海沖縄5のおすすめモードは?当たりやすいのはどれか解説!

海沖縄5では、4つのモードを選ぶことができます。

海シリーズは新しくなってもモードが大きく変わらないので、安心して打つことができますよね。

そんな海沖縄5の4つのモードですが、当たりやすいモードや勝ちやすいモードがあるのかどうか?気になりますよね。

今回は、こんな海沖縄5のモードについて詳しく説明していきます。

 

【初めにこの記事の結論】

・海沖縄5では、このモードは当たりやすい!ということはありません。どのモードでも当たりやすさは同じです。

・個人的なオススメは、無駄玉を少なくできるハイビスカスモードです。

 

海沖縄5の4つのモードは全て同じ当たりやすさ

海沖縄5では、

・海モード

・マリンモード

・沖縄モード

・ハイビスカスモード

4つのモードを選べますよね。

それぞれのモードごとに特徴的な演出があり、4つの違った機種を打っているような面白さがあります。

 

打つ人によってお気に入りのモードがあると思うのですが、このモードだと当たりやすいな…と感じることってありませんか?

でも、本当は海沖縄5の4つのモードでは、大当たりのしやすさに違いはないのです。

このモードは当たりやすい、あのモードは当たらない、そんなことはありません。

ですので海沖縄5はどのモードで打っていても勝ちやすさは同じになっています。

 

モードを変えても当たりやすさや確率は同じ

Pスーパー海物語 IN 沖縄5は、大当たり確率1/319のミドルタイプです。

つまり4つのどのモードで打っても、大当たり確率は1/319で変わらないということになります。

特定のモードだけが大当たり確率が高い、ということはありません。

 

もし、当たりやすいモードがあるなら、みんながそのモードしか選ばなくなってしまいますからね。

大当たり確率は、4つのすべてのモードで共通です。

 

当たりやすさが違う気がするのは演出が違うから

4つのモードに大当たり確率の違いがないとしても、実際に海沖縄5を打っていると…

・海モードは当たらない気がする

・マリンモードだと単発ばっかり

・沖縄モードは確変モードによく入る気がする

・ハイビスカスモードだと連チャンが続く気がする

そんな風に感じることはありませんか?

 

でも、これは何となくの「気のせい」です。

たまたまそんな経験をしたことがあり自分の中でそう思い込んでいるだけです。

 

それならなぜ、当たりやすさに偏りを感じるかというと、それぞれのモードによって演出が違うからです。

演出の違いがあることが、当たりやすい!当たりにくい!と感じてしまう原因になっています。

これは、海沖縄5が大当たりする仕組みがわかっていれば、なるほど!と理解できるはずです。

 

海沖縄5は、スタートチャッカーに玉が入った瞬間に、通常確率の時は1/319で大当たりの抽選が行われています。

この抽選で当たりを引けた時、大当たりにどの予告や演出を表示させるかが選ばれます。

抽選でハズレになった場合は、ハズレの予告や演出が表示されます。(または何の演出も起こらない)

簡単ですが、これがパチンコの大当たりの仕組みなのです。

 

ここでポイントになるのが、演出が発生する前、画面に表示される前にはすでに当たり、ハズレが決まっているということです。

液晶デジタルが回転する前から、当たり!ハズレ!は、すでに内部的に決まっているのです。

予告や演出は、あくまでもパチンコの演出・見せ方の問題で、大当たり抽選には関係がありません。

 

つまり4つのどのモードを選んだとしても、パチンコ台としては1/319の抽選をしているだけです。

その抽選の当たりとハズレを、各モードごとの演出で発生させているだけに過ぎません。

だから、どのモードで打っても通常時の確率は1/319で同じなので、当たりやすさに変わりはないということになります。

 

言い換えれば、ここがメーカーさんのうまい所。

演出をどのように表示しているか?の違いだけで、打っている人に

「おっ、このモードは当たりやすいんじゃないか!?」

と、楽しめるように錯覚させているのです。

 

確変の連チャン率もモードによる違いはない

4つのモードそれぞれで、確変に入りやすいとか、連チャンが続きやすいと感じることはありませんか?

これも大当たり確率と同じで、モードによって連チャン確率(継続率)や確変突入率には違いはありません。

つまり、これも気のせいです。

 

Pスーパー海物語 IN 沖縄5の確変突入率(継続率)は、2ラウンド確変込みで60%です。

海モード・マリンモード・沖縄モード・ハイビスカスモード、どのモードを選んでも60%で確変に突入して、次回の大当たりが期待できます。

どれかのモードが連チャンしやすいとか、確変に入りやすいとかそんなことはありません。

 

この仕組みは大当たりの抽選と同じで、スタートチャッカーに玉が入った瞬間に大当たりを引いたら、その時点で通常(単発)大当たりか?確変大当たりか?が決まっているからです。

単発の場合には単発当たりの演出を、確変なら確変当たりの演出を液晶画面に表示させるようになっています。

リーチの演出や再抽選の時に、確変かどうか?を抽選しているわけではないのです。

大当たりかハズレか?も、単発か確変か?も、液晶デジタルが動き出す前からすでに結果は決められています。

 

もう一度言います。

海沖縄5の大当たり確率は1/319で、確変突入率は60%と決まっています。

これは、どのモードを選んでいても共通の確率です。

モードによって異なるのは、演出・見せ方の違いだけ。

当たりやすいモード、当たりにくいモードは、パチンコの仕組み上からはありえません。

 

リーチの信頼度と当たりやすさは全くの別物

わかりにくく誤解されやすいポイントなので、補足させてもらいます。

「海モードでの魚群予告とハイビスカスモードの満月SPリーチでは、後者のほうが熱いんじゃないか?」

という風に思う方もいるかもしれません。

この解釈は間違ってはいませんが、これは「リーチの信頼度の違い」ということですので誤解しないで下さい。

 

わかりやすく説明しますね。

リーチなどの画面に表示される演出や予告の信頼度は、スタートに玉が入って当たりかハズレか決まった時に、どれを表示させるかという出現率の割合で決まります。

ノーマルリーチが当たらないと感じるのは、当たりが決まった時に選ばれる出現率が低い割に、ハズレの時には選ばれやすいからです。

※「出現」とは、演出として選ばれる・表示されるということです。

 

魚群の信頼度が50%と言われるのは、当たった時とハズレた時、それぞれ半々で出現するからなのです。

半分が当たりが決まった後に表示される魚群で、残りの半分はハズレが決まった後に表示されるガセの魚群です。

ハイビスカスモードの満月SPは信頼度70%と言われていますが、当たり時:ハズレ時=7:3の割合で選ばれているからです。

ガセの割合が少ないってことですね。

 

思い出して下さい。

海モードで打ってもハイビスカスモードで打っても、大当たり確率は1/319になっています。

リーチの信頼度の前に、大当たり確率は同じということです。

 

いくら満月SPリーチが当たりやすいとしても、そもそも抽選に当たらなければ、大当たりに絡んだ「満月SP」リーチは出現しません。

どのリーチが当たりやすい(信頼度が高い)か?と、モードによる当たりやすさは全然意味が違うんです。

ここを誤解しないように気を付けて下さいね。

 

ムダ玉を節約できるハイビスカスモードがオススメ

ここで、僕の一番のおすすめのモードを紹介したいと思います。

そのおすすめは、ハイビスカスモードです。

 

ハイビスカスモードを打ったことがある人はわかると思いますが、このモードは大当たりを早く察知することができます。

演出の早い段階で告知が出現することが多いですよね。

ってことは、大当たりが確定した時、または大当り濃厚になったらスグに玉の打ち出しを止めることができます。

それにより、無駄玉をできる限り減らすことができるわけです。

 

実は、これって大きな意味を持っているんです。

よく全回転リーチで大当たり濃厚になっているのに、ずっと玉を止めない人がいます。

オヤジ打ちって呼んだりしますよね。

あれは、ものすごく玉を損する打ち方なんです。

 

海沖縄5はアタッカーが真ん中にあり、大当たり中も右打ちではないので大当たりラウンド中にも保留が貯まります。

つまり大当たりラウンドの前に保留を貯めておく必要はありません。

大当たり濃厚な予告や演出がでたら、そこで打ち出しを止めて玉の無駄遣いを節約するべきです。

海沖縄5に4つあるモードの中では、一番大当たりを早く察知しやすいのがハイビスカスモードなんです。

 

「そんな細かいこと気にする必要ある?」

って思った皆さん。

そんな考えでは、一生パチンコで勝つことはできません。

 

パチンコ台は、1分間に玉を100発打ち出します。

最近の台では、リーチになって大当たりしてアタッカーが開くまでに数十秒はかかります。

演出の長い機種では、1分以上のリーチなんかも珍しくありません。

 

たった一回の大当たりだったら、ムダ玉は少しの差かもしれません。

でも、1日に10回…20回と当たりがあれば、小さな節約は大きな出玉の差となっていきます。

更に一週間…一ヶ月…一年と続いていくと、カウントできないほどの大きな差になっていくのです。

金額に換算すれば数千円どころか、数万円単位の大きな差になるかもしれません。

 

小さな節約をバカにしているうちは、パチンコで勝ち続けて儲けようと思うのは難しいです。

保留ランプが満タンになっても、打ちっぱなしにしている人にも同じことが言えます。

 

だからこそ海沖縄5ではいち早く大当たりを察知できるハイビスカスモードで打つことがオススメなのです。

早く大当たりに気付ければ、打ち出しを止めて無駄玉を減らすことができます。

そう考えると、ハイビスカスモードが4つのモードの中で一番「勝ちやすいモード」って言えるかもしれませんね。

 

【結論】海沖縄5はモードに関係なく良く回る台を打つ

僕はハイビスカスモードをオススメですが、通常の魚群が見たい!と言う人は海モードで打てばいいと思います。

マリンちゃんが好きな人は、マリンモード。

賑やかな演出とシーサーが好きなら、沖縄モードがいいでしょう。

と言うわけで結論としては、海沖縄5ではどのモードを選んでも当たりやすさは変わらないので、好みのモードを選べばOK!ということになります。

 

それでもどのモードで打つか悩む場合は、釘が良くてぐるぐる回る台を打ちましょう。

モードの違いではなく、釘の違いで台を選ぶのです。

千円あたり平均18回しか回らない台と、千円あたり平均22回まわる台を比べれば、当然22回まわる台のほうが勝ちやすくなりますからね。

海沖縄5ではモードではなく、釘が良くてたくさん回る台選ぶようにしましょう。

↑遊雅堂は、運営会社があのベラジョンカジノと同じ。

もちろん、ハワイアンドリームシリーズも遊べます。

特徴は何と言っても、日本円がそのまま使えること。

わずらわしいドルに換金しなくていいので、為替を気にすることなく気軽にプレイできます。

今なら登録時に3,000円プレゼント!

↓ハワイアンドリームがより荒波になった「クリスマスversion」が登場!

ハワイアンドリームのクリスマスと通常版とのスペックの違いを比較してみた

↓ディーチェなら合法的に景品交換ができる!