パチンコはまだ釘を叩いて調整しているの?確認シートの影響は?


スポンサーリンク


フィーバー!

元店長の”ななしー”です。

 

今回はアツいですよ。

なんと先日、現役パチンコ店店長と食事に行ってきました。

某県に10店舗以上も展開する、地元では超有名チェーン店の店長です。

 

僕は、真っ先にその店長に聞きましたよ。

 

ななしー「ぶっちゃけ、パチンコの釘ってまだ調整しているんですか?」

某店長「もちろん、毎日釘叩いてるよ。

( ̄◇ ̄;)エッ

 

え?釘確認シートが導入されてから、釘を調整したらバレるはず・・・。

どうなってるの?

気になりますよね。

 



パチンコはまだ釘を叩いて調整しているの?

僕は、パチンコ業界から去って久しいです。

なのでリアルな情報にすこし疎いんですよねぇ。

 

でも大丈夫!

こうして定期的に、昔の人脈をたどって現役ホール関係者とお食事会をしています。

 

現役の店長の声って気になりますよね。

僕もこの内容をブログに書いてよいのか迷いましたが、ホールを特定されないようという条件付きで、コッソリ書いちゃいます。

 

その某店長いわく、やっぱり最近の規制強化で、パチンコ店はチョー厳しいとのこと。

僕が現役の頃でも、スロットでは4号機が終わり、パチンコも確変のループ規制などで出玉が抑えられました。

あの時でも「やばいな~」って感じていましたが、今はもっと厳しいですからね。

 

特にパチンコの釘曲げ問題。

なんで今さら?って思いますが、まあ法律がそうなら仕方ありません。

今までがおかしかったんです。そう思うことにしましょう。

 

今回、その某店長から色々と裏話を聞けちゃいましたが、その中でも僕が一番気になっていた「釘調整問題」について書きます。

 

パチンコの釘確認シートの影響は?

冒頭のやりとりがあり、僕は驚きましたね。

だって釘確認シートで盤面を照合したら、釘が曲がっているかどうか素人でも一目瞭然です。

※僕は、釘確認シートの実物を見たことがありません。

 

以前、某大手グループでは「北斗」の釘を開けて捕まりましたね。

これ聞いて、今回は警察も本気なんだって。

 

なので、もう釘調整はしていないのかなぁ。

もしくは、シートが無い釘や役物(ステージ)の傾斜、台自体の傾斜(寝かせ)で調整しているのかな?と。

 

でも経営の現場ではこうでした。

 

釘確認シートって、釘の頭の「○」が実物より大きいのです。

 

つまりどういうことかというと、実際の釘の頭よりシートの「○」が大きい分、その範囲なら釘調整できちゃうってことなんです。

Σ(゚д゚;) ヌオォ!?

 

抜け道発見!そういうことだったのか。

これは、釘確認シートを実際に見たことある人しか分かりませんね。

 

でも○が大きいって言っても、そんなに大きくはないです。

そんなので調整ができるのでしょうか?

聞いてみました。

 

某店長「板1枚ぐらいなら、釘調整できるよ。寄せから1枚ぐらいずつ調整すれば、結構キツめのゲージが作れちゃう」

とのこと。

 

板1枚とは、釘調整の際に使う「板ゲージ」のこと。

1枚当たり「0.25mm」間隔になっています。

 

0.25mmって言ったらすごく小さく思えますが、パチンコ玉にとっては影響大なサイズです。

パチンコ玉の大きさって、直径11mmですからね。

 

う~ん、確かに寄せから道釘(連釘)、ジャンプ・ヘソ(命釘)と0.25mmで調整できれば何とかなりそう。

釘は左右だけでなく、上下に叩いても調整できますので。

あと風車も曲げたり・・・。

 

こう思うと、確かに釘確認シートの影響はあります。

もう命釘をガバっと開いた、オバちゃんでも分かる調整はできません。

でも全くできないわけではないので、「○」の範囲内でうまく釘調整しているってことなんですね。

 

実は釘確認シートの「○」が、実物の釘より大きかった・・・意外な事実を知った僕でした。

スポンサーリンク

 

まとめ

釘確認シートの導入で、てっきりもう釘は叩いていないのかな、と思っていた僕。

いやでも、それじゃ営業がなりたたないでしょ!?との疑問もありました。

でも実は・・・やっぱりでしたね(笑)

 

某店長、今回は大暴露をありがとうございます。

一応、「架空のお話」ということにしておきましょうか?(笑)

 

釘確認シートは、釘が分からない人でも釘を曲げたかどうかを目視できるためのシートです。

でもひとつ気になるのが、なぜ「○」が大きいのかということ。

これは誤差を考慮してでしょうか?

それとも許容範囲があるとか・・・?

 

パチンコの釘って、本来は工場で機械で打ち込むので誤差はないはずです。

でもまっさらな新台でも、台ごとに微妙に釘が違うのですよ。

これは僕も、数千台と新台釘を叩いて来たので間違えありません。

 

誤差なのか・・・

 

考えられるのが、自然に戻るということ。

パチンコ台の盤面(セル盤)ってベニヤ板でできています。

なかには例外の機種もありますが。

 

つまり「木」なので、湿気などで「動く」んですよね。

だから雨の日は「釘が開店前と閉店時では変わりやすい」とも言われます。

これは確かにそうだと僕も思います。

 

またお客さんが1日打つと、当然釘には何万発と玉が当たります。

そうなるともちろん釘も少しづつ動きますからね。

 

なので、釘確認シートを実物ピッタリに「○」を作ってしまうと、こうした不本意な誤差を吸収しきれないからのでは?

と僕は推測しました。

・・・ということにしておきましょう(笑)

 

あんまり書くとアレなので、今回はこのへんで。

某店長の暴露話は、まだまだありますのでそのうち更新しますね。

スポンサーリンク




6 件のコメント

  • うちの地元は昔は相当良かったんですが、所轄の上がえらい五月蝿いのに変わってからガラリと変わりましたね。
    登り旗や来店告知や雑誌取材の告知も禁止になりましたし、ホールにしょっちゅう警察来てますね。

    結局所轄の上次第な気がしますね。

    • 本当に所轄の「やる気」次第です。

      もっと言えば、生活安全課の担当者次第ですね。

      担当者によって、対応が全然違います。

      緩い担当者だと楽なんですけど、厳しい担当者だと「早く異動にならないかな~」って思ってました。

      • 困ったものですね。
        大体そういう規制を人の裁量に委ねてる事自体が、おかしい気がしますけどね。

        昔は強い日とかは、普通に3円交換で1k32回とか座れたんですけどね。

        時代なのかな?

        • ヘソが7個返しの現金機は、千円で40回転とかもありましたよね。

          今は、どの台も釘が同じで面白くありません。

  • おかげでパチンコ辞めてしまいましたね。
    勝てるチャンスがあるからパチンコは楽しいんですけどね。
    100%負けるパチンコで客に何を楽しめとって感じですよね。
    つまんない業界に成り下がっちゃっいましたねパチンコ業界は。
    ホールも店を盛り上げる気持ちが全く無いですし。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。