海物語でサムは信頼度100%の確定ではないの?リーチがハズレたって本当?


スポンサーリンク


フィーバー!

元店長の”ななしー”です。

 

今回は、海物語シリーズの「サム」にまつわる噂について考えてみます。

 

僕がよく聞く噂が・・・

 

・サムのリーチが出たけどハズれた

・サムは信頼度100%確定ではない

 

という内容です。

 

初期の海物語シリーズから知っている僕にとっては、「サムのリーチ=信頼度100%で大当たり確定」が常識です。

でも、そのサムのリーチがハズれるって一体・・・?

 

こんな海物語のサムの噂について考えてみました。

 

今回の記事は、明確な答えはなく僕の予想や考えです。

あえて結論をここに先にまとめて書きませんので、順番に読み進めてもらえれば嬉しいです^^

 




サムは信頼度100%リーチではない

海物語シリーズのメーカーと言えば、天下の三洋(SANYO)です。

今はどうか知りませんが、昔はパチンコ店の店長と言えども、三洋様の営業担当者様には逆らえませんでした(笑)。

 

サムのリーチ信頼度についてですが、メーカーからは明確に信頼度100%とは公表されていません。

攻略サイトによっては、「サムは大当たり確定」と書かれていますが、メーカーに言わせてみれば「サムは大当たり確定ではない」というのが公式な発表です。

 

これは、後述するバグなどの可能性を考えた一種の”逃げ道”だと思われますが、まずはメーカーは「サムのリーチ信頼度は100%ではない」と言っていることを覚えておいてください。

 

 

現在はロム解析がされていない

海物語のサムと言えば、プレミアムキャラとして有名です。

今でこそ出現率が高くなっていますが、初期の頃の海物語シリーズでは、本当にプレミアムなリーチでその出現率は数万分の1という低さでした。

 

僕は、自力ではサムを出したことはありませんが、店長としてホールを廻っていた時に2度ほどお客さんが打っている台でサムを見たことがあります。

初代のCR海物語3Rでの話ですよ。

 

この2000年初期の頃は、パチンコ攻略雑誌も「ロム解析」をしていましたので、間違いなくサムリーチの信頼度は100%だったと思います。

しかし、現在はパチンコ・スロットともに、各攻略雑誌はロム解析をしていません。

というより、著作権の関係などによりロム解析ができなくなりました。

 

そうです、このロム解析が行われていないから、 本当の正しいサムのリーチ信頼度が分からないのです。

 

現在のパチンコやスロットのリーチ信頼度や出現率は、すべてそれぞれのメーカーから発表されたものです。

まあ製造メーカーから発表されている数値ですから、”一応は”信頼できると思います。

 

ただ特にスロットなどでは、そのメーカー発表の解析値があまりにもおかしいと言う噂も絶えません。

以前までなら、各攻略雑誌会社が独自にロム解析をしていましたので、「第三者」による解析値の証明がされていたわけです。

リーチの信頼度や出現率が、本当に事細かく書かれていました。

 

しかし現在は、各メーカーからの発表でしか本当の解析値を知ることができません。

ですから、リーチの信頼度も「約○○%」や「激アツ!?」などと言う表現になっているのです。

 

僕は、別にメーカーを疑っているわけではありません。

でも、パチンコやスロットがギャンブルである以上、その遊技台の大当たりなどのプログラムの透明性を、第三者が証明しないのはいかがなものなのかなと疑問に思います。

(保通協の検査も、ロム解析ではないです。)

 

パチンコのリーチ信頼度ぐらいならまだしも、スロットなんかは機械割が怪しいと言われている始末ですからね。

どれぐらい勝てる見込みがあるか分からないギャンブルに、あなたはお金使えますか?

 

少し話がそれましたので、話をサムのリーチに戻します。

 

サムのリーチ信頼度は、「大当たり確定ではない」とメーカーは発表しています。

ということは、100%大当たりではないのでしょうか?

やはり、ハズれる可能性があるって言うこと・・・?

 

僕は、海物語のサムのリーチに限っては信頼度100%だと思っています。

嘘をついたところで、メーカーには何のメリットもありません。

 

海物語シリーズは、昔からの長年の固定ファンも多く年齢層も高めです。

長年築き上げてきたこのブランドを、サムのリーチ信頼度ひとつで失うリスクを冒すとは考えられないからです。

 

「サムのリーチ=信頼度100%」は、海物語ファンの中では常識です。

それをわざわざ、メーカーの三洋さんが裏切ることをするでしょうか?

 

スロットの解析値なら、その数値をゴマかすことで機種の販売台数を上げることができます。

でもサムのリーチ信頼度をゴマかしたところで、デメリットこそあるもののメリットは一切考えられません。

お客さんをガッカリさせるだけですよね。

 

僕のこの名前にもなっている「ナナシー」ですが、 メーカーは豊丸産業さんです。

昔から他のメーカーとはちょっと違う、面白い機種を作ることで有名です。

 

特に初代のナナシーですが、全回転リーチがハズれたのを初めて見た時は、もう一瞬固まったのち思わず笑ってしまいました。

当時は(今も?)全回転リーチがハズれるなんて誰も考えていなかった時代ですから、「いや~豊丸さんやるな~」って感心しちゃいましたね。

 

パチンコもスロットもそれぞれメーカーによって特色があるわけですが、海物語シリーズの三洋さんには、こういった「シャレの効いた意地悪」はしないイメージがあります。

やはり海物語がそのシンプルなゲーム性で、特に中高年者に長年支持されていることがあるからでしょう。

 

中高年者にとっては、解析値やボーダーラインなどはあまり気にならない要素です。

シンプルにパチンコを楽しみたい、と言う方が多いですよね。

そんな人たちに向けて、信頼度100%と言われているサムリーチをハズしたところで、それは「裏切り」というデメリットにしかなりません。

 

だったらメーカーも、「サムのリーチ信頼度100%で大当たり確定」と堂々と公表すればいいと思うかもしれません。

でも先ほども少し書きましたが、パチンコが精密機器でプログラム処理されている以上、メーカーの予期しないバグや不具合が発生する可能性があるからです。

「サムのリーチは信頼度パーセント100%」と言い切ってしまうと、 このバグや不具合の可能性も絶対ないと言い切ってしまうことになるからです。

 

僕は、これを先ほど”逃げ道”と書きましたが、これは仕方のないことだと思います。

というより、実際こちらの方がパチンコ店にとっても助かる表現です。

 

それは、お客さんの見間違いや理不尽なクレームを「いや、100%とは書いていないですから」の一言でかわすことができるからです。

負けた腹いせで「おい!100%のサムリーチがハズれたぞ!」というクレームは、よくあることですからね。

 

何事も、白黒ハッキリさせるよりも”グレー”が一番です。

そもそもギャンブルという点では、パチンコ屋自体がグレーな存在”ですし(笑)。

 

と、なんだか話がややこしくなってしまいましたが、僕はサムのリーチは信頼度100%で大当たり確定だと思っています。

つまり「サムのリーチがハズレることはない」と言うことです。

 

 

サムのリーチがハズレる原因は?

しかし、実際に多くの人が「サムのリーチがハズれるのを目撃した」という噂を聞きます。

なぜ、信頼度100%だと思われるサムのリーチがjハズれるのでしょうか?

 

そのハズれる原因を色々と考えてみました。

 

見間違え

まず、一つ目のサムのリーチがハズレる原因が「お客さんの見間違え」です。

 

実際、何をどうやったら見間違えるのかは分かりませんが、海物語を打っている年齢層が高いことから、もしかしたらマリンちゃんとサムを見間違える人がいてもおかしくはないです(笑)。

それは冗談として、例えばパチンコ打ってる最中は、常に液晶画面を凝視しているわけではありません。

 

特に海物語を打っているオバちゃんなどは、隣の台などを常にキョロキョロチェックしています。

そこで、ふと自分の台に視線を戻した時に「サムのリーチがハズレた・・・ように見える」という可能性です。

・・・やっぱりこれは、ちょっと強引ですかね?

 

でも海物語シリーズは、現在の日本のパチンコで一番打たれている機種であることに間違いはありません。

老若男女問わず実に多くのファンがいますので、何らかの原因でサムを見間違える人がいてもおかしくはないでしょう。

 

特にサムはプレミアムリーチですから、そう言った意味でも打っているお客さんの中では意識が強いです。

言ってみれば、UFOみたいなものですかね?

 

夜空に光るものがあれば「UFOかもしれない」と、誰しもが一度は思ったことがあるでしょう。

それと同じです。

 

 

バグ

二つ目のサムのリーチがハズれる原因としては、純粋な機械のプログラムバグです。

 

パチンコやスロットが人の手で造られた機械である以上、100%常に正しく動作する保証はありません。

むしろ誤作動、つまりバグは起こるものと考えるのが普通です。

 

海物語は全シリーズを合わせると、そのトータル稼働時間はパチンコ史上歴代トップだと思います。

毎日毎日全国のパチンコ店でほぼフル稼働しているわけですから、例え天文学的な確率で起こるバグでも発生していると思います。

 

これは、パチンコが機械である以上仕方がないことですし、メーカーやホールにその責任を問い詰めるのも何か違うような気がします。

ですからメーカーである三洋さんが、「サムのリーチは大当たり確定ではない」と言うのも仕方がないことですよね。

そこに悪意はないと思います。

 

しつこいようですが、僕は豊丸さんのような「ハズレる全回転リーチ」の方が好きです。

 

そう言えば、お客さんでナナシーで全回転リーチが発生したので、自分で手元のドル箱を足元に降ろした人がいたんですよ。

そうしたら、その全回転リーチがハズレたんです。

そのお客さんはしばらく固まった後、足元に降ろしたドル箱を静かに再び手元に上げていました。

何か哀愁を感じましたね。

 

というわけで、二つ目のサムのリーチがハズレる原因は、機械の誤動作「バグ」です。

これは、十分に考えられることですね。

スポンサーリンク

 

意図的な嘘

三つ目のサムリーチがハズレる原因です。

それは、お客さんの意図的な嘘ではないでしょうか?

 

ほら、パチンコやスロット打つ人って「負け自慢話」をしますよね?

先月20万円負けたとか、1000回転ハマリを食らったとか、あの店は遠隔をやっているとか・・・。

 

そして大抵これら話は「盛っている」可能性が高いです。

つまり、10万円の負けを20万円と言ったりする「誇張表現」ですね。

あなたも、きっとそんな経験があると思います(笑)。

広告ならJAROに訴えられてアウトですよ。

 

つまりパチンコで負けた被害者意識から、「私もサムのリーチがハズレた」と言い出す手口。

負けた原因を、台やホールのせいにするパターンです。

こうすることで、自分を悲劇のヒロインに仕立て上げるのですね。

まあこういうこと言う人は、普段から他の事でも嘘をついていますので、周りの人は気づくと思います。

 

もタチが悪いのが、その証拠がないので嘘を嘘だと指摘できないことですね。

サムのリーチがハズれたその瞬間を、スマホなどで撮影していればいいですが、実際は本人の自己申告のみです。

信じるか信じないかは、周りの人次第。

 

このような嘘が噂になり、「噂が噂を呼ぶ」になっているのかもしれません。

 

都市伝説

四つ目のサムリーチがハズレれる原因は、「都市伝説」です。

 

僕自身は、サムのリーチをハズしたことはありません。

そもそも、サムのリーチを出現させたこともないですから。

 

今回、この記事を書く前に色々な動画サイトを調べて、サムのリーチがハズれたその瞬間の動画があるかを探してみました。

でも不思議なことに、これだけサムのリーチがハズレたという噂が有るのにも関わらず、その瞬間の動画が全くないのです。

おかしいですよね・・・。

 

つまり、信頼度100%と言われるサムのリーチがハズレると言うのは、実は都市伝説ではないのかと思うのです。

あのネッシーやミステリーサークルだって、実は捏造でした(話題が古くてすいません)。

 

大当たり確定のサムリーチがハズれるという噂が、都市伝説であってもおかしくありません。

人を騙して、それを見て楽しむ人も世の中にはたくさんいます。

 

このような噂が流れるのも、やはりそれは海物語シリーズが長年多くの人に支持されているからこそだと思います。

でも、これも噂の真偽は確認できないですね。

やはり僕もなんだかんだ言って、自分の目で見なければ信用できないですから。

 

 

本当にハズレた

五つ目の原因です。

それは、これまでの他の原因と違って、正に本当にサムのリーチがハズれた」です。

どういうことかと言いますと、裏基盤や遠隔操作による可能性です。

 

僕は、今の時代には遠隔操作はないと思っていますが、裏基盤は一部の人気機種でもまだ発見されています。

それに初期の海物語シリーズの時代は、思いっきり遠隔操作や裏基盤が溢れていました。

 

僕は、ゴト師に営業中に裏基盤に交換された経験は何度もあります。

海物語シリーズはどのホールにも設置してあり、またその設置期間も長いことから本当にゴト師によく狙われました。

あいつら、ホントに手口が上手いですからね。

 

このような裏基盤は「粗悪品」が多く、また遠隔操作も強引に大当たりをさせるため、台の演出がおかしくなることが度々あります。

リーチが掛かっていないのに突然大当たりしたり、そしてサムのリーチがハズレたりすると言ったように。

 

これらは言ってみれば、「信頼度100%のはずのサムのリーチが、本当にハズレた」わけです。

嘘ではありません。

 

ただ、ゴト師に交換された可能性のある基盤ならホールも調べます。

しかし、ホールが自ら設置した裏基盤や遠隔操作なら、「サムのリーチがハズレたからおかしい!」とクレームしても、もちろん取り合ってもらえないです。

 

少なくともメーカーである三洋さんは、この件には関係ないですね。

ある意味、メーカーも被害者ですから。

 

 

どうやってハズレた?

さて、少し考えてみましょう。

大当たり確定のサムのリーチがハズレれたという人がいますが、では一体どうやって外れたのでしょうか?

 

僕はサムのリーチのハズレ動画と一緒に、どうやってサムのリーチがハズレたかという具体的な体験談も探してみましたが、それも見つかりませんでした。

 

例えばマリンちゃんならリーチがハズレた後、「ごめんね」と言って去っていきます。

では、サムもリーチがハズレた後に「ごめんね(野太い声) 」と言って、しょんぼりしながら去っていくのでしょうか?(笑)

 

少なくとも、これは絶対にありえません。

なぜなら、メーカーである三洋さんが、そんなサムのリーチがハズレる用の演出グラフィックを作っていないからです。

メーカーが作っていない、台にプログラムされていないものを見ることはできません。

 

ということは、サムのリーチがハズれる時は、大当たりする時と同じように「ラッキーィ(野太い声)」とサムが言いつつ、ハズれるということでしょうか?

そして何事もなかったように、またデジタルが回りだす・・・?

 

この辺りが不思議なんです。

こんなにもサムリーチがハズれた目撃情報があるのなら、 もっと具体的にどんな状況でハズれたのかという情報もあってもいいはずです。

 

たとえ裏基盤や遠隔操作の可能性があっても、わざわざサムのリーチのハズれ演出まで手を加えることは考えられません。

ほとんどの裏基盤や遠隔操作は、大当たりなどの確率をいじるだけです。

 

もう少しマニアックな話をします。

 

パチンコ台は、スタートチャッカーに玉が入った瞬間に大当たり抽選をしています。

その抽選結果が大当たりなら、どのようなリーチ演出で大当たりさせるのか、反対に抽選結果がハズレなら、どのような演出でハズレさせるのかを決めます。

リーチが発生した、その場で大当たりの抽選をしているわけではありません。

リーチが掛かるその前から、すでに当たりかハズレから結果は決まっているのです。

 

サムのリーチは、大当たり確定の信頼度100%です。

つまり、抽選結果がハズれた時には選択されない演出になります。

信頼度100%リーチというのは、スタートチャッカーでの大当たり抽選に当選した時にのみに出現するリーチです。

 

ここから考えても、今回の「サムのリーチがハズレた」という噂はおかしいような気がするのです。

屁理屈かもしれませんが、正しくは「信頼度100%の大当たり確定のサムリーチがハズれた」ではなく、「ハズレ抽選にも関わらず、サムのリーチが選択された(出現した)」となるわけです。

 

だから大当たり確定のサムのリーチがハズレたと言うことは、そもそもスタートチャッカーでの大当たり抽選ではハズレだった、ということになります。

この大当たり抽選自体が、バグを起こしたという可能性もありますが・・・。

 

 

なぜサムだけ?

そして、僕がまだ不思議に思うことがあります。

それは、なぜサムだけがこんな噂が立つのでしょうか?

 

サムはプレミアムキャラですから、出現率がかなり低いです。

それに比べて通常のノーマルリーチなどは、出現率がかなり高いです。

 

だったら他のリーチにも、もっとおかしな噂があってもいいはずです。

 

・マリンちゃんが「ごめんね」と言いつつ大当たりした。

・なぜかノーマルリーチが出現すると、必ず大当たりする。

・全回転リーチがハズレた、確変への昇格演出でハズレた。

・確変が消滅した。

・時短が途中で終わった。

 

機械のバグや不具合なら、こうしたことも起こってもおかしくないはずです。

 

でも、なぜかこのような噂はほとんど聞きません。

どうしてサムだけの噂が、こんなに一人歩きするのでしょうか?

 

まとめ

大当たり確定の信頼度100%のサムのリーチがハズレたということについては、結局証明することができないので明確な答え分かりません。

誰かがその瞬間をスマホで撮影してくれれば、疑問が一気に解決するんですけどね。

 

というわけで、最後に僕なりの答えをまとめます。

 

サムのリーチがハズレたと言うのは、恐らく初期の海物語シリーズの裏モノ(裏基盤)や遠隔操作が原因ではないでしょうか?

裏モノや遠隔操作なら、サムのリーチがハズレるという現象が起こる可能性は十分に考えられます。

その時の実体験が長年語り継がれて、今も噂になっているのではないでしょうか?

 

「海物語」と一言で言っても、今まで発売されたそのシリーズは何十種類にもなります。

正式な型のスペックまで、全て覚えてる人いないでしょう。

 

つまり「海でサムがハズレた」と言っても、最近の大海や沖縄シリーズなのか、それとも大昔の初期の海物語シリーズなのか分かりません。

聞く人によっては、今現役で人気の大海や沖縄でハズれたと受け止める人もいるでしょう。

 

これは、海物語が長年多くの人に支持されているからこそ、起こり得る現象だと思います。

”20年越しの伝言ゲーム”みたいなものでしょうか?

 

サムのリーチがハズレたという噂の真相は分かりませんが、火のないところに煙は立たないと言いますし、反対に噂が噂を呼ぶとも言います。

でも、こうした噂があるのも海物語シリーズの人気を裏付けていることになりますし、またそれもひとつの打つ楽しみでもあるかもしれませんね。

 

僕ですか?

僕は、自分の目で見るまでは信じません!

今後、サムリーチのハズレを目撃したら、こちらのブログでお伝えします。

 

もし皆さんの中でサムのリーチのハズレを体験した人がいれば、コメント欄から教えてください。

嘘はやめてくださいね(笑)。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。