パチンコで大当たり確率の仕組みとは?ランダムなので釘は関係ない?


スポンサーリンク


フィーバー!

元店長の”ななしー”です。

 

さて、当ブログ第2話は、何について暴露しましょうか?

タイトルにあるように、皆さんパチンコやパチスロの大当たりの仕組みが気になるようです。

パチンコ台は、玉がスタートチャッカーに入った瞬間に、大当たり乱数を拾ったら大当たりします。

ただそれだけ。単純明快。

 

中には「遠隔操作だ!」って言う人もいますが、それを言ってはオシマイですよ。

釘調整が全く関係ないってことになってしまいます。

 

本気でパチンコで勝ちたいのなら、相手(パチンコ台)の仕組みを理解して正しく打ちましょう。

 



パチンコで大当たり確率の仕組みとは?

さて、もう少し具体的に説明しましょう。

ここでは一般的な機種について説明します。懐かしのモンスターハウスなど、体感機で狙い撃ちできるとかは考慮しません。

 

パチンコ(パチスロも)台の大当たりの仕組みは、至ってカンタン。

 

パチンコ台の電源が入っている間は、メイン基板が超高速で乱数を数えています。

乱数とは、ランダムで次に何がでるか分からない数字のことです。

何が出るかな♫ 何が出るかな♫(笑)

 

・・・その乱数には、予め大当たりの数字が決められているのです。

で、スタートチャッカー(ヘソ)に玉が入りますよね。

その瞬間にメイン基板が数えていた数字が抽選結果となります。

つまりそれが予め大当たりと決められていた数字なら、お見事大当たりとなるんです。

 

ちなみに大当たりの数字を引いたら

「じゃ、どんな演出やリーチで大当たりさせようかな?」

と、なるわけです。

ノーマル?プレミアム?予告は入れる?など。

 

ここで僕が一番伝えたいのは、

リーチアクションはあくまでメイン基板の抽選結果

ということです。

 

リーチアクションの過程は一切関係なくて、もうスタートチャッカーに玉が入った瞬間に結果は決まっているのです。

リーチはその結果を見るだけ。

 

だからいかに激アツ予告が入ろうが、「PUSH」を酸欠になるぐらい連打しようが(笑)、抽選で引いた乱数がハズレならリーチの結果もハズレ。

この事実は翻(ひるがえ)りません。諦めて下さい。

 

だから僕みたいに完全確率を知った上で打っていると、どんな熱いリーチが来ても無表情(笑)。ハズレても無表情。

あ、ハズレの乱数だったんだな、と思うだけです。

 

打っている僕よりも、隣から覗き込んでくるオバちゃんの方が悔しがってくれるぐらいです(笑)。

もちろん僕は「PUSH」は押しません。押したところで結果が変わらないからです。

 

当たりもハズレも、単発当たりも確変当たりも、確変連チャンもすべてメイン基板の抽選結果ですから。

もうスタートチャッカーに玉が入った時には、すでに結果は決まっている、リーチはその結果を見ているだけ、なんです。

 

ね、カンタンな仕組みでしょ?

もう遠隔操作とか言うのは、いい加減やめましょう。

 

大当たりの仕組みの具体例

それでもイメージがつかない人のために、具体例を挙げて説明します。

 

こんな架空の機種があるとします。

CR海物語 

大当たり確率 1/350

確変突入率 1/2(50%)

 

シンプルですね。昔はこんなのばっかでした。

今の台は、小当たりとか潜伏とかあって複雑です。

 

で、このCR海物語、乱数は全部で700です。

1~700までの数字があります。

1を通常大当たり、2を確変大当たり、とします。

 

これをメイン基板は超高速でランダムで数えます。ン百万分の一の速さだと思って下さい。

しかもランダムなので1から順ではありません。無作為で順不同なバラバラです。

 

そしてスタートチャッカーに入った瞬間に、メイン基板が数えていた数字を取り出します。

それが1なら通常大当たり、2なら確変大当たりになるわけです。

もちろんそれ以外の数字はハズレ。ね?単純明快な仕組みでしょ。

スポンサーリンク

 

大当たりは狙い撃てるのか?

ここで一つの疑問が・・・

 

「じゃ、大当たりを狙い打つことができるんじゃね?」

 

いやいや、無理でしょ。

繰り返しますが、乱数はランダムで超高速で数えています。

またそもそもパチンコは、自分のタイミングでスタートチャッカーに入賞させることができません。

玉は釘に弾かれて、アッチコッチ行っちゃいますからね~。

 

昔は一部の機種で、「体感機による確変永久連チャン打法」とか存在しましたが、これは例外で機会があればまた別記事にて紹介します。

 

結論を言うと・・・

到底大当たりを狙い撃つことなんてできません。

 

そんなことより釘を読みましょう。

 

パチンコの釘は関係ない?

こう考えると、結局はパチンコの大当たりは「確率」なんですよ。

とてもじゃないですが、人間がどうこうやって意図的に操作できるものではありません。

 

”大当たりさせたければ、ひたすら打ち続けるしかない。”

 

説明した大当たりの仕組みを理解してもらえば、これは明白な事実です。

 

じゃ、どうすれば勝てるのか?

 

だから釘でしょ。

 

パチンコ台って、同じ型式の機種ならスペックは同じですよね?

「CR海物語AZ」っていう機種があったとしたら、この機種は日本全国どこのホールもスペックは同じです。

大当たり確率も確変突入率、継続率もすべて同じ。

当たり前ですが。

 

では何が違うのか?

 

だから釘でしょ!

 

同じ大当たり確率だったら、1,000円で少しでもたくさん回る台を打った方がいいに決まってますよね?

それだけチャンスがあるわけなので。

 

ここが重要ですよ。オカルトな見えない力を信じると、これが理解できなくなります。

確率が同じなら、1,000円辺り少しでも多く回る台を打ちましょう。

それには釘を読むことです。

読めない人は、最低限1,000円辺りの平均回転数を数えましょう。

 

 

というわけで、パチンコにおいての釘は超重要なんですよ。

釘は関係ないとかじゃなく、「関係大アリ」です。

毎晩各店の店長が、深夜遅くまで釘調整をしているわけはここなんです。

あ、今はご法度でしたね(笑)

 

まとめ

パチンコ台の大当たりの仕組みは、至ってシンプル。

メイン基板が超高速で数えている乱数を、スタートチャッカーに玉が入った瞬間に判定しているだけ。

 

その数字が、予め決められていた大当たりの数字ならお見事大当たり。

逆にハズレの数字なら結果もハズレ。

打ち手が意図的に大当たりを狙い撃つとこは不可能です。

 

そしてリーチアクションは、あくまでこの抽選結果を見ているだけです。

どんな激アツ予告でも、プレミアムリーチでもハズレはハズレ。

 

リーチアクションに一喜一憂できるのがパチンコの醍醐味の一つですが、台を叩いたりお店に嫌がらせをするぐらい腹を立てるのはどうかと思いますよ。

そういう人は、確率論を勉強して下さい。

 

僕はボーダー超えの機種を、機械の様に無感情でひたすら淡々と打ちます。

いちいちリーチ一つで感情的になりません。

 

え?そんなのでパチンコ打っていて面白いのかって?

 

いや、つまらないですよ。疲れるし(笑)

でも勝つためなら仕方ないですよね。

 

パチンコで儲けたいのなら、オカルト要素は一切排除しないとダメです。

 

スポンサーリンク




4 件のコメント

  • 書いてあることが余りにも適当でひどすぎるので、今更ですがコメントさせて頂きますね。

    あなたが本当に元店長であるなら、ソフト乱数方式とハード乱数方式を知らないはずないですよね?
    ソフト乱数方式なんて、厳密に言えば人の手でプログラムされた乱数ですよ?

    ボタンで時間短縮ってなんですか?

    元店長って肩書きだけで虚偽内容でも、そうなんだって信じる頭の悪い人も大勢います。

    あなたが単に無知なだけなら、くだらない誰もが考えつくような適当なこと書いてんなで終わりますが、元店長なんですよね?
    その肩書きがもし事実なら、虚偽内容をあたかも事実として書いて無知な人に信じ込ませて…。
    たぶん56歳にもなって恥ずかしくないんですか?

    ネットで誰でも見れる場でよくこんなこと書けますね。
    知識ある人なら心底バカにされてますよ、あなた。
    たぶん56歳にもなって。

    元店長でもなんでもないだろお前。

    • ボタンの短縮は、僕の認識不足でした。
      ボタンを押しても、デジタルの回転時間は変わりません。
      訂正します、すみません。

      あとパチ屋の店長って、世間が思っているほどすごくないですよ。
      僕は、学歴も教養もありません。

      そもそもパチ屋の店長っていうだけで、親戚から白い目で見られていましたので。
      バカにされるのには慣れています(笑)。

      オカルトな人もいっぱいいますし、プログラムの知識なんかなくても、余裕で務まるのがパチ屋の店長です。
      そんなにすごい偉人ではないですよ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。