シンエヴァ16で激熱リーチを逃した後にお詫び当たりは来る?ヤメ時を解説!

↓今だけ無料でもらえる!↓

シンエヴァ16のミドル版レイとスマパチ版カヲルで、赤保留やレバブルが外れると、

「激アツが外れたからヤメた方がいいのかな?」

「お詫びの当たりって来るのかな?」

と思うことがあるでしょう。

 

そこで今回は、以下のポイントに焦点を当てて説明します。

・熱い演出が外れた後に、お詫び当たりは存在するのか?

・熱い演出が外れる原因は何か?

・熱い演出が外れた時は辞めるべきか?

・エヴァ16の正しいヤメ時はいつか?

これらについて詳しく解説します。

 

最初に結論】

・激アツな演出が外れた後に「お詫び当たり」は存在しない。

・熱いリーチ演出が外れるのは、単純に抽選で外れたから。

・撤退するタイミングは、ボーダーラインを基準に決めるべき。

 

激アツが外れた後にお詫び当たりは来ない

エヴァ16のパチンコでは、激アツ外れ後の「お詫び当たり」は存在しないというのが結論です。

これはミドル版のレイも、スマパチ版のカヲルも同じです。

激アツが外れると「もう少しで当たりそう…」という気がしますが、すぐに100回転以内に確変が当たる!などと言うことはありません。

お詫び当たりは根拠のない迷信であり、激アツ外れ後に過度な期待をすることは避けましょう。

この理由を以下で説明します。

 

激アツ後でも確率に変化はない

激アツ外れ後にお詫び当たりがない理由は、外れた後も大当たり確率が変わらないからです。

つまり「激アツ演出を逃した後はすぐ当たる」というのは誤った認識になります。

実際には激アツを逃しても大当たり確率は変わらないため、次が当たりやすくなるわけではありません。

 

エヴァ16の大当たりは独立抽選

アツい演出を外した後でも、大当たり確率が変わらない理由は、パチンコ(エヴァ16)が独立抽選方式を採用しているからです。

独立抽選とは、スタートに玉が入る度にそれぞれ独立して、1/319(スマパチは1/349)の確率で大当たり抽選を行うシステムのこと。

この確率は、通常時なら一切変わりません。

従って、激アツリーチを逃した後でも当たりやすくなることはなく、お詫び当たりなど来るはずもないのです。

 

ちなみに確率が変わるのは、確変に入った時のみ。

「確変」とは「確率変動」の略で、通常時とは異なり確率が変動する状態を指します。

 

お詫び当たりとは偶然の自力当たり

実戦で「レイ背景を外したけど、その後にすぐに当たった」という経験はありますよね?

これは激アツを外した後に、たまたま自力で偶然大当たりを引いたに過ぎません。

激アツを逃しても1/319の確率は変わらず、1/500になることも無抽選になることもありません。

つまり、レイ背景や赤保留を逃した後にすぐ当たった場合、これは偶然その場で1/319を引き当てたということです。

 

参考までに、1/319の確率で100回まわした場合、当たる確率は約27%です。

50回まわした場合は、約14%の確率で当たります。

この自力での当たりこそが「お詫び当たり」の正体と言えるでしょう。

 

信頼度が高い激アツリーチが外れる理由

「赤保留で信頼度90%以上でも外れるのが納得いかない!」

「最終型号リーチが逃げた…なぜ?」

「どうして信頼度が高いリーチが外れるの?」

その理由を次に説明します。

 

大当たり抽選で当たらなかったから

この答えは単純です。

パチンコのエヴァ16では、スタートに玉が入るごとに大当たり抽選が行われます。

熱いリーチが外れるのは、単に大当たり抽選に当たらなかったからです。

信頼度が90%のリーチでも、1/319の抽選に外れていれば当たりません。

抽選に当たらなければ、どれだけ激アツ演出が来ても、液晶画面に数字は絶対に揃わない仕組みです

信頼度90%のリーチと言うことは、10%の確率で外れることでもあります。

 

演出が始まる前に外れが決まる

詳しく言うと、リーチが当たるか外れるかは、デジタルが回転する前に決まります。

玉がスタートに入ると一瞬で大当たり抽選が終わり、その結果が液晶画面に表示されます。

 

①玉がスタートに入る

②1/319の大当たり抽選

③当たりなら当たり演出、外れなら外れ演出

という流れです。

 

リーチが掛かる前から抽選は完了している

ここでのポイントは・・・

①リーチが起こる

②大当たり抽選

ではなく、

①大当たり抽選

②リーチが起こる

の順序です。

 

リーチが発生したその場で、大当たり抽選をしているわけではありません。

パチンコの大当たりは「先抽選」の仕組みです。

激アツが外れても、「デジタル回転前に既に外れが決まっていた」と考えると、納得がいくかもしれませんね。

 

信頼度はリーチの出現率で決まる

余談ですが、リーチや予告の信頼度はどうやって決まるか知っていますか?

それは当たりと外れの抽選でそれぞれの出現率の割合によって決まります。

例えば、「当たり時に頻繁に、外れ時に少なく現れる演出」は信頼度が高いです。

これが赤い保留やレイの背景など、熱いリーチの正体です。

逆に、「当たり時に現れず、外れ時に頻繁に出る演出」は信頼度が低くなります。

通常のリーチがこれに当たります。

 

そして、100%信頼度の大当たり確定演出は、外れ時に現れず当たり時にのみ現れます。

これには虹保留や、カヲル君などがあります。

※メーカーによると、これらは「大当たり濃厚」とされています。

赤保留やレイ背景を外した時、出現率の低いレアな演出を引いたと考えると、ガッカリ感も少なくなる?かもしれませんね。

 

【結論】ヤメ時はボーダーを基準に判断する

エヴァ16で激アツリーチがはずれる理由(メカニズム)と、その後の当たりやすさについて説明しました。

・リーチは発生する前に当たりが決定されている

・激アツがはずれた後も、当たり確率1/319は変わらない

これに基づいて、シンエヴァ16のヤメ時はいつが良いのか?を最後に説明して終わります。

 

適切なヤメ時とは、ボーダーラインを基準にして判断します。

激アツ演出がハズれたかどうか?ではありません。

確率が1/319と同じであれば、より多く回転する台を選んだ方が有利だからです。

※ボーダーラインとは、その回転数(回転率)以上を維持することで、理論上は玉が増えるという数値のこと。

 

エヴァ16の場合、ミドルもスマパチも、

・4.0円…1000円あたり18回転

・3.5円…1000円あたり19回転

・3.0円…1000円あたり20回転

がボーダーとなっています。

つまり自分が打っている台が、上記のボーダーを超えていれば続行、ボーダー以下なら即ヤメが適切な判断となります。

 

結論として、勝つか負けるかを左右するのは釘の状態であり、激アツが外れたかどうかではありません。

パチンコで重要なのは釘(回転率)。

だからホールは釘を調整し、パチプロは釘の状態を判断して台を選ぶわけです。

パチンコはオカルトに頼っていては、いつまで経っても勝ち続けることはできません。

正しい理論で正しい立ち回りをしましょう。

 

シンエヴァ16レイやカヲルに当たりやすい狙い目の回転数はあるのか?台選びについて解説!

シンエヴァ16が当たらない!リーチも何も起きない静かな台について解説!

↓おいらんドリームで500万円勝ちプレイヤー出現!

花魁ドリームは勝てるのか?機械割やスペックを解説!

↓花魁ドリームにクリスマスver.登場!遊雅堂なら3000円もらえる!

↓ハイビスカス光る!蝶が飛ぶ!キュイーン!

ハワイアンドリーム遊ぶならベラジョンカジノ遊雅堂で!

今だけ当サイト限定の無料ボーナス特典がもらえる!

ハワイアンドリームは勝てる?オンカジはパチスロよりも儲かるのか解説!

↓連チャン率が最大91%にアップ!

ハワイアンドリームにクリスマスver.登場!

ハワイアンドリームのクリスマスと通常版とのスペックの違いを比較してみた

デキレなし!CGでも録画でもない!

本物の日本人ディーラーとリアルタイムで勝負できる!

ブラックジャック・ポーカー・ルーレット・バカラ!

ライブカジノで遊ぶなら遊雅堂

今だけ3000円プレゼント!

↓ミスティーノでも無料でもらえる!↓