1円パチンコは予算いくらぐらいで打つ?軍資金の平均金額は何円?

フィーバー!

最近、1円パチンコのあまりの回らなさに閉口している、元店長の”ななしー”です。

 

今回は、皆さんの「1円パチンコの予算」について声を集めてみました。

他の人は、1円パチンコの軍資金の平均予算は、一体いくらぐらいなのでしょうか?

 

早速行きます。

 




予算は3千円

わたしは、基本的に1円パチンコは1/100以下の台しか打たないので、軍資金は多めにみて3千円。

基本的には、千円〜2千円の予算と考えて打ちます。

 

主に打つ機種は海物語で、その中でIN沖縄シリーズやアイマリン、桃太郎電鉄を好んで打ちます。

単純かつ分かりやすく面白い、そして当たりがやはり軽いと感じるので海物語以外の機種は打ちません。

 

しかしこういった甘デジでも、極端なハマりや釘が悪いなどの理由から、200玉中、1玉も入らないなんて事もあります。

そういった意味合いで、最低の遊べる金額として3千円と決めています。

 

予算がいくらあっても当たらない、元がとれないのなら1円パチンコはしません。

確変が何回も続くような台だとあっという間に元以上とれますが、単発続きの台では使った分が戻ってくるどころかマイナスになってしまいます。

3千円以上使うなら4円パチンコ、20円スロットとというように自分の中で見切りをつけています。

 

予算は1万円まで

1円パチンコの軍資金は、8,000円の予算を目安にしていますが、打つ台によって予算は変えています。

海物語の甘パチや各メーカーの甘パチ以外の時は、いくらか金額をプラスしていますが、1万円を超えることはありません。

 

最近は、1円パチンコでも1万円以上負けるケースがあるので、自分で予算をしっかり守りダメだったら2円や4円に変えるなど、その日毎に工夫しています。

その理由は、1円パチンコの投資とリターンのバランスを考えているからで、1万円以上使ったら負ける可能性が大です。

 

数年前の1円パチンコと、状態は全国的に変わっています。

7年前くらいは5,000円の予算でも十分遊べましたが、最近はこの金額だと一瞬でなくなるケースがあります。

そのため、いくら使うかはその日の状態を見ながら慎重に決めています。

 

 

朝一からなら予算は5千円

私がよく打つ機種は、めぞん一刻です。

朝一から行くときは予算は5000円、昼や夜から行くときは予算3000円と決めています。

1円パチンコの話です。

 

いくら勝ってるかどうかでやめどきを決めてますので、千円くらいの金額を勝ってればやめてます。

1円パチンコの軍資金は、私の考えでは5000円くらいがボーダーラインだと考えています。

 

ミドルですら、最近の機種は続きません。

万発なんてよっぽど出ません。

甘デジで500ハマって終わることも多々あります。

 

めぞん一刻は私の地域ではよく回る台が多いので、投資を少なくして当たりに早くたどり着きやすいです。

5000円使って勝っても、3000円使って勝っても、勝ち額はあまり変わらないのも現実です。

 

軍資金は3千円

昔のように「パチンコで勝つ」ということは難しくなってしまっているので、現在は1円パチンコでチビチビと打っています。

その軍資金もいくらくらいかというと、1回パチンコへ行くと3000円。

これ以上の投資は、たとえ当たっても回収しきれないため、この金額を上限と決めて遊んでいます。

 

昔のように1日でウン十万とか勝てるのであれば、予算を増やして投資しても良いのですが、今のパチンコ業界の状態からするとこれ以上の投資は怖すぎます。

打つ機種についても、1円パチンコにも関わらず、1/99程度の当たり確率(ガロや慶次のような連荘性の高めのもの)の台ばかりで、お金というよりも当たりを楽しむという遊び方に変化しています。

 

軍資金は1万円を上限に

1円パチンコで、まったり楽しみたい時の軍資金はいくらかというと、私の場合は1万円を上限に、できれば5千円ぐらいを予算に楽しんでいます。

 

1円パチンコでは主に新北斗無双を打ちつつ、負け金額が増えてしまったりのんびりと楽しみたい時には、甘デジを楽しんだりもしています。

元々北斗の拳シリーズが大好きだったのですが、お金の都合上頻繁に打てなくなってしまっていたので、1円パチンコで新北斗無双を楽しんでいます。

 

勝ち負けよりも”どれだけ楽しめるのか”を重視して打っており、自分が満足できた時にやめています。

休みの日を1日潰したくないので、午前中からお昼過ぎくらいまでを目途に打てば、予算が5千円でも1円パチンコならば十分に楽しく遊べているので満足です。

 

 

財布には5千円だけ

1円パチンコを打つ時は、ミドルなら3〜4000円、甘デジなら1〜2000円で予算を組みます。

パチンコへ行く前に、使いすぎないように5000円だけ軍資金として財布に入れ、台を決め「○○円使って当たらなかったらやめる」と決めて打ちます。

 

基本的にルパンや花の慶次、ガールズパンツァなどを打ちますが、花の慶次とガールズパンツァは出玉が多い分ハマる確率も高く感じます。

 

夜からしか行かないので、その日調子のいい台に座って予算内で楽しむようにしています。

仮に単発で終わったり当たらなかったりして負けたとしても、3000円くらいの金額で留まるので趣味程度に考えてやっています。

 

5千円までしか使わない

私の1円パチンコの平均予算は、3000円から5000円です。

給料日前ですと軍資金が足りませんので、1000円程度の金額でデジパチを楽しむことが多いです。

 

基本的にいくらか予算があるときは、1/319の海物語や北斗の拳。

最近ですと、ルパン三世やAKB48もよく打ちます。

今の4機種に関しては、軍資金に余裕があれば5000円までは使います。

 

しかし、私のなかで1円パチンコで5000円以上使うことはありません。

理由としては、それ以上は当たっても元の金額まで取り返す確率が下がってしまうからです。

このような設定を自分の中で設けると、必要以上に予算を使ってしまうことも未然に防げてオススメです。

スポンサーリンク

 

楽しめる予算は最低1万円

1円パチンコを打つ時に、いくらの軍資金を用意するとある程度の時間楽しめるのか?を考えます。

予算金額は、パチンコに行く頻度で変わります。

 

私は、パチンコは一週間に一回と決めているので、1万円を持って行きそれが尽きたら辞める、と言った方法で1円パチンコを行います。

当たりを引けば長く打つ事も出来ますし、ある程度交換する金額も設定していけば儲けも少しは出せる状況となります。

 

軍資金は人それぞれですが、少なければそれだけ直ぐに終わってしまう可能性も高く、長く楽しむことも難しい状況です。

そこを踏まえて、金額はやはり最低でも1万円と言った金額は用意する必要があります。

 

軍資金はだいたい1万円程度

私がよく打つ機種は、CR地獄少女です。

それ以外も打っています。

1円パチンコなのでたくさん稼ぐことはできませんが、それでも暇潰しでやる中では満足する金額を手にすることがあります。

 

軍資金は正確にいくらとは決めていませんが、だいたい1万円程度。

私の1ヶ月のお小遣いを考えると、使える予算はこれぐらいです。

1円パチンコで勝った日は、マイナスにならなければもう少し打っています。

 

大切なのは、負けてしまっても引きずらないこと。

負けたから今日中に取り戻そう、なんて考えてはダメです。

今日はついてなかなった、また今度勝てれば良いな、ぐらいの気持ちを持って楽しくパチンコで遊ぶのが賢明です。

 

 

7千円程度の予算で

通常のパチンコ台に比べ格安な1円パチンコでは、ほぼほぼ時間潰し程度の収益ではあるが、軍資金もそんなにいらず手頃で楽しめていいです。

個人的には、予算7千円程度に決めて定番の海物語をよく打ちにいきます。

 

4パチだといくら回してもなかなかフィーバーしないことが多いですが、1パチだと比較的早めの大当たりが来ます。

ただ出玉的には少ないので、大当たりが続かない時には微妙に追加投資がかさむこともあります。

 

1円パチンコは、換金での金額もあまり期待できないので、投資金額的にはこのぐらいが妥当ではないでしょうか。

昔は、ドル箱を積み上げていた時代もありましたが、最近はあまり見かけないです。

適当に楽しめる額で遊ぶ方が適正かと思います。

 

打つ機種によって予算を変える

1円パチンコで遊ぶ時の軍資金は、その日の気分によって変えるようにしています。

まず、大当たり確率が約100分の1程度のダンバインや、海物語の甘デジで遊ぶ予定の場合は、予算を5千円程度にしています。

残念ながら5千円で当たらないことはありますが、その際は素直に諦めています。

 

200分の1や300分の1のシンフォギアや、魔法少女まどか☆マギカなどで遊ぶ予定の場合、予算は1万円から1万5千円程度に設定しています。

経験上、この金額なら最低でも1回は初当たりを引けることが多いです。

 

いくらが適切なのかはわかりませんが、多い方が余裕を持って遊べるのは事実です。

ただ、使い過ぎてしまう心配があるので、自分はきちんと軍資金の金額を決めるようにしています。

 

1日打つなら2~3万円

1円パチンコの予算については打つ機種によって異なるが、いくら必要になるかは自分の財布と相談して決めます。

 

今日はちょっと荒い機種を打とうと思ったら、軍資金は1万円は最低限持って行きます。

2~3万有れば丸1日1円パチンコを打てるから安心して持って行きますが、打つ台がないのに無理して打つ必要はないです。

 

金額は人それぞれだが、安心したいなら多めがいいです。

お金があると使ってしまう人は、あまり持って行かない方がいいです。

甘デジなら、もう少し控えめな金額でもいいです。

あまりパチンコへ行く機会が無いから、1日打ちいろんな機種を打って、楽しみたいなら多めに持って行った方が確実です。

 

 

1万円なら取り戻せる

1円パチンコでは、海物語系の機種を打つ事が多いのです。

いくらでも底無しに予算を使える訳でもなく、軍資金としての予算は1万円と決めています。

 

1円パチンコだと一度も大当たりしなくても、一万円あれば台選びや釘を見たりしていれば二時間位は潰せる感じですかね。

それ以上の金額を投資すると、仮に出た場合でも回収する事が難しくなってしまうので、あまり深追いはしない様にしています。

 

昔の通常パチンコなら、5万円位は無いと遊べないイメージでした。

最近のパチンコは出玉も少なくなったし、ギャンブル性が抑えられた分遊び易くはなったのですが、深追いすると回収出来ないので適当な所で切り上げる事ですね。

一円パチンコでも、一万位なら次回でも取り返せる可能性があるからそのくらいにしています。

 

予算は2~3千円

私が使う1円パチンコの予算は、大体2~3千円くらいです。

 

しかし甘デジの場合だと、3千円使ったら元をとるのに最低でも3千発出さないと敗けなので、その時はもう少し金額は少ないかもしれません。

ミドルタイプの台とかは、当たればラッキーと思って挑みます。

最近は、大海のアグネスや海物語inジャパンの甘デジをよく打ちます。

 

軍資金としてはもう少し多めに用意して行きますが、1円パチンコの場合だと低額で当たらないと勝てる気がしないので、いくら使ったか金額を意識しながら打ちます。

等価以外は計算しないと交換時の金額がわからないので、これだといくら位かなと計算しながら打ってます。

 

最高5千円まで

1円パチンコで使う予算は、2000円〜3000円と決めてます。

なのでパチンコで負けると、これぐらいの赤字に毎回なっています。

 

私は主に海物語をやるのですが、1円パチンコなので2000円〜3000円の少ない金額でも十分遊べます。

出ないときはいくら使ってもでないと思うので、2000円〜3000円の負けが私にとっては妥当だと思っています。

使っても最高5000円までかなと思っています。

スポンサーリンク

 

まとめ

というわけで、参考になりましたでしょうか?

平均すると、1円パチンコの予算は3~5千円ぐらいの人が多いですね。

 

僕個人としては、1万円はちょっと軍資金としては多すぎかなと思います。

1円パチンコは換金率が悪いので、回収が不可能になりますからね。

 

借りる時の”入口”はやさしくても、交換する時の”出口”が厳しいのが1円パチンコ。

予算を使いすぎると、打っている途中から敗戦濃厚になりがちです。

 

とは言いつつも、僕はそもそも1円パチンコは「勝つ・儲ける・稼ぐ」目的で打つべきではないと思っています。

パチンコを少ない予算で「楽しむ・遊ぶ」ものだと思っていますので、「お金を使って(負けて)当然」という考えが正しいのかもしれませんね。

いずれにしても、1円パチンコでは、あまりアツくならないのが賢明でしょう。

 

 

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。