パチンコ店のバイトの評判は?女性店員だと仕事内容はきつい?楽? 


スポンサーリンク


フィーバー!

元店長の”ななしー”です。

 

今回は、パチンコ店のお仕事の内容について書いてみようと思います。

特に女の子には、パチ屋でバイトってちょっと抵抗があるようですね。

 

パチンコ店のバイトって、キツそうだけど実際はどうなの?

世間の目があって、親が反対するんだけど・・・

時給が高いから楽ではないよね・・・

 

など疑問に思いますよね。

この辺を僕なりの意見を書いてみます。

 



パチンコ店のバイトの評判は?

これ、先程も挙げましたけど「世間様の目」が気になるって人が多いです。

 

もう最近はパチンコ店もキレイで、女性のお客さんもたくさん来店しています。

若い人も多いですね。

むか~しのダークなイメージは、かなり払拭されたと思います。

 

ギャンブルだから評判が良くない?

でも率直に言うと、まだパチンコ店でバイトや就職って、あまり良くないイメージを持つ人は多いです。

特にパチンコを打たない人からの評判がよくない傾向にあるのではないでしょうか?

 

パチンコを打たない人にとっては、パチンコだけが悪いというよりも、そもそも「パチンコ=ギャンブル=悪」と思っている人が多いからだと思います。

特に年配の人。

確かにむか~しは、ニュースで事件が起こると「逮捕 パチンコ店 店員 ○○○○」とかよく?見かけました。

たまたま印象に残っていただけかもしれませんが、なぜか逆に最近は見かけないですよね?

 

そういえば、僕が店長やっていた時も「親には、パン屋で働いてるって言ってある」っていう20代の女の子もいましたね。

もちろんこの女の子は、昼勤だけでしたけど。

パン屋で閉店23時とかありえないので、さすがに夜勤は頼めませんでした。

パチ屋で働いている僕からしたら「あ、まだそんな風に思われているんだ」って、カルチャーショックを受けた覚えがあります(笑)。

 

風俗営業だから評判が良くない?

パチンコ店は風俗営業法により、営業が許可されています。

ゲームセンターだって、同じ風俗営業のお店ですよ。

 

でも風営法をよく知らない人というか、中途半端に知っている人は、「パチンコ店は風俗なのでいかがわしい」と誤解されるようです。

どうやら「性風俗と混同」されているようですが、必死に説明したところで「しょせんギャンブルでしょ」って言われてオシマイです(涙)。

この風営法もパチンコ店の評判がよろしくない一因だと思います。

 

と言うわけで、まだまだ世間の目は冷たいです。

 

「どこでバイトしてるの?」

「私?パチ屋だけど」

「・・・(ドン引き)」

 

っていう危険性も十分あります。

少なくとも相手が、ギャンブルに対して理解があるかどうかぐらいは、事前にチェックした方が良いかもしれません。

理解なさそうな人なら「パン屋」って答えておきましょう(笑)。

 

特に若い女の子。

親はパチ屋でバイトを理解してくれても、祖父母や親戚などには言いづらく「パン屋」って言ってあるかもしれません(笑)

親戚一同の集まりでは、この辺の親との口裏合わせも必要です。

 

ここまで読んで「え?パチンコ店で就職やバイトすることって、そんなに評判悪いの?」って思ったアナタ。

僕は親に「パチンコ屋の店長なんかにならなくていい、ヤメてくれ」と懇願されました。

「パチ屋の店長=悪の親玉」みたいなイメージを持っているようです。

 

ちなみに返事に困った僕は、その場しのぎで思わず「じゃ、パン屋に転職するね」って答えましたけど(笑)。

 

女性店員だと仕事内容はきつい?楽?

さて次のお題。

パチンコ店のバイトは、キツイの?ラクチン?

 

特にか弱い女の子には気になるところです。

僕が思うに、これは「ある条件1点」でキツさがかなり違います。

それはホールが、ICカードやICコインなどを導入しているかどうか?です。

 

ドル箱の交換作業がキツイ?

このICカードなどがあると、お客さんはドル箱に出玉を入れなくて済みます。

これを導入しているホールは、僕から言わせれば「店員ラクチンだよね」です。

 

その理由は、ハッキリ言ってこのドル箱の交換作業が、パチ屋のホールスタッフの仕事の8割を占めていると言っても過言ではないからです。

 

大当たりする → 手元のドル箱を交換する(椅子の下に降ろす)

お客さんが帰る → すべてのドル箱を玉計数機まで運んで流す

スポンサーリンク

 

大型店の土日は、パチンコがフル稼働すると殺人的な忙しさになる時もあります。

今は規制の関係で出玉もショボいですが、連チャン機の全盛時代はドル箱20箱とかよく積み上げてましたからね。

1箱2000発は入るドル箱がです。

 

僕もこれで2回ほどギックリ腰をやった経験があります。

5箱ぐらいなら、台車に載せて運ぶより手で持っていった方が早いんですよ。

というか、忙しくて台車に積んでいるヒマがないのです。

 

ドル箱5箱=パチンコ玉1万発

パチンコ玉1発は約5.5グラム。

よって55kg。

 

膝を曲げ腰を落として持ち上げないと、マジで腰をやられる重さです。

でも忙しいので、つい前屈の状態で持ち上げてしまったんですね~。

はい、その時の後遺症で数年経った今でも、ちょっとしたことですぐに腰が痛くなります。

 

話が逸れましたが、このドル箱の交換がパチンコ店ではメインジョブなんです。

それがICカードを導入していれば、スタッフはほぼやることナッシング。

仕事内容と言えば、あとは機械トラブルの対応やゴミ回収、ゴト師のチェックぐらいでしょうか?

 

つまりドル箱を積むホールなら、けっこう仕事内容はキツイかもしれません。

逆にドル箱がないホールなら、比較的ラクだと思っていいでしょう。

 

気になるようでしたら、そのバイトしたいお店を土日などに「下見」に行ってはどうでしょうか?

 

とは言っても、ドル箱も1箱ずつ運んだり台車を使えばいいので、女性でも全然できる仕事ですよ。

今のドル箱はサイズが小さいので、1箱の重さも昔より軽くなっています。

 

僕の時は「2500発箱」っていうのがあったなぁ。

これを5箱持ち上げたら、持っている一番下のドル箱の「取っ手」が折れました(笑)

 

税金対策のパチ屋はラク?

じゃ、ヒマな今にも潰れそうなパチンコ店のバイトなら楽でしょ?

って考えますよね。

俗に言う、世間から「税金対策のお店」って呼ばれているホールのことです。

 

こんなヒマなパチ屋でも、アルバイトなら時給1100円ぐらいはあります。

飲食店などのバイトと比べると、やはりパチ屋の時給は平均してかなり高いですね。

 

で、こんな潰れそうなホール。

バイトはキツイか?楽か?

 

答えは、体力的には楽ですが、精神的にキツイです。

 

まず、ドル箱うんぬん以前に、そもそもお客さんがいないので大当たりしません。

つまりドル箱交換作業というものが、ほぼないのです。

 

たまに大当たりしますが、お客さんの中には気を遣って、自分でドル箱を交換してくれる人もいます。

セルフサービス化されているのです(笑)

 

また当然走り回ることもありません。

「忙しい」はあり得ないんです。

というわけで、体力的にはかなり楽チンです。

 

で、精神的にキツイという点。

 

時間が過ぎるのが遅いです。

もうやることないので、時計ばっかチラチラ見ています。

「あ、まだ5分しか経っていない。次の休憩まだかな~」って。

 

この精神的苦痛というか精神修行に耐えられる人には、この潰れそうなパチ屋のバイトはおすすめします。

これで時給1000円以上もらえるのは、ハッキリ言っておいしいですから。

 

ちなみにお客さんがいないので、ゴミも機械トラブルもありません。

ほとんど突っ立ているだけです。

スポンサーリンク

 

カウンターレディ(スタッフ)は楽?

あ、今までのはホールスタッフの仕事内容について書きました。

そう言えば、パチ屋の女の子の仕事と言えば「景品カウンター」の業務がありますね。

これはどうなんでしょう?

 

精神的にキツイの?

まあ見ての通り景品カウンターのスタッフは、走り回ることがないので体力的には楽です。

でもメインの業務は「景品交換」なので、交換ミスは許されません。

 

いくら「特殊景品」、「3店方式」とか言っても、しょせんは現金。

特殊景品の数を間違えると大きなクレームになりますし、何度も在庫を数え直さないといけません。

もちろん在庫が合わないと、本社などへの「始末書」などを店長は書かされます。

ということは、カウンタースタッフは店長に怒られます。

 

もちろんお菓子などの在庫が狂っても問題です。

よくタバコが1カートン少ない、とかありますので。

 

やはりカウンタースタッフには、銀行の窓口やスーパーのレジスタッフと同じ様に「正確さ」が求められる仕事です。

だから決して楽ではないですよ。

 

僕も店長だったので、スタッフの人数が足りない時は、終日カウンターレディーしてました。

1日やると、ホントすごく精神的に疲れます。

 

愛想が必要?

実は、カウンタースタッフには、この業務の正確さともうひとつ「愛想が良い」ということが求められます。

 

普段、お客さんがパチンコを打っている時は、遊技に集中しているのでスタッフの行動はそれほど気にしません。

しかし景品カウンターでは、待っている間はやることがないので、お客さんはカウンタースタッフの言動が目にはいるのです。

そこでカウンタースタッフが、ムスッとしていたらどう思いますか?

 

パチンコ打っている時なら、あまり気にならないと思います。

でもこの景品カウンターでは、スタッフと向かい合うので一挙一動が気になるのです。

 

だから特殊景品を手渡す際に、ムスッとしているとお客さんにものすごく不快な印象を与えてしまいます。

やはりニコッとして応対しないといけませんよね。

だから「カウンタースタッフは女性」って理由もここにあります。

僕みたいなおっさんがニコってしたら、逆に「気持ち悪いわ!」って怒られますが(笑)。

 

オジサン連中は、カワイイ女の子なら多少無愛想でも良いかもしれません。

が、やはり年配の女性にはそれは受け入れらないようで、実際に僕は「店長!あの子愛想が悪いよ」ってクレームされたことあります。

 

だからカウンターレディは、外見の可愛さも大切ですが、それよりもニコッと愛想が良いかどうか?を僕は重視してました。

カウンター=お店の顔、ですので。

 

まとめ

と、今回はこんな感じです。

簡単におさらいしますね。

 

パチンコを打たない特に年配の人には、パチンコ店でのバイトや就職は評判が良くない。

ドル箱を積み上げるお店は、体力的にキツイ傾向にある。

ヒマな税金対策なお店は、精神的苦痛なキツさがある。身体はラク。

景品カウンターレディには、業務の正確さと愛想が求められる。体力的にはラクチン。

 

さて、次はパン屋のバイトについてでも書こうかな(笑)

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。