パチスロで270万円溶けて破産寸前の実話や体験談!辞めたいけど具体的な方法は?


スポンサーリンク


・・・こんちわ。

今回は、僕のちょっと恥ずかしい過去のお話をします。

 

でも同じように悩んでいる人の、役に立つかもしれません。

パチンコ屋のお盆のボッタクリ営業で、コテンパンにやられて途方に暮れているあなたは必見です(笑)

 

話の内容を要約しますと・・・

・若い頃、連日のパチスロ生活で貯金300万円を溶かしかけた

・破産寸前まで行ったけど、そこからパチスロを辞めることができた

・「勝てるかもしれない」という期待を持たないようにすることが重要

 



パチスロで破産しかけた実話な体験

僕は若い頃・・・と言っても、20代~30代なんですけど。

ええ、毎日毎日毎日毎日パチスロばっかり打ってました。

 

まだまだ僕も初心者?のレベルで、オカルト友達と過ごす日々。

バイトすらしていなかった、言わばダメ人間でしたね~もちろん実家暮らし。

あ~今思えば恥ずかしい。

 

打っていた機種は、4号機のニューパルサーやクランキーコンドルなど、リーチ目搭載機の最盛期でした。

懐かしいですね~。

この時代の名機は、今でもリメイクされてホールで活躍していますね。中身はかなり違いますけど。

 

で、毎日オカルト打ちでパチスロやってたら、およそ3年ぐらいで貯金300万円あったうちの270万円を溶かしました。(汗)

これは実話ですよ。さすがに負け過ぎですよね。

 

ある時は、1日7~8万円負けた日は「もうパチスロ辞める」って決心しても、翌朝には開店前のパチ屋の列にならんでますからね~(笑)。

もう当時の僕は、依存症?だったんでしょうか。

 

 

パチスロで負け組から勝ち組へ

ここまで負けまくった僕は、真剣に考えました。

この先、一体いくらパチスロで負けるのだろうって。

 

このままパチスロを打ち続けたら、間違えなく破産して借金生活に突入です。

実家暮らしなので、そこまで追い込まれている感じがしないんですよね。あ~ダメ人間。

 

パチスロを何度も辞めようと思いましたが、やっぱり辞められない。

時間が経つと「今日は勝てるかも!」と期待して、またパチンコ屋に行ってしまうのです。

皆さんもこの気持ち分かりますよね?

 

で、僕は考えたのです。

どうやったらパチスロで勝つことができるのだろうか?って。

この場合の「勝つ」とは、1日単位で勝つのではなく、1年などの長期間のトータルで勝つことを指します。

 

結果から言えば、僕は負け組から勝ち組へ転身することができました。

 

・完全確率論を理解する

参考記事

パチンコは波理論では攻略できないって本当?嘘や詐欺なのか店長が考えてみた

 

・換金手数料を理解する

参考記事

パチンコで儲けるためのたった2つの方法とは?プロの立ち回り方って?

 

大きく分けてこの2つですね。

パチンコやパチスロで、勝ち組に入るために必要なことは。

スポンサーリンク

 

パチスロで負けた金額を取り戻した

初めはオカルト万歳な僕だったので、この思考から抜け出すのには少々時間が掛かりました。

でもやはり正しい勝つ立ち回り方をしていれば、結果はおのずとつい来ます。

その後の1年で、まず収支が200万円ほどプラスに。

 

そして2年目で、今までの生涯の負け額を取り戻し、ついに勝ち組に入ることが出来ました。

いや、もう破産寸前からよくここまで立ち直れたなって、自分のことながら思います。

今思っても、これが人生で一番頑張ったことかも(笑)

 

現在はパチスロは打ってません

こんな破産寸前から、勝ち組へ入れた僕ですが、ここ最近はほとんどパチンコ店に行ってません。

情報収集や付き合いでは行きますけど、勝負しようとか儲けようとしては行ってないですね。

だって勝てる気がしないからです。

 

今までは、オカルト打ちで何万円負けても「今日こそは勝てるかも」って期待感が生まれていました。

でも今は、下見もせずに飛び込みで見ず知らずのホールに行っても、勝てるという気が全くしないのです。

設定状況やイベントの信頼度が分かりませんからね。

 

このように「勝てる気がしない」というパチスロに期待がなくなると、もう行く気がしなくなるのです。

結果、パチスロを辞められました。

 

別に辞めたくて辞めたわけではないですが、将来考えたらパチスロで生計を立てるって不安ですからね。

現に、近年は規制の強化でこの有様です。

 

あと早い時は早朝5時ぐらいからパチンコ店に並んで、閉店まで休憩無しでブン回します。

これ、絶対に体を壊すし、長年できることではありません。

腰は痛くなるし、空気は悪いし、目は疲れるし、肩こりは酷くなるし・・・

 

↑確かにこれは一理あると思います。

自分の意志ではなかなか辞められないのが、ギャンブルの怖さ。

なので僕は、「辞める」ということよりも「負けを減らして勝ちを増やす」という方法を選びました。

 

パチスロを辞められた方法は?

このように僕がパチスロを辞められた理由は、「勝てるという期待がなくなったから」です。

心底、今の僕では「勝てない」と思っています。

※パチスロ業界自体が勝てないと言っているわけではありません。

 

もちろん下調べや情報収集などをすれば、今からでもパチスロを打ちますが、先程も書いたように飛び込みでポッと行ったホールでは勝てる気がしません。

今は仕事も忙しいし、仕事帰りの数時間で打っても勝てる気もしません。

正直、そんな体力もないです(笑)。

 

ギャンブルって口では何だかんだ言ってても、心の底では「勝てるかも」っていう期待があるからこそ、お金を掛けるのだと思います。

本当の依存症の人は、勝ち負けよりも「大当たりが見たい。ドキドキしたい」という欲求が強いと聞きますが、僕は専門家ではないのでこの辺りは割愛します。

 

このように僕は、正しい勝てる打ち方・立ち回り方を理解できたので、勝てない条件下ではパチスロに全く魅力を感じなくなりました。

結果、負け過ぎの破産寸前の状況から辞めることができたのです。

 

これは僕の体験談からの実話ですが、もし「パチスロを本気で辞めたい。辞め方が分からない」という人は、参考にしてみて下さい。

またコメントやメールをくれれば、できる範囲でお答えしますよ。

本当にあのままオカルトで打っていたら、間違えなく貯金は破産して借金地獄へ突入していたと思います。

 

パチンコやパチスロの生涯負け額は?総額でトータルいくらすった?

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。