1円パチンコで1台しかないバラエティは勝てるの?5円スロットは儲かる?


スポンサーリンク


フィーバー!

元店長の”ななしー”です。

 

今回は、ここ数年前から設置された「1台しかないパチンコ台(機種)」についてです。

俗に言う「バラエティコーナー」ってヤツですね。

今は、ほとんどのホールに設置してあります。

人気機種だと朝から競争が激しく、取り合いになることもしばしば。

 

ところでこの「1台ずつしかないバラエティコーナー」の機種って勝てるのでしょうか?

儲かるの?釘は開いているの?

気になりますよね。

 

実はこの「1台ずつしかないバラエティコーナー」は、僕はオススメできません。

パチンコの釘が渋く締めているからです。

 

僕がこう思う理由を書きますね。

 




1パチ5スロの1台しかないバラエティの釘や設定は?

バラエティの機種って、だいたい低価貸しのパチンコやスロットに多いですよね?

1円や2円パチンコ、5円や10円スロットなど。

 

4円パチンコや20円スロットで、”バラエティコーナー”を設置してあるホールってあるのかな?僕は見たことないや。

P-WORLDで見ると、4円パチンコや20円スロットでも1台~2台設置のバラエティコーナーがあるホールもあるようですけど。

でもここでは、低価貸しの1台しかないバラエティを中心に話を進めますね。

 

まず、この1台しかないバラエティ機種は釘が渋いです。

その訳は、「パチンコ店は儲からないから」です。

 

これは他の記事でも書いたことですが、1円パチンコや5円スロットでは、パチンコ店側は売上が1/4になってしまいます。

しかし売上が1/4になっても、パチンコ店運営にかかる経費は変わりません。

人件費や機械代、光熱費に商品の仕入れなど・・・。

売上だけが1/4になってしまっているので、そのまま4円パチンコや20円スロットのままの設定や釘では、利益が出ないことは一目瞭然です。

低価貸しのパチンコやスロットは、釘や設定を渋くせざるを得ないのです。

 

また、釘や設定を渋くするのにも限界があります。

設定は1よりは下げられませんし、釘もあまりにも回らない調整ではお客さんは打ってくれません。

それに昨今の規制強化で、露骨な渋い釘調整もできなくなりました。

 

そこで1円パチンコや5円スロットなどの1台しかないバラエティは、さらに換金率も悪くするのです。

同じ店でも、1円と4円のパチンコが同じ交換率の割合(もちろん1円は4円の1/4の交換率)というホールは少ないと思います。

例えば4円パチンコが55玉交換でも、1円パチンコは220玉交換ではなく、もっと悪い300玉交換などに設定してあるホールが多いと思います。

 

まずこのことから分かるように、1円パチンコの釘は渋く、5円スロットの設定は低いことを理解して欲しいです。

パチンコ店というもの自体が、パチンコは4円・スロットは20円という前提で長年経営してきました。

これを売上だけ突然1/4になってしまっては、当然ホールは利益など出せるわけがないのですからね。

 

 

なぜ1パチ5スロのバラエティコーナーは1台しかないの?

さて、ところでなぜパチンコやスロットが1台しか設置していないのでしょうか?

別に1円パチンコでも5円スロットでも、5台10台と設置すれば良いはずです。

 

これにも理由があるのです。

 

それは先程も説明したように、低価貸しのパチンコは釘が渋く、スロットは設定が低い。そして換金率も悪い。

つまり低価貸しのパチンコ・スロットは、お客さんにとっては勝てない・儲からないのです。

 

そして低価貸しを打つお客さんの多くは、パチンコで勝つとかスロットで儲けるとかよりも「遊びたい」という気持ちが強いです。

勝ち負け・儲かる損するは、どちらかというと二の次。

仮に負けたとしても、比較的長時間打てるので満足感が得られます。

 

ここを踏まえた増えで、なぜ1台しかないバラエティ機種なのかというと・・・

「1台ぐらいなら、誰か打つだろう」

というのが、ウソのようなホントの理由なのです。

 

1円パチンコなら釘が渋くても、そして自分が普段打たない機種でも「遊び感覚」で打つお客さんがいます。

それに「その機種のファン」というお客さんも打ってくれます。

 

例えば、僕ならナナシーが大好きです。

ナナシーがあれば、釘が渋かろうがとりあえず打ちます。

あのリーチアクションを楽しみたいのです。

 

1円なら負けても大したことではないし、純粋に「パチンコを楽しみたい・パチンコで遊びたい」と言う気持ちが強いです。

まあ結果儲かれば嬉しいですが、負けても4円ほど腹は立ちません。

それに自分が全く興味のない他の機種でも、「1円なら試しに打ってみようかな」という気持ちにもなりますからね。

 

又、仮に5台10台と設置してあると、どうしても「釘が甘くて出る台はどれだ?」「5台もあるなら1台ぐらいは高設定が入っているだろう」とお客さんは思ってしまいます。

繰り返しますが、バラエティで1台しかない1円パチンコ・5円スロットなどの低価貸しは、釘は渋く設定は低いです。

そうでないと経営が成りたちません。

 

バラエティには、釘が甘い台はないし高設定もないのです。

しかしバラエティは1台しかないので、お客さんは釘や設定で台を選ぶことができず都合が良いのです。

 

 

1パチ5スロの1台しかないバラエティは空き台対策

他にもまだ、バラエティが1台しかない理由があります。

それは1機種当たりの設置台数が多いと、どうしても空き台が出てしまいます。

ただでさえ売上が1/4なのに、空き台まであってはパチンコ店は死活問題です。

 

単純に4円パチンコでお客さんが30人なら、1円パチンコは120人お客さんが打たないと採算が合いません。

ホール側は売上が1/4になった分、稼働を4倍にする必要があります。

それには、とにかく空き台を作らないことが最優先課題です。

 

そこで1台しかないバラエティなら「誰かが打ってくれるだろう」となるわけです。

実際に4円では人気のない機種でも、1台しかない1円バラエティではフル稼働という機種はたくさんあります。

4円パチンコや20円スロットで人気がなくなった台が、そのまま1円パチンコや5円スロットに”引っ越し”して、第2の人生を送るのはこのような理由です。

 

これらが、バラエティコーナーが1台しか設置していない理由になります。

スポンサーリンク

 

1パチ5スロのバラエティは儲からない

今、説明したように、低価貸しの1台しかないバラエティ機種は、釘は渋くスロットの設定は低いです。

勝とう・儲けよう、という期待はしないほうがいいですよ。

 

そもそも4円パチンコ・20円スロットとは、ターゲットにしているお客さんが違います。

4円パチンコ・20円スロットのお客さんは、やはり勝負しに打ちに来ます。

勝ち負け・儲かる損をする、にこだわります。

 

でも1円パチンコや5円スロットは、遊びたい・楽しみたいというお客さんが多いです。

2~3000円あれば十分に遊べるし、負けても4倍長く打てたので満足感を得られます。

 

だからパチンコやスロットで勝とう・儲けようという人には、1台しかないバラエティはオススメできません。

ましてや低価貸しならなおさらです。

勝負するのなら4円パチンコ・20円スロットで、そして設置台数が多い機種で勝負することをオススメします。

 

 

低価貸しのバラエティはお菓子に景品交換する

こうした1台しかないバラエティコーナーがあるパチンコ店、特に1円パチンコや5円スロット専門店には、お菓子の景品コーナーが充実しているホールが多いです。

数年前に警察から「もっと景品数を増やすように」との指導があったこともありますが、低価貸しのパチンコ店ではお菓子などの景品数が充実しているのです。

 

その理由は、「1円パチンコや5円スロットは、換金しても金額が少ないから」です。

1箱ぐらい出玉交換してそれを換金しても、たったの数百円にしかなりません。

せっかく長時間打てて満足してくれたお客さんが、この数百円を見た瞬間に「あれだけ打って、たったの数百円か・・・」と現実に引き戻されてしまうのです。

 

そこでこの数百円分の出玉を現金ではなく、お菓子などの景品に交換して持ち帰ってもらうのです。

そうすることによって、長時間遊べた上にお菓子などの景品が手元に残ります。

どうしても現金に換えると、「勝った・負けた」や「儲かった・損した」になってしまいますからね。

 

 

1パチ5スロはゲームセンターと同じ

1台しかないバラエティ・・・もうこれはゲームセンターと同じですね。

ゲームセンターにもパチンコやスロットは置いてありますが、これで儲けようとする人はいません。

というか、換金できないので儲けられません。

 

でも「リアルパチンコだとお金を使うけど、ゲーセンなら打ってみようかな」という感じで100円を入れます。

そこそこ遊べてしかも大当たりすれば、ちょっとした景品やコインがもらえます。

まさに1台しかない低価貸しのバラエティと同じですよね。

 

つまり1台しかないバラエティの機種は、ゲーセンで遊ぶパチンコ・スロットと思って打つのが正解です。

勝とう・儲けようとするのは、そもそもの1台しかないバラエティの設置目的にそぐわないのです。

僕からしてみれば、それはゲーセンのパチンコで儲けようとしているようなもの。

 

 

まとめ

パチンコやスロットで遊ぶ・楽しむ、運良く当たればお菓子がもらえる・・・。

気がついた人もいるかと思いますが、これって昔のパチンコ屋さんですよね。

 

僕がまだ小学生の頃は、父親に連れられて近所のパチンコ店に行ってました。

まだ500円札があった時代です。

その時は、父親はよくお菓子などに交換してました。

 

もう近年のパチンコやスロットは、あまりにも過激すぎて「庶民の娯楽パチンコ」ではなくなってしまってます。

そんな時代の流れを嫌ったお客さんのニーズが、こうした1円パチンコ・5円スロットを生み出したとも言えるでしょう。

 

最後はうまくまとめてみました(笑)

 

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。