像で解説!

 

2021年11月 今パチンコで勝つならこの機種!

2021.11.14 追記

いよいよCR機の撤去期限が近付いているせいか、今回はCR機をおすすめする口コミが目立ちました。

大当たり1回の出玉の量は、P機と比べると魅力ですからね。

今のうちに打ち納めしておきましょう。

 

11月導入の主な新台は…

・ Pスーパー海物語 IN 沖縄5 桜ver.199

・PF戦姫絶唱シンフォギア2

・Pぱちんこ乃木坂46

です。

 

ゴッドイーターはガンダムUCより勝ちやすい

【Pゴッドイーター究極一閃:2021年11月導入

今打つなら、11月に導入されたばかりのゴッドイーター究極一閃をおすすめします。

 

最近のミドル機は、牙狼をはじめ高継続で右打ちオール1,500玉といった爆裂スペックが人気です。

現在、その中でも最も評価されているのは、機動戦士ガンダムユニコーン。

理由としては遊タイムを搭載していないので、回転数や軍資金に影響されない立ち回りができることが、牙狼より評価されていると考えています。

 

さて、私が一押しするゴッドイーターですが、最も評価されているガンダムUCよりも、ラッシュ突入率に優れている点がまず大きいと思います。

ガンダムUCの突入率60%に対して、ゴッドイーターは75%です(右打ちはオール1,500玉)。

ラッシュの継続率は、どちらも約80%と差はありません。

 

通常時の大当り確率は1/319と同じなので、スペックから見ても勝率はゴッドイーターに軍配が上がります。

実際にボーダーは、ゴッドイーターの方が1.5回転/千円ほど甘いです。

新台の今のうちが、打ち頃ではないでしょうか。

 

尚、同時期に1/230の新しいシンフォギア2が出ました。

ラッシュ突入率50%・継続率80%ですが、大当たり確率が甘い分だけ出玉が少ないです。

やはりラッシュ搭載機を打つなら、今はゴッドイーターが一番勝ちやすいと言えます。(40代男性)

 

北斗無双の撤去後は源さんに力を入れる

【P大工の源さん超韋駄天:2020年4月導入】

パチンコ店に勤務している者です。

2021年の年末~年明けにかけて、主力機の撤去が進みます。

特に北斗無双の撤去は、パチンコの一つの時代の終わりと言えます。

そうなると、お店としては次の主力機の育成が必要です。

 

そこで次にお店が力を入れる機種が、源さん超韋駄天です。

今のパチンコは、ガンダムユニコーンや牙狼月虹など、高継続・高速消化台が台頭しています。

その先駆けが超韋駄天です。

 

年末年始には、話題の新機種がいくつか登場します。

しかしお店としては、人気が出るかどうか不明な台に力を入れるより、既に人気があり主軸として使える超韋駄天を薄利で使う可能性が高いです。

一部のホールでは稼働が飛んでいますが、探せばまだまだ超韋駄天を薄利で運用しているホールはあります。

実際に私の勤めるお店では、常連のお客様も付いていて人気機種です。(30代男性)

 

「とある」は天井が低く万発も狙える

【Pとある魔術の禁書目録:2020年11月導入

11月で導入されてから1年が経ちますが、未だに根強い人気のミドル機「とある」をおすすめします。

今人気のガンダムユニコーンは遊タイムが非搭載の機種になりますので、底なし沼的にハマる危険性があります。

しかし「とある」は、遊タイムの天井が800回転とミドル機の中でトップクラスに浅いです。

 

さらに遊タイム手前で当たっても、100%ST突入という安心感があります。

例えば牙狼月虹は、遊タイム前に当たってしまうと振り分けがあり、そこでラッシュ非突入になる可能性があります。

ハマった末の通常当たり…いわゆる”負けパターン”ってヤツです。

 

しかし「とある」は100%ST突入なので、安定した出玉を獲得することができます。

しかも右打ち中は70%で1,500発と、ミドルらしい爆発力もあります。

一度当たれば5,000発以上は余裕であり、引き次第では万発越えも目指すことができます。

 

店舗によっては、遊タイムまで300~400回転で放置されている台も多いです。

仕事終わりに1回RUSH突入させてから帰る、といった立ち回りもできます。

朝一のセグランプによる据置の判別不可が若干気になりますが、それを差し引いても浅い天井とST突入率100%は、最初にまとまった持ち玉を手に入れたい時にピッタリです。

初期投資を抑えることができるので、その分だけ勝率が上がります。

 

今のパチンコは、導入から数日~数週で通路になる機種が多いです。

その中で「とある」は1年近く高稼働を維持しており、今でも多くの店舗がとても大切に使っています。

来年の2022年1月には、CR機が全撤去となります。

主力の北斗無双も撤去となるため、今後はさらに高稼働が期待できる数少ない機種として、「とある」の設置を継続する店舗は多いはずです。(30代男性)

 

イベント日に釘が良くなる北斗無双

【CR真・北斗無双:2016年3月導入】

今パチンコ打つなら、私は319の北斗無双だと思います。

50%で16R2,400発の出玉を取れるのは、シンプルに優秀です。

イベント日などには、北斗無双の釘は良くなりやすいです。

私自身もイベント日は真っ先に北斗無双に行きますし、他の人を見ても北斗無双を選んでいる人が多いです。

 

天井もないので、いつでもやめられると言う気軽さもいいですね。

最近の機種は天井があり、よく回る台だと良いのですが、中途半端に打ってしまうとやめどきが難しいという問題があるからです。

撤去期限は近いですが、まだまだ人気の北斗無双をおすすめします。(20代男性)

 

渋い釘で打つならP機よりも北斗無双がマシ

【CR真・北斗無双:2016年3月導入】

今のパチンコは、どの台も釘が渋くてあまり回りません。

北斗無双も例外ではなく、あまり期待できないことは確かです。

しかしCR機の爆発力と甘いスペックはやはり魅力的。

通常当たりでも出玉をそこそこ取れるし、時短が100回転付くのも大きいです。

STに入ればかなりの破壊力があるので、大量出玉にも期待できます。

 

現行のP機の遊タイムは助かりますが、この天井機能がネックになる時があります。

中途半端にハマってしまうと、天井を意識してしまいなかなか辞められないからです。

せっかくここまで回したのだから…ハイエナされたくない…と言う気持ちになり、結局、お金を使って天井まで追うことに。

回る台なら良いですが、釘が渋い台でハマるとヤメ時を見失って余計に投資してしまいます。

 

北斗無双は右打ちで少しは出玉が増やせますので、釘が渋くてもボーダーを下げることもできます。

右の釘を殺しているホールでは打たない方がいいですが、今の渋い釘で打つならP機よりも北斗無双の方がまだマシと言えます。(30代男性)

 

北斗無双で6万負け→2万勝ちまで捲った

【CR真・北斗無双:2016年3月導入】

北斗無双が勝てる理由は、私が4ヶ月ぐらい打ち続けて約30万勝ったから。

ハマる時もあるが、早いタイミングで当たるとその日は大勝ちが狙える。

確変の継続確率が80%と連チャンしやすく、最大2,400発の出玉は個人的に勝ちやすいと思う。

私は他の機種で6万負けていたが、その後、北斗無双を打って約23,000発出たため、2万勝ちまで捲ることができた。(20代女性)

 

CR機の慶次漆黒は破壊力がある

【CR真・花の慶次2 漆黒の衝撃2018年8月導入

既に撤去が完了している店も多いですが、今打つなら圧倒的に慶次漆黒がおすすめです。

P機になる前のCR機なので、当然出玉の破壊力も現行機種と比べると段違いです。

 

年明けにP真・花の慶次3の導入も決まっていますが、P機とCR機では破壊力が全然違います。

慶次漆黒をまだ残している店は、それだけ力を入れていると言うことなので、勝つなら今が絶好のタイミングではないでしょうか?(20代男性)

 

ヤマト199で42連15,000発出した

【CRF宇宙戦艦ヤマト‐ONLY ONE:2016年1月導入

1回の当たり出玉は少ないですが、1/199と初当たりが軽くラッシュ継続率は90%もあります。

デジ羽根の圧倒的なスピード感と、ツボに入った時の連チャン回数はミドルスペックを超えます。

時間がない時でも、ワンチャンス狙いで打てるのがおすすめする理由です。

私は連チャンが1時間続いて、42連15,000発の経験もあります。

 

この台はワープゾーンからのヘソ入賞が結構あるので、ワープゾーン入賞周りの釘チェックは必須です。

演出面では、疑似3連や保留変化してもあまり期待度が高くないのがネックですが、海物語のように

「え!?このリーチで当たったの??」

と言うこともしばしばあるので、いつでもドキドキして見ていられます。

ちなみにヘソ入賞時の台震動(バイブ)は激熱です。(40代男性)

 

ベラジョンカジノは日本で違法ギャンブルなのか?逮捕される可能性について調べてみた

ベラジョンカジノのアカウント登録方法は簡単!やり方をキャプチャ付きで解説!

 

安定して勝てる台とは大当たり確率が甘い台

ここまでは、「勝てる台」の口コミを紹介しました。

次に「安定して勝てる台(機種)」について、僕が理論的に説明したいと思います。

 

”安定して”というのは、1日単位で収支を見た時に大勝ちしたり大負けしたりせずに、毎日コンスタントに勝てることですね。

ズバリ、パチンコで安定して勝てる台とは、大当たり確率が甘い台のことです。

大当たり確率が甘ければ甘いほど、日々の収支は安定します。

 

ミドル→ライト→甘デジの順で安定して勝てる

具体的には、1/319のミドルよりも1/199のライトミドル。

ライトミドルよりも、1/99の甘デジの方が安定して勝てます。

 

その理由は1日単位で見た時に、確率が甘い台の方が確率が収束しやすいからです。

ミドルよりもライトミドルの方が、上振れや下振れしにくい。

ライトミドルよりも甘デジの方が、上振れや下振れしにくくなります。

 

パチンコを1日中打った場合、およそ3,000回転前後まわせます。

この3,000回転まわした時に、大当たり確率が本来のスペック通りの(抽選)結果になりやすいのは、大当たり確率がより甘い台の方です。

 

極端な例を上げると、甘デジを1日打って2~3回しか当たらないということは、まずありません。

1/99の甘デジなら、確率の30倍の3,000回転ぐらいまわせば、確率もそこそこ収束するからです。

しかしミドルなら1,000回転ハマりなどを喰らうこともあり、1日打って2~3回しか当たらないということも現実に起こります。

1/319のミドルでは、3,000回転はわずかに確率の10倍程度の試行回数なので、収束するのが難しいからです。

大当たり確率に対して、回転数(試行回数)が少ないのが収束しづらい原因ですね。

 

例えばサイコロを振って、1の目が出たら当たりとします。

6回しかサイコロを振らない時、1の目が1回も出ないことは多々あります。

(試行回数が少ないので、抽選結果が収束しづらい)

しかし確率の100倍である600回も振れば、1の目はおおよそ100回前後出ます。

1の目が出る確率1/6に対して、6回の試行回数では結果は安定しませんが、600回の試行回数なら安定しやすいと言えるのです。

 

パチンコは1日で3,000回転ほどの試行回数ですから、1/319のミドルよりも1/199のライトミドル。

ライトミドルよりも1/99の甘デジの方が抽選結果が安定しやすく、そのため安定して勝ちやすい(勝てる)となるわけです。

だから、確率の上振れや下振れの影響を少なくして安定して勝ちたい人には、大当たり確率が甘いスペックの台を打つことをおすすめします。

 

ボーダーを大きく上回る台も安定して勝てる台

別の考え方として、ボーダーラインをより大きく上回る台の方が、安定して勝ちやすいと言えます。

ボーダーとは、理論上”チャラ”になる回転数(釘調整)のことですね。

 

例えば、北斗無双の等価のボーダーは17回/千円ですが、ボーダーぎりぎりの18回の台より、大幅に上回る23回とかの台の方が安定して勝ちやすくなります。

ボーダーぎりぎりだと、少し確率が辛く入って下振れした場合に負けてしまいますが、ボーダーを大きく上回っていれば、多少確率が下振れしても回転数でカバーすることでき、勝ちに持って行くことが可能だからです。

 

先ほどの大当たり確率と絡めれば、甘デジでぐるぐる回りの台を日々打てば、かなりの確率で安定して勝つことができます。

ミドルの源さんはさすがに波が激し過ぎますが、1/199のライトミドルでもボーダーを大きく上回る台を打てば、その分だけ収支に安定さが増します。

やはりパチンコは、釘が重要ですね。

 

・・・念のために言っておきますが、ボーダーを下回る台を打ってはダメですよ。

ボーダーを下回る台は、打てば打つほど理論上どんどん負けていくからです。

甘デジでボーダー以下の台を打てば、毎日安定して負けることができちゃいます。(笑)

パチンコで勝つためには、ボーダーラインを超えていることが大前提です。

 

連チャンしやすい台とは確変継続率が高い台

次に、パチンコで「連チャンしやすい台」について説明します。

「確変が、少しでも連チャンする台の見分け方を知りたい」

という疑問を持つ人がいますが、この答えはカンタンです。

確変継続率が高い台が、連チャンしやすい台になります。

 

例えば確変継続率52%の大海4スペシャルより、ラッシュ継続率93%の源さんの方が連チャンしやすいです。

連チャンしやすい台は、単に継続率が高い台を選べばいいだけですので簡単ですね。

 

連チャン数が決まっている訳ではない

「当たり前のこと書くな!」

と言われそうですが、この当たり前のことが大切なのであえて書きました。

実はパチンコが何連チャンするかが、打つ前からあらかじめ決まっていると思っている人がいるからです。

これは大きな間違えで、パチンコはどれだけ連チャンするかは、あらかじめ(事前に)決まっていません。

 

パチンコはスタートチャッカーに玉が入った時に当たりかハズレか(確変が継続するかどうか?)を抽選しています。

つまり、実際に打ってみて回してみなければ、何連チャンするか?は分からない仕組みなんですね。

 

同じ機種なら連チャンのしやすさも同じ

具体例を上げると・・・

大工の源さん韋駄天が10台あります。

この中で、連チャンしやすい台はどれですか?

 

…答えは、10台とも連チャンのしやすさは同じです。

継続率93%と全台同じスペックなので、当然のことですよね。

もっと言えば、全国にあるどの大工の源さん韋駄天も、連チャンのしやすさは同じになります。

 

つまり、源さん韋駄天の台選びをする時に

「どの台が連チャンしやすいか?」

という基準で選ぶのは間違った行動になります。

あらかじめ「何連チャンするか?」などが、決められているわけではありません。

 

同じ機種なら、連チャン率はどれも同じ。

違うのは釘だけです。

だからパチンコは、釘が重要なんです。

ハワイアンドリームは勝てる?オンカジはパチスロよりも儲かるのか解説!

 

当たりやすい台とは大当たり確率が甘い台

最後に「パチンコで当たりやすい台」について説明します。

ここまで来ればもう予想は付くと思いますが、当たりやすい台とは大当たり確率が甘い台です。

ミドルよりも甘デジの方が、大当たり確率が甘いので当たりやすいと言えます。

 

なぜ、またこんな当たり前のことを書いたかと言うと、

「パチンコは、あと〇回転まわしたら当たる!」

と思っている人がいるからです。

これも先ほどの連チャンしやすい台と同じく、間違った認識になります。

パチンコは、スタートチャッカーに玉が入った時に大当たり抽選をしていますので、この先いつ当たるのかは、実際に打って回してみないと分からないからです。

 

スペックが同じ台なら、当たりやすさも同じ。

当たりやすい台を打ちたいのなら、大当たり確率が甘い機種を打てばいいだけです。

結論としてパチンコで当たりやすい台とは、大当たり確率が甘い台(機種)になります。

 

勘違いしている人のために、最後にもう一度まとめます。

パチンコで同じ型式(スペック)の機種なら、連チャンのしやすさや当たりやすさは同じです。

パチンコは、スタートチャッカーに玉が入った時に大当たりや確変の抽選をしているからです。

実際に回してみるまでは、当たるかどうか?確変が連チャンするかどうか?は誰も分かりません。

 

「どの源さんが連チャンしやすいかな?」

「どの源さんが当たりやすいかな?」

という台の選び方は間違っています。

大工の源さん超韋駄天なら、どの台を打っても連チャンのしやすさ・当たりやすさは同じです。

違うのは釘だけですので、千円あたり少しでも多く回る台を打ちましょう。

 

【補足】

「当たりやすい台」についてですが、ここで説明したのは単に同じ回転数を回した場合の比較です。

千円あたりで比べた場合の「当たりやすい台」なら、釘が開いていて良く回る台の方が当たりやすいと言えます。

例えば、千円で20回と千円で25回の台とを同じ投資金額で比べた場合、当たりやすいのは千円で25回まわる台の方になります。

 

【まとめ】北斗無双か?北斗9闘神か?を見極める

現役最強機種に推す人が多い「初代北斗無双」。

2022年1月末が撤去期限です。

 

まだ台数を多く抱えて、メイン機種として扱っているホールもありますが、期限ギリギリの1月まで打つのは危険です。

撤去が近づくに連れて、段々と釘が渋くなるからです。

ホールとしては初代の次のメイン機種を育てなければならず、そちらに徐々に割数を振って行きます。

その分、撤去してなくなる初代は回収調整になりますので、撤去期限である1月ギリギリまで深追いするのはやめた方がいいでしょう。

12月に登場した北斗の拳9闘神の評価が良ければ、こちらを打った方が賢明かもしれませんね。

 

基本的には、大型連休を境に割数の振り分けを行うことが多いです。

具体的には、仮に1月に初代を撤去する予定のホールなら、お盆明けからそろそろ回収調整に入る可能性があります。

年末年始は、ほぼ100%回収と思った方がいいでしょう。

いくら初代北斗無双が甘いと言っても、釘を閉められてしまっては勝てませんからね。

 

もちろん、すべてのホールが1月まで初代を使うとは限らず、早めに撤去するホールもあります。

そんなホールでは、お盆休み中でもすでに「サヨナラ回収調整」で閉めることも十分考えられます。

自分が打ちに行くホールの状況を見極めて、「今打つべき台なのか?」を判断して下さい。

ポイントとして、台数を減台したら回収前の黄信号です。

↓ディーチェは日本の特許第3810626号により合法的に景品交換ができる!※海外のオンラインカジノとは違います。

↑当サイト限定特典!今だけ3,000円分の無料Ptプレゼント!

↓連チャン率が最大91%にアップ!クリスマスver.登場!

ハワイアンドリームのクリスマスと通常版とのスペックの違いを比較してみた

↓セクシースロット”おいらんドリーム”

花魁ドリームは勝てるのか?機械割やスペックを解説!

100万円勝てる”ハワイアンドリーム”↓

ハワイアンドリームは勝てる?オンカジはパチスロよりも儲かるのか解説!

両機種ともベラジョンカジノと遊雅堂で遊べる!

↑登録するだけで30ドルプレゼント!

ベラジョンカジノは日本で違法ギャンブルなのか?逮捕される可能性について調べてみた

 

↑登録するだけで3千円プレゼント!

遊雅堂のアカウント登録と無料ボーナスのもらい方をキャプチャ画像で解説!