パチンコのゴールデンウィークは回収日で出ない?設定や釘について解説!

2021年5月9日

さて、今年もやってきます大型連休のゴールデンウィーク(GW)。

仕事が休みで、連日パチ屋へ行く人も多と思います。

が、果たしてゴールデンウィーク中のパチンコ・スロットは出るのでしょうか?

「大型連休中のパチンコは回収日で出ない」って言うウワサも聞きますからね…。

今回は、そんなGWの釘や設定状況について解説したいと思います。

 

結論】

ゴールデンウィーク中のパチンコ・スロットは、超絶回収日です。

「負けたくなければ、絶対に打ちに行くな!」になります。

 

  沖ドキの後継機はこれで決まり↓ ハワイアンドリームの遊び方はこちらからどうぞ! 姉妹サイトパーラーオンラインカジノもよろしくね!

GWはパチンコ・スロットともに回収日で出ない

ゴールデンウィークなど「大型連休中のパチンコは出ない」というウワサは本当です。

基本的に連休期間中は、すべて回収日だと思って下さい。

だから負けたくない人は、GW中にはパチ屋へは行かないことです。

ゴールデンウィークは、正月(年末年始)・お盆と並んで、パチ屋の3大回収イベントと呼ばれています。

それぐらい出ないのです。

 

ゴールデンウィーク期間中は土日祝と同じ回収調整

なぜ、ゴールデンウィーク中のパチンコが出ないのか?

もちろんそれは、世間の多くの人が仕事が休みだからです。

平日は忙しくてなかなかホールに行けない人も、仕事が休みの週末は朝から打ちに行くっていう人もいますよね。

これは、GW中にも当てはまります。

言ってみれば、GWは毎日が日曜日のようなものです。

 

基本的にパチ屋は、土日や祝日は平日よりも出しません。

回収度合いは…

土日祝 > 平日

になります。

 

この理由は、土日祝はお客さんが平日よりも来ると分かっているので、わざわざ営業努力をして出玉を出す必要がないからです。

これは、他のサービス業や飲食業でも同じですよね。

お客さんの少ない平日は、集客するために割引きをしたり特典を付けたり、またイベントをしたりと色々と営業努力をします。

でも週末やGWなどは、通常価格のままでも平日に比べて集客が見込めます。

パチ屋も同じで、GWは毎日が土日祝と同じ回収調整で出ない、となるわけです。

 

GW前には給料日があるので出ない

パチンコ好きな人の特徴として、時間とお金があるとつい打ちに行ってしまうという習性があります。

時間+お金=パチ屋へGO!

という方程式が成り立つぐらいです。

あなたも、心当たりありますよね?(笑)

 

逆に時間とお金のどちらかが欠けると、パチンコを打ちに行くことができません。

平日は、仕事で忙しくて時間がない…。

また給料日前の週末は、時間はあるけどお金(軍資金)がない…。

となります。

 

で、GW中は仕事が休みなので、時間はたっぷりとあります。

そしてGWは4月の最終週から始まりますが、多くの会社ではこのGW前に給料日があり、お金もたっぷり(?)あります。

結果、方程式通り「パチ屋へGO!」となり、ホール側はこれを見透かして回収調整にするわけです。

黙っててもお客さんがお金を持って来てくれるわけですから、わざわざ出す必要なんかないですよね?

あなたがパチ屋の店長だったら、きっと同じように考えるはずです。

 

ゴールデンウィーク中の釘や設定は回収調整で出ない

ゴールデンウィーク中は、パチンコの釘もスロットの設定も回収調整で出ません!

とは言え、具体的には一体どれぐらい出ないのか…?

について説明します。

 

GWのパチンコの釘はボーダーを超える台はない

まずパチンコですが、釘をガチガチに閉めることは安易に予想できます。

その釘調整からは、店長の

「絶対に出さない」

「出すつもりは微塵(みじん)もない」

という強い意思が伝わって来るでしょう(笑)。

 

ボーダーラインを超える調整台など皆無に等しく、どの台を打っても期待値はマイナスです。

あまりにも回らない釘で、打っていてもイライラするぐらい。

打ちっぱなしで保留ランプの4つ目が付点くことは稀で、下手したら「打っているのにデモ画面」ということにも成りかねません。

それぐらい、GW中の釘は渋いのです。

 

また、普段はヘソ(命釘)の開け閉めだけで調整するホールも、GWともなるとアタッカーやスルー周辺も閉めて来る可能性もあります。

当たったけど、いつもより出玉が少ない…。

確変中にどんどん玉が減って行く…。

どう考えても、こんな釘調整では勝てませんよね。

 

GWのスロットの設定はベタピンで勝てる台はない

GW期間中のスロットの設定状況は、基本的にベタピンでしょう。

ベタピンとは、最低設定のまま連日放置することです。

早い話が、GW中はずっと設定1。

 

スロットもパチンコ同様、店長の本気の回収度合いが伝わって来ます。

出玉を出す気なんて、サラサラありません。

GWは、ひたすら回収するのみです。

店長のホンネを代弁すると、

「設定0があったら使いたいぐらい」

ですね。

 

もちろん機種によっては、閉店後にリセットなどもして極力出ないようにします。

GW中は、とにかく期待値を下げる努力をするのです。

 

GW中の釘や設定は確率が上振れしても出ない調整

なぜパチ屋の店長が、GWはここまで本気で回収するかと言うと、それは本社からの指示だからです。

会社も経営していく上で色々と都合があるので、とにかくGWは「粗利最優先・目標必達」が各店の店長に指示されます。

店長だってサラリーマン。

社長(オーナー)からの指示には逆らえません…。

 

となると、中途半端な釘や設定では営業できないわけです。

例えばスロットなら、仮にオール設定2で流しても理論上はホール側は儲かります。

パチンコも、ボーダーちょいマイナス調整でも利益は出ます。

 

でも、パチンコ・スロットは確率ゲーム。

1日単位では確率がバラついて、設定2でも出てしまうこともあります。

いわゆる「確率の上振れ」とか「確率が甘く入った」ってヤツです。

 

ここで問題なのが、本社に

「確率が上振れして出ちゃいました」

(・ω<) てへぺろ

は通用しません。

確率が甘く入ろうが、GW中に出すというのはあり得ないことなんです。

万一、GW中に出してしまうと、その店長の評価は下がります。

 

また、もしGW中に思うように回収できないと、GW明けに回収しなければならなくなります。

そうしないと、5月の目標が達成できないからです。

GW後はガラガラになるのは目に見えているうえ、しかも新台入替やイベントもしなければならず、そんな中で回収するのは至難の業。

無理して回収したら、それこそ稼働が終わります。

だからと言って目標未達成なら、下手したら店長自体が終わります(笑)。

 

だからこそ、GWのパチンコ・スロットは

「絶対に出さない」

「確率がどう上振れしても出ない」

と言う強い意思を持って、各店長は鬼閉め回収するのです。

そこには「出す」と言う選択肢はありません。

 

GW中に出玉が出ているように見えるのは錯覚

ちなみに

「俺の近所のホールは、ゴールデンウィーク中でも結構出てるよ」

と言う人がいます。

でも、それって本当ですか?

ホールに騙されていませんか?

 

その理由は、土日祝やGWなどはお客さんが多く来店するので、ホール全体として稼働が高くなります。

稼働が高くなると、何だか出ているように感じるからです。

本当は出ていないのに、出ているように錯覚するわけですね。

 

極端な例を挙げます。

パチンコ全台ボーダー超え、スロット全台オール6。

でも、お客さんが一人しかいないホール。

あなたがこんなホール行った時、どう感じますか?

恐らく「出そうもないボッタクリ営業」と思うことでしょう。

 

誰も打たなければデーターカウンターも0行進でドル箱タワーもありません。

全然出ているようには見えず、また出そうな気もしませんよね。

つまりいくら釘を開けて設定入れても、打たなければ出ないわけです。当たり前です。

 

逆にパチンコの釘は鬼閉め、スロットの設定はベタピン。

でも、お客さんの人数が多くて稼働が高い。

こんな状況下では、データーカウンターもそれなりに数字が増え、ドル箱タワーも見かけます。

何だかホールが賑(にぎ)やかで、出ているように見えるのです。

 

実際、機械割96%の設定1でも、打ち込んだ分の96%はメダルが戻って来るわけです。

3万円(1,500枚)打ち込めば、1,440枚戻って来る計算になります。

BIG確率1/280の設定1でも、終日7,000回転まわせば25回は当たる計算になります。

いくら設定状況がベタピンでも、稼働があれば出ているように見えるのです。

これは、パチンコも同じですね。

 

ですから「GWでも結構出ている」と思う人は、ホール全体の雰囲気で何となく判断するのではなく、各遊技台1台1台で判断してみて下さい。

きっと多くの台の出玉グラフが、”右下がり”なハズです(笑)。

 

初めに説明した

回収度合いは…

土日祝 > 平日

を思い出して下さいね。

 

2021年パチ屋のGW回収はいつからか?カレンダーを予想してみた

ではパチンコは、いつからがゴールデンウィークの回収日なのか?を2021年のカレンダーから予想してみます。

今年2021年は、4月29日(木・祝)~GWに入る会社が多いですね。

そして、5月5日(水・祝)まで7連休が続きます。

 

また大手製造業の中には、4月30日(金)~5月9日(日)までの10連休という会社もあります。羨ましい。

自分のホールがある地域が、どのような企業の影響を受けるのか?でそれぞれ判断して下さい。

ただ少なくとも5月1日(土)~5月5日(水・祝)は、多くの企業が休みと言っていいようです。

 

2021年4月は28日(水)からがGWの回収日

ここから考えると、4月の最終週に打ちに行くのは26日(月)~27日(火)までにしておいた方がいいでしょう。

29日(木)が祝日なので、その前日の28日(水)も平常営業よりも渋めで営業することが予想されます。

特に狙い台などなければ、無理して打ちに行く必要はありません。

 

またGWに限らず、月末のパチ屋はどこも回収傾向にあるので注意が必要です。

先ほども説明しましたが、25日以降は多くの人が給料日になり、どの店長も各月の目標達成に向けて最後の”追い込み”をするからです。

 

26日(月)27日(火)に、イベントなどがあれば打ちに行っても良いです。

が、少しでも負けたくないのなら、4月で勝負するのは23日(金)を最後にした方が良さそうですね。

24日(土)25日は(日)は、もともと週末の回収日で出ません。

 

2021年5月は9日(日)までがGWの回収日

2021年の5月は、5日(水・祝)までは間違えなくGWの回収日でしょう。

5月1日(土)~5月5日(水・祝)は、絶対に打ちに行ってはイケマセン。

問題は6日(木)以降ですが、先ほどの10連休があるホールの地域では、打ちに行くのはやめた方が無難です。

9日(日)まで、そのまま回収モードの可能性大だからです。

 

また6日(木)から平日に戻る地域でも、そこまで期待して打たない方がいいです。

確かにGWが終われば平常営業に戻りますが、だからと言ってすぐに出して還元するわけではありません。

GW明けは皆仕事が始まり、お金もないのでホールはガラガラ。

ガラガラで出しても出玉感がうまく伝わらないので、どうせ出すならGW明けにある新台入替や、強力なイベントで出した方がインパクトが強いからです。

 

GW中に思うように回収できなかったホールは、6日(木)~平日に戻っても、そのまま「知らん顔」して9日(日)までボッタクリする可能性もあります。

GW明けは鬼閉めは緩和されますが、だからと言ってすぐに出すとは限らないのです。

 

2021年のGW明けは5月10日(月)からが狙い目

勝ちにこだわるのなら、GW明けは10日(月)~勝負を再開するのが良いと思います。

どこのホールもこの週から新台入替などをしますが、近年は導入した新台を初日からいきなり回収することも珍しくありません。

なので、看板機種などを中心に立ち回ってはどうでしょうか?

 

GWのような大型連休は、時間とお金がある中でいかにパチ屋に行くのを我慢できるのか?が勝負の分かれ目になりそうです(笑)。

パチンコのハイエナ狙いとか、設定1でも勝てるスロットを打つならまだ良いです。

しかし、釘も見ず設定推測もしないで打つ平打ちは、高確率でパチ屋の養分となるでしょう。

 

ゴールデンウィーク中のパチンコの立ち回り方

これだけゴールデンウィークのパチンコ・スロットは出ないと書いても、それでもまだ打ちに行く人がいます。

経済に貢献する点は良いと思いますので、そんな人にGW中のパチ屋の立ち回り方をアドバイスをします。

ゴールデンウィークに勝つ方法はありませんので、少しでも負けを少なくする方法と捉えて下さい。

GW中は、パチ屋へ行った時点であなたの負けですので。

 

ホールの看板機種なら負け額が少なく済む

どうせゴールデンウィークに打つなら、その店の看板機種を打ちましょう。

海物語シリーズや源さん韋駄天、初代北斗無双もまだ行けそうです。

スロットならジャグラーシリーズや絆2、そして番長3もまだ設置期限に余裕があります。

GWは確かに回収日ですが、いつなくなるか分からない機種より、ホールの主力となる看板機種はまだその回収度合いは緩いです。

勝てる調整は期待できませんが、負け額を少なくすることはできるかもしれません。

 

1パチ5スロやバラエティーはGW中も勝てない

元々、1パチ5スロなどの低価貸しや、1台しかないバラエティコーナーの台は出ません。

低価貸しは、ホールにとって売上が少なく儲からないことと、バラエティ機種は人気がないからバラエティに設置されているからです。

詳しくは、こちらの記事で解説しています。

 

こんな台たちを、ホールがましてやGW中に出すハズがありません。

回収一辺倒で、勝つことは相当難しいでしょう。

低価貸しは換金率が悪いホールが多く、バラエティコーナーはもともと粗利重視で稼働は二の次です。

GW中でも遊べる」という甘い認識で打ちに行くと、返り討ちに遭いますよ。

 

GW後に撤去される予定の機種は打ってはいけない

先ほどGW明けに新台入替~と書きましたが、このGW明けに撤去される機種を打ってはイケマセン。

撤去されてなくなる機種に、ホールが出玉を割り振ることはないからです。

 

おおよそどこのホールも、1か月前には次回の撤去機種を決めています。

そして新台入替の1週間前までには、所轄の警察に書類を提出します。

GW中は警察は書類を受け付けてくれないので、つまりGW前には、すでにGW明けの撤去機種が決まっているわけです。

 

通常営業でも撤去が近い機種は回収で出さないのに、ましてやGWともなると更に回収調整になります。

こういう意味でも、息の長い看板機種を打った方が無難なわけですね。

※検定切れの設置期限には気を付けて下さい。

 

ゴールデンウィーク中に雨が降る日は更に出ない

雨に日のパチ屋は、通常よりも回収傾向にあります。

雨の影響で仕事が休みになる人が一定数いるからです。

 

GW中も雨が降ると、パチ屋にとってはプラスになります。

「家族で出かけようと予定していたのに、雨だから中止…。じゃ、お父さんはパチンコへ…」というパターンがあるからです。

 

2021年のゴールデンウィークの週間予報を見たら、意外と雨の日が多いですね。

4月28日(水)~29日(木・祝)と、5月5日(水・祝)辺りが雨っぽい予報です。

これは、パチ屋の店長にとっては「恵みの雨」になりそう(笑)。

特にGW前の4月28日(水)やGW明けの5月6日(木)は、雨が降るとGW中と同じ回収調整になりますので、天気予報のチェックも忘れずにして下さいね。

GW中の雨の日は、晴れの日に比べて出ません。

 

GW明けに閉店(倒産)するホールに注意する

ここ近年、すごいペースでパチンコ店が潰れて行っています。

1万店舗を切ったと思ったら、もう8千店舗代ですからね。

やはり経営状況は、相当厳しいようです。

 

で、GWのような大型連休は、連休明けに閉店(倒産)するホールが多いので要注意。

閉店が決まっているホールが出すことなんて100%ありえないからです。

後先考えなくても良いので、回収するだけ回収して逃げ切ろうとします。

僕も閉店するホールを任されたことありますが、それはもうヒドイヒドイ…。

ボッタクリ調整に慣れている常連のお客さんからも、クレームが出るぐらい鬼閉めしてました。※もちろん本社からの指示です。

 

大手のチェーン店なら企業イメージを考えて「閉店の告知」をしますが、弱小グループだと本当にある日突然潰れます。

従業員ですら、直前に聞かされるぐらいです。

今までガラガラで「税金対策」と言われながらも、長年営業して来たパチ屋でも簡単に潰れますので、GW中の立ち回りには十分気を付けて下さい。

潰れそうなパチ屋を見分ける”嗅覚”も大切です。

あと、貯玉を降ろすことも忘れずに…。

 

2021年のGWはコロナの影響で例年より出ない

去年2020年は、確かコロナ自粛で多くのホールが休業しましたよね。

今年2021年は、今のところ一部の地域を除いて大丈夫そうですが、コロナの影響を受けていることには違いありません。

全面禁煙化や旧基準機の撤去、オリンピックや近年の機械代の高騰による影響は、確実にパチンコ業界にダメージを与えています。

多くのホールが潰れているのが、その証拠になります。

だから、もう本当にパチ屋は経営が厳しいんです。

出玉を出す余裕なんて、全くと言っていいほどありません。パチ屋も必死です。

 

こんな状況下で、GW中に出すと思いますか?

期待値の稼げる台があると思いますか?

打ちに行って勝てると思いますか?

冷静になって考えれば、GWは超絶回収日ということが容易に想像できるはずです。

 

営業自粛を無視するホールで打っても勝てない

現在、一部の都道府県で休業要請が出されており、実際に休業しているホールがありますよね。

しかし中には、去年と同じく要請を無視して営業を続けているホールもあります。

要請に従うかどうかはそれぞれ議論がありますが、今回僕が伝えたいことは、営業自粛要請を無視しているホールには行ってはいけないということです。

「要請無視は許されることではないから」とかそういう理由ではなく、単に出ないからです。

 

自粛しないパチ屋は周りのライバル店が休んでいるので、競争相手がいない状態になります。

その地域で台頭できるわけですね。

自粛要請中でも営業しているからと言う理由で、普段は来ないお客さんが遠方から来てくれる可能性があります。

これも「営業努力」をしなくて良い状況ですので、ボッタクリ調整確定ですね。

休業要請が出されてる地域の人は、ホール選びには十分気を付けましょう。

 

換金ができるオンラインスロット↓

KACHIDOKIのアカウント登録方法をキャプチャ画像で解説!入金方法や特典のもらい方についても

カチドキのスロットは儲かる?オンラインパチスロは勝てるのか解説!

 

【結論】ゴールデンウィークが平日よりも出ないのは間違いない

ひと言で「ゴールデンウィークのパチンコは出ない」と言っても、その状況はホールによって様々です。

優良店のGW中は、もしかしたらボッタクリ店の強イベント日よりも出るかもしれません(笑)。

でも

回収度合いは…

土日祝 > 平日

を忘れないで下さい。

 

いくら優良店でも、GWは通常よりも閉めて回収することは間違えありません。

これは、パチ屋が客商売であることを考えれば分かることですし、今の時代に経営に余裕があるホールなんかありません。

特にスロット専門店なんかは厳しいでしょう。

 

わざわざGWにパチンコ・スロットを打ちに行かなくても、その分2~3時間でも平日の仕事終わりに行った方がまだ勝てると僕は思います。

時間とお金を大切にしましょう。

 

ハワイアンドリームの遊び方はこちらからどうぞ! 今なら登録ボーナスがもらえる!

姉妹サイトパーラーオンラインカジノもよろしくね!