パチンコは波理論で攻略できる?グラフは関係なく読んでも意味がないのか解説!

2020年9月6日

登録した日から7日間無料でお試しできます。この期間中に解約すれば料金は一切発生しません。登録方法はコチラから。PC版は「777タウン.net 」をご利用下さい。

 

データカウンターの波グラフって見ます?

オカルト否定派、元パチ屋テンチョーの”ななしー”です。

今回は、波理論でパチンコは本当に勝てるのか?について解説します。

 

・波グラフが山型だと、そろそろ爆発する可能性がある

・グラフがこのラインを下回ったら、その台は見切った方が良い

・グラフが水平の時は、しばらく様子を見た方が良い

 

などなど、ザっとネットで調べただけでも、パチンコの波については色んな理論があります。

さて、これら波理論を理解すれば、本当にパチンコで勝てるのでしょうか…?

↓結論はすぐ下に書いてあります。目次から気になる所をクリックしてジャンプ↓

  ハワイアンドリームの遊び方はこちらからどうぞ! 今なら無料ボーナスがもらえる! 姉妹サイトパーラーオンラインカジノもよろしくね!

【結論】パチンコは波理論では攻略できず勝てない

先に答え(結論)を言っておきます。

パチンコは、波を読んでも勝てません。

波理論では攻略することはできないので、どれだけ波を読んでもパチンコで勝つことはできないのです。

パチンコは確率ゲームなので、波理論ではなく確率論で攻略するべきです。

 

波理論は根拠のないオカルトであり経験則から攻略しようとしている

パチンコに限らず、スロットにも波理論は存在しますよね。

機種によっても、その理論の内容は様々です。

※先に書いておきますが、僕自身は波理論は信じない否定派です。

 

パチンコの波をグラフから読んで、大当たりがいつ来るのかを予想する人は多いです。

ネット上では、色んな人が色んな独自の波理論を展開しています。

人気機種である海物語シリーズやジャグラーシリーズなどは、波理論の代表的な機種と言えるでしょう。

 

ここで僕が気になる点は、皆さん波理論で攻略できると言いますが、言ってることが全員バラバラなんですよね。

先ほど「独自の波理論」と言いましたが、本当に人それぞれ波に対する考え方や読み方が違うのです。

 

「山型の波グラフは、その後に爆発しやすい」

と言う理論を唱える人もいれば、その全く逆で

「山型の波グラフは、その後にハマりやすい」

と言う人もいます。(同じ機種での話です)

誰の波の読み方を信用すればいいのか、迷ってしまいますよね…。

 

ただ、これら波理論を唱えている人に共通して言えることは、波の読み方に対する根拠がないということ。

・どうして、山型の波グラフの後は爆発するのか?

・なぜ、山型の波グラフの後はハマりやすいのか?

根拠に基づいた説明がない、オカルトなんですよね…。

 

これら波理論を唱えている人のほとんどは、過去に自分がパチンコを打ってきた経験から波を予想しているだけです。

打つ前に波グラフを見て、「そろそろ当たりそう」と予想します。

その結果、たまたま当たってそうなると「俺のグラフの読み方は正しかったんだ」となり、そこでひとつの理論が確立されるのです。

だから人により、波の読み方(理論)がバラバラなんですよ。

 

別に僕は、波理論が嘘とは言っていません。

実際に過去にそういうグラフの動きを経験したわけですから、それは事実であり本当です。

でも、それは過去の体験談の話。

過去に波グラフが読み通りの結果になったとしても、次も同じように波グラフが読み通りになるとは限らないわけですから。

 

【例】

サイコロを振ったら①が出ました。

その次に振ったら⑥が出ました。

 

ここまでは、過去の結果です。

実際に起こったこと、経験したことですから嘘ではありません。

 

でもサイコロは、①が出たらその次に⑥が出やすいわけではないですよね?

何か理屈で説明できる根拠があればいいですが、そんなものありません。

たまたま①の次に⑥が出ただけです。

でもパチンコの波理論とは、これを無理やり一定の法則にして「山型のグラフの後は、爆発しやすい」とか言ってるだけなのです。

 

パチンコの波を読んで「出るor出ない」を言っている人は、過去の自分が打ってきた経験からそう言っているに過ぎません。

もし、波の読み方に理屈から説明できる根拠があれば、皆さん同じ理論になるはずです。

でも、経験則から「過去はこうだったから、次もこうなる」と言ってるに過ぎないので、人により波の読み方がバラバラで違うのです。

 

パチンコの波理論とは、その人の経験則から考え出された攻略法。

過去の事実や経験は、嘘ではないです。

しかし、そこには根拠がないのでパチンコを攻略することはできず、結果として波理論は勝てないオカルトなんです。

 

 

パチンコの波グラフは上がるか下がるかの2択を読んでいるだけ

もうひとつ、僕が波理論に対して気になる点があります。

それは、「爆発する時もあるけど、ハマる時もある」みたいなことを言ってる人が、非常に多いということ。

 

ぶっちゃけて言えば、パチンコの波グラフなんか上がるか下がるかの2択です。

「爆発する時もあるけど、ハマる時もある」

って、すべての結果をカバーして予想してますよね?

例えば、

「100円玉を投げれば表が出ることもあるけど、裏が出ることもある」

みたいな。

 

これって、結果(波)を読むって言いますか?

「爆発するかハマる」と真逆のことを言ってるので、結局どっちなんだ?って思っちゃいます。

これは、”逃げ道”と言われても仕方がありません。

 

「山型の波グラフの後は爆発する!」と断言してくれれば、まだ理論として成り立つと思います。

でも「ハマる時もあるので、見切ってやめた方がいい時もある」って言われても…ねぇ。

いや、だからその見切り方を教えてよって思いません?

やはり、波理論は過去の経験則から波を読んでいるだけなので、理屈や根拠がなく理論がブレるんですよね。

 

パチンコは波で当たるようにプログラムされていない

「パチンコは、波で当たるようにプログラムされてるんだよ。経験則から波を読んでいるわけではない。」

と言う人もいると思います。

 

いえいえ、そんなわけないでしょ。

もし、波がプログラムされているパチンコ台があれば、それは不正改造された基板です。

今の遊技機の規則では、波をプログラムで仕組むことはできません。

 

「波がプログラムされている」と言うことは、その遊技機メーカーが不正な台を製造している、もしくはホールが不正基板に交換している、と言っていることになります。

パチンコ台の仕組みを知っている人からすれば、波理論を唱えている人は「このヒト、分かってないな」って思っちゃいますよ。

 

気になる人は遊技機の規則を調べてみたり、メーカーに直接問い合わせてみると納得できるはずです。

それでも「プログラムで不正に波が仕組まれている!出玉制御だ!」と思うのなら、そんな台は打たない方が賢明です。

 

パチンコは完全確率で抽選されているのでいつ当たるか分からない

「波理論でなければ、パチンコはどうやって勝つんだ?」

ってなります。

パチンコは(スロットも)、波理論ではなく確率論で攻略します。

確率論で攻略すれば、パチンコは勝てるのです。

「攻略」と聞くと怪しいイメージがしますが、確率論はパチプロ・スロプロが実践している正攻法の攻略法ですね。

 

パチンコの大当たりは、完全に確率だけで抽選されているので「完全確率」と呼ばれています。

確率は、実際に抽選してみないと結果は分かりませんよね?

サイコロを振る時に「次は①が出る」と予想することはできますが、本当に①が出るかどうかは実際に振ってみなければ分かりません。

確率とはいつ当たるのか分からない、やってみないとかその結果は分からないものなんです。

 

注意点として、確率の結果を予想することはできますが、読むことはできないということです。

「次は①が出る」と予想することはできますが、「次は①が出やすい」と読むことは不可能という意味です。

だって、「出やすい」と言うことの根拠がないですから。

もし本当に①が出やすいのなら、それは何らかの不正が疑われます。

 

確率論に対して波理論は、過去のグラフの動きから未来の波を読んで予想します。

「山型の波グラフの後は爆発する!」と予想するだけならいいですが、理論として波を読むのなら根拠が必要です。

もし本当に爆発する(しやすい)のなら、それは大当たり確率が上がっていることになりますよね?

仮に「山型の波グラフの後は、”大当たり確率が上がるので”爆発する!」と言う根拠があれば、僕も納得ができます。

でも波理論を唱えている人の中に、このような根拠を説明している人は残念ながらいないんですよねぇ。

 

波理論には根拠がないので、単にこの先の波グラフの動きを予想しているだけ。

サイコロで「次は①が出る!」と予想しても、出る確率はしょせん1/6。

①が出やすくなっているわけではないので、実際に振ってみないと結果は分からないんです。

 

確率の結果を読むことはできず、そもそも読むこと自体がムダ。

いつパチンコが当たるかなんて、実際に回してみないと誰も分かりません。

だから波理論ではパチンコは攻略できないんですよ。

 

「予想」と「読む」を混同しないで下さいね。

「波理論」ではなく「波予想」と呼び方を変えてはどうですか?

なんか天気予報みたいですけど(笑)。

 

 

パチンコが当たる確率は常に毎回転ごと一定で同じ

パチンコの情報サイトを見ると、必ず「大当たり確率」が載ってますよね。

そして、波については一切書いていません。

ここからでも分かるように、結局はパチンコは確率なんです。

パチンコは、単なる確率ゲーム。

 

パチンコの確率って、ずっと変わらず同じです。

確変で当たれば大当たり確率は上がりますが、それ以外では確率は変わらず同じです。

1/319なら、ずっと1/319。

いつ回しても、この確率は常に一定で同じです。

じゃ、当たる期待度も変わらず同じですよね?

 

波理論では、当たりやすいとかハマるとか未来の波グラフの動きを読みますが、どうして当たりやすくなったりハマリやすくなるのでしょうか?

もしかして、大当たり確率が上がったり下がったりして変わってるとか…??

それとも、当たりやすい1/319と、当たりにくい1/319があるとか…??

んなワケないですよね。

 

やはり波理論にはその読み方に根拠はなく、単に波グラフの動きを予想しているに過ぎません。

パチンコが常に同じ確率で抽選されている以上、「爆発する」とか「ハマリやすい」って言うのは、まったく持っておかしな話です。

 

パチンコの大当たり確率は、常に一定で同じです。

毎回転ごとに、同じ確率で抽選しています。

確率が同じなら、当たりやすさも同じです。

確変で当たらない限り、大当たり確率は変わりませんよ。

 

確率が同じなのに、爆発するとかハマリやすくなる理由(根拠)を教えて欲しいです。

「爆発する」とか「ハマリやすい」と言う波理論は、「サイコロで①が出やすい」と言っているのと同じことです。

 

確率はハマっても連チャンしても変わらず同じ

パチンコで大ハマりすると…

「そろそろ当たる頃だろう」

連チャンすると…

「もうさすがに出ないだろう」

って思いますよね。

 

でも、これは気のせいです。

人間が勝手にそう感じているだけで、パチンコ台の大当たり確率はハマっても連チャンしても変わりません。

2,000回転ハマっても1/319のまま、20連チャンしても1/319のままです。

確変で当たらない限り1/319のまま。当たり前です。

先ほどの「大当たり確率は常に一定」で説明した通りですね。

 

波理論では、

「ここまでハマるとそろそろ爆発する」

みたいなことを言っていますが、それはその人がそう感じているだけ。

気のせいです。

 

確かに人間の心理として、ハマったら当たりやすくなりそうな気がしますし、連チャンしたらさすがに暫くは当たらなくなる気がします。

正直、僕もそう思います。

でも、思うだけ。

 

波グラフの読み方をひとつの「理論」とするのなら、個人が思ったことや感じたことだけでは説得力がありません。

やはり根拠が必要です。

根拠のない理論は、個人のただの「感想」や「感情」ですね。

悪く言えば、空想とか妄想とも言われてしまいます。

根拠がない理論では、聞く人を納得や説得させることはできず、自分の考えを理解してもらうことは難しいでしょう。

 

思うことや感じることをそのまま「理論」とするのは、さすがにどうかと思いますよ。

もちろん、理論をどう展開するのかは個人の自由です。

でも、少なくとも思うことや感じることだけでは、パチンコを攻略することは到底できず、結果として波理論では勝てないことだけは確かです。

パチンコの大当たりが確率で抽選されているのなら、「感想」や「感情」で攻略するのではなく、確率そのものを攻略するべきではないでしょうか?

 

波グラフは過去の結果で確率とは関係なく読んでも意味がない

結局、パチンコの波グラフって過去の結果なんですよね。

その台が、過去にどういった大当たりの抽選をしてきたか?と言う今まで結果を、履歴としてグラフにしたものです。

でも、これはあくまで過去の結果であって、過去がどうあれ未来の確率には一切影響を与えません。

 

確率抽選→結果

ですが、

結果→確率抽選

には、影響はないということです。

先ほどの「ハマッたから当たりやすくなる~」の部分ですね。

 

これは、確率は過去の抽選結果に左右されないということです。

過去は過去、結果は結果。

過去の波グラフとこの先の抽選の結果がどうなるかを、強引に結び付けて考えるのは意味がないのでやめましょう。

 

波理論で「山型の波の場合は~ハマリやすく~」と言うのは、まさに過去の確率の抽選結果から未来を抽選結果を読んでいることになります。

過去の波グラフと確率には、一切関係がないので読んでも意味がないですよ。

というか、読むのは不可能です。

 

過去の波はあるが未来の波を読むことはできない

ここが、僕が一番伝えたい点です。

「じゃ、パチンコに波はないのか?」

と言われるとそうではありません。

 

大当たり(出玉)の波はあります。

確率の抽選結果はバラつく(偏る)ので、パチンコは当たったりハマったりします。

それを出玉グラフで表すと、波のような形になるのです。

 

繰り返しますが、でも出玉の波グラフは過去の結果に過ぎません。

この先、この波グラフがどう動くか?読むことは不可能です。

確かにパチンコの大当たりに波はありますが、それは過去の波であり、これから先の未来の波を読むことはできないと言うことです。

予想することはできますが、読むことは不可能ですよ。

 

波は、確かにあります。

僕は、波がないと言っているわけではありません。

波はあるけど、未来の波を読むことはできないと言っているのです。

だから波「理論」と言うのにはかなり違和感を覚えますね…。

 

 

波のグラフを読んでも意味がないが当たることもある

僕は、波理論を否定しています。

でも、波理論でパチンコが全く勝てない、当たらないのかと言うとそうではないのです。

波理論で読んだとおりに、出玉が出る(グラフが動く)こともあります。

 

それはパチンコはスタートを回す以上、確率なりで当たるからです。

どんな理論でも、パチンコは回せば確率なりに当たります。

反対に回しているのに、絶対に当たらない方がおかしいです。

 

実は、この部分が「パチンコは、波理論で攻略できるんじゃないか?」って錯覚してしまう原因なんです。

波を読んですべてハズレれば誰も信用しないですし、波を読もうとする人はいません。

でも、どんなにボッタクリ調整のパチンコ台でも、回す以上は当たることがあります。

当たるとその結果、「波理論は正しい!読みが当たった!」となるのです。

 

実はこれって、よくある怪しい攻略法と同じ手口(?)なんです。

ウソ(詐欺)のパチンコ攻略法が、ネットや雑誌でン万円で売られています。

「〇〇して〇〇すると、〇〇回転以内に当たる」とか言う、ウソの情報を購入者に教えます。

例えウソの攻略法でも、回せば当たることもあるんですよね…。

 

そうなると、人ってその情報を「あ、本当に攻略法で当たった!」って信用してしまうんです。

で、更に高額の攻略法を売りつけられると。

ちなみに当たることもある以上、その攻略法が詐欺であるということを立証するのは難しいです。

 

絶対に当たる理論や絶対に当たらない理論なら、それが本当かウソかを立証することができ誰も騙(だま)されません。

でも、パチンコに絶対はありませんよね。

スタートを回す以上は、やはり当たってしまうことがあります。

 

このことから、例え根拠のない詐欺の攻略法であっても、回せば確率なりに当たってしまうことがあるので、一定数の信じてしまう人がいるわけです。

波理論も、パチンコ台が確率で抽選されている仕組みから見れば、どう考えても攻略するのにはムリがあります。

しかし、回せば一定数当たってしまうので波グラフが読める!波理論で攻略できる!」となってしまうのです。

 

↑本当に詐欺のパチンコ攻略法は多いですから、皆さん気を付けましょう。

僕がこの記事を書いている理由のひとつに、詐欺に騙される人を減らする目的もあります。

 

波理論で勝つこともあれば確率論で負けることもある

根拠のない波理論でパチンコが当たることもありますが、反対に根拠のある確率論がハズレることもあります。

それはなぜか?

確率が偏っているからです。

 

1/319の確率とは、319回転まわせば当たると言う意味ではありません。

50回転で当たることもあれば、2,000回転まわしても当たらないこともあります。

実戦上の大当たり確率(出現率)が1/150になったり、1/800になることも普通に起こります。

 

でもこれは1/319の確率を短期間で見た時の話。

もっと長期間で見れば、実戦上の当たる確率は限りなく、理論上(スペック上)の1/319に近づいていきます。

 

サイコロを振って、①が出る確率は1/6です。

このサイコロを6回振った時、①が3回出る時もあれば1回も出ない時もあります。

①が出た確率(出現率)が1/2になったり0になったりして、本来の理論上(スペック上)の確率1/6とは大きくかけ離れた結果になります。

これはサイコロを振る回数が少なく(短期間)、確率が偏っているのが原因です。

 

でも、このサイコロを6万回振った時、①が3万回も出て1/2の確率になったりはしません

また、①が1回も出ないこともありません。

①が出る回数は、理論上の確率1/6=1万回に限りなく近くなるハズです。

9,950回とか10,022回とかですね。

 

振る回数を60万回、600万回と増やせば(長期間)、もっと1/6に近づいていくでしょう。

(これを確率の収束と言います。)

 

パチンコの大当たり確率は、ミドルスペックだと1/319。

1日パチンコをフルで回しても、3,000回転ちょっとが限界だと思います。

1/319を、たったの3,000回と言う”短期間”しか回せないのです。

 

これで確率が収束すると思いますか?

偏って当然ですよね?

だから、短期間では波理論でも当たる(勝つ)こともあれば、確率論でも負けることもあるわけです。

 

パチンコは確率が収束した時に勝てるかどうかが重要

でもパチンコを打つのは、1日だけじゃないですよね。

数年、数十年と”長期間”パチンコを打っている人もいます。

これだけ長い年月パチンコを回せば、確率の抽選結果は限りなく理論上(スペック上)の確率に近づきます。

3,000回転では収束しない1/319も、300万回とか回せば限りなく1/319に近づき収束します。

 

パチンコは、この確率が収束した時に勝っているかどうか?

ここが重要なポイントです。

 

パチプロやスロプロがトータルで勝っているのは確率論で立ち回っているから

パチンコが本来のスペック通りの確率、1/319で当たった場合に勝てるのが確率論。

勝てないのが波理論です。

 

波理論で勝てるのは、1日とか1週間・1か月と言った短期間でのお話。

これは勝てると言っても、単なる確率の偏り(バラつき)で勝っているに過ぎません。

これでは、「パチンコは波理論で攻略できる!勝てる!」とは到底言えませんよね?

サイコロで言えば、たまたま①が数回続けて出ただけです。

 

確率論で立ち回るパチプロ・スロプロは、長期間勝ち続けています。

だからこそプロであり、パチンコ・スロットで生活ができるわけです。

 

反対に何年・年十年と負け続けている、パチンコをトータルで負けている人はプロではありません。

言い方が悪いですが、パチ屋の養分です。

1週間・1か月勝ったぐらいで、「俺はパチプロだ!」とは言いませんよね?

せめて年単位で収支がプラスでなければ、「パチンコで勝っている」とは言えません。

 

で、何が言いたいかと言うと、

「その波理論で、長期間パチンコで勝ってますか?」

と言うこと。

パチンコで長期間、トータルで勝つには確率論でなければムリです。

だって、パチンコは確率で抽選しているから。

これは、パチプロ・スロプロと言う存在自体が証明しています。

 

波理論は、確率の一時的な偏りを根拠のない方法で読んでいるだけなので、確率が収束した時に負けてしまいます。

「俺はヒキが良いから、確率は関係ない!」と言うナゾ思考の人は、きっとサイコロを6万回振って①を3万回出す達人ですね。

誰が打っても、1/319は1/319ですよ。

確率に「運」とか「ヒキ」は関係ありません。

 

パチンコ店は波調整ではなく釘調整をして儲けている

パチンコ店の釘調整が問題になりました。

営業停止の処分を喰らったホールも、いくつかありましたね。

営業停止になると、ン千万~億単位の売上が消えます。

 

何で、そこまでして釘を叩くのでしょうか?

それは、パチンコが確率ゲームだからです。

確率が1/319で一定なら、千円あたりの回転数を回らなくすれば、それだけホールは儲けることができます。

反対に千円あたりの回転数を多くすれば、ホールはその分赤字になってしまいます。

 

あなたは、なぜホールが釘調整をするのかを考えたことありますか?

また、「ホールが波調整(?)をしている」って聞いたことありませんよね?(笑)

ここから考えても、パチンコは確率なんです。

 

パチンコ・スロットとは、「ホールVSお客さん」の図式です。

全国1万店舗もあるホールが何十年と経営ができているのは、ホールが「VSお客さん」に勝って儲けているから。

そして、9割以上のお客さんが長年パチンコで負けているのは、「VSホール」に負けているから。

 

ここから分かることは、勝っている側のホールの戦略が正しいと言うことです。

で、そのホールの戦略とは釘調整をすること。

釘を調整する=回転数を増減させているわけですから、やはりパチンコは確率なんです。

釘を調整して、波を変える(?)ことはできませんよね?

 

ホールは釘を調整しているのに、何でお客さんは波を読むんでしょうか?

普通に考えて、これはおかしな話です。

パチ屋からすれば、

「パチンコは釘なのに、何で波なんか読んで打つのかな?回らない回収台を打ってくれて養分アリガトウ。

です。

 

パチプロ・スロプロが確率論で立ちまわり、ホールは釘で回転数を調整している。

それでもあなたは、波理論で波グラフを読んでパチンコを打ちますか?

 

【結論】パチンコで勝つ攻略法とはボーダーラインを超える台を打つこと

「じゃ、結局どうすればパチンコで勝てるんだ?」

「確率論をどうやって実践すれば、パチンコを攻略できるんだ?」

ってなります。

 

この答えはカンタンです。

ボーダーラインを超える台を打てばいいだけです。

 

パチンコのボーダーラインとは、理論上その回転数まわれば出玉がチャラになる回転数のことです。

出玉率や機械割が100%で、出玉が増減なしの回転数ですね。

これは、各攻略サイトや雑誌を見れば載っています。

 

パチンコ店が儲けようとする時、このボーダーラインを下回る釘調整にします。

反対に出玉を出したい時は、釘を開けてボーダーラインを超える調整にします。

だからパチンコは、回れば回るほど勝ちやすいのです。

当たり前ですよね。

なのに、何でここに「波」が出て来るんでしょうか?

全く持ってナゾです。

 

もちろん確率は偏りますから、ボーダーラインを超える台を打っても、1日や1週間程度では負けることもあります。

でも、パチプロやスロプロはボーダーラインを超える台を長期間に渡って打っているので、トータルで稼ぎ続けることができるのです。

(スロットで言うボーダーラインとは、期待値の高い高設定台のことです)

だから、釘を読んだり設定判別をしたりするわけですね。

パチンコで読むのは、波じゃなくて釘なんです。

 

「パチンコで勝つための攻略法とは、ボーダーラインを超える台を長期間打ち続けること。」

・ボーダーラインを超える

・長期間打つ

この2つが重要です。

ボーダーラインを下回っていたり、上回っていても短期間だと勝てません。

 

【例】

サイコロを振って、①が出たら600円もらえるゲームがあります。

①が出る確率は、もちろん1/6。

1ゲームいくらなら、このゲームで勝つことができますか?

 

A:90円

B:100円

C:110円

さてどれ?

 

このサイコロゲームの期待値を求めると、600x1/6=100円です。

※ギャンブルで言う期待値とは、そのゲームでどれだけの払い出しがあるか?を確率から計算した、理論上の(平均の)数字です。

「これだけ勝てる金額が期待できる数字」と思って下さい。

 

1回サイコロを振ると、100円戻って来る計算になります。

計算しなくても、平均して6回振れば600円戻って来るわけですから、1回あたり100円になります。

だからこのゲームは、1ゲーム100円がチャラになるボーダーライン。

 

つまり答えは、Aの90円ですね。

90円賭けて100円戻ってくれば、1ゲームあたり10円儲かる計算になるからです。

Bの100円はチャラで、Cの110円はボーダーラインを下回り赤字で損をします。

 

これをパチンコに置き換えるだけ。

パチンコは、大当たり確率の他に確変突入率や継続率、時短回数やラウンド数振り分けなど、見た目はかなり複雑なゲームルールになっています。

複雑ですが、これらを先ほどのサイコロゲームのように、期待値を求めて計算すればいいのです。

継続率や振り分けなどすべてが確率通りになった時、じゃ、千円あたり何回転まわれば勝てるのか?と言うことですね。

これを計算したのがボーダーラインで、攻略サイトなどに載っている数字なんです。

 

・確率は、常に一定で変わりません。

・確率は収束します。

一時的に爆発したりハマったりしますが、パチンコは結局はスペック通りです。

スペックの確率は変わりません。

変わるのは千円あたりの回転数であり、つまり釘なんです。

 

先ほどのサイコロゲームを思い出してください。

パチンコも確率ゲームなんです。

ただサイコロは1/6ですが、パチンコは1/319と確率が低いだけ。

確率が低い分、収束するのにより長い期間(試行回数)が必要になります。

 

波理論では短期間で勝つことはあっても、長い目で見ればボーダーライン以下の台を打っているので負けます。

とても攻略法とは言えません。

もちろん、波理論でもボーダーラインを上回っていれば勝てますが、波グラフを読む人は、釘とか千円あたりの回転数など気にしませんよね?

そもそも、自分の打っている台のボーダーラインすら知らないはずです。

この時点で養分確定。

 

パチンコで勝つための攻略法とは、確率論から導き出されたボーダーラインです。

パチンコは、単なる確率ゲーム。

もっと、シンプルに考えましょう。




姉妹サイト「パーラーオンラインカジノ」は、こちらからどうぞ!

パチンコ・パチスロの代わりになるギャンブルを探している人は、ぜひ一度オンラインカジノで遊んでみて下さい。

風営法は関係ないので100万勝ちとか狙えますよ。

 

沖ドキ南国育ちを彷彿とさせる爆裂連チャンスロット「ハワイアンドリーム」がオススメ機種です!

・リスピン(リプレイ)の連続がアツい!

・ハイビスカスが光ればボーナス確定!

・蝶々が飛ぶと、スーパーボーナスへ昇格!

・金7のアルティメットラッシュで一撃大量出玉を狙え!

 

ハワイアンドリームについて詳しく知りたい方は、こちらからどうぞ!