パチンコの食事休憩は何分?時間に遅れるとどうなるのか解説!

今回は、パチンコ店の食事休憩について解説します。

・腹減ったからご飯を食べに…

・急な用事が入ったのでちょっと…

・ATMにお金を降ろしに行くから(笑)

こんな時は食事休憩札を台に入れて、しばらく店外へ行きます。

 

さて、この食事休憩の時間は何分なのでしょうか?

また、もし時間に遅れたら打っていた台や出玉はどうなるのでしょうか?

 

【先に結論】

・食事休憩は30~45分のホールが多いです。

・時間に遅れた時の対応はホールによって様々。

・休憩中のトラブルに気を付けましょう。

・店員と仲良くなると良いカモ?

 


↓W杯の勝者を当てろ!下記バナーからの登録で3000円プレゼント! 遊雅堂の詳細はこちらから

休憩時間は各店によってルールが違う

重要なことを初めに書いておきます。

遊技台から席を離れる(離席する)ことができる時間は、各ホールによって違います。

休憩時間は風営法など、法律で決められてるわけではないからです。

それぞれのホールが店内ルールとして独自に決めていますので、初めて行く店では休憩時間が何分なのかを確認して下さい。

これは同じ経営法人でも、チェーン店によって違うことも多々ありますので気を付けましょう。

 

食事休憩は30~45分が主流

一般的には、食事休憩は30~45分のホールが多いです。

中には60分っていうホールもありますが、40分ぐらいが主流ではないでしょうか。

 

傾向として稼働率が高い大型店ほど、休憩時間は短いように感じます。

やはり食事休憩は稼働時間を減らしてしまうので、人気店なら強気な時間設定ができるからです。

 

逆にガラガラの過疎店では、休憩時間が長い傾向にあります。

僕が店長していた弱小ホールでは、食事休憩は60分まででした。

食事のために交換されてヤメられるよりは、また戻って来て打って欲しいという店側の本心があるからです。

 

その他、店舗に飲食店が併設されているかどうか?や、コンビニが近くにあるかどうか?なども考慮して、各店の店長が時間を決めてルール化しています。

店内の貼り紙を見るなり店員に直接聞くなりして、食事休憩の時間は確認しましょう。

 

離席できる時間は10~15分

では食事休憩以外で、トイレやタバコ休憩で席を離れられる時間は何分ぐらいでしょうか?

これも各店によって時間に差があります。

だいたい15分ぐらい連続して離席していると、店内放送で呼び出されたり空き台として開放されたりします。

 

稼働が高いホールだと、離席から5分で呼び出し→さらに5分経過の合計10分で開放、という厳しめのホールもあります。

ガラガラホールだと、20~30分は平気で離席できるところも。

ルールとしては離席は10分までだけど、ガラガラだから店員もそこまで厳しく管理していないパターンですね。

 

また、今は店内でタバコを吸えませんので、指定の喫煙所まで行く必要があります。

この際も「タバコ休憩札」などを発行してから、離席する必要があるホールもあります。

食事休憩と同じく、離席は何分まで可能なのか?はホールごとに違いますので、事前に店員や店内の貼り紙で確認しましょう。

 

時間に遅れた場合も店により違う

ではこの食事休憩に遅れたり、離席時間を過ぎた場合どうなるのか?

これも各店によって対応が違ってきます。

もっと言えば店ごとではなく、その時に対応した役職や打っていた台、稼働状況により対応が違って来る場合もあります。

 

時間を過ぎたら空き台→預かり

所定の時間を過ぎたら台に残っている玉やコインは回収され、その台は空き台として開放されます。

「回収」とは没収ではなく「カウンター預かり」と言う意味です。

景品カウンターに行けば、その玉やコインは返してもらえます。

 

ただ、その玉やコインを持って新たに他の台を打てるかどうかは、その店次第。

自分の打っていた台が空いていれば再び戻れますが、他の人がすでに座っているようなら別の台を探すしかありません。

なお、中には回収した時点で強制交換され、カウンターにレシートとして預けられるホールもあります。

この場合は、もう景品交換するしかないですね。

 

確変や時短はラムクリで消される

確変やST中・時短中に、離席したり食事休憩に行く人がいます。

※中には「確変・時短中の食事休憩は禁止」というルールの店もあります。

 

この場合で時間を過ぎたら、最悪ラムクリされて確変やST・時短は消されてしまいます。

もちろん出玉補償はありません。

ラムクリされた後、残っていた出玉はカウンター預かりとなります。

※スロットのボーナスやATも同様です。

確変中や時短中の離席や食事休憩は、こうしたリスクがあることを認識しておいた方が良いと思います。

 

↑僕はスロットでもラムクリして、ボーナス消してました。

別に設定を変えるわけではないので、問題ないと思います。

 

時間を延長してくれることも

ただ、いくら店内ルールがあっても、例外として時間を延長してくれる場合もあります。

店側もさすがに出玉の回収や確変ラムクリは、お客さんと揉めることは分かっているからです。

この場合どういった対応になるのかは、その時の役職者の判断になります。

 

例えば通常の離席の場合、持ち玉なしでペットボトルや少量の玉だけでキープしてある台は、時間を過ぎれば問答無用で空き台開放されることが多いです。

しかし出玉が多かったり確変中の台の場合は、再度呼び出しをして5分~10分延長して待つ場合もあります。

特に確変中の場合は、時には20~30分待つこともあるでしょう。

 

また冒頭でも説明しましたが、その店の稼働状況にもよります。

人気の旗艦店なら厳しくルールが適用されますが、ガラガラ店なら緩めに対応してくれることもあります。

ガラガラ店でも新台だけは厳しかったり、常連客はゆるめで一見客は厳しいなどの差もあったります。

もうこれは、その時対応した役職者の判断次第ですね。

 

尚、食事休憩で遅れそうな時はお店に電話してその旨伝えると、もしかしたら10分~20分程度なら延長してくれるかもしれません。

どうしても打ちたい台なら、ダメ元で電話するのもアリだと思います。

店にとっては、いつ戻って来るのか分からないのが一番困りますので。

 

回収されても文句は言えない

念のために言っておきますと、時間に遅れた時のこれらの例外はあくまで「例外」です。

店側の温情だと思って下さい。

 

離席10分でラムクリ→空き台開放というルールなら、仮に出玉回収や確変ラムクリをされても、どれだけ文句を言っても認められません。

警察に言ってもムダです。

店内ルールが優先されるからです。

あなたができることと言えば、もう二度とその店に行かないことぐらいでしょう。

 

「確変中だから、少しぐらいは遅れても大丈夫だろう」

という自分勝手な解釈でいると、最悪、確変ラムクリという大損する可能性がありますよ。

 

余談ですが、

「食事休憩で店内にいないと分かっているのに、なぜ呼び出しするのか?意味ないのでは?」

って思うかもしれません。

これは、もしかしたら本人が店内にいるかもしれないという意味と、周りのお客さんに対するアピールの意味があります。

 

確変をラムクリすると、周りのお客さんからも「ヒドイ店だな」って思われます。

そこで店側としては、

「時間過ぎてますよ。何回も呼び出ししてますよ。悪いのは戻って来ないお客さんの方ですよ

ということを呼び出しでアピールするのです。

 

あと、見せしめ的な意味合いもありますね。

あなたも時間に遅れたらこうなるよ、って。

 

↓日本人に一番人気のベラジョンカジノ!

【当サイト限定】登録するだけで30ドルプレゼント!

ベラジョンカジノは日本で違法ギャンブルなのか?逮捕される可能性について調べてみた

 

食事休憩のやり方などルールまとめ

パチンコ初心者の方やそのお店に初めて行った時は休憩のやり方が分からないことがあります。

そこで食事休憩のそれ以外のルールなどについても説明します。

 

…とは言っても、これも各店によってルールが違いますので、ここで一概には書けません。

店員に聞くのが確実です。

なので、一般的なルールとして説明しますね。

 

休憩を取る時は店員に言う

食事やタバコ休憩をしたい時は、呼び出しボタンを押して店員を呼んで下さい。

「食事休憩をしたいのですが」

「ちょっと喫煙所まで行きたいのですが」

と伝えれば対応してくれます。

この時、何分まで離席できるのかを聞きましょう。

中には自分でカウンターに行って休憩札をもらい、自分で台に置くというやり方のホールもあります。

店員に言った時に「景品カウンターへお願いします」と言われたら、自分の台番を覚えてカウンターの店員に

「食事休憩札を下さい」

と言えば発行してくれます。

 

休憩札には、

「○時~○時までの40分間」

など書いてあるので、その時間までに戻って来るようにしましょう。

↑こんなデータカウンターもあるみたいですね。

主にトイレやタバコなど、短時間の離席に使用するらしいです。

 

休憩が終わったら店員を呼ぶ

休憩が終わって戻ってきたら、ボタンを押して店員を呼びましょう。

そうすれば店員がデータカウンターの「食事中」を解除してくれて、休憩札も回収してくれます。

※札を自分でカウンターに返しに行くホールもあります。

休憩の始まりも終わりも呼び出しボタンで店員を呼べば、どのホールでもちゃんと対応してくれます。

 

食事休憩は何回もできない

食事休憩の回数に制限があるホールもあります。

「一人1日2回まで」とか「2時間以上の間隔を空けないとダメ」などです。

これは戻って来たと思ったら、またすぐに食事休憩をするお客さんを防ぐためです。

連続発行を認めたら、時間制限を決めている意味がないですからね。

 

回数とか覚えてるの?って思うかもしれませんが、中にはカウンターや事務所で休憩札の履歴をメモしているホールもあります。

あとは店員が顔を覚えていたり。

タバコ休憩の回数は、ここまで厳しくはないです。

 

開店直後は食事休憩できない

食事休憩は何時からできるの?という疑問もあります。

特に時間帯に制限がないホールもあれば、中には「開店から1時間は食事休憩不可」っていうホールもあります。

これは開店直後に食事休憩を悪用した掛け持ち遊技を防ぐためです。

目ぼしい台を札でキープし、その間に別の台を打つ…というヤツがいますからね。

またルールが厳しい店だと、昼と夕方の限られた時間帯しか食事札の発行ができない店もあります。

 

休憩2時間とかはできない

先ほどは時間に遅れた場合を説明しましたが、初めから時間を延長できるのか?という疑問もあります。

「仕事があるから2時間休憩してもいい?」

などですね。

 

ホールにより対応が異なりますが、一般的には難しいです。

お店としてはそこまで台の稼働を止められないので、「一旦交換してください」と言われることが多いです。

食事休憩はあくまで食事のための休憩なので、仕事で2時間の休憩は認められないでしょう。

 

↓6号機に失望したらオンラインスロット

ハワイアンドリームは勝てる?オンカジはパチスロよりも儲かるのか解説!

休憩中の嫌がらせや盗難に注意

食事やタバコ・トイレで、席を離れる際の注意点を説明します。

昔に比べて最近は休憩中のトラブルが多いので、被害に遭わないように気を付けましょう。

 

休憩中に玉やカードを盗まれる

ドル箱タワーを築いたまま休憩に行くと、その間に箱ごとパクられることがあります。

特にスロットは1箱の価値が高いので、狙われやすいです。

ちょっとトイレに行ってる間に、玉やコイン・会員カードを盗まれた…って事件はよく聞きます。

 

盗むヤツは行き当たりばったりで盗まず、事前にあなたのことを狙っています。

わずかな隙ができた瞬間に盗まれますので、離席する時は十分に気を付けて下さい。

もちろん、万一盗まれてもお店は補償してくれません。

「警察に言って下さい」と言われるだけです。

※防犯カメラの録画も見せてくれません。

 

僕の店で実際にあった被害を紹介します。

パチンコで20箱ぐらい積んだまま食事休憩に行った人がいたんですが、その出玉を勝手に交換して全部盗んでいったヤツがいました。

堂々と自分で台車に積んで交換して行ったので、誰も怪しまなかったのです。

 

店員や隣の人は、

「戻って来れないから、知り合いが代わりに交換したのかな」

と思ったそうです。

 

このケースでも店側としては

「警察に被害届を出して下さい」

としか言えなかったですね。

お客さんは泣き寝入りです。

 

休憩中に確変を消化される

席を離れている間に、勝手に確変などを打たれる嫌がらせがあります。

単に確変を消化する目的ではなく、パンクされる目的が多いですね。

例えば、1種2種混合機の右打ち中に離席していると、その間に勝手に右打ちして当てられ、Vに入賞させずパンクさせるケース。

戻ってきたら確変終わってた…って。

 

嫌がらせする動機は、妬(ねた)みなどが原因になることが多いです。

たまに見せびらかす様に確変中に食事休憩へ行く人いますが、周りから無用な反感を買うのでやめた方が良いと思います。

スロットでBIG中に爆音で離席するヤツは、殺意すら抱かれます。

この場合もお店は補償してくれません。

「お客さん同士で話し合って解決して下さい」となります。

 

休憩中に台を乗っ取られる

通常時で持ち玉が少ない状態でも、自分の台を乗っ取られることがあります。

最近多いのは、遊タイムまで残りの回転数が少ない時などですね。

物を置いてキープしてあっても、勝手に隣にどかされて取られたり、少量の玉なら玉ごと取られるって言うケースです。

初めから盗むつもりのヤツは防ぎようがありませんが、次の人が気付かずに座ってしまうこともあるので、台をキープする時はしっかり分かる様に置くようにしましょう。

引用元:https://parlourfullslotl.com/archives/68814

キープ用のスマホなどを盗まれる

台をキープする際にスマホや車のカギを置く人がいますが、これはやめた方がいいです。

スマホ、特にiPhoneは盗まれて売られますし、勝手に操作されて個人情報を抜かれることもあります。

 

車のカギも嫌がらせで捨てられることもありますし、やろうと思えばそのまま車上狙いや車を盗むことだってできます。

カギの管理が甘いと、車両保険が降りないこともありますからね。

 

稀に財布でキープする人がいますが、これは論外です。盗まれます。

財布でキープする方が悪いです。

スロットの台の上に財布を置いていたら、いつの間にか無くなっていたってこともあります。

ギャンブル場であるパチ屋では、高価なものから目を離してはイケマセン。

 

戻って来ない嫌がらせはバレる

これは、お客さんが店に嫌がらせをする方のパターンです。

よくあるのが、大負けした台をもう打つ気もないのに食事休憩にして、そのまま戻って来ないという嫌がらせ。

次の人に出されたくないとか、単に稼働を止めてやるといった理由でやります。

 

これは、カメラの録画を見れば100%バレます。

その日は店に戻らないので大丈夫ですが、次に店に行った時に声を掛けられたり要注意人物として警戒されます。

こうなると食事休憩を禁止されるか、最悪、出禁になります。

※チェーン店同士では、悪質客の情報共有もしています。

 

もしも、どうしても急に戻れなくなった時は、店に電話して

「○○○番台の者ですが、戻れなくなったのでカウンターで預かって下さい」

と言った対処をするのが望ましいです。

 

店員が休憩を間違えてトラブル

これは店員が悪いのですが、

「○○番台、食事休憩にしておいて!」

と言われても、そのまま忘れたり台番を他と間違えることがあります。

新人の店員に多いですね。

 

だから先ほども書きましたが、呼び出しボタンでその台に店員を呼ぶのが望ましいです。

その辺を歩いている店員に言っても、札を入れるのを忘れたり台番を聞き間違えたりするからです。

ホール内はうるさいですし、お客さんが台番を言い間違えることもあります。

 

あと遠くの店員に、ゼスチャーで食事休憩を伝えるのもやめた方がいいです。

実際にあったケースですが、お客さんが手で「×」を作って食事休憩の意志を店員に伝えたところ、店員には交換だと伝わってしまったケースです。

「×」は一般的には出玉交換を意味しますからね…。

 

食事して戻って来たお客さんは、なぜか自分の台を他の人が打っている。

店員は、なぜか交換を頼まれたお客さんがいないので、仕方なくレシートをカウンターに預ける。

こんな結末になります。

 

こういうトラブルを防ぐためにも、休憩の合図をゼスチャーやサインで店員に伝えるのはやめましょう。

やはり呼び出しボタンで店員を呼ぶのが確実です。

余談ですが店員の気持ちを代弁しておくと、クソ忙しい時に休憩で呼ばれるとキレそうになります(笑)

 

【結論】自分の出玉や台は自分で守る

このようにパチ屋の休憩時間は、ホールによりそのルールや対応が様々です。

また、離席中に思わぬトラブルに巻き込まれることもあります。

もし出玉を盗まれたり台を取られても、基本的に店側は補償してくれません。

店員がミスっても、補償してくれないこともあります。

パチ屋の休憩には、一定のリスクがあることを認識して欲しいです。

 

じゃ、こうしたトラブルに遭わないためにはどうしたらいいのか?

それは休憩しないことです。

席を離れなければ、玉や台を回収されたり盗まれたりすることはありません。

 

ふざけるな!と思うかもしれませんが、これは真剣に言っています。

補償してくれない以上、自分の出玉や台は自分で守るしかないのです。

友達や知り合いが隣にいればいいですが、自分一人の時は自分で管理するのが確実です。

 

また、台をキープすると言うことは、その台に出る期待があるからキープするわけです。

だったら休憩などせずに、ひたすら打った方がいいですよね。

これはプロなら分かってくれると思いますが、期待値がある台は打てば打つほど儲かります。

休憩している時間はもったいないです。

閉店まで食事やタバコ、なんならトイレも我慢してひたすらぶん回すべきです。

 

どうしても離席する時は、確変中やBIG中はやめましょう。

周りに見せびらかすのは、無用な反感や嫉妬心を生みます。

確変に入るとタバコを吸いたくなりますが、トラブルを避けるなら確変終了後に吸いに行った方がいいです。

持ち玉が多い時は、何箱か途中交換して盗まれるリスクを減らすのも大切ですね。

 

最後に僕からのアドバイスを書いて終わります。

休憩トラブルを軽減するコツ、それは店員と仲良くすることです。

ムカつく客には、店員は厳しく対応する傾向があるからです。

仲良くというか、丁寧な言葉づかいで話しかけると良いですね。

 

具体的には、

「おい!メシ休憩!」

ってエラそうに言う客いますけど、こういう客は時間に遅れたら即回収になります。

時間を過ぎた場合、どういうお客さんが打っていたか?役職者はその担当店員に聞きますが、ムカつく客だった場合は厳しく対応します。

 

反対に、いつも来て負けてくれる仲の良い常連さんなら、時間を過ぎてもお店が勝手に1時間とか延長します(笑)

特に過疎店なら、役職者のこんなワンマンルールがまかり通ってしまうこともあるのです。

 

店員も人間ですから、ムカつく客にはルール通りに厳格に対応したくなるものです。

店員に媚(こ)びる必要はありませんが、マウント取るのはやめた方が賢明です。

 

初めにも書きましたが、パチ屋の休憩ルールは法律で決められておらず、各店ごとの独自のルールです。

店員がダメと言ったらダメなんです。

だから日頃から店員に偉そうな態度を取ったり、掛け持ちなどルールを守らない客は損することになりますね。

↓W杯の勝者を当てろ!下記バナーからの登録で3000円プレゼント!

遊雅堂の詳細はこちらから

↓ハイビスカス光る!蝶が飛ぶ!キュイーン!

ハワイアンドリーム遊ぶならベラジョンカジノ遊雅堂で!

今だけ当サイト限定の無料ボーナス特典がもらえる!

ハワイアンドリームは勝てる?オンカジはパチスロよりも儲かるのか解説!

↓連チャン率が最大91%にアップ!

ハワイアンドリームにクリスマスver.登場!

ハワイアンドリームのクリスマスと通常版とのスペックの違いを比較してみた

↑日本円で遊べる「ミスティーノ」

↓おいらんドリームで500万円勝ちプレイヤー出現!

今だけ当サイト限定の無料ボーナス特典がもらえる!

花魁ドリームは勝てるのか?機械割やスペックを解説!

↓日本人に一番人気のベラジョンカジノ!

↑【当サイト限定】登録するだけで30ドルプレゼント!

ベラジョンカジノは日本で違法ギャンブルなのか?逮捕される可能性について調べてみた