スロットリゼロの設定4は打つべき価値はあるのか?粘るか捨てるかどうする?

フィーバー!

このブログは、読むべき価値はあるのか・・・?(笑)

元店長の”ななしー”です。

 

スロットのリゼロ(Re:ゼロから始める異世界生活)の設定4の機械割は103.9%。

皆さんなら粘って打ちますか?

それとも諦めて捨てますか?

 

4号機慣れしている僕の感覚では、103.9%の機械割では勝負になりません。

換金率にもよりますが、リゼロを打っていて、設定4と分かった時点で捨てちゃいますね。

中には、リゼロの設定6でも捨てる人がいるぐらいですけど。

 

と言うわけで、「リゼロの設定4は打つべき価値はあるのか?」と言う口コミを読んで、粘る?捨てる?の今後の参考にして下さい^^

 




リゼロの設定4は粘って打つべきか?捨てるべきか?の口コミ

 

まずは、リゼロの機械割のおさらいから。

 

リゼロの設定4は、モードを意識して打つべき

21歳 男 リゼロの打ち込み度は高めです。

朝一から打つスロットとして、リゼロは悪く無いと個人的には思います。

 

リゼロの設定4は打つ価値があるのか?については、期待値を本気で追うなら、設定4がほぼ確定した地点で捨てる事を意識した立ち回りが大事になってくると思います。

設定4の打つべき価値は「あると言えばある」が、モードの良し悪しを常に意識に入れる必要があります。

 

仮に設定4で粘るとしたら、SR以上の確認、又は100回転台での発展をした際には、粘る必要はあると思います。

設定4は、体感としてA天に行くイメージがあるので、打っていて「設定246」「設定456」が示唆演出が出て、A天や高ATが続くとやはり設定4が濃厚になって来ます。

 

実際、粘るか捨てるかの判断は、打っている当人次第な部分も多いですが、一個人としては、リゼロの4は打つべきであると考えても良いと思います。

私自身、偶数設定の4・6にしかほぼ座っていないので、リゼロは感覚的にざっくり設定を理解して普段打っています。

 

リゼロ自体、設定の看破や要素が多数ある台であるため、辞めやすいというのが魅力です。

6号機の中で出玉スピードとコイン持ちが、ダントツに良い台と私は考えています。

完全に解析が出きってるわけではないので、自身で回数を打つ事で覚えていく事が大事だと思います。

 

最後に、リゼロを今後継続的に打って行くのであれば、モードを意識する事を大事にしていただければ良いと思います。

レア役又は謎の異世界体操の入り、またそこからのカードの確認さえ抑えれば良いと思います。

 

 

 リゼロは設定1が多いので、設定4でも粘って打つ価値はあると思う

年齢33の男、スロット歴9年です。

リゼロ打ち込み度としては、週1~2ぐらいです。

リゼロの設定4は打つべき価値があるか?と言うお話ですが、私なら打つべき価値はあるのかなと思います。

 

設定4の場合、機械割が103%と決して高くありません。

白鯨攻略戦に入る確率も400分の1以下ですので、過剰投資にはくれぐれも気を付けて下さい。

他機種に比べ、天井に行く確率はかなり高いです。

しかも、恩恵はありません。

 

確かにリゼロは、純増8枚とホール内では最速スピードを持っていますが、その反面、ATに入らなかった時のリスクは高いです。(一回当たっても1000円分ぐらいの出玉しかありません。)

では、なぜ設定4が打つべき価値があるかと言うと、残念ながらほとんどのホールが設定1だからです。

そんな中、設定4を掴んだら粘る価値は一理ありそうに思えるからです。

 

ただ、機械割が103%と言う事は絶対忘れないでください。

あとは、リゼロが好みなのであれば、設定4でも打つ価値がある理由になります。

 

具体的には、どうするべきなのでしょうか?

早い段階でリゼロの高設定だと気づいた場合、ある程度は粘る事をおススメします。

リゼロは、ジャグラーと並んでほとんどのホールに設置してありますので、設定4を掴んだら幸運である事に違いはありません。

 

そして、打ち続けてATが2回続けて当たったら、設定推測確認後に即ヤメして捨てるべきだと思います。

200回転以上回す流れになってしまったら、そのまま天井まで狙いましょう。

 

リゼロは、設定6であっても平気で3000枚ぐらい飲まれることもあります。

深追いには、くれぐれも気をつけてください。

 

 

 調子が良さそうなら設定4でも打つ価値はある

私の年齢は29歳男性で、リゼロの打ち込み度は30万ゲームは回しています。

リゼロの設定4と分かった状況で、その台を粘るか?捨てるか?という質問ですが、私はまず粘るという選択をします。

 

正直、リゼロの設定4は安定しません。

少しずつグラフが上がって行くこともありますし、反対に下がっていくこともあります。

私は、設定4が確定した台を今まで4回ほど打ちましたが、それらのトータル収支はプラス400枚です。

勝率は、2勝2敗となっています。

 

2勝した時のグラフは、少しずつ右肩上がりで登って行きました。

逆に負けた時は、A天井で白鯨に3連続敗退して大きくマイナス域になり、途中で見切りをつけました。

 

オカルトと言われるかもしれませんが、設定4の中でもその日に調子のいい台、悪い台というのは存在すると思っています。

もちろん何万ゲームと回せば期待値に収まりますが、1日に回せるスロットのゲーム数は約1万ゲームほどです。

そのため大きくマイナス域になってしまった場合には、設定4では打つ価値はないです。

反対に右肩上がりのグラフができていれば、設定4でも打つべき価値はあると言えます。

 

もし、横ばいのグラフができてどうするか悩んだ場合は、私はそのまま打つべきだと思います。

設定4の期待値は、プラスだからです。

大きくマイナスにならない限りは、リゼロの設定4は打ち続けた方が勝率は高いと考えます。

 

 

 勝ちにこだわるのなら、設定4は打つ価値はないので捨てる

30歳 男性 リゼロ打ち込み度 15万ゲーム

リゼロの設定4は、ハッキリ言って打つべき価値はないです。

 

理由は、設定4は白鯨攻略戦には入りますが勝てません。

勝ったとしても、一撃の出玉の爆発力は低いです。

それであれば、設定1か3のリゼロの方が、まだ夢があります。

 

ただ、前半白鯨攻略戦の引きがよく、設定6だと思って粘ってしまうと地獄を見ます。

少しでも設定が下の可能性が見えた段階、例えば「白鯨攻略戦で5回スルーしたらやめる」と、捨ててやめるボーダーを自分で作ったほうがいいと思います。

 

あとは、その時の総投資や島全体の賑わい状況などから、全体的に見て粘って打つべきか?捨てるべきか?を判断する必要になってくると思います。

自身は、リゼロで設定4の可能性が見えた段階で、粘ることはせずに捨てます。

 

「ただリゼロと言うスロットを楽しみたい」というだけであれば、設定4でも捨てることはせず、そのまま打ち続ける価値はあると思います。

最近のスロットの設定4は、本当に苦痛でしかないと思うので、勝ちにこだわるのなら粘る価値はないと思います。

 

6号機のスロットに関しては、設定の上か下かは分かりやすいです。

リゼロを楽しむ目的であれば、設定4でも粘って続行するでも問題ないと思います。

でも、本気でスロットで勝ちたいというのであれば、ジャグラーなど他の高設定挙動のAタイプに移動するか、その日は撤退するかした方がいいと思います。

 

 

 リゼロは設定6以外は捨てるのが安全な台

20代 男 導入当初よりリゼロは打ち込んでいます。

スロットリゼロの設定4が、ほぼ確定した台を粘って打つべき価値があるか?という事ですが、個人的には粘って打つ価値はないと考えます。

打つ価値がないと言う理由は簡単で、ハマりが大きくなる可能性が高く、粘るリスクが高いからです。

 

でも、リゼロの設定4が勝てない台かと言えば、そうではありません。

個人的な収支で言えば、設定4をツモれた時はプラスになっている時の方が多いほどです。

多い時には、2000枚ほどのプラスだったことも度々あります。

 

では、何故それでも設定4を粘って打つことを勧めないか。

これはあくまで私の経験ですが、設定4を打ち抜いて毎回思うのが、もっと早くやめておけば・・・ということです。

 

細々したデータについて、少しお話しさせていただきます。

リゼロは、設定4と設定6でモードAに振り分けられる確率が、4で13%・6で7%という数値が実践値で出している所があります。

これは解析値ではありませんが、私が打ちながら「4だったなぁ」と思った台は、ほとんどがこのモードAとクジラ敗北を重ねて、プラス分を減らして終わったものです。

 

設定6は、ラッシュの当選率の高さもさることながら、このA天井の選ばれにくさがあってこそで、6でも展開次第ではきつい場面があります。

何度か「4・6確定だが、ほぼ4だろう」と思いながらも、マイナス1500枚強のままどうするか悩んで、最終的に諦めたこともあります。

 

序盤に持ちコインができればまだ粘れるでしょうが、出しては呑ませて少し投資を繰り返されることもあります。

体感ではありますが、4は6と変わらないぐらいラッシュの40ゲームスタートが多いです。

 

大きなゲーム数のラッシュを引かない限り、コインが一気に増えることはありませんが、一気に減る可能性が6よりかなり高い事を考えると、設定4は粘って打つべきで価値はないと思います。

リゼロは、大きなラッシュを引けたら、6以外はそのまま捨てるのが安全な台だと思っています。

 

 

 投資や時間から設定4を粘るか捨てるか判断する

スロットのリゼロは、設定判別が簡単な部類に分別される機種です。

今では、設定4を判別する事ができるだけの材料も揃っていますので、確実に見抜く事が可能になりました。

 

そんなリゼロの設定4ですが、判別してしまうと捨てるべきか粘るべきか悩むところです。

打つべき価値があるのかどうか、それは個人の考え方によっても異なるところです。

現実的な問題としては、そのまま粘って打つべきと判断する場面が多くなります。

 

リゼロの設定4は、打つ価値が十分にある設定と表現する事ができる機種です。

しかしながら、初当たりは不安定な要素となりますので、どうするか悩む場面も出てくるもの。

 

そんな時には、投資額から考える方法もあります。

初期投資が抑えられている状況で持ちメダルがあるなら、設定4でも十分に攻められる状況です。

 

また、時間的な問題もあります。

リゼロは、絶対に規定ゲーム数でチャンスゾーンとなりますので、そこまで回す事に時間が必要になります。

なので、自然と初当たり回数にも限度が出てきます。

 

リゼロは、初当たりを多く取らないと収支が安定しない機種です。

一日単位の収支で考えるのであれば、夕方以降の遊戯はより悩むところです。

時間と現在の投資額から攻められると判断した時に、設定4は粘って打つ価値のある機種になります。

 

 

リゼロの設定4は粘って打つべきか?捨てるべきか?の口コミ

みなさん、さすがにリゼロを打ち込んでいるだけあって、それぞれ独自の考え方を持っていますね。

設定4を捨てたからと言って、設定5や6を拾える保証はありません。

かと言って、大勝を期待できる設定でもありませんからね。

 

やはり、「設定」と言う数字だけで判断せずに、モードや投資金額、残り時間、リゼロが好きか嫌いか、何となくの波読み(?)など、自分なりの粘るか捨てるかの判断基準を持った方が良さそうですね。

 

設定4の103.9%って言う機械割が、微妙なんですよね。

もう少し高いか低いかすれば、すぐに決断できるんですが・・・。

 

あなたは、リゼロの設定4は打つべき価値はあると思いますか?

粘るか捨てるかの判断基準があれば、コメント欄より教えて下さい(コメントのみで送信できます)。

 

 

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。