スロットの目押しができなくなった!その原因や対処方法の口コミまとめ

フィーバー!

ビタ押しの目押しができなくなった!と思ったら、そもそもビタ押しは元々できなかった、元店長の”ななしー”です。

 

今回は、そんな?スロッターなら誰しも一度は経験がある「目押しができなくなった!」という体験談です。

目押しができなくなる原因は様々ですが、そんな時の対処方法なども併せてご紹介します。

 

目押し復活の参考になれば嬉しいです^^

 




目押しができない原因はドライアイ!対処方法は目薬と仮眠

47歳 女 スロット歴14年

毎日、パソコンを使う仕事をしているせいで、オフの日にもかなり目の状態が悪い事が頻繁にあります。

休みの日に朝から大好きなスロットを打ちに行き、何時間か打っていたら急に目押しができなくなった事が何度もあります。

 

その原因は、間違いなく持病のドライアイです。

仕事で目を酷使した事で疲れがたまり、更にスロットの目押しでも酷使したのが原因です。

目押しができなくなったその日は、目を開けていても眩しくて涙が止まらないし、光るもの自体を見るのが辛いぐらいでした。

 

そんな私の目押しができなくなった時の対処方法としては、目薬をさして仮眠をすることです。

朝から良さそうな台に座れた日は、一旦休憩を取って日頃から愛用している目に乗せ温める商品の「めぐリズム」を使って、車の中で横になり仮眠を30分。

目を休ませホールに戻りました。

 

そしたらだいぶ目の状態は良くなり、目押しもできるようになりました。

一番の対処方法は、やはり目が疲れている時は無理にスロットを打ちに行かず、目を休ませるのが良いと思います。

最高のコンディションで打ちに行った方が、目押しの正確さも確実です。

 

 

目の病気が原因で目押しができなくなった

年齢38歳、男性、スロット歴は18年。

スロットの目押しに関しては、現状では目押しができるレベルだと思っています。

 

私自身、一度眼の病気をしたことがあります。

その時からピントがうまく合わずに、目押しがうまくできなくなったことがありました。

一度は病院に行ってみてもらいましたが、原因としては目の神経麻痺のよるものでした。

一応、目薬程度は処方されましたが、それでもうまく視点が合わず目押しができません。

 

自身で、いろいろ対処方法を探してみました。

たどり着いたのが、まずはメガネの調整でした。

メガネを調整することで少しは改善し、ピントが合うようになったのです。

 

しかし、それでもまだ以前に比べてうまく目押しができませんでした。

そこで2か月から3か月ほど、眼の体操も取り入れてみました。

この体操によって、眼の動きがよくなって来たのです。

 

それだけではなくて、病院で処方されいない目薬(市販のもの)も使用しました。

そうすることで、目押しができるようになって来たのです。

 

まだ、時々目が疲れることがありますが、自身で眼の体操をすることですぐに改善します。

 

 

出産により視力と集中力が落ちたのが原因

39歳 女性 スロット歴10年

スロット自体は長年やってきましたが、途中出産育児を挟み、スロットを打ちに行くことができない期間がありました。

産後で視力が落ちていたのと、加齢のためか視力が落ちているのは感じていましたが、それでも目押しは何とかできていました。

 

けれど、急にストップボタンを押すまで時間がかかるようになってしまいました。

リールが回るのを何周か目を凝らし、ようやく第1、第2停止と押しても、特に第3停止が上手く止められないことが増えました。

 

昔は、目押しができない時は店員を呼べばやってもらえましたが、今は店員の目押しは禁止です。

目押しができないと、その分コインを無駄に使うので困りました。

 

目押しができなくなった原因は、単純に視力の低下もあるとは思います。

しかし私の場合は、それ以前にスロットに対しての集中力が減ったことが原因ではないかと思います。

睡眠不足だったり、「時間までに帰らないといけない」と他のことを考えたりするようになり、昔のように情熱を注ぐことができなくなったのが一因かと思っています。

 

これらの対処方法としては、視力低下については眼鏡を持参することです。

集中力については、時間に余裕があり気持ちが落ち着いている時に、スロットを打つようにしています。

 

 

スポンサーリンク

 

ホールの照明の暗さも目押しができなくなる原因

39歳 女性 スロット歴4年。

突然、目押しができなくなることがたまにあります。

自分が思う原因は、やはり目の疲れだと思います。

目押しができなくなる時は、決まって長時間連続で打っている時だからこう考えました。

 

目押しができなくなった時の対処方法は、まず休憩を取ること。

食事してから30分程度、目を閉じて休みました。

すると、意外と目の疲れが回復しました。

目押しできなくなって来た時の、対処方法としてはオススメです。

 

他の目押しができなくなった原因として、スロット店の照明の暗さもあるような気がします。

店内は薄暗く、スロット台が煌々(こうこう)としているのは目に刺激的です。

ずっと見ていると、段々はっきり見えるようになって来ますが、それを通り越すと逆に見えなくなってしまうような気がします。

照明の暗さも、目の疲れに繋がるような気もします。

 

ともあれ、スロットを長時間連続で打つことは避けて、適度に休憩を入れることが一番かと思います。

 

ここぞという所で目押しできないと思った時は、店員さんに頼ったこともあります。

今は禁止なのに、女だからやってくれたのか?

ただ、失敗してももちろん文句は言えません・・・。

 

 

対処方法は椅子の高さを調整して休憩する

43歳女性、18歳からスロットを打っているので、スロット歴は25年近くなります。

基本的には問題なく目押しができますが、まれに目押しができなくなった!という現象が発生します。

他の方も、きっとこんな経験があることでしょう。

 

そんな時の私の場合は、

「椅子の高さが違う」

「長時間スロットを打って目が疲れている」

「初めて打つ機種である」

などが原因です。

 

こんな時の対処方法として、まず椅子の高さを調整してから、いったん店の外に出るようにしています。

そのまま打ち続けていても、なかなか復活しないからです。

目が疲れると、どうしてもリールを追えなくなってしまいますよね。

 

また「目押しがうまくいかない!」と思うと、気持ちが焦り出します。

目押しができなくなってコインを無駄にするよりは、一度休憩して気持ちをリセットするのも大切です。

外の空気を吸って気分転換することで、落ち着くことがありますよ。

 

 

久しぶりに打つとリールが早くて目押しができない

38歳男性。

スロットは、大学生の頃から始めて17年ぐらいになります。

 

突然、目押しができなくなった経験が何度かあります。

その1つの原因として、久しぶりに打ちに行った時にリールの回転に目が慣れず目押しができなかったことです。

何とかBIGを揃えられたのですが、その後は目を慣らす為に、通常時でも7やベルを揃えようと練習しながら打ち続けました。

その結果、打っている途中から目が慣れてきて事なき終えました。

 

そして2つ目の目押しができなくなる原因として、あまりにもスロットでハマりすぎて集中力がなくなることです。

取り憑かれたかのようにボタンを押し続けた結果、入った時にはすでに目がおかしくなっており揃えることができなかったことです。

その時の対処方法として、一回席を外しました。

スロットの光から目をそらすことで視力回復?ができ、次に席についた時は難なく揃えられた経験があります。

 

結局は、目押しができない原因は動体視力が疲れていた結果だと思いますので、目を少し休ますことで回復できたと思いました。

 

まとめ

やはり「眼の疲れ」が、目押しができなくなった原因の一番ですね。

スロット自体が眼を酷使しますので、適度な休憩が必要だと思います。

スロットの打ち過ぎで、眼の病気になったっていう人もいるぐらいですから。

 

長時間座りっぱなしでスロットを打つと、眼だけではなく腰や耳もやられます。

僕はトイレ行く時は、わざとホール内を大回りして、かつ店外まで出て散歩してから席に戻ります。

確かに時間効率は悪くなりますが、疲れがたまって、翌日朝から勝負ができなくなっては意味がありません。

若いうちはいいですが、歳を取ると眼や腰はモロに影響が出ますよ。

 

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。