スロットの軍団や打ち子がウザイ!対処法や出禁にした体験談の口コミまとめ

2021年3月24日

台を全台占領したり、掛け持ちしたり、真後ろで長時間ベガ立ちしたり…。

誰しも1度は、軍団や打ち子たちのマナーやルール違反に「ウザイ!」と思ったことがあるでしょう。

今回はそんな体験談や、またウザイ時の対処法を集めてみました。

 

  沖ドキの後継機はこれで決まり↓ ハワイアンドリームの遊び方はこちらからどうぞ! 姉妹サイトパーラーオンラインカジノもよろしくね!

軍団や打ち子がウザイと感じた体験談や対処法まとめ

あなたは、周りの客がウザイと感じた時どうしていますか?

ウザイだけならまだ我慢できますが、掛け持ちや並びの割り込みなどのルール違反は見過ごせません。

マジメにやっている自分が、バカらしく思えるからです。

そんな時の対処法も、今回の口コミを参考にしてみて下さい。

 

僕の経験からのアドバイスとしては、直接自分で声を掛けて注意するのはやめた方が良いです。

注意されて「はい、分かりました」と辞めるような人間なら、元々そんなことはしないからです。

 

また人は軍団という複数人になると、なぜか自分が強くなった気がします。

ウザイ相手が一人ならまだしも、大抵は複数の集団で行動しています。

注意したところで素直に聞き入れるどころか、逆ギレや嫌がらせなどの復讐をされる恐れがあります。

やはり店員に言うのが一番、もしくは諦めて他の店に行くのが最善だと思います。

 

軍団がウザイ時の対処法は店員に言って出禁にしてもらう

私がよく行っているパチンコ屋さんでは、スロット軍団の対策がしっかり取られています。

開店ダッシュ時には、店内に店員がいて必ず注意をするようにしています。

 

遊技台の掛け持ちをされた場合、私自身の対策方法としては、店員さんに言って掛け持ちは絶対にさせないようにしてもらっています。

スロット軍団の仲間同士での代打ちへの対策は、私が行っているパチンコ店では出玉の共有を禁止しています。

「打ち子のような人には、担当の店員や防犯カメラで注意してチェックしている」と店員さんが教えてくれました。

 

最近は、迷惑なスロット軍団をよく見かけます。

出玉共有などをしていて、ルールやマナーを守っていない人を見かけます。

複数台の掛け持ちや、打っている人の背後に長い時間張り付きなども見かけます。

 

軍団は、正直かなりウザイです。

でも私自身では対処できないので、店員さんに言うしかないと思っています。

店員さんが理解してくれれば、店長など偉い人に報告して出禁にしてくれることもあります。

特にスロット軍団の打ち子に対しては、店員に任せっきりにするだけでなく、自分でルール違反を見つけて店員に言うのが大切です。

 

↑掛け持ち遊技は、あきらかなルール違反。

こういう輩は排除しないと、マジメにルールを守って遊技しているお客さんは、どんどん離れていってしまいます。

ましてや、お客さんからクレームがあったのにも関わらず、それを対処しないとは店として終わっています。

こう言う店は、確実に廃れて行くでしょう。

 

打ち子と喧嘩などのトラブルになるので直接注意はせず店員に言う

パチンコ店に10年以上、主任として勤務していた経験があります。

スロットだけに限らず、パチンコであっても迷惑行為をする軍団は必ず存在します。

スロットは若者が多く、代打ちや掛け持ち、イベント開催時には打ち子を使って台をおさえる等、マナーが全くない軍団がいました。

 

店側の対策としては、まず店内アナウンスを流し警告をし、各列にスタッフを配置させて巡回させます。

立ち見や空き台に座って見学する人には、スタッフに休憩所に移動してもらうように注意させます。

常連の人からも、そうしたマナーのない軍団がうざいとクレームがあったので、店側としてもそのまま放置するわけにもいきません。

掛け持ちについては、5分以上台が稼働していない場合は店内アナウンスで台番号の呼び出し、3分経過で再度呼び出しその後回収する事を徹底しました。

マナーのないお客さんは、ルールを決めても守らないので強制的な対策が必要です。

 

お客さん自身の対策方法としては、その都度店員や店長に言うことが一番だと思います。

お客さん同士で注意すると、喧嘩などトラブルになる事もあるからです。

打ち子本人に分からないように店員に教え、掛け持ち確定等の台は呼び出ししてもらうのが良いでしょう。

 

掛け持ちをする軍団を店員にチクったら出禁になった

近所のパチ屋で、スロットのモンハンが毎日リセットされる店がある。

迷惑な3人の軍団が、6台あるモンハンを朝からリセット狙いで毎日打っていた。

私がリセットでボーナスに当選すると、毎回こっちをにらむ様に見てくるなど非常にうざい感じであった。

私はルールを守って遊んでいるのに、なぜそんなことをされるのかと思ったが我慢していた。

 

次の日も朝からパチンコ店に行くと私への対策からか、軍団は打ち子を連れててすべての台を占拠していた。

さすがにルール違反ではないかと思ったが、打ち子だという確証もなく文句が言えない状態であった。

 

その翌日は打ち子が雇えなかった様子で、前回の3人で来ていた。

私がモンハンに座ったらライターが下皿に置いてあったので、あきらめて少し離れた場所から様子を見ていた。

すると、三人がライターを使って6台占拠していた。

これには腹が立ったので、店員にチクったら次の日からその3人の軍団を見なくなった。

聞いたところによると、どうやら出禁になったようでスッキリした。

 

 

軍団の並びの物置きは警察に通報して処分してもらった

私がよく行くパチンコ店では、スロットのイベント時にはよく並びで高設定を使います。

そのため、スロット軍団がよく前日に物を置いて行くのですが、それで順番に並んでいると言い張るのです。

「それはマナー違反ではないか?」と注意しても、「開店前には並ぶので有効だ」と言われ何もできなかったです。

そしていざ開店すると、並んでいた以上の人数の打ち子が打ってるのを何度も目撃するので、私や常連の人たちは日頃から迷惑していました。

 

そこで常連客と話し合った結果、軍団が置いている物を不法投棄として、警察に通報して処分してもらったのです。

自分たちはそのまま先頭に並んだので、軍団が来た時にちょっとした言い争いになりました。

しかし、ルール上はこちらの言い分が正しいので、僕達は店員に何も言われず、逆に軍団の方が暴れたため出禁になりました。

 

開店の並びの物置きは、店員に言っても聞いてくれない場合があります。

そんな時は思い切って自分たちで物をどかしたり、警察に通報して撤去してもらうのが良いと思います。

 

ウザイ軍団の掛け持ちは対応が良さそうな店員に言う

マイホには、明らかにスロットを掛け持ちしている迷惑な軍団が多くいる。

打ち子の集団なのか、スロット軍団なのか、または複数人の連れ打ちなのか知らないが、とにかくウザい!

打っている途中に隣の台を同時に回したり、自分の台を確保したままコインを持って別の台を打つなど、ルール違反も平気でする。

 

こういう軍団を自分で注意してルールを守らせるのは正直難しい。

こんな時は、こっそり席を立って店員に事情を話すことしか有効な対策はない。

ぼんやりしている弱々しい店員に頼むより、明るく物腰が柔らかそうな店員に頼むと、すぐに対応してくれたりする。

ウザイ軍団に注意する店員も大変だと思うが、臆することなく頑張ってほしい。

 

【元店長の経験談】軍団や打ち子がウザイ時は店に電話してチクる

以上が、今回の口コミのまとめになります。

口コミで出てこなかったので、僕の店長としての経験からの対処法を書いて終わります。

それは、お店に直接電話するという方法です。

ウザイ軍団や打ち子がいたら、その場で外に出て店に直接電話しましょう。

この対処法を、僕はおすすめします。

 

店員に直接言うのも良いですが、チクっている所を軍団に見られると後々トラブルの原因になります。

またホール内はうるさく話しづらいですし、ホールにいる店員は基本バイトや平社員で頼りになりません。

主任など役職もいますが、役職の中にはそういう軍団と仲が良いダメな役職もいます。

軍団に「あの客(あなた)がチクって来たよ」って、逆にチクられる可能性もあります。

 

こういうリスクをなくすために、店に直接電話をするのです。

電話に出るのは役職以上の場合が多く、店長が出ることもあります。

平社員が出ることもありますが、周りに店長などがいますので、あなたからの電話をスルーすることは難しいです。

ホールで直接言うと、うやむやにされて何も対処してくれないことがありますからね。

 

ただ電話でチクる場合は、直接チクる場合と比べて信ぴょう性が下がります。

嫌がらせの電話だと思われるからです。

感情的にならず、ウザイヤツの特徴や台番、どんな状況でどんなルール違反やウザさなのかを客観的に伝えましょう。

 

そして、

「気分的に嫌なので注意して欲しい」

「ルールを守らせて欲しい」

と伝えます。

「お店はすごく良いので、毎日でも行きたいです。でもハイエナがウザイので残念…」

とヨイショすれば、”軍団出禁リーチ”に発展するかもしれません(笑)。

 

ひとつ注意点として、

「出ていない。負けた」

などの余計なグチを言うのは、絶対にやめましょう。

こうした類の電話単なる負けた客の腹いせと見なされ、お店はすべてスルーするからです。

逆にあなたが、店から”ウザイ客”に認定されてしまいます。

 

きちんと伝えれば、すぐに防犯カメラでチェックするなど、お店側は動いてくれるはずです。

※その場ですぐに電話するのがポイントです。帰った後や後日では、リアルタイムで確認してその場で注意ができないからです。

ただ事実確認に時間が掛かるので、すぐには目に見えての注意や出禁にしてくれるとは限りません。

最終的な判断はお店次第になりますが、少なくともそのウザイ軍団たちは「要注意人物」として、今後マークされることは間違えないでしょう。

 

【まとめ】ハイエナや張り付きなどを出禁にするホールが増えている

こんな一般客からすればウザイ軍団ですが、最近はハイエナ行為や張り付きなどを、かなり厳しく取り締まっているホールが増えて来ています。

「さすがに、ちょっとやり過ぎでは?」

と言う声もありますが、中には

「出禁にならないようにするのも、立ち回りのひとつ」

という意見もあります。

 

 

基本的にホールは、一般のお客さんがウザイ(迷惑)と感じる行為を禁止します。

その数人のウザイ客のために、その他大勢の”良いお客さん”を逃がしてしまうからです。

勝つ客・負ける客とかで区別するのではなく、他人に迷惑を掛けるヤツは来なくていい、という判断ですね。

 

僕がいた店では、かなり昔からハイエナの意志がない単なる立ち見(遊技観戦)でも、声を掛けてご遠慮してもらっていました。

見られている人からすれば、やはり「ウザイ」と感じるのが自然だからです。

ましてや、真後ろで長時間ベガ立ちで張り付かれたら、そりゃ殺意も沸くことでしょう。

 

ハワイアンドリームの遊び方はこちらからどうぞ! 今なら登録ボーナスがもらえる!

姉妹サイトパーラーオンラインカジノもよろしくね!