パチンコ店の雨の日は回収日で出ないのか?出やすいと感じる理由を解説!

登録した日から7日間無料でお試しできます。この期間中に解約すれば料金は一切発生しません。登録方法はコチラから。PC版は「777タウン.net 」をご利用下さい。

 

パチ屋元店長の”ななしー”です。

いよいよ梅雨の季節ですね。

 

そう言えば、雨の日のパチンコ店って回収するイメージがありますよね?

え?逆によく出るっていうイメージがある?

 

実際のところ、どちらなんでしょ?

雨の日が出るかどうか分かれば、立ち回りが有利になりますので、今回はパチ屋と天気について説明します。

 

【せっかちなアナタのために先に結論】

雨の日のパチンコ店は出ません。

パチンコの釘やスロットの設定は、全体的にシメます。

晴れの日より出ませんので、回収日と思って下さい。

 

の理由を書いていきますね。

  ハワイアンドリームの遊び方はこちらからどうぞ! 今なら無料ボーナスがもらえる! 姉妹サイトパーラーオンラインカジノもよろしくね!

雨の日のパチンコ店は回収日で全体的に出ない

先に結論を書いちゃいましたけど、雨の日のパチンコ店は全体的に閉め調整にして回収します。

では、なぜ雨の日だと回収日にするのでしょうか?

それは、お客さんが晴れの日よりも多く来店するからです。

 

雨で仕事が休みになった人がパチンコを打ちに来る

例えば、平日の雨の日。

建築現場の職人さんや農家の人などは、雨が降ると仕事が休みになりますよね?

そうすると「じゃ、パチンコでも行くか」ってなるわけです。

 

こういう職人さんや建設現場で働く人たちって、男の人がほとんど。

職業柄、ギャンブルが好きな人も多いんですよ。

 

土日など週末に雨が降ると遊びに行けなくなった人が来店する

次に週末の土日など、休日で雨の日の場合。

 

せっかくの休みだけど、雨が降っていてどこにも遊びに行けない…。

「じゃ、パチンコでも行こうか」って、これまたなる訳です(笑)。

家族で出かける予定だったけど、雨だからお父さんだけパチンコに…って言うパターンもありますよね。

 

地域によって客層が異なりますので一概には言えませんが、少なくとも僕が店長していた地域では、雨が降ると平均して客入りが増えます。

これは、自店もライバル店もそうでした。

ライバル店には1日に数回、来店客の人数を毎日調査に行ってましたので、これは統計データから見て間違いありません。

だいたい平均すると1~2割ほど稼働率がアップする感じです。

 

 

雨が降るだけでお客さんが来てくれるのでパチンコ店は出す必要がない

雨の日は、お客さんの数が増えることが分かりました。

これが「雨の日が回収日になる」答えです。

 

・・・イマイチ分かりませんか?

 

雨が降るだけで、お客さんが勝手に来てくれるので…

「じゃ、玉出さなくてもよくね?」

ってなるからです。

 

パチンコ店が玉を出す理由は集客をするため

そもそも、パチンコ店が玉を出す理由って分かりますか?

それは、「客寄せ(集客)」のために玉を出すのです。

 

もう少し踏み込んで言えば、利益を上げるためのひとつの手段として玉を出すのです。

ボランティアなど、慈善活動で玉を出しているわけではありませんよ(笑)。

 

パチンコ店は、アノ手コノ手でお客さんを呼び込みます。

新台入替をしたり、イベントを開催したり、コーヒーサービスやったり・・・

もちろん時には、釘を開けて玉を出すことも必要です。

 

でも雨が降るとパチンコ店としては何もしなくても、お客さんが勝手に来てくれるわけです。

新台入替もイベントもしていないのに、単に雨が降ると言う自然現象で来てくれます。

営業努力ゼロで、集客がアップします。

 

繰り返しますが、パチンコ店の目的は利益を上げることです。

営利目的の企業ですから、当然のことですよね。

そのために、新台入替やイベントで玉を出して集客をするのです。

本当は玉を出したくないけど、利益を上げるためには多少は還元しないとお客さん来てくれないですからね。

 

これらから考えると・・・

「雨の日は、お客さんの都合で勝手に来てくれるのに、何でわざわざ玉を出す必要があるの?

「営業努力ゼロで集客できるのなら、素直に回収すれば儲かるよね。

ってことになります。

 

雨の日は営業努力をしなくても集客できるので回収日になる

パチンコ店が玉を出す理由は、飲食店のランチサービスやスーパーのタイムセールと同じです。

これらは、何でわざわざ安売りや割引サービスをするのでしょうか?

その理由は、集客をするためですよね。

 

安売りすれば目先の利益は減りますが、長期目線でみれば売上アップにつながります。

定価で売り続けて売上が上がらない(集客が増えない)よりも、割引サービスでとにかく一度来店してもらい、リピーターになってもらう目的があります。

 

そう言えば、土日にランチサービスなどやっている飲食店って、ほとんど見かけませんよね?

この理由は簡単です。

週末はわざわざ安売りをしなくても、休日ということでお客さんの来店が見込めるからです。

集客が見込めるのに、安売りなんかする必要はありません。

商品が定価で売れるのに、なぜ安売りする必要があるのでしょうか?

 

これは、パチンコ店も同じです。

黙っていても、毎日お客さんが溢(あふ)れるぐらい来てくれるのなら、新台入替やイベントなんかやる必要がありません。

スロットの設定はペタピンで、パチンコの釘も鬼閉め放置でOKです。

でも、現実はこうは行かないので、玉を出すなど”営業努力”をして集客をするのです。

 

思い出してみて下さい。

グランドオープンしたばかりのパチ屋って、あまりイベントをやらないですよね?

「やらない」のではなく「やる必要がない」のです。

だって、勝手にお客さんが来てくれるわけですから。

しばらくして稼働が落ち着いてきたら、集客を維持するためにだんだんとイベントを恒例化して行くわけです。

 

反対に、潰れそうなパチ屋って「これでもかっ!」って言うぐらい、毎日イベントが満載です。

曜日ごと、日にちごと、機種ごと、台番ごとなど、1日に一体いくつイベントやってるんだ?と言うぐらい開催しています。

理由は、これぐらいやらないと集客できないからです。

 

このようなことから考えても、パチンコ店の雨の日は営業努力することなく集客ができます。

「営業努力=玉を出す」ですから、「営業努力しない=回収日」と言えます。

 

 

パチンコ店の雨の日は土日と同じで出ない

パチンコ店って、土日は平日に比べてイベントはあまりやらないですよね?

ゴールデンウイークやお盆、年末年始やお正月もイベントが少ないです。

やったとしても、そこまで力を入れていないかガセイベントです。

 

これらは、お客さんが仕事が休みだからと言う理由で、勝手に来店してくれるからです。

別にわざわざ玉を出さなくても打ってくれるので、ボッタクリ営業で回収してボロ儲けすればいいわけです。

雨の日は、これら土日や大型連休と似たような条件になります。

 

↑大型連休中にパチ屋に行っている人には、ぜひこれらの記事を読むことをおすすめします。

 

しつこいぐらい繰り返しますが、わざわざお客さんが来てくれるのに何で玉を出す必要があるのでしょうか?

パチンコ店の店長や、オーナーの気持ちになって考えてみて下さい。

パチ屋は、お金を配っている慈善団体ではないですよ。

 

ちなみにですが、パチ屋にとって雨は「恵みの雨」と言われています(笑)。

天気予報で明日が雨と分かれば、釘や設定を当初の予定より渋めにして回収します。

また、雨の日に釘や設定を開けようものなら、本社に怒られます。

以上、ここだけの業務連絡です。

 

雨の日のパチンコが出やすいと感じるのは錯覚

さて、僕がここまで説明してきたことと、全く逆のイメージを抱いている人もいます。

それは「雨の日って当たりやすいよね?玉が出やすい気がする」というイメージ。

これは、どういうことなんでしょうか?

 

それは錯覚です。

出ているように見えるだけです。

実際の釘や設定は渋いので、騙(だま)されてはイケマセン!

 

稼働が高くなると釘や設定が渋くても出ているように見える

雨の日は、お客さんの数が増えるので稼働率が上がり、店内は賑(にぎ)やかになります。

そうなると、何だか玉が出ているように見えまよね?

このカラクリを、スロットで分かりやすく例えて説明します。

 

スロット全台オール6だけど、お客さん3人のホール。

スロット全台オール1だけど、フル稼働のホール。

 

どちらのホールが、コインが出ているように見えますか?

後者ですよね。

設定1の回収台でも、フル稼働すればそれなりに出ているように感じます。

箱にコインを入れている台が何台かあり、データカウンターの回数も稼働に比例して上がって行きます。

 

反対に、設定6でも打たなければ出玉はゼロです。

スロットの島は”通路”状態で、データカウンターも「0」行進です。

 

このことから分かるように、設定や釘以前にまずは稼働するかしないか?で、お客さんからの「見た目」の印象は大きく変わるのです。

 

土日は平日よりも稼働が高いので出ているように見える

そして、平日と週末土日を比較した場合、明らかに土日のほうが釘や設定は渋いです。

平日より、土日のほうが甘い調整のパチ屋はありません。これは断言します。

 

でもなぜか土日の方が玉が出ているように感じるんですよねぇ。

それは、平日より土日のほうが稼働率が高いからなんです。

そう、錯覚です。

 

雨の日は稼働が高くなるので出ているように見えるだけ

つまり、雨の日が出ているように見えるのは、普段よりお客さんの人数が多く稼働が高いからです。

決して出ている(出している)わけではありません。

「雨の日のパチ屋は出る!」と思っている人は、完全にパチンコ店の策略に騙されています。

それは錯覚であり、出ているように見えるだけです。

 

【まとめ】パチンコは天気も考えての立ち回りをするべき

パチンコの雨の日が出ない理由、回収する理由が分かったと思います。

また「雨の日は出る!」と思っていた人は、今まで以上に釘読みや設定判別(推測)の精度を上げて、パチ屋の戦略に騙されないようにして下さい。

 

ホール全体の雰囲気で「出る・出ない」を判断してはいけません。

自分がこれから打とうとする台・打っている台が、出る調整なのか?回収調整なのか?を判断するべきです。

 

また、パチンコ店が天気を気にしながら「出す・出さない」の営業方針を決めている以上、お客さんも天気を考えての立ち回りをするべきだと僕は思います。

晴れの日と雨に日を単純に比べた場合、全体的に雨の日の方が回収傾向にあるからです。

 

 




姉妹サイト「パーラーオンラインカジノ」は、こちらからどうぞ!

パチンコ・パチスロの代わりになるギャンブルを探している人は、ぜひ一度オンラインカジノで遊んでみて下さい。

風営法は関係ないので100万勝ちとか狙えますよ。

 

沖ドキ南国育ちを彷彿とさせる爆裂連チャンスロット「ハワイアンドリーム」がオススメ機種です!

・リスピン(リプレイ)の連続がアツい!

・ハイビスカスが光ればボーナス確定!

・蝶々が飛ぶと、スーパーボーナスへ昇格!

・金7のアルティメットラッシュで一撃大量出玉を狙え!

 

ハワイアンドリームについて詳しく知りたい方は、こちらからどうぞ!