パチンコで今年1年間で負けた金額はいくら?2019年間収支など口コミまとめ

フィーバー!

今年2019年の反省会をしますよ、元店長の”ななしー”です。

 

これを書いているのが、2019年の12月22日。

皆さん、今年1年間のパチンコの収支はどうでしたか?

トータルでの年間収支はプラス?マイナス?

 

「まだ2019年は終わっていない!」と、まだこれからパチンコを打ちに行く人は、更に傷口を広げますよ(笑)。

年末年始のパチンコに行くのはやめましょう。

 

そんな今年2019年1年間の「年間収支の口コミ」を集めてみました。

ちょっとした反省会気分で読んでください。

 

今年の年間収支はマイナス9万円ぐらい

男性47歳、月に4日ぐらいパチンコに行きます。スロットは打たないです。

2019年の年間収支は、パチンコでマイナス9万位です。

 

1日で一番勝った機種は、必殺仕置人で7万8000円位です。

ST中にポコポコ当たってくれて、15連チャンして初当たりも軽くて良かったです。

でも、10ラウンドの引きが若干悪かったです。

 

反対に1日で一番負けた機種は、やっぱり必殺仕置人で5万1000円です。

単発3回とSTに入りましたが、あまり連チャンせずに負けました。

 

今年は、全体的にいい回転率の台がなかったので厳しかったです。

1年間頑張りましたが、時間やタイミングが悪くイマイチの収支になりました。

来年もパチンコを頑張ろうと思います。

 

軌道修正が遅かった…2019年はスロットで年間収支プラス42万円

2019年、今年1年間の年間収支はプラス340,000円でした。

内訳としては、パチンコでマイナス80,000円。

スロットでプラス420,000円でした。

 

年間を通して1日で一番勝った金額は、スロットのアイムジャグラーで58,000円勝ちでした。

一番負けた金額は、P緋弾のアリアⅢの34,000円負けです。

 

今年のパチンコの反省は、ハイリスクローリターンであるP型式のパチンコと、6号機スロットに手を出していけないことに気がついたのが遅かったことです。

10月頃から軌道修正をし、本来のジャグラー高設定狙いに特化したことで巻き返しましたが、もっと気付くのが早ければ、収支は大きく越えていたと反省しております。

 

 

1日で12万負けも…今年1年間ではマイナス48万円の収支

39歳の男性会社員です。

2019年ホールでのパチンコ、スロットの実践稼働における自分の1年間の年間収支は、おおよそマイナス48万円となりました。

稼働ペースは月に10日ペース、パチンコ8割スロット2割って感じですね。

パチンコは甘デジ、ライトミドルタイプ、スロットはART機タイプメインで打ってました。

 

負けた金額は許容範囲内でしたが、年間でマイナス収支なので悔しいです。

自分の好きな台だと、明らかに低設定でも長く打ってしまったことが原因ですね。

 

今年一番負けた機種は、パチンコの北斗7ですね。

当たり引いても通常、確変即転落のオンパレードで一日で12万溶かしたことがあります。

 

逆に一番勝てたのは、スロットのART機の涼宮ハルヒの憂鬱ですね。

超ハレ晴レチャンス引いて9000枚出しましたよ。

 

好きな機種を打ち続けて年間収支マイナス15万円

女性34歳、パチンコ歴15年です。

今年1年間、スロットは全く打っていません。

パチンコのみで週に3日程遊戯しました。

平日1日と土日です。

 

2019年上旬は、「黄門ちゃま99ver」ばかり遊戯しており、「黄門ちゃま」とは相性が良く、収支は恐らく黒字だったと思います。

しかし、段々と周りを見渡しても「黄門ちゃま」が出なくなって来て、丁度その頃「海物語with太鼓の達人」が新台として登場しました。

 

私は元々「海物語シリーズ」が大好きですので、2019年の下旬より「海物語with太鼓の達人」に移行しました。

新台当初は全体的に出していましたが、やはり段々と出なくなりますね・・・。

 

しかし大当たりした感覚が忘れられず、私は「海物語with太鼓の達人」にひたすら注ぎ込み続けてしまいました。

ここが今年の反省点です。

2019年の前半は月4万ペースで勝っていましたが、後半には月に6万以上の負けが続き、年間収支で言えば15万位のマイナスだったと思います。

 

 

2019年の年間収支は50万負け…1日で10万負けた日もある

男32歳 月に10回程度パチンコ店へ足を運びます。

今年2019年の年間収支は、正確に数えていませんが1年間で約50万マイナスです。

パチンコ45万円負け、スロット5万円負けくらいの割合です。

 

1日で一番勝った機種は、ゴッドイーター(パチンコ)で3万発出た時です。

2撃ではありますが、運良く2回とも初当たりからラッシュに入ったおかげでした。

 

1日で負けた金額の最高機種は、シンフォギアの10万負けです。

ラッシュに入らなかったり、入っても単発やら2連やら、ラウンドもとれず負けてしまいました。

 

今年2019年のパチンコの反省は、打ちたい台を優先し過ぎて、釘や右アタッカーなどをしっかり見なかったことです。

甘デジでもハマると当たるまで追い続けて、負けた金額を回収不可能になってしまっていました。

来年からは、ライトミドルの高継続機種に絞って回る台を打ちたいと思います。

 

ハイパーリノで年間102万円の勝ち!しかし収支はマイナス52万円…

男性37歳 月に15日くらいパチンコ店に行きます。 

私はパチスロしか打たないので、パチスロの2019年の年間収支はマイナス52万円です。

 

年間で一番勝った機種は、ハイパーリノで102万円です。

この台は設定が一段階しかなく、フル攻略で機械割が101%になります。

取りこぼしせず、やめ時を間違えたりしなければ8割以上は勝てました。

正直言って、1年間全てハイパーリノを打てばかなりの勝ちになったと思います。

 

一番負けた機種は、マドカマギカ2で負けた金額は46万円です。

ハマりが深く、コイン持ちも体感的に良くないです。

ARTの性能やボーナス性能もイマイチで、打てば負けるイメージでした。

 

今年2019年の反省として、機械割を気にせずに打ち続け、一撃に頼る立ち回りが多かったのが反省です。

どのホールも、設定はほとんど入らないのが現状です。

それを理解して、設定1でも機械割が100を超えるハイパーリノ、ハナビ、ハナビ通、ディスクアップ、クラセレなどを中心に立ち回れば、ある程度の勝ちは見込めたのではないかと考えています。

 

 

2019年はマイナス6万円で済み、まずますの収支

43歳女性、週に3回ほどパチンコ屋に行きます。

2019年の年間収支はマイナスです・・・。

その負けた金額は約6万円です。

 

1年間を振り返ってみて良くなかった点は、ついついバジリスクⅢで深追いしてしまったところに尽きます。

座ればわりとすぐ出せるのに続かず、移動したらその台で出される、というのが多かったです。

今年もマイナスかーと思うと、本当にやめどきを逃した感じがあります。

 

ただし、トータルの負け金額は抑えることができたので、その部分についてはまずまず良かったと感じています。

年代的に4号機世代なので、どうしてもあのころを思い出して「あのころは良かったなー」と思って過ごした1年間でした。

 

年間収支は150万の負け、凱旋だけで80万やられた

32歳男、仕事帰りと土日で月に15回くらいホールに出向きます。

2019年はパチンコ・スロットともに規制の年で、今年1年間の収支は大幅にマイナス、負けた金額は合計で150万円程度になりました。

内訳としてはパチンコで50万円、スロットで100万円です。

 

一番やられた機種はGOD凱旋。

6号機が気に入らず、5号機にすがりついて凱旋だけで80万円はやられました。

ここまで年間収支が悪くなったのは、パチンコを打ち始めてから初めてです。

 

反省点としては、6号機を食わず嫌いしたことでしょう。

設定次第では6号機の方が安定するようなので、来年からは6号機で年間収支プラスを叩き出せるよう、今年の反省を活かして立ち回っていきたいです。

 

【まとめ】2019年の今年の年間収支と反省

なかなか1年間と言う長い期間で、収支をプラスに持って行くのは難しいですね。

機種別では稼いでいる人もいましたが、全体でトータルするとマイナスになってしまうようです。

 

特にスロットは、5号機と6号機の入れ替わりが激しい1年間でした。

この辺りの機種選びなど立ち周りが、収支の明暗を分けたのかもしれません。

来年2020年は、どうなるのでしょうか?

 

あなたの今年1年間の収支はプラスですか?マイナスですか?

コメント欄から教えて下さいね。

(コメントのみの記入で送信できます)

 

 

スポンサーリンク





 
 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。