パチンコの台選びは釘じゃないの?データは関係ないのか解説!

2021年9月7日

皆さん、パチンコの台を選ぶ時、何を基準にして打ちますか?

やはりデータでしょ?

いや、釘に決まっている!

 

よく「パチンコは釘」って言いますけど、「釘じゃなくてデータや波だよ」と言う人もいます。

果たして、どっちが本当なのでしょうか?

パチンコの台選びにおける釘とデータ、どっちが重要なのかを説明します。

※ここでは分かりやすくするために、設定なしのパチンコを前提で説明して行きます。

 

【先に結論】

パチンコは釘です。釘を見て台を選びます。

データは台選びに関係なく、見ても意味がありません。

 

パチンコは釘が最重要でありデータは意味ない

「パチンコは釘じゃないの?」

そうです、釘です。

パチンコは釘が全てで、釘こそ台選びの最重要項目です。

データなんか見ても、台選びには何の意味もなく参考にもなりません。

データの重要度は0ですね。

 

勝ち負けは二の次で、パチンコを純粋に楽しみたいって言う人は、データから波を読んだり、根拠のないオカルトで台を選んでも良いと思います。

(遊タイムのハイエナ狙いをするなら、データチェックは有効です)

でも、「パチンコで勝ちたい!勝ち組になりたい!」と言うのなら、パチンコのデータカウンターを見るのは今すぐやめましょう。

パチンコのデータカウンターを使うのは、千円あたりの回転数を数える時と店員を呼ぶ時だけです。

 

なぜ、釘で台を選ぶのか?

この理由は、パチンコは確率ゲームだからです。

確率とは何か?を理解すれば、釘の重要性が分かります。

 

確率論については、他の記事で今までたくさん書いてきましたので、よろしければこちらも読んで下さい。

 

確率は常に一定だが偏りそして収束する

確率論の要点を簡単に説明します。

 

・確率は常に一定である・・・どれだけハマっても、どれだけ連チャンしても確率は変わらず常に一定です。

・確率は偏る・・・確率はその試行回数が少ないと、本来の確率とは違った結果になります。

・確率は収束する・・・確率は偏りますが、試行回数を増やせば増やすほど、本来の確率へと近づいて行きます。但し、いつ収束するか分かりません。

 

確率論の要点は、こんな感じです。

今回、特に重要なのは「確率は常に一定」という部分ですね。

1/319の台なら、(通常時なら)いつでも1/319ですよ。

※ちなみにパチンコは確率論の他に統計学や大数の法則などでも同じような説明がよくされています。

 

データは過去の結果であり台選びの役に立たない

ここから言えることは、データを見たところでそれは過去の結果に過ぎないと言うことです。

データグラフが上がっていても、確率は一定で変わりません。

前回から1,000回転ハマっていても、確率は一定で変わりません。

その台の過去のデータがどうであれ、これから先の未来の確率には何も影響しないのです。

 

「ハマったから当たりやすい」と言う人がいますが、それって「ハマると大当たり確率がアップする」ってことですか?

「連チャンしたから、しばらくは当たらない」と言う人がいますが、それって「連チャンすると確率が低くなる」って言ってるのと同じですよ。

おかしいと思いませんか?

 

3,000回転ハマった後も、100連チャンした後も、次の1回転で当たる確率は同じ。

だって、確率は変わらないですから。

ね、パチンコのデータなんか見ても、何の意味も役にも立たないですよね。

データは、台選びの重要度で言えば低いどころか0なんです。無意味。

 

別に、データカウンターを見るのは構わないと思います。

でも、そのデータを参考にして台選びをするのは、ハッキリ言って負け組の人がやる台選びのやり方です。

データを重視して選んでいる様では、いつまで経ってもパチンコで勝てません。

 

同じ機種なら大当たり確率は全台すべて同じ

真・北斗無双が20台設置してあるホールに行きます。

真・北斗無双の大当たり確率は1/319です。

あなたはどうやって、この20台の中から台を選びますか?

 

データが重要だと思っている人は、データカウンターを見て前日の大当たり回数や現在の回転数、スランプグラフ、連チャン回数などから判断すると思います。

でも、先ほど確率論の説明をしました。

データなんか見ても意味ないです。

パチンコにおけるデータは、ただの過去の結果。

過去がどうあれ、これから先の未来の抽選には全く関係ありません。

 

目の前にある20台の真・北斗無双の大当たり確率は、20台ともすべてが1/319です。

そして、次の1回転で当たる確率(いわゆるオスイチ)も、20台すべてが1/319です。

連チャンしていた台でも、大ハマりしている台でも1/319。

 

同じ機種なら大当たり確率は全台すべてが同じなので、どの台を選んでも当たる期待度は同じです。

「当たりやすさで台を選ぶのなら、どれを打っても同じ」が結論になりますね。

つまりデータからアレコレ考えて台を選んでも、どの台も大当たり確率は同じなので考えても意味がないですよね。

っていうか、台なんか選べないはずです。

 

同じ機種でも各台ごとに釘が違う

では、この真・北斗無双20台、それぞれ何が違うかと言うと釘です

大当たり確率は全台同じでも、釘が各台ごとに違うのです。

あなたは、20台すべての大当たり確率が同じで釘だけが違う場合、何を基準にして台を選びますか?

確率が同じなら、釘が開いていて少しでもよく回る台を打ちますよね。

 

やはり台選びに、過去のデータなんか関係ないんです。

パチンコの台選びで、もっとも重要なのです。

というか、釘だけ見てればパチンコは勝てます。

 

データなんか見ても無意味。

見るだけ時間のムダ。

データの見方を覚えるぐらいなら、釘の見方(読み方)を覚えた方が100倍パチンコで勝てるようになれますよ。

 

ホールは釘で出玉調整をしている

パチンコ店って、どうやって出玉を調整しているのでしょうか?

もちろん釘ですよね。

本来、釘調整は違法ですが、調整しないことには営業が成り立ちません。

だから違法と分かっていても、バレないようにコッソリと釘を叩いているのです。

釘が意味ないのなら、わざわざ営業停止になるリスク犯してまで調整すると思いますか?

 

また「パチンコは釘じゃない」って言う人は、じゃパチンコ店はどうやって出玉のコントロールをしていると言うのでしょう?

店長が閉店後に自力で回して、

「お!ハマリそうな波が来た」

「このグラフはそろそろ出そうだな…ヤバい」

って、出玉調整しているのでしょうか?(笑)

 

もう一度言います。

パチンコ店は釘を調整して、出玉のコントロールをしています。

釘を開ければ出る、閉めれば出ない。

この釘の開け閉めの加減で、利益を得て営業を成り立たせているのです。

 

このことから素直に考えれば、ホールが釘で出玉調整をしているのなら、お客さんも釘で台を選ぶべきではないでしょうか?

なぜ、データで台を選ぶのか?僕には不思議で仕方ありません。

 

ホールはデータを元に釘調整をしている

ホールにとって、パチンコのデータは重要です。

ホールコンピュータで、こと細かくデータを集計しています。

割数や売上はもちろんのこと、稼働や平均スタート回数、差玉などは特に重要度が高いデータですね。

 

でも、これは「今日は出過ぎちゃったから、明日はもっと閉めよう」とかの釘調整をするための基となるデータです。

勘違いして欲しくないのは、釘で調整しているのであって、データで調整しているわけではありません。

「この台、明日はもっと閉めたいな。出たら困る」という時は、釘を閉めて調整します。

「データグラフから暫くはハマりそうだから、このまま触らずにしておこう」とはなりません。

…こんなオカルト店長いるのかな?

 

パチプロも釘を見て台を選んでいる

そう言えば、パチプロも釘を見て台を選んでいますよね。

朝一パチプロは、開店ダッシュで端から1台1台釘をチェックし、ボーダーを超えそうな台を瞬時に見抜いて台を選びます。

でもオカルトなお客さんは、開店ダッシュでデータカウンターを端からポチポチ押し、前日の履歴やグラフを見て台を選びます。

 

この両者の見る所の違いが、パチンコ勝ち組のプロと負け組の素人との差です。

遊タイム狙いならデータチェックは意味ありますが、そうでないのならデータチェックは無意味なムダな行動になります。

 

ボーダーや期待値などのデータは意味がある

ホールにとってもお客さんにとっても、重要なのは釘です

パチンコが確率ゲームである以上、ハマリとか連チャンは大当たり抽選には全く関係ないので、気にしても意味がないです。

確率が同じなら、少しでもたくさん回る台を打った方が良いに決まっています。

 

それでもデータが重要と言う人は、ボーダーラインや期待値と言った”データ”を重視してはどうですか?

ホールが売上や割数と言うデータを重視しているのと同様、お客さんも期待値などのデータを重視するのです。

少なくとも、ボーダーラインを知らないとパチンコでは勝てません。

あと、換金率という”データ”も重要ですね。

自分が打っている台の換金率を知らない人がいますが、その時点で負けです。

 

ボーダーライン、期待値、換金率。

これらは、台選びをする上で大いに意味のある”データ”です。

 

【結論】パチンコはボーダー超えの釘調整の台を選ぶ

と言うわけで、パチンコの台選びは釘です。

具体的には、ボーダーラインを超えている釘調整の台を選びます。

データなんか見ても意味ナシ。

パチンコは確率ゲームなので、確率論や統計学・大数の法則を理解すれば勝率がアップすることでしょう。

 

僕は、別に波理論やオカルトを否定しているわけではありません。

波理論やオカルトでパチンコを勝っているのなら、それを続ければ良いと思います。

データから波を読んで当たった時が楽しい、と言う人もいるでしょう。

これも全然アリだと思います。

 

ただ、長年パチンコで負け続けているのなら、どこかでそのパチンコに対する考え方や立ち回り方を変えないと、この先もずっと負け続けます。

たまには勝つこともあるでしょうが、トータルすると負け組です。

根拠のないオカルト理論は、最終的には負けます。

これまでもそうだったように、これからもそうなります。

 

運やヒキで稼ぎ続けられるほど、パチンコは甘くありません。

釘調整をしいるホールが、ボロ儲けの”勝ち組”であることを忘れないで下さい。

 

・なぜ、ホールは釘を調整するのか?

・なぜ、パチプロが釘を見て台を選ぶのか?

・なぜ、9割以上のお客さんが負けているか?

この記事をキッカケに、少し冷静になって考えてみてはどうですか?

↑遊雅堂は、運営会社があのベラジョンカジノと同じ。

もちろん、ハワイアンドリームシリーズも遊べます。

特徴は何と言っても、日本円がそのまま使えること。

わずらわしいドルに換金しなくていいので、為替を気にすることなく気軽にプレイできます。

今なら登録時に3,000円プレゼント!

↓ハワイアンドリームがより荒波になった「クリスマスversion」が登場!

ハワイアンドリームのクリスマスと通常版とのスペックの違いを比較してみた

↓ディーチェなら合法的に景品交換ができる!

Posted by ななしー