今パチンコ打つならどの台?おすすめの勝てる現行機種2021まとめ

2021年8月6日

「今日は何の台を打とうかな…」

と迷っているあなたのために、今おすすめの勝てる機種の口コミを集めてみました。

台選びに迷っている人は、ぜひ参考にして下さいね。

 

記事の後半には、

・パチンコで安定して勝てる台

・連チャンしやすい台

・当たりやすい台

について解説しています。

 

目次

2021年6月「今パチンコを打つならこの機種!」の口コミ9件まとめ

前回はGW前でしたので、それ以来の更新です。

初代北斗無双などの設置期限が、2022年1月末までに延長されましたね。

今年の年末はさすがに回収でしょうが、CR機の大量出玉性能はまだしばらくは楽しめそうです。

 

今回の”今勝てるおすすめパチンコ”も、新旧様々な台の名前が挙がりました。

特に遊タイムのハイエナ狙いは手堅く勝てますが、最近はホールのチェックも厳しくなっています。

ちょっと店内ウロついていて、データカウンター見ているだけで「出禁」って言われるホールもあるぐらいです。

勝つためには、ホール選びも重要になって来ますね。

 

大海物語4SPは安定した出玉で負けにくくハイエナ狙いで勝てる

(P大海物語4スペシャル:2020年12月導入)

不動の人気を誇る海シリーズ。

遊タイムの導入により、ハマり救済に加えて単発でも1,400発前後の出玉があることから、負けにくい台として考えています。

年配の方にも人気がある機種ですので、ハイエナ狙いもできる点が勝ちやすいと思います。

よほど釘が酷い台でなければ、大当たり後に500回転以上回されていれば期待値を超えて来ますので、落ちていれば積極的に狙うべきです。

 

私自身この大海4SPは突確や2Rがない10R仕様なので、導入後しばらくは打つのを避けていました。

しかし安定した出玉と遊タイム狙いができることから、他の海物語ジャパン2などよりは打つことが多くなっています。

遊タイムのスルーも割と多いですが、海の導入台数が多いお店であれば、勝負しやすい台として考えています。(30代男性)

 

メイン機種である大海物語4SPはどこの店でも勝ちが狙える

(P大海物語4スペシャル:2020年12月導入)

この機種を今おすすめ台に選んだ最大の理由は、

「私の中で、今年最も収支が安定している機種だから」

です。

 

昔から『店のメイン稼働は、パチンコは海・パチスロはジャグラー』と言われています。

特に海系のミドルスペックは、どこに行ってもメイン機種を張っています。

ライバル店との競争もあるので、店側も露骨な回収調整ができません。

パチンコの場合は、釘という“設定”が一目で見えてしまうことから、設定が見えないジャグラー以上に慎重に取り扱います。

つまりボッタクリ店は別として、どこの店に行っても大海4スペシャルは勝ちが狙える機種だと言えます。

 

私はパチンコは、ボーダー理論で立ち回ることを基本としています。

大海4スペシャルは遊タイムが搭載されていることも特徴の一つで、ボーダー以外にも攻略要素がある点も見逃してはいけません。

店にもよりますが、宵越し遊タイムにありつけることもあります。

平日の仕事帰りからの稼働が中心の方でも、十分に立ち回るチャンスのある機種だと言えます。

実際に私は遊タイムを”宵々越し”でGETしたこともあります。

海ユーザーの年齢層が比較的高めなのも、遊タイムの恩恵を受けやすく勝ちやすい理由の一つになります。(30代男性)

 

遊タイム狙いのライバルが少ない大海物語4SPは勝ちやすい

(P大海物語4スペシャル:2020年12月導入)

パチンコは、釘の良い台を打つというのが勝つための大前提です。

最近では遊タイムを狙うという、スロットに似た打ち方で勝つ方法も出て来ています。

 

海物語シリーズは、元々釘調整が他の機種よりも優遇されているうえ、この大海4SPに関しては遊タイムもあります。

狙い目はメリハリがある釘調整をしている店ではなく、20そこそこ回る遊べるような調整をしている店です。

こんな店を見つけられれば、後はできるだけハマっている台を打ち、当たれば時短抜け or 遊タイム抜けで辞める」ということを徹底すれば勝ちやすくなります。

 

遊タイム搭載の機種は、他にもたくさんあります。

しかしこの大海4SPは、遊タイムに入ったからと言って必ず当たるわけでもないので、その分ライバルが少なくなりこのような立ち回りがしやすいです。

この台は時間効率も良いこともあり、1台に長時間拘束されることもなく、次々に遊タイムを狙うことも可能です。(30代男性)

 

ウルトラマンタロウ2の遊タイム狙いは勝率がメチャ高い

(ぱちんこ ウルトラマンタロウ2導入2021年4月)

勝つということに特化すると、今は4月に導入されたウルトラマンタロウ2の遊タイム狙いかと思います。

宵越しで据え置きのお店があれば、ハッキリ言って勝率めちゃめちゃ高いゲロ甘台です。

遊タイム=継続率81%の右打ちに直行ですから、これで負けるはずがありません。

通常時の演出がさっぱりしていて飽きるためか、500〜600回転ほどで捨てて行く人がいるのも事実です。(950回転で遊タイム発動)

 

北斗の拳8 救世主も似たようなスペックではありますが、こちらは通常時がよくできているのか、あまり遊タイム狙いでは良台が拾えない印象。

ゴルゴ13疾風は遊タイム突入からの一撃がデカいですが、継続率の低さが怖いところ。

こう考えると今一番勝てる遊タイム狙いはやはりウルトラマンタロウ2になると思います。

個人的には、他のミドル遊タイム機に比べて勝率が高く上がっているので、単発さえ喰らわなければ、ウルトラマンタロウ2はかなり美味しい思いができる台ではないでしょうか。(30代男性)

 

100%確変突入の笑ゥせぇるすまんはスペックが優秀でおすすめ

(P笑ゥせぇるすまん 最後の忠告2021年03月導入)

パチンコで勝てる勝てないは、版権ではなくスペック次第である。

最近では遊タイムが主流になりつつあるが、その中でも今狙うなら絶対にこの笑ゥせぇるすまんタイプをおすすめする。

 

P笑ゥせぇるすまん最後の忠告は、通常時が約1/219のライトミドル。

その割には550回ハマりで遊タイム突入と、確率分母的にもかなり優秀なスペックになっている。

遊タイムは800回転もあるので、仮に当たりを引けなかったとしても低投資で長時間遊べる。

 

そして何より『大当たり=100%確変突入』というのは、打っていてストレスが無い。

せっかくのアタリを引いても、通常だった時のストレスは半端ないからだ…。

確変の転落方式は、個人的には好きな仕様でもある。

 

ST継続率は70%とちょっと低めだが、出玉は450玉 or 1500玉。

振り分けは50%と半々で、うまく1,500玉を引き続ければ一撃の出玉もデカい。

仮に450玉を引いたとしても、ST自体は継続確定なのでまた次に期待ができる面も大きい。

演出でも通常時のリーチバランス良いため、長時間打っても飽きないのもオススメポイントの1つ。(30代男性)

 

引き弱ほど小当たりRUSHで勝てるパチンコのリゼロ

(P Re:ゼロから始める異世界生活2021年1月導入)

最近の機種は、初回大当たりの50%でラッシュ突入など、かなり運に頼る部分が大きいスペックになっています。

しかしパチンコのリゼロは、初当たりの70%で確変に入るためハードルが低いです。

 

そして、この機種は小当たりRUSH機です。

確変に入った後は、大当たりを引かないことで出玉が増えて行きます。

かに当たりを引かないか?という、今までの台とは真逆の性能が面白い点です。

リゼロなら当たらない方が出玉が出るので、引きが弱くてST中に当てられなかった人達にとっては、随分と勝ちやすい仕様の台ではないでしょうか。

あと原作を知っていれば、演出も楽しめるのもおすすめできるポイントです。(30代男性)

 

絶狼は右打ち時の大当たりがすべて10Rで勝てる

(P10カウントチャージ絶狼2020年4月導入)

絶狼(ゼロ)は一種二種混合機で、初回大当たりの55%が時短となっていて、ここで大当たりをすると確変(右打ち)に突入します。

時短が55%と聞くと勝てないように思えますが、ここをクリアすれば77%ループ・平均出玉数3,500個の”10カウントBATTLE”に突入します。

10カウントBATTLE中の大当たりはすべて10Rになりますので、大当たり1回1回の出玉増加スピードはあの源さんを超えます。

ここが絶狼の魅力であり、導入から1年経った今でもおすすめする理由です。

 

確変突入率55%は一昔前のMAX機と同じなので、こう考えればさほどハードルが高い機種ではありません。

実際に僕もホールで打っていますが、77%と言う継続率の高さから10連チャン以上することもあります。

毎回10R分の出玉を手に入れつつ、高継続で消化時間も早い。

絶狼は、良いこと尽くしで勝てるパチンコです。(30代男性)

 

CR機である花の慶次2漆黒は2,400発の出玉で勝てる

(CR真・花の慶次2 漆黒の衝撃:2018年8月導入)

まず最近の台は、10Rで最大1,500個の玉しか出ません。

それに比べて今回オススメした真・花の慶次2は、右打ちでの大当たりは全て16Rになり2,400発でます!

2,400発と書きましたが、実戦ではオーバー入賞もあるので実質2,500発くらいは出てます。

やはり、CR機とP機との出玉の差は大きいです。

 

初当たりの時の確変突入率は50%と少し低めですが、今の遊タイムだの10Rだの機種と比べてみると全然期待ができます。

北斗無双を勧められる人もいると思いますが、北斗無双は電サポの振り分けが16Rが50%です。

なので連チャンしても、振り分けで16Rを引けなければ出玉が伸びなかったりします。

今現状で出玉が見込めて勝てるのは、真・花の慶次2漆黒だと私は思います!(20代男性)

 

北斗無双は源さんよりも一撃性がある現役最強の機種

(ぱちんこCR真・北斗無双2016年3月導入)

今さらですが、この台は確変突入率50%で、右打ち中の当たりで2,400発取れます。

1,500発しか取れない今の台と比べると、やはり北斗無双が現在でも一番勝てる機種だと思います。

導入は数年前ですが、現在もホールで人気の1台であることが、これを裏付けています。

 

私は新台も打ちますが、困った時には北斗無双を打つのが定番になっており、過去に何度も助けられました。

ラッシュに入れて連チャンし始めたら、2万発もあっという間に超えます。

この爆発力は、現役最強のナンバー1ですね。

 

今人気の大工の源さん韋駄天は出玉スピードこそ速いですが、一撃性なら北斗無双に分があると思います。

本来なら既に撤去済みの台ですが、コロナで2022年1月まで設置可能になりました。

まだまだ残りの数か月間も、北斗無双で勝ちを重ねたいと思います。(40代男性)

 

2021年4月「今パチンコを打つならこの機種!」の口コミ6件まとめ

2021年4月27日 追加更新

GW直前に更新しました…が、「今打つなら」と言いつつも、ゴールデンウィーク中はパチンコ自体がおすすめできません(笑)。

もし打ちに行くのなら、GW前とGW明けにしましょう。

 

笑うセールスマンは100%確変で天井も浅いお宝スペック

【P笑ゥせぇるすまん 最後の忠告 2021年3月導入開始】

ここ最近の機種の中では、Pユーザーの中で最も期待された機種です。

というのもこの機種は最近の中では珍しい確変突入率が100%だからです。

更に約1/220という当たりやすさに加え、天井が550回転と浅い超お宝スペック台!

 

電サポ(確変)100回転中の大当たり確率は1/93と少し重めに感じますが、パーセンテージにすると継続率は70%あります。

電チュー当たりの10Rと3Rの比率は1:1。

これらに先ほどの浅い天井を考慮すると、結論として笑うセールスマン最後の忠告は、激アマスペックとなります。(20代女性)

 

遊タイムがないコードギアスは釘が良くおすすめ

【Pコードギアス 反逆のルルーシュ 2021年1月導入開始】

昨今、遊タイム機の釘が厳しくなる傾向の中、遊タイプがない機種はボーダー通りの調整が多く見受けられます。

具体的には今回おすすめするルルーシュの他、シンフォギアやCR緋弾のアリアAAなどです。

特にルルーシュは、ステージ入賞が優秀です。

良く回る分だけ初当たりまでの投資が抑えられ、勝率アップにつながります。

 

ルルーシュはスペックが良く、爆発力と出玉スピードは他の機種には劣りますが、継続率91%・ラウンド振分も7Rが72%と安定した出玉が期待できます。

もちろん、演出面でも打っていても楽しいですね。

こんなバランスの取れた機種に巡り会うことは珍しく、私のお気に入りの機種です。(30代男性)

 

大海物語4SPは出玉が安定していて勝ちやすい

【P大海物語4スペシャル 2020年12月導入開始】

この台をお勧めする理由は、単発でも必ず1,400玉獲得できるので、出玉が安定していて負けにくいからです。

北斗無双のように単発の600発か爆発の2,400発か、といった極端にならないので収支が大変安定します。

特に持ち玉で遊技したい方には、大海4スペシャルは大変おすすめできます。

 

またこの機種には、最近流行りの遊タイムがあります。

低確率で950回転まわすと350回転の時短が得られるため、ドはまりしても救済があるので安心。

ただ時短350回転は意外とスルーしてしまうので、期待し過ぎないほうがいいかもしれません。

 

大海4スペシャルを大量導入していて、さらに全台が平均して回されている店は、大海4スペシャルに特に力を入れていることが多いです。(目安として2,000回転以上)

携帯アプリとかで台データを見れば、その店の海が強いか弱いかが分かりやすいです。

さらにこの機種は、天井狙いのハイエナにも向いている台だと僕は思います。

天井まで残り500回転の台でも、期待値はプラスになります。

 

上記の方法で大海4スペシャルが強い店を探し出し、期待値がプラスの台をひたすら拾い続ければ勝てます!

少ない投資金額で持ち玉ができれば、もっと勝てます!(20代男性)

 

Pとあるは遊タイムを狙えば収支が安定して勝てる

【Pとある魔術の禁書目録 2020年11月導入開始】

Pとある魔術の禁書目録は、数少ない勝てるミドル機種の中でも安定性が飛び抜けています。

その理由は、100%確変に突入するからです。

今では突破型や振り分けによって、収支が荒れる機種が増えました。

しかし、Pとあるは当たれば絶対に確変に入り、しかも継続率も約79%と悪くなく魅力的なスペックなのです。

 

このスペックに遊タイムのハイエナを組み合わせれば、収支の安定性が抜群に高くなります。

もちろん、平打ちでも十分な結果を出すことは可能。

パチンコは釘が全てですが、さらに遊タイムを意識して狙うことにより収支が安定します。

Pとあるは、今でもまだまだ人気で勝てるおすすめの台です。(30代男性)

 

シンフォギア2はライトミドルでも万発が狙えておすすめ

【PF戦姫絶唱シンフォギア2 2020年4月導入開始

シンフォギア2をおすすめする理由は、私自身が一撃3万発以上を出すことができたからです。

ラッシュに入れば万発以上出すことができるスペックが、とても魅力で勝ちやすいです。

 

個人的には通常時の演出はイマイチだと感じますが、ラッシュ中はダレることはありません。

演出を変えることができるので、ラッシュ中の演出は十分に楽しめます。

レバーの振動は、打っていて気持ちいいですね。

通常時の大当たり後のラッシュに突入するかどうかは、見ていてドキドキします。

 

通常時はちょいちょい熱めの演出も来るで、完全告知系が好きな人には苦手だと思います。

演出よりも、出玉重視の方におすすめな機種ですね。

ラッシュ継続率も82%と悪くなく、大当たり一回の出玉もライトミドルの中ではかなり優秀だと思います。(30代男性)

 

真北斗無双はP機よりも爆発力があり今こそ打つべき

【CR真・北斗無双 2016年3月導入開始】

「今」と言うか「今でも」おすすめな機種は、“ド”定番ではありますが真北斗無双(初代のミドル)の一択です。

通常時の大当たり確率は1/319ながらも、その出玉の躍動感は、以前ホールを賑わせたマックスタイプを彷彿とさせます。

130回転のST「幻闘RUSH」は、継続率が約80%。

しかも、右打ち中の大当たりの51%が16R(2,400発の払い出し)を獲得できるため、同じ連チャン数でも今のP機とはケタ違いの高い爆発力を秘めています。

 

スペック面のみならず演出面でもバランスが取れており、打っていて本当に楽しい機種です。

導入されてからすでに5年が経っていますが、まだまだ多くの店舗でメイン機種として頑張っています。

このことからも、店舗側が力を入れているのは間違いありません。

 

そして、特に“今”打つべき理由があります。

それは頭に「CR」と付く旧基準機は、今年の11月30日を最後にホールから姿を消す予定だからです。

それ以降のパチンコ台は、すべてP機と呼ばれる新基準機になります。

 

いくら看板機種の真北斗無双でも、撤去直前まで出してくれる店舗はまずないと思われます。

遅くとも撤去の数カ月前から、回収が始まることを覚悟しなければなりません。

地域や法人によって差がありますが、早ければゴールデンウィークを境に回収…なんてことも考えられます。

このまま撤去期限が11月30日で変わらなければ、勝負するのは早ければ早いほどいいです。

まさに真北斗無双を打つなら、今しかありません。(30代男性)

 

2021年3月「今パチンコを打つならこの機種!」の口コミ7件まとめ

2021年3月4日 追加更新

3月8日に話題の最新機種がいくつか導入される予定ですが、今回はその直前のおすすめの口コミをまとめてみました。

 

前回の口コミは正月明けでしたが、それから導入された注目機種と言えばアイドルマスターですね。

チューリップをうまく利用した「ストック」が、今までにない斬新なゲーム性を生み出しています。

その他、源さんはともかく、「とある」もロングヒットで順調なようです。

それでは、早速口コミをどうぞ^^

 

【今回の口コミ機種】

※機種名をクリックすると、その口コミへ飛びます。

・PFアイドルマスター ミリオンライブ(1/319)

・Pとある魔術の禁書目録(1/319)

・Pコードギアス 反逆のルルーシュ(1/319.7)

・P戦国乙女6(1/223)

・P大海物語4スペシャル(1/319)

・CR真・北斗無双(1/319)

・P大工の源さん 超韋駄天(1/319)

 

PFアイドルマスター ミリオンライブ(1/319)はストックの爆発力がおすすめ!

2021年3月4日 追加更新

今のおすすめパチンコは、2021年2月に導入されたばかりのアイドルマスターです。

最新台なので、全国的にホールもまだ釘を締めている店は少なく、回る台が多いからです。

アイマスは319のミドルスペックでありますが、959回転で遊タイムが発動するので非常に遊びやすいスペック。

スーパーリーチに発展する頻度や、予告演出の煽りにそんなにクドさは感じなく、長時間打っても疲れない感じです。

 

アイドルマスターは遊びやすいスペックながらも、継続率72%の確変が最大4つまでストックできるというV-LOOPで、爆発力に非常に期待が持てて夢があります。

実際4つストックしたという報告も結構あがってますし、1つのV-LOOPで万発出ることも全然あります。

このような斬新なゲーム性タイプのパチンコは初めてで、釘を締めていない今のうちにぜひ打って欲しいです。(40代男性)

 

Pとある魔術の禁書目録(1/319)は遊タイム+100%ST突入で勝てる!

2021年3月4日 追加更新

今おすすめするパチンコは、禁書(とある魔術の禁書目録)です。

遊タイムが実装されている機種で、唯一STが100%付いて来る点が1番の魅力です。

私は禁書以外の他の機種もよく打ちますが、遊タイム直前で大当たりを引いてしまい、STに入らず時短で終了…、という経験がよくあります。

しかし禁書は、どこで当たっても必ずST確変に突入してくれるので、他の機種のような残念な当たりがありません。

 

また、800回転で遊タイムに突入するので、他のミドル機種に比べて勝ちやすいスペックと言えます。

STの継続率は約79%あり、振り分けも70%が10Rなので一撃性能も高めです。

実際、一撃20,000発程の当たりを何度か確認しています。

ある程度回るお店であれば、禁書は安定して勝つことができると思います。(20代男性)

 

Pコードギアス 反逆のルルーシュ(1/319)は釘と技術介入で勝てる!

2021年3月4日 追加更新

今打つなら、Pコードギアスをおすすめします。

この機種は最近では珍しく遊タイムがなく、ボーダーがそのまま勝率に直結しやすいからです。

遊タイムがある機種はどうしても甘くなってしまうため、そのぶん全く回らない店が多く勝負になりません。

その点、コードギアスシリーズは知名度も高く客付きも良いことから、遊タイム付きの台とは違って釘で勝負ができる機種です。

 

また、ステージのクセが優秀な台は、しっかりと止め打ちすることで回転数も稼げます。

ラウンド中やST中もしっかりと止め打ちポイントがあるので、打ち手による技術介入があるのもおすすめできるポイントです。

Pコードギアスはスペックも優秀で、トータル継続率91%とかなり魅力的なのにも関わらず、ラウンド振分も7ラウンド以上が72%もあります。

遊タイムはないですが、技術介入の余地と爆発力があるこの機種を今おすすめしたいです。(30代男性)

 

P戦国乙女6(1/223)はライトミドルでも万発が狙える!

2021年3月4日 追加更新

戦国乙女6がオススメの理由は、純粋に当たりやすいからです。

大当たり確率1/223とライトミドルになり、遊タイムが666回転から付いて来る非常にマイルドなスペックになっています。

RUSH突入率が50%なので、確かに入らなかった時の出玉400発はきついです。

その代わり一度RUSHに入ってしまえば継続率80%で、一撃万発も十分狙える仕様になってます。

 

今のパチンコは遊タイム付きが増えて来てますが、戦国乙女6はその中でも1番のオススメ機種です。

ミドルよりはサクサク当たるので、投資スピードを抑えることができるぶん勝ちやすいと言えます。

現在はMAXタイプがなくなり、昔の様に投資が増えた時に一発逆転できる台が少なくなってきてます。

その点、低投資で万発も狙える戦国乙女6は、今イチ押しの機種ではないでしょうか。(20代男性)

 

P大海物語4スペシャル(1/319)はメイン機種で勝率が高い!

2021年3月4日 追加更新

今パチンコ打つなら、大海物語4スペシャルです。

人気のあった大海物語4が撤去されたことにより、大海物語4スペシャルを海シリーズメインとしている店が多いからです。

海シリーズには、JAPANシリーズ・沖縄シリーズ・大海シリーズとありますが、その中でも大海シリーズは特に人気で、大海物語4スペシャルも実際に稼働が良いです。

 

また、海シリーズはどこの店にもあるため、ライバル店間でお客さんの取り合いが生まれます。

こんな競争が激しい海シリーズを、悪い調整にしている店では他の機種でも勝てません。

なので今は各店のメイン機種である大海物語4スペシャルを打っていれば、勝率がアップすること間違いないです。

 

以前は「海シリーズでハマり台が当たりやすいことはオカルト」だと言われていました。

しかし、大海物語4スペシャルでは遊タイムが付いているので、ハマっている台を遊タイムが終わるまで打つことで、さらに勝率を上げることができます。(30代男性)

 

CR真・北斗無双(1/319)はボーダーが低くP機よりも勝てる!

2021年3月4日 追加更新

現役機種では、やはりCR真・北斗無双が1番勝ちやすいスペックだと思います。

ボーダーが等価交換で17.0回と、最近のP機に比べてボーダーが低いからです。

また、最近の台には天井が付いているせいで、天井近くまで回してしまうと釘調整が悪い台でも、「このまま天井まで回さないと損する」という気持ちになってしまいます。

しかし真・北斗無双には天井はないので、釘が悪ければすぐに辞められますし、回転数でのヤメ時も気にしなくて済みます。

 

確変STの突入割合は初当たりの50%ですが、一度STに突入させてしまえば継続率は約80%。

16R(2,400発)の割合も高めなので、連チャンした時の1回1回の出玉の重みが今のP機とはぜんぜん違います。

真・北斗無双は今年の11月で撤去されてなくなってしまいますが、それまではこの台が1番勝てるおすすめです。(30代男性)

 

P大工の源さん 超韋駄天(1/319)は主力機種で特定日などがオススメ!

2021年3月4日 追加更新

私はパチンコ店で勤務しているのですが、大工の源さん超韋駄天を今勝てる台としておすすめします。

尖ったスペックで大量出玉報告を多く見かけますが、実は思ってるほど決してボーダー値は甘くありません。

では何故に勝てる台かと言うと、この機種はどこのホールも増台を重ね、設置比率を見た時に多くのホールで上位に入っています。

台数が多く設置されているということは、お店側にとっては主力機種という扱いのため、長く甘く使ってお客様を育てたいという思考になるからです。

 

今まではパチンコの割数は、どちらかという海シリーズに割(さ)いていました。

しかしコロナの影響で常連様が離れ、6号機時代突入でスロットの若年層がパチンコの新規則機への流れ込み。

そのためパチンコでは源さんなどの話題機種を甘く使う傾向にあります。

 

ただ甘く使うとは言っても、基本的にホール全体の稼働は下がっているので休日はまず期待できません。

平日(特に月曜日)や、特定日に力を入れるホールが多いので、ここが狙い目になります。

以上のことから、平日や特定日に「大工の源さん超韋駄天」を打つのが、今の現状で最も勝率が高くなると考えられます。(30代男性)

 

換金ができるオンラインスロット↓

KACHIDOKIのアカウント登録方法をキャプチャ画像で解説!入金方法や特典のもらい方についても

カチドキのスロットは儲かる?オンラインパチスロは勝てるのか解説!

 

パチンコで安定して勝てる台とは大当たり確率が甘い台

ここまでは、「勝てる台」の口コミを紹介しました。

次に「安定して勝てる台(機種)」について、僕が理論的に説明したいと思います。

 

”安定して”というのは、1日単位で収支を見た時に大勝ちしたり大負けしたりせずに、毎日コンスタントに勝てることですね。

ズバリ、パチンコで安定して勝てる台とは、大当たり確率が甘い台のことです。

大当たり確率が甘ければ甘いほど、日々の収支は安定します。

 

ミドルよりライトミドル、ライトミドルより甘デジの方が安定して勝てる

具体的には、1/319のミドルよりも1/199のライトミドル。

ライトミドルよりも、1/99の甘デジの方が安定して勝てます。

 

その理由は1日単位で見た時に確率が甘い台の方が確率が収束しやすいからです。

ミドルよりもライトミドルの方が、上振れや下振れしにくい。

ライトミドルよりも甘デジの方が、上振れや下振れしにくくなります。

 

パチンコを1日中打った場合、およそ3,000回転前後まわせます。

この3,000回転まわした時に、大当たり確率が本来のスペック通りの(抽選)結果になりやすいのは、大当たり確率がより甘い台の方です。

 

極端な例を上げると、甘デジを1日打って2~3回しか当たらないということは、まずありません。

1/99の甘デジなら、確率の30倍の3,000回転ぐらいまわせば、確率もそこそこ収束するからです。

しかしミドルなら1,000回転ハマりなどを喰らうこともあり、1日打って2~3回しか当たらないということも現実に起こります。

1/319のミドルでは、3,000回転はわずかに確率の10倍程度の試行回数なので、収束するのが難しいからです。

大当たり確率に対して、回転数(試行回数)が少ないのが収束しづらい原因ですね。

 

例えばサイコロを振って、1の目が出たら当たりとします。

6回しかサイコロを振らない時、1の目が1回も出ないことは多々あります。

(試行回数が少ないので、抽選結果が収束しづらい)

しかし確率の100倍である600回も振れば、1の目はおおよそ100回前後出ます。

1の目が出る確率1/6に対して、6回の試行回数では結果は安定しませんが、600回の試行回数なら安定しやすいと言えるのです。

 

パチンコは1日で3,000回転ほどの試行回数ですから、1/319のミドルよりも1/199のライトミドル。

ライトミドルよりも1/99の甘デジの方が抽選結果が安定しやすく、そのため安定して勝ちやすい(勝てる)となるわけです。

だから、確率の上振れや下振れの影響を少なくして安定して勝ちたい人には、大当たり確率が甘いスペックの台を打つことをおすすめします。

 

ボーダーを大きく上回る台も安定して勝てる台と言える

別の考え方として、ボーダーラインをより大きく上回る台の方が、安定して勝ちやすいと言えます。

ボーダーとは、理論上”チャラ”になる回転数(釘調整)のことですね。

 

例えば、北斗無双の等価のボーダーは17回/千円ですが、ボーダーぎりぎりの18回の台より、大幅に上回る23回とかの台の方が安定して勝ちやすくなります。

ボーダーぎりぎりだと、少し確率が辛く入って下振れした場合に負けてしまいますが、ボーダーを大きく上回っていれば、多少確率が下振れしても回転数でカバーすることでき、勝ちに持って行くことが可能だからです。

 

先ほどの大当たり確率と絡めれば、甘デジでぐるぐる回りの台を日々打てば、かなりの確率で安定して勝つことができます。

ミドルの源さんはさすがに波が激し過ぎますが、1/199のライトミドルでもボーダーを大きく上回る台を打てば、その分だけ収支に安定さが増します。

やはりパチンコは、釘が重要ですね。

 

・・・念のために言っておきますが、ボーダーを下回る台を打ってはダメですよ。

ボーダーを下回る台は、打てば打つほど理論上どんどん負けていくからです。

甘デジでボーダー以下の台を打てば、毎日安定して負けることができちゃいます。(笑)

パチンコで勝つためには、ボーダーラインを超えていることが大前提です。

 

パチンコで連チャンしやすい台とは確変継続率が高い台

次に、パチンコで「連チャンしやすい台」について説明します。

「確変が、少しでも連チャンする台の見分け方を知りたい」

という疑問を持つ人がいますが、この答えはカンタンです。

確変継続率が高い台が、連チャンしやすい台になります。

 

例えば確変継続率52%の大海4スペシャルより、ラッシュ継続率93%の源さんの方が連チャンしやすいです。

連チャンしやすい台は、単に継続率が高い台を選べばいいだけですので簡単ですね。

 

パチンコはあらかじめ連チャン数が決まっている訳ではない

「当たり前のこと書くな!」

と言われそうですが、この当たり前のことが大切なのであえて書きました。

実はパチンコが何連チャンするかが、打つ前からあらかじめ決まっていると思っている人がいるからです。

これは大きな間違えで、パチンコはどれだけ連チャンするかは、あらかじめ(事前に)決まっていません。

 

パチンコはスタートチャッカーに玉が入った時に当たりかハズレか(確変が継続するかどうか?)を抽選しています。

つまり、実際に打ってみて回してみなければ、何連チャンするか?は分からない仕組みなんですね。

 

同じ機種なら連チャンのしやすさも同じで違いは釘

具体例を上げると・・・

大工の源さん韋駄天が10台あります。

この中で、連チャンしやすい台はどれですか?

 

…答えは、10台とも連チャンのしやすさは同じです。

継続率93%と全台同じスペックなので、当然のことですよね。

もっと言えば、全国にあるどの大工の源さん韋駄天も、連チャンのしやすさは同じになります。

 

つまり、源さん韋駄天の台選びをする時に

「どの台が連チャンしやすいか?」

という基準で選ぶのは間違った行動になります。

あらかじめ「何連チャンするか?」などが、決められているわけではありません。

 

同じ機種なら、連チャン率はどれも同じ。

違うのは釘だけです。

だからパチンコは、釘が重要なんです。

 

パチンコで当たりやすい台とは大当たり確率が甘い台

最後に「パチンコで当たりやすい台」について説明します。

ここまで来ればもう予想は付くと思いますが、当たりやすい台とは大当たり確率が甘い台です。

ミドルよりも甘デジの方が、大当たり確率が甘いので当たりやすいと言えます。

 

なぜ、またこんな当たり前のことを書いたかと言うと、

「パチンコは、あと何回転まわしたら当たる」

と思っている人がいるからです。

これも先ほどの連チャンしやすい台と同じく、間違った認識になります。

パチンコは、スタートチャッカーに玉が入った時に大当たり抽選をしていますので、この先いつ当たるのかは、実際に打って回してみないと分からないからです。

 

スペックが同じ台なら、当たりやすさも同じ。

当たりやすい台を打ちたいのなら、大当たり確率が甘い機種を打てばいいだけです。

結論としてパチンコで当たりやすい台とは、大当たり確率が甘い台(機種)になります。

 

勘違いしている人のために、最後にもう一度まとめます。

パチンコで同じ型式(スペック)の機種なら、連チャンのしやすさや当たりやすさは同じです。

パチンコは、スタートチャッカーに玉が入った時に大当たりや確変の抽選をしているからです。

実際に回してみるまでは、当たるかどうか?確変が連チャンするかどうか?は誰も分かりません。

 

「どの源さんが連チャンしやすいかな?」

「どの源さんが当たりやすいかな?」

という台の選び方は間違っています。

大工の源さん超韋駄天なら、どの台を打っても連チャンのしやすさ・当たりやすさは同じです。

違うのは釘だけですので、千円あたり少しでも多く回る台を打ちましょう。

 

【補足】

「当たりやすい台」についてですが、ここで説明したのは単に同じ回転数を回した場合の比較です。

千円あたりで比べた場合の「当たりやすい台」なら、釘が開いていて良く回る台の方が当たりやすいと言えます。

例えば、千円で20回と千円で25回の台とを同じ投資金額で比べた場合、当たりやすいのは千円で25回まわる台の方になります。

 

【まとめ】初代北斗無双は今打つべき台か?を見極めることが重要

現役最強機種に推す人が多い「初代北斗無双」。

2022年1月末が撤去期限です。

 

まだ台数を多く抱えて、メイン機種として扱っているホールもありますが、期限ギリギリの1月まで打つのは危険です。

今はまだ十分に勝ちを狙える状況ですが、撤去が近づくに連れて段々と釘が渋くなるからです。

ホールとしては初代の次のメイン機種を育てなければならず、そちらに徐々に割数を振って行きます。

その分、撤去してなくなる初代は回収調整になりますので、撤去期限である1月ギリギリまで深追いするのはやめた方がいいでしょう。

 

基本的には、大型連休を境に割数の振り分けを行うことが多いです。

具体的には、仮に1月に初代を撤去する予定のホールなら、お盆明けからそろそろ回収調整に入る可能性があります。

年末年始は、ほぼ100%回収と思った方がいいでしょう。

いくら初代北斗無双が甘いと言っても、釘を閉められてしまっては勝てませんからね。

 

もちろん、すべてのホールが1月まで初代を使うとは限らず、早めに撤去するホールもあります。

そんなホールでは、お盆休み中でもすでに「サヨナラ回収調整」で閉めることも十分考えられます。

自分が打ちに行くホールの状況を見極めて、「今打つべき台なのか?」を判断して下さい。

ポイントとして、台数を減台したら回収前の黄信号です。

 

あなたの「今」のおすすめ機種を、ぜひ↓のコメント欄へ書き込んで下さい!

コメントのみで送信できます。

↓ハワイアンドリームがより荒波になった「クリスマスversion」が登場!

ハワイアンドリームのクリスマスと通常版とのスペックの違いを比較してみた

ベラジョンカジノの姉妹サイト「遊雅堂(ゆうがどう)」が登場!

日本円をそのまま銀行送金で入出金ができて超便利!

8/31までの当サイト限定特典として、上記バナーからアカウント登録するだけで6,000円分の無料ボーナスを進呈!

もちろん、大人気スロットのハワイアンドリームも遊べます^^

↓ディーチェなら合法的に景品交換ができる!