パチンコは波理論では攻略できないって本当?嘘や詐欺なのか店長が考えてみた


スポンサーリンク


フィーバー!

元店長の”ななしー”です。

 

今回は、パチンコやスロットの永遠のテーマでもある「波」について考えてみたいと思います。

 

パチンコの大当たり確率の波って存在するの?

波は読むことができる?

波理論で勝てるって本当?

 

気になりますよね。

 

本文に入るその前に、僕の考えの要点をまとめておきますね。

 

・確率の波は過去には存在するが、未来はどうなるか読めない。

・従って波理論では、パチンコやスロットは攻略できなし。

 



パチンコやスロットの波理論は本当か?攻略できる?

パチンコやパチスロは、確率との戦いです。

時には信じられない大連チャンや、クソ大ハマリを見せる確率。

これら大当たりの波は、初めからプログラムとして基盤などに仕組まれているものなのでしょうか?

 

答えは「NO!」です。

 

確かに大当たりの波は存在します。

でもそれは過去の結果。

ただそれだけ。

 

いくら連チャンしようとも、いくら大ハマリしようとも確率は常に一定。不変のものです。※後述します。

これから起こる未来の大当たりは、過去の結果に左右されないし、まして予想もできません。

つまり波は誰にも正確には読めないので、波理論ではパチンコやスロットは攻略できないのです。

 

僕は断言します。

 

波を読もうとしているうちは、パチンコやスロットをトータルで勝つのは不可能です。

一生負け組のまま。

ちまたで言う波理論では勝てません。攻略もできません。

僕は「波理論は本当か?嘘か?」聞かれれば「嘘だよ」と答えますし、これを攻略法として売っていれば詐欺だと思います。

 

次にこう思う根拠を書きますね。

 

確率は常に一定

よくこのような大当たりの確率論の話では、サイコロを例に出します。

 

確率は違えど、パチンコやスロットの大当たりの仕組みは、内部でサイコロを振っているようなもの。

パチンコで大当たり確率の仕組みとは?ランダムなので釘は関係ない?

簡単に説明すると、パチンコはスタートチャッカーに玉が入った瞬間、スロットはスタートレバーを叩いた瞬間。

それぞれその瞬間に大当たりかハズレかを抽選しています。

 

予めメイン基板などに「○○回転回したら大当たりする」というプログラムが、仕組まれているわけではありません。

もちろんこれは、正規のノーマル基盤という前提の話ですが、ここでは「裏モノ」や「遠隔操作」などの違法行為はないものとして話を進めます。

パチンコのホールコンピューターの仕組みや設定は?違法な遠隔操作で出玉制御?

 

それでは早速、サイコロを例に波理論を検証してみます。

 

サイコロを振って、「1」が出たら大当たりとします。

理論上(見かけ上)の確率は1/6ですね。

 

①実際にこのサイコロを6回振った結果、「1」が1回出ました。

大当たり確率は、理論上と同じ1/6ですね。

 

②次にもう一度サイコロを6回振った結果、「1」は出ませんでした。

大当たり確率は、0ですね。

 

③最後にもう一度サイコロを6回振った結果、「1」が2回出ました。

結果としての大当たり確率は、1/3ですね。

 

これらそれぞれ①②③のケースでは、次にサイコロ振った場合の大当たり確率はどれぐらいでしょうか?

 

はい、どれも1/6ですね。

「1」がどれだけ出ようが出まいが、常に「1」が出る確率は1/6。

サイコロの「1」の目が増えたり減ったりしませんよね?

ましてや何か”見えない力”が働いて、「1」が出やすくなったり出にくくなったりもしませんよね?

 

もしこの様なことがあれば、パチンコ・スロットで言う「裏基盤や遠隔操作」と同じです。

いわゆる不正やイカサマですね。

 

このように確率は過去の結果に関わらず、常に一定なのです。

 

どうです?まだピンと来ませんか?

もっと試行回数を増やしてみれば分かりやすいと思います。

スポンサーリンク

 

試行回数を増やす

このサイコロを振る回数(試行回数)をもっと増やせば、理論上の確率に近づいていきます。

 

④実際にこのサイコロを60回振った結果、「1」が10回出ました。

大当たり確率は、理論上と同じ1/6ですね。

 

⑤次にもう一度サイコロを60回振った結果、「1」が5回出ました。

大当たり確率は、1/12ですね。

 

⑥最後にもう一度サイコロを6回振った結果、「1」が15回出ました。

結果としての大当たり確率は、1/4ですね。

 

実際に④⑤⑥どれも有り得そうなケースですよね。

さすがに60回振って「1」が0回、もしくは50回出たってことは考えにくいです。

でも「にくい」だけであって、絶対に起こらない、有り得ないわけではありません。

 

つまりサイコロを60回振って、「1」が1回も出ない・50回も出たってことは、稀ではありますが起こり得ます。

でも先程の①②③のケースに比べれば、かなり理論上の確率1/6に近づいた結果ということが分かってもらえましたでしょうか?

 

このように確率は、試行回数を増やせすと理論上の数字にどんどん近づいて行くのです。

 

でも!ここが確率の不思議なところ。

④⑤⑥のそれぞれケース、次のひと振りで「1」が出る確率は1/6。当たり前です。

理由は、①②③の時と同じです。

やはり確率は常に一定なのです。

 

もっと試行回数を増やす

では、もっと試行回数を増やします。

 

⑦実際にこのサイコロを60,000回振った結果、「1」が10,050回出ました。

大当たり確率は、10,050/60,000ですね。

 

⑧次にもう一度サイコロを60,000回振った結果、「1」が9,800回出ました。

大当たり確率は、9,800/60,000ですね。

 

⑨最後にもう一度サイコロを60,000回振った結果、「1」が10,600回出ました。

結果としての大当たり確率は、10,600/60,000ですね。

 

理論上の確率は、10,000/60,000=1/6。

 

恐らく1/6の確率を60,000回も思考すれば、限りなく「1」は1万回に近い回数出るでしょう。

このように試行回数を更に増やすと、結果はもっと限りなく理論上の確率に近づきます。

 

極論の話をしますと・・・⑩60,000回サイコロを振っても「1」が1回も出ないってことは、現実的に有り得ないですよね。

⑪反対に60,000回サイコロを振って「1」が50,000回も出るってことも考えられません。

でも、確率上はものすごく稀ですが、起こってもおかしくは出来事なのです。

 

⑩⑪は本当にこれは極端な例ですが、パチンコ・スロットでいう大連チャンやクソ大ハマリの確率の姿なのです。

 

そしてここでも僕が言いたいことは、⑦⑧⑨・⑩⑪すべてのケースにおいて、次のひと振りで「1」が出る確率は1/6。

合ってますよね?(笑)

そう、過去がどんな信じられない結果としても、確率は常に一定なのです。

スポンサーリンク

 

波の未来は予想できない

前置きのサイコロの例の話が長くなりましたが、繰り返して僕が伝えたいことは確率は常に一定であるということ。

 

波理論では

 

・ハマったので、この先当たりやすくなる。

・夕方からは、コインを吐き出す。

・そろそろハマりそう。

・1000回転は吸い込むグラフ

 

など言われています。

 

でも確率は常に一定ですよ?

この先の未来が当たりやすいとか、ハマりやすいとかは有り得ないのです。

万一、有り得るとしたら、それは裏基盤や遠隔操作など外部から力が働いているケース。

 

まだしっくり来ませんか?

 

波は確かに存在します。

でもそれは過去の結果。

結果たまたまそうなっただけ。

 

過去がどんな結果になろうとも、確率は常に一定。

過去の波は存在しますが、未来の波は予想はできません。

いや、予想するのは勝手ですが、誰にも正確には予想できません。

仮に波の予想が当たったとしても、それもたまたまそうなっただけ。

 

だって今後の波の予想って言っても、グラフが上がるかそのままか下がるか、の3択でしょ?

この予想なら1/3で当たります(笑)。

 

もうひとつ、重要なことが試行回数を増やすということ。

サイコロは1/6ですから、だいたい数百回~数千回も振ればおおよそ確率近くの数字になるでしょう。

 

でもパチンコ・ストットの確率って、1/300とかですよね?

どうでしょう?

数百回や数千回レベルの試行回数、つまり回転数ではとてもじゃないですが、確率とは程遠い数字になることの方が多いです。

いわゆる”確率のバラツキ”。

もちろん数百回の回転数でも、理論上の確率通りになることもありますよ。

でもやはり試行回数が少ないと、理論通りにはなかなか行きません。

 

そうですね、1/300の確率なら数万回、いや数十万回の試行回数が必要だと思います。

あ、ところでパチンコやスロットって、1日朝イチから閉店までブン回してどれぐらい回せると思いますか?

 

パチンコで約4,000回転ぐらい、スロットで約8,000回転ぐらいでしょうか?

もちろん通常時のみの回転数です。

 

これぐらいの試行回数(回転数)では、とてもじゃないですが結果は確率通りになりづらいです。

むしろバラつくほうが多いし自然でしょう。

理論上1/300ですが、1日単位で見ると1/150でになったり1/800になったりすることも多々あります。

これが1ヶ月、1年、10年・・試行回数が増えれば、限りなく1/300に近づいて行くのです。

 

そもそも何で1日とかで判断するのでしょう?

機械や確率にしてみれば、それは「人間の都合」であって、”彼ら”には朝も夜も関係ありません。

 

「昨日出たから・・・」「1週間ハマりつづけて・・・」など、時間の概念は人間の勝手な都合なのです。

※パチンコやスロットに、現在時刻を設定する機能はありません。

仮にあったとしても、それを大当たりの抽選と結びつけるプログラムは、現在の風営法からはできません。

もちろん電源を切ろうが入れようが、大当たり確率は変わりません。

 

「電源を入り切りすると波が変わる」とか言いますけど、たまたま結果そうなっただけです。

くどいようですが、あらかじめ波が基盤にプログラムされているわけではありませんので。

スポンサーリンク

 

確率は収束する

さて、もうひとつ確率の不思議を説明します。

①②③と④⑤⑥と⑦⑧⑨のサイコロのケース。

 

試行回数をどんどん増やしていくと、どんどん理論上の確率に近づいていくのが分かります。

このように理論上の確率に近づいていくことを、確率が収束する(していく)と言います。

 

と言うことは、連チャンした台はハマらないと収束していかないし、逆にハマった台は大当たりしていかないと収束しないことになります。

じゃあ、やっぱり未来の波は読めのでは?と思いますよね?

 

でも確率は収束して行くけど、いつ収束するのは分かりません。

だって確率は常に一定ですから当然です。

 

連チャンした後、更に連チャンして、もっと連チャンすることも有り得ます。

反対に大ハマリして、更に大ハマリ、最後にトドメのドハマリすることもあります(笑)。

何回も言いますが、連チャンしても大ハマリしても確率は常に一定。

 

仮に連チャンして確率が低くなったり、大ハマリして確率が高くなったりすれば未来の波は予想できます。

でも、パチンコやスロットの通常時の大当たり確率は、どれだけ連チャンしてもハマっても変わりません。

 

先程の⑦⑧⑨のケースも、それぞれ1/6に近い数字です。

でも60,000回振ってここまで来るまでの間には、それぞれ「1」の連チャンやハマりを繰り返しているのです。

確率は短期間の短い試行期間ではバラついていますが、長期間の試行回数で見ると、おおよそ確率に近い数字に落ち着くのです。

 

波理論は嘘で詐欺なのか?

ここまで言っておいて何ですが、実は波理論で勝つことは可能です。

でもそれは1日や1週間、1ヶ月と言った短期間に限ったこと。

 

思い出してください。

僕は、この記事の初めに「トータルで勝てません」と言いました。

つまり、年単位や生涯成績での収支では勝てないってことです。

 

僕からしてみれば、短期間での勝ち負けはそれはただの「運」。

でもパチンコ・スロットが完全確率である以上、過去の波の結果からこの先の波を読もうとするのは、とても理にかなっているとは思えません。

 

波理論を嘘だとは言いません。

波を読んで楽しむのは良いと思います。

でもそれでは、いつまでたっても勝てませんよ?

負け組のままです。

 

また波理論で攻略法などを売りつけるのは、詐欺だと思います。

だって波理論には、それを裏付ける根拠がないでしょ?

 

波理論では、「○○のメーカーは、大当たり終了後、○○回転は当たりやすい」「○○のメーカーは波が荒い」とか言います。

(確変などの意味ではなくて。)

これって、このメーカーが不正基盤使ってるって言ってるようのものじゃないですか?(笑)

メーカーさんのプログラマーさん、見たら怒りますよ?

根も葉もないことを言うのはヤメましょう。

 

まとめ

確率って本当に説明しようとすると、たぶん数学学者の秋山先生とかじゃないと難しいと思います。

僕もこれだけウンチク言っておきながら、よく分かっていません。

 

でもそんなことまで理解しなくても大丈夫。

 

・確率は常に一定(過去の結果にとらわれない)

・確率は試行回数が少ないとバラつく(偏る)

・試行回数を増やせば増やすほど、理論上の確率に近づいて行く(収束する)

・でもいつ収束するのかは分からない

 

もっと要約すると・・・

 

「確率は常に一定」

「確率は偏る」

「確率は収束する」

 

の3つを理解すれば、波理論では勝てないことが分かるハズです。

大当たりの波は存在しますが、それは過去の結果。

たまたまそうなっただけ。

これから先は、誰にも分かりません。

 

もっと長期目線で見ませんか?

1/300の大当たり確率なら、10万回転とか100万回転ぐらいメモを取るなりして回して見て下さい。

きっと、サイコロの例と同じ様な結果になります。

スポンサーリンク




7 件のコメント

  • 可視化できない抽選だから真実はわかりません
    だから完全確率で抽選してるってことを証明することもできない
    競馬に例えると、
    馬券を買ったけどレースそのものは公開してもらえなくて結果しか伝えれない
    自分は長年の経験上、完全確率なんか有り得ないと理解した上で遊戯していますが、人それぞれいろんな考えがあっていいと思います
    嫌なら打たなければいいだけですしね

    • そうですね。
      パチンコが楽しく打てれば、人それぞれで良いと思います。

      でもオカルト打ちで負けてイライラするぐらいなら、正しい確率論を学ぼうっていうのが僕のスタイル。
      他の人の考えを頭ごなしに否定するつもりはありませんよ。

    • コメントありがとうございます。
      発言に被せるようで申し訳ないですが・・・

      お店が違っても、型式が同一の機種ならスペックは同じですよね。
      全く同じ型式の機種なのに、A店とB店の設置してある台で確率などが違ったら、これは正規ではないことになります。
      「基盤のクセ」や「基盤の当たり外れ」も言われていますが、それは結局は確率のバラツキです。

      お店は関係ないですよ。
      違うのは釘と設定のみ。

      明らかに出る台もそうでない台も、もっと長期目線で見れば、しょせん確率通りになっていくのです。
      「今日一日だけの勝負」ならヒキや運が必要ですが、何年と打ち続けるパチンコ・パチスロにはヒキや運は関係ないですよ。

  • 正確に予測することは不可能にしても、収束するという前提があるのなら、それは確率をあるべき比率に戻す力が働いているということに他ならないので、
    短期的に収束の構造がフラクタルに推移すると見込んで所謂下ぶれ、上ぶれからの戻しというところに山を張るのは、何も考えずに打つより有意義ではありませんか?

    短期的視座である合算の近似値から設定を推測するのも、まったく意味が無い行為とは僕は思いません(ここから否定されるならどうしようもないですが)。

    また、その予測を基準として引き際などをパターン化して設けることもできます。
    (これは基準がぶれないというところに利点があると思います。)

    確率は収束するが、予測できないから未来を予測するのは無意味というのなら、
    勝とうとするなら天井という確かな数字を元に期待値を割り出しそれを基準に機械的に打ち、即止めを繰り返す。

    あるいは店の癖を読み、高設定をここに置くと当て込んだ台がどんな挙動をしようが(確率にはブレがあるので高設定か低設定かを看破しようとすること自体が無意味となるので)一切無視して朝から閉店までに回し続けることしかできないのでは?

    そもそも設定狙い自体が、その日8000回回して一度も当たらないということがあるという、100万回転スパンの視座に立てば無意味なことかもしれませんが。

    実際は、たいがいの台が(そのスケールと比較して)程よく当たるわけで
    程よくあたるということは、小さな確率の収束が起こっているということで。

    そこに山を張るのが、所謂波理論だと理解してましたが…。

    サイコロは記憶を持たないとはいえ、擬似的に、まるで記憶を持っているかのような挙動は頻繁にしますよね。

    僕の認識に誤解があるかもしれませんので、
    見当はずれなことを言っているのならご教授していただければ幸いです。

    • 僕の理解力が足りなく、すべてにコメントできなく申し訳ないですが・・・、
      確率は収束しますが、いつ収束するのか分かりません。

      ハマッても連チャンしても確率は常に一定で、試行回数を増やせばどんどん収束していきます。
      確率って不思議ですよね。

      短いスパンではなく、もっと長いスパンで見る必要があると思います。

      そもそも「1日」という区切りは、人間が勝手に決めた時間の区切りであって、
      確率を検証する上では、あまりにも短すぎるスパンです。

  • それではスロットの設定6を予測することもその台にしがみつくことも、収束に必要な桁の大きさの前に無意味となるのでは?

    一日たかだか8000ゲームそこで設定6の平均的挙動、確率の収束(機械割り100%超え)を期待するのは無謀となるのでは?
    波理論では勝てない、では無く1日スパンのあらゆる予測が無意味とならなければダブルスタンダードだと思います。

    昔々の少ない試行回数で申し訳ないですが、私はスロットで6が確定した台
    (昔ならイベント日で札が刺さった台や、今なら6確演出)では、
    たまにそれでも負けることはあっても、やはり勝つほうが多かったです。
    でもそれっておかしくないですか?

    そんな体感できるほどの偏りが出るほど、短いスパンで収束するはずがないというのが前提となるはずですから。

    確率は常に一定である、確率は収束する、そしてそれは正確には予測できない
    これはわかります。

    しかしながら、「機械割りにしたがって短いスパンでもある程度の収束が起こるであろう」
    これが設定予測、波理論共通の前提だと思います。

    なるほど、長いスパンでの収束は確実なものでしょうが、短いスパンで収束が起こらないわけではない、それどころか「結構な割合で」短いスパンでの収束が見られる。
    こう考えております。

    これはその日の挙動の予測というより、サイコロの正六面体の物理的な制限がもたらす振る舞いの限界、
    それに対する信頼のようなものに近いと思います。

    つまり、ボーナス確率にしても設定によって一定であるからこそそれに由来する偏りにくさが付きまとうということです。
    一日程度では収束なんて~というと、まるで一日という単位では収束が起こらないかのような印象を受けますが、
    収束しようとする力は長期的だろうが短期的だろうが常に働いています。
    だからこそ確率が長期的に見て、一定の範囲に収束するのではないですか?

    長期的にサンプルをとるより精度が劣るだけで、無意味ではないと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。