パチンコやスロットで1日の最高負け額は?今まで大負けした体験談のまとめ

2020年7月12日

【スマホからリアルマネーで勝負できる!】

人の不幸は蜜の味…元パチ屋店長の”ななしー”です。

今回は、大人気の「パチ&スロで負けた体験談シリーズ」です。

今まで過去最高で、パチンコ・スロットで1日最大いくら負けたか?という”大負けした体験談”を集めてみました。

 

・あなたの今までの最高負け額はいくらですか?

・その大負けした機種は何ですか?やっぱりゴッド系…?

 

こんな自分がボロ負けした時に気になる(笑)、他人の最高負け額についてご紹介しますね。

  ハワイアンドリームの遊び方はこちらからどうぞ! 姉妹サイトパーラーオンラインカジノもよろしくね!

パチンコのフルスペックやスロットの4号機は大負けする

他の人がパチンコ・スロットで大勝ちした自慢話はムカつきますが、なぜか大負けした話だと気になるのは僕だけ?

 

さて、今のパチンコ&スロットは、そこまで大負けすることは少ないです。

パチンコもフルスペックがなくなり、スロットは6号機時代に突入ですからね。

でも、フルスペックパチンコや4号機スロットの時代は、マジでヤバかったですよ。

大勝ちする反面、大負けすることもあります。

 

10万負けは聞いたことありますが、15万負けはさすがにないと思いますよね?

20万負けって、1日パチンコ打ってもそこまで使いきれないから無理と思いますよね?

いや、甘いです。

あなたの想像を超えた、最高負け額の口コミもあります。

4号機を知らない人たちには、ぜひ読んでもらいたいですね。

 

パチンコで8万円大負けしてボーナスが一瞬で消えた

50歳男性です。

パチンコ歴は30年になります。

今までのパチンコ人生で、一番やられた金額は8万円です。

色んな機種を打ちまわったので、どれが一番負けた台なのか覚えていません。

 

会社のボーナスが支給されて、すぐにパチンコを打ちに行ったのですが、まさか1日でこれだけ負けるとは思いませんでした。

この8万円の大負けは今までの最高負け額となり、ボーナスが一瞬でほとんどなくなったとが記憶に残っています。

 

当時、1日平均5時間以上パチンコを毎日していた時代でした。

日々、勝ったり負けたりの繰り返しでしたが、さすがに1日でこれだけ大負けたしたのは後にも先にも初めてです。

趣味の範囲でパチンコをしていたのですが、1日で8万円も負けてヤバかったです…。

 

私は性格的に熱くなりやすいので、出るまで深追いしすぎたのが大負けしてしまった原因だと思います。

パチンコにはいくら持って行けばいいのか分かるようになり、勉強になった日でもありました。

それ以降は、パチンコには2万円までしか持って行きません。

 

これからもパチンコを楽しんでいくために、予算以上に使わないようにして遊んでいきたいと思っています。

8万円も大負けした記録は忘れることなく反省して、これからはパチンコで楽しく遊べるように心がけていきたいです。

今後は、この8万円の最高負け額を更新しないように気を付けます。

 

 

 

1/496の大ヤマトで10万円も負けたのが人生最高負け額

分は、現在31歳男でパチンコ歴は12年のものです。

今までのパチンコで、1日で1番負けた最大金額は10万円です。

 

10万円もパチンコで大負けしたのは今から11年前で、打った機種CRF大ヤマト2ZFいう台です。

今ではもうない、約500分の1で大当たりするフルスペックのパチンコ台です。

この10万円大負けした数週間前に、この機種で人生最高記録の1日で15万円の大勝ちがありました。

その時の感覚が忘れられずに、また同じ店に10万円持って勝負しに行きましたが、逆に人生最高で負けた金額になってしまいました。

 

その日の1日の結果は、約1,900回転ほど回して大当たり0回でした。

これってすごい記録ですよね・・・(苦笑)

打ってる最中は、「さすがにもう当たるだろう・・・」という気持ちで一万円札をずっと投入していました。

1,000回転まわした時点で「いくらなんでも当たるだろう」と思ってましたが、そのまま熱くなって持ってきたお金10万円をすべて使いました。

 

同じ台があと4台あって、自分以外の台は大当たり回数が何回もあり箱を積んでいました。

それに数週間前に15万円も大勝ちしたことで、なぜか「まだ取り返せる!」と勘違いして打ち続けましたが、結局は1回も当たることはありませんでした。

 

朝一から行って、夕方前には家に帰宅していたのを覚えてます。

1回も当たらずに10万円負けて家に帰るのは、さすがにすごくショックです。

当時学生でしたが、頭がボーっとして授業やバイトに全然やる気がなくなってしまったのを覚えてます。

それからは、パチンコ屋に行く時は一万円以上は持って行かず、キャッシュカードも家に置いてパチンコ屋に行くようにしてます。

 

 

最高負け額は新台の初代CR牙狼で大負けたした10万円

40代女性です。

パチンコ・パチスロ歴はトータルで15年くらいです。

勝ったり負けたりのパチンコですが、まず1日で最高に勝った金額は14万円です。

その頃は海物語シリーズが全盛期で、箱をたくさん積み過ぎて逆に恥ずかしい思いをしたことを覚えています。

 

新台入替などを狙ってよくパチンコ屋に通っていましたが、負けても2~3万円くらいが普通でした。

パチンコで勝ったら、その勝ったお金がなくなるまではパチンコ屋に通うので、結局はトータルとしては負けてしまうのです。

 

ある日新台入れ替えで、朝から並んで整理券を取り準備万端でした。

周りの人も「今日は勝つ!」という感じでした。

その日は、新台の初代CR牙狼を打つことに決めていました。※大当たり確率1/397、連チャン率82%

 

なんとか、新台に座れてスタート。

大体、いつもは予算いくらまでと決めていますが、その日に限って財布に10万円を持参して参戦。

今までは、5万円ぐらい打って出なければ泣く泣く諦めていましたが、新台なので「今日こそは出す!」という気持ちでいっぱいでした。

 

3万くらい使った時に確変が当たりましたが、すぐに終了。

その後も1,000回までは回さないものの、鳴かず飛ばずで見せ場なく終了。

 

気が付けば今までの最高負け額である、その日1日で10万円ほどの大負けでした。

もうずいぶん前の経験ですが、パチンコに行って所持金10万円ぜんぶ負けた、今でも忘れられない苦い思い出です。

 

 

ハネモノのたぬきち君で10万円ボロ負けしたのが1日の最高負け額

40代男性パチンコ歴は20年です。

15年ほど前の当時、ハネモノの機種でたぬきち君と言う台がありました

この機種で一番ボロ負けした金額が1日に10万円で、これが今までの最高負け額の記録です。

その負けた時の僕の心境は、まだ学生だったので貯金が無くなってかなり凹み、とてもむなしい気持ちだったことを覚えています。

 

しかし、ただ負けるだけのやられっぱなしが嫌だったので、その後はパチンコの研究を重ねて、自分なりに負けない打ち方を実践するように努力しました。

そして、今までいくら負けたかをしっかりと帳簿を付けて、これまでのトータルでは20万円ほどの負けで収まっています。

 

今、ハネモノで10万円もボロ負けした当時の気持ちを考えると、今でも嫌な思い出として心に残っています。

いくらハネモノでも、熱くなって勝負するのは良くないことも学びました。

 

 

北斗の拳で1日で10万円負けてスロット人生最大の負けを記録

30代・女性

私が今までで一番パチンコで負けた金額は他の皆さんに比べれば大したことないかもしれませんが、1日でピッタリ10万円です。

これが、私の今までの最高負け額です。

 

私が10万円も大敗したのはもう5年ほど前で、当時はスロット北斗の拳が人気だったころでした。

会社の先輩に連れて行かれてからスロットにハマってしまい、当時が一番打ち込んでいた時期でした。

毎日打ちに行っても、スロットが楽しくて仕方ないぐらいハマっていました。

 

こんな私にある日思いもよらない臨時収入があり、気持ちが大きくなっていたのかもしれません。

その臨時収入を握りしめて、休みの日にケンシロウに会いに行きました。

そして、朝一番からスタート。

 

しかし、その日の私のケンシロウは弱いのです。

なかなか物語が進みません。

誰も倒せません。

 

今まで私は北斗の拳とは相性が良かったのですが、今日に限っては良いとこなしです。

それを察して止めればよかったのですが、つい熱くなってムキになってしまい、どんどんスロットにお金を注ぎ込んで行きました。

台を何台か移動しながら頑張ったのですが、こういう日に限って本当に不調で良いとこなし。

 

今思えば、スロットの機種を変えるなり止めるなりすればいいだけの話なんですが、その時はそれができませんでした。

そして、その結果として10万円もの大負け。

これが、私の中でのスロット人生最大の大敗記録になりました。

今でも忘れられない、大負けした最低な1日でした。

 

 

初代パチスロ吉宗で1日で最高負け額20万のワースト記録

私は現在45歳の男性会社員で、スロット歴は24年になります。

スロットで過去最高に負けた金額は、今から13年前に1日で負けた25万円が最高記録です。

そんな私に大負けをさせた機種は、4号機の初代「パチスロ吉宗」。

 

パチスロ吉宗は、1回のビッグボーナスが711枚という大量の出玉のうえ、ビッグボーナス中に最大5連チャンが確定するという、それは大変爆発力のある魅力的な機種です。

しかしその半面ハマりも強烈にエグいですが・・・。

私が通っていたホールは、メダル交換率が5.5とかなりいい条件でしたので、よく万枚オーバーを出して20万近く稼いだこともあります。

 

その1日で25万円もボロ負けした日は、毎月恒例のイベントの日で開店前から長蛇の列ができていました。

出遅れた私は、なんとか1台だけ空いてたパチスロ吉宗の席に着席。

開店の音楽と同時に、期待しながら打ち始めました。

 

ところが、一向にボーナスの前兆演出に入りません。

激熱の演出や鷹狩り演出でもスルーをし、気がつけば天井直前までノーボーナスで来ているではありませんか。※天井は1,921ゲーム

今までなら1回くらいはBIGボーナスを引いていたので、さすがに焦りが止まりませんでした。

そして、そのまま天井直前でレギュラーを引き、私は次第にイライラし始めました。

 

台移動するにも満席のため、そのまま諦めて打ち続けた結果が20万と言うボロ負け。

いままで負けても最高5万ほどだったので、さすがに20万負けはショックが大きすぎました。

もちろん、パチスロ吉宗でのワースト記録の更新です。

 

いくら大負けしたからといっても、このまま帰るのは納得できなかった当時の私。

キングパルサーで少しでも負けた金額を取り返そうとしましたが、返り討ちに遭いさらに5万の負け。

こうして1日で25万も大敗し、これが私のスロット人生最高の負け額となりました。

 

 

ハーデスで朝一天井到達した13万円の大負けが1日の最高負け額

51歳の男、会社員です。

私のスロットの最高負け額は、47枚貸し出しのホールで1日で13万円です。

 

それは、一昨年の年末でした。

いつも行っているマイホに、土曜日の朝一で突撃。

理由は、前日の閉店でハーデスの880Gヤメがあると分かっていたから。

 

そのホールはぼったくり店で、スロットは基本毎日据え置き。

880Gから、天井ハーデスを目指したのです。

 

当日、400Gを過ぎてもヘルゾーンに入らなかったので、安心して天井狙いを継続。

しかし、3万円を打ち込んでも天井は発動せず…。

どうやら、リセットされていたようでした。

 

結局「オハ天」。

投資6万円でハーデスが出てきて、お決まりの100G。

消化中に上乗せしたのは、わずか10Gでした。

朝一から天井に到達したのは、自身初の記録でした。

 

「もしからしたら設定上げかもしれない」と、かすかな期待を胸にプレーを続行。

2回目以降は天井に到達することもなく、何度か当たりを重ねましたが出てくるのは全て犬。

ゲーム数は、50Gや70Gばかり。

だんだん意地になってきて、財布の中身を確認しないまま投資を繰り返しました。

 

そして夕方、トイレにこもって財布を確認すると、朝コンビニで下した20枚の諭吉がなんと7枚に…。

ハーデスで13万円も大負けしていることに気が付いたのは、その時が初めてでした。

しかも、それまでの最高負け額だった11万円を2万円も更新。

急に我に返って、トイレの中で全身の力が抜けました。

 

その後、ヤケになって焼肉を食べて帰宅し、風呂に入ってすぐに寝たのを覚えています。

2度とGODシリーズは打たない!と誓った1日でした。

 

 

ハーデスで天井目前に犬x2回で13万円の史上最大の負け額を記録

50代・男性、パチンコ歴は36年になります。

私が今までスロットを1日打って大負けした最大の金額は13万円です。

その機種の名は、アナザーゴッドハーデス。

天井手前の1,400ゲーム前後で、ワンちゃんを2回連続でやられました。

 

途中で自分が一体いくら負けているのか、その金額すら分からなくなるくらい冷静さを失ってしまいました。

今までに一日で10万円以上も負けたことは一度もなかったので、このハーデスの13万円負けが、自分のパチンコ・パチスロ史上最大の負け額となっています。

「記録は常に破られるためにある」なんてよく言われますが、この大負けした記録だけは一生塗り替えたくないものです。

 

今までどんなにスロットでアツくなっても、5~6万円くらいしか負けたことがなかったです。

しかし、この日は前の日に勝った22万円がそっくりそのまま財布に入っており、1万円札が千円札のように感じておりました。

完全に金銭感覚がマヒしていたと思います。

 

1,000ゲームを超えた頃には、

「当たるな!当たるな!天井まで行って恩恵を受けたい!」

という、スロットで負ける人の典型的な思考になってしまい、打っても負けると分かっていながらやっちゃいました。

 

このハーデスでボロ負けして以来、ゴッド系は一切触っておりません。

これからも触りませんし、触りたくも見たくもありません。

 

 

ATMを往復してミリオンゴッドなどで負けた14万円が最高負け額

40代・男性・パチンコ、パチスロ歴約30年。

私の今までのパチスロ歴の中で、1日の最高負け額は14万円です。

それまでは最高に負けたとしても、1日最高2~3万円ってとこでした。

 

それは、今から20年くらい前の話です。

その日に限って、頭に血が上ってしまったのでしょう。

その日に嫁へ渡すつもりだった生活費も、ごっそりスロットで負けてしまいました。

 

1日の負け額の記録を更新した内容は・・・

沖スロのハナハナで負け、さらに取り返そうとビンゴ、トドメで初代ミリオンゴッドに手を出してしまったからです。

だんだんと打つ機種が過激になっていく、まさに大負けするパターンですね・・・。

 

いくらお金を使ってもコインは飲まれていくばかりで、当たるビッグボーナスも単発止まり。

ホールの近くにある銀行のATMを、幾度となく往復しました。

 

今思えば初めの沖スロを打っていた時は、幸先よく2,000円でビッグボーナスを引き当てました。

直ぐに連続でボーナスが来たのですが、レギュラーボーナスの3連続。

その頃から、大負けするイヤな予感はあったようです。

 

しかし休日の午前中だったこともあり、暇な時間はまだまだありました。

そのうちビッグボーナスの連チャンが来るだろうと、粘ってしまったのが全ての敗因です。

 

そこのホールはそれなりに遊べるホールでしたが、生活費を含めた全財産14万円を全てを失い、廃人状態で家に帰りました。

今思い出しても、どうやって帰ったのか記憶がありません。

家に帰って嫁にパチンコでボロ負けしたことを平謝りをしましたが、やはり逆鱗に触れて小遣いを大幅カットされてしまいました。

 

 

【まとめ】4号機時代のパチンコやスロットなら1日で10万円は余裕で負ける

改めて、フルスペックのパチンコや4号機のスロットのヤバさを再認識しました。

これなら、出玉規制されて当然だと思います。

10万ぐらいなら、余裕で負けられるスペックですね。

僕は、その当時釘や設定をやっていたので、お客さんの大負け&大勝ちをよく目撃したのを覚えています。

 

ひと言ずつ、コメントします。

 

まずは、スロットの初代吉宗。

4号機の吉宗で1日勝負するなら、10万円では軍資金は足りません。

天井が深すぎで、またBIGとREGでは天と地ほど差があります。

この機種で最高負け額を達成した人や、大勝ちした人もたくさんいますよね。

ゴト師にも、よく狙われた台でもありました。

 

初代ミリオンゴッドもヤバいです。

通常時は、リプレイしかほぼ小役が揃いませんでコイン持ちが激悪。

右手で打ちながらも、左手は常にコイン貸し機にお札を投入している状態です。

両替機をすぐに”札切れ”にする機種でした。

 

GODが揃えば5,000枚確定は、今思えばキチ〇イですね。

検定取り消しになるのも、うなづけます。

ミリオンゴッドも、予算10万円では勝負できません。

吉宗以上に最高負け額を更新できる台です。

 

CR大ヤマトの1/496は、僕は当たる気がしません。

ヒキ弱の僕には、こんな確率を当てる自信がないです。

1,000回ハマりしても、まだ2倍ラインですからね…。

ホールのデーターカウンターには、1,500回転まわってる台が普通にゴロゴロしてました。

 

初代CR牙狼も人気でしたね。

短時間での連チャンがすさまじいですが、その反対に連チャンしなければたくさん負けられる機種です。

1/397の大当たり確率は、やはりそうそう引けるものではありません。

当たってもそこから更に50%の確率で、時短である魔戒チャンスを引かなければいけませんからね。

実質1/800を当てなければこちらも大負けする台です。

 

パチンコは、スロットと違って同じ千円でも回せる回転数が違ってきますので、釘が悪いと余計に大負けする可能性が高くなります。

また、スロットなら1時間で600回転ぐらい回せますが、パチンコは300回転前後が限界です。

つまり大ヤマトで1,900回転ハマった人は、約6時間ぐらいひたすら現金投資しながらデジタルを回していたわけです。

かなりの精神力の持ち主と思いますよ。

 

いずれにしても、冷静であればパチンコやスロットで10万以上の大負けはしません。

アツくなって金銭感覚がマヒし、後先考えずに突っ込んでしまうんですよね。

ふと冷静になり我に返ると、大負けしていることに激しく後悔する。

 

「もう2度とパチンコ・スロットなんかやらない、もう今日でやめた!」って、反省するわけです。

で、次の日になると「昨日の負けを取り戻すぞ!」ってホールに向かう(笑)。

まさに”養分”です。

これを借金してまでやると、ギャンブル依存症確定です。

 

ちなみに僕の最高負け額は、スロットのピンクパンサーの8万負けです。

この記事を読んだら、8万負けぐらいでは負けとは言えなくなってしまいました。

次回からは、10万円以上の大負けを”ボーダーライン”として、体験談を募集しようと思います。

 

あなたの大負け記録も、コメント欄から自慢して(?)下さい(笑)。

コメントのみで送信できます。

 

また、10万円以上ボロ負けしたコメントありがとうございます。

中には、最大の負け額が20万円以上のコメントもありますね。

恐ろしいです…。

 


↑全国のセブン銀行ATMからのご利用が可能!

沖ドキや南国育ちを彷彿とさせる爆裂スロット、ハワイアンドリームはこちらからどうぞ! 

今なら登録無料で30$ボーナスがもらえる!

姉妹サイトパーラーオンラインカジノもよろしくね!