パチンコの玉を拾って打ったらどうなる?大当たりは無効で出禁に?


スポンサーリンク


フィーバー!

元店長の”ななしー”です。

 

今回は、「パチンコ店に落ちている玉やコインを拾って打ったらどうなるか?」について考えてみたいと思います。

 

お客さんの中には、お金を使わずに落ちている玉やコインを拾い集めることだけを目的に、来店する人もいます。

このような拾った玉やコインで大当たりした場合は、どうなるのでしょうか?

また、出入り禁止になったりしないのでしょうか?

 

先にこの記事の結論をまとめておきます。

 

・パチンコ店の床に落ちている玉やコインを拾い集めてはいけません。

・もし拾った玉やコインで大当たりした場合は、無効にされる可能性もあります。

・悪質な場合は、出入り禁止にされるでしょう。

 



パチンコ店の床に落ちている玉やコインは誰のもの?

自分がパチンコやスロットを打っていると、自分の足元に落ちている玉やコインを拾い集める人をたまに見かけます。

これって、なんか気分が悪いですよね。

 

このパチンコ店の床に落ちている玉やコインは、一体誰のものなのでしょうか?

 

これは、その時の状況によって違ってきます。

お客さんは、パチンコ店から玉やコインを借りています。

買っているわけではありません。

 

つまりお客さんが借りた玉やコインは、もちろんそのお客様のものです。

少し法律的な言葉を使うと、このお客さんが「占有」している状態ですね。

 

そして何らかの理由で、お客さんが床に玉やコインを落とすことがあります。

落としただけですから、もちろんそのお客さんが拾う権利があります。

隣のお客さんが拾ったら泥棒ですよね。

 

でも中には、落とした玉やコインを拾わないお客さん、 もしくは遠くへ転がって行ってしまったので拾うのを諦めるお客さんがいるのも事実です。

この場合は、借りたお客さんが占有する権利を放棄したわけですから、 玉やコインを拾う権利は所有者のパチンコ店に戻ります。

 

誰も拾わない玉やコインは、決して捨ててあるわけではありませんので、誰でも拾っていいわけでありません。

 

このようにパチンコ店は、お客さんに玉やコインを貸し出しています。

借りたお客さんが落としたなら、その借りたお客さんのもの。

その借りたお客さんが権利を放棄したのなら、所有者であるホールのものになります。

 

もちろんお客さんは、勝手に玉やコインをお店の外に持ち出したり、お客さん同士で売買をすることはできません。

これは、玉やコインをレンタルDVDなどに置き換えて考えてみれば、分かりやすいと思います。

 

 

「落とした」と「落ちている」は違う

簡単に言ってしまえば・・・

 

あなたがお金を使って、パチンコ店から借りた玉やコインを「落として」しまったのなら、それを拾っても大丈夫です。

むしろ、もったいないので拾ってください^^

 

他のお客さんが落とした玉やコインなど、元々床に「落ちている」ものを拾ってはいけません。

自分が打っている台の足元に、偶然落ちている玉やコインなら、ついでに拾ってもこれぐらい大丈夫です。

しかし、落ちている玉やコインを拾い集めるために、ホール内をウロウロするのはやめましょう。

 

落とした玉やコイン」と「落ちている玉やコイン」は違います。

 

拾った玉やコインで大当たりしたらどうなる?

もしお金を全く使わず、拾い集めた玉やコインで大当たりした場合はどうなるのでしょうか?

 

これは、そのパチンコ店によって対応は異なるかもしれませんが、店員が気づけば恐らくは大当たりを無効にされると思います。

 

実際、僕が店長やっていた時も、このような人が何人かいました。

パチンコ玉を10発や20発拾ったところで、そうそう簡単に大当たりするものでもありません。

でも、稀にこれが当たっちゃう場合があるんですよね~。

 

本来なら、大当たりする前に打つのをやめさせればいいのですが、気がつく前に大当たりしてしまった場合は、ちょっとしたトラブルになります。

でも僕は、問答無用で電源を切りました。

もちろん手元に残っている玉は、全部ボッシュートです♪

 

お金を使わずに、拾った玉だけでパチンコを打とうとすることが通用するわけがありません。

普段大金を使ってくれる常連のお客さんが、少し玉を拾うぐらいならそこまで細かくは注意しません。

でも、さすがにお金を全く使う意志がない人 (あえてお客さんと呼びません)が、拾った玉で大当たりさせるのは許せないですよね。

スポンサーリンク

 

出入り禁止になる可能性はあるの?

ちなみに僕は、先ほどの拾った玉で大当たりさせたお客さんを含め、明らかにお金を使わずに拾うことだけを目的で来店する人には、全て出入り禁止を言い渡してきました。

お金を使わないことが悪いことではなく、やはり玉やコインを拾い集めることが問題です。

 

第一、他のお客さんに非常に不快な思いをさせます。

自分が落とした玉やコインを、拾い集めている人物がいたら嫌な気分になりますよね?

ましてやその玉やコインで大当たりしようものなら、なおさら腹が立ちます。

このような理由から玉やコインを拾い集める人は、パチンコ店にとっては「招かざる客」ですので出入り禁止になる可能性は十分にあるでしょう。

 

最後に、このような玉やコインを拾い集める行為は、店員にバレるのでしょうか?

実は、これはすぐにバレます。

 

パチンコ店で働いたことがある人なら分かると思いますが、パチンコやスロットを打ちに来る一般のお客さんと、それ以外の目的で来店するお客さんとでは動きが違うのです。

「それ以外」とは、例えばゴト師などの不正行為を目的とする人、 休憩目的で来店する人、 付き添いで来店する人、そして玉やコインを拾い集める目的で来店する人などです。

 

少し注意してその人の動きを見ていれば、パチンコやスロットを打つ意志があるのかどうかはすぐに分かります。

もちろん、事務所の防犯カメラでも一目瞭然です。

 

台を選ぶわけでもなく、ただホール内をうろうろ歩いている・・・

やたらと店員の動きを気にしている・・・

休憩所の椅子に座っていても、本当に休憩をしている人と、何か悪巧みを考えて座っている人とではやはり動きが違います。

 

これは、経験を長く積んだ役職が見ればすぐに気が付きます。

警察官の職務質問ではないですが、なんとなく分かるのです。

もちろん怪しいと思えば防犯カメラで追跡しますし、店内のホールスタッフにもインカムでマークするように伝えます。

 

それに玉やコインを拾い集めていたら、他のお客さんから苦情が出ます。

ましてや拾い集めた玉やコインで大当たりしようものなら、常連のお客さんが黙っているわけがありません。

むしろ、他のお客さんからの苦情でバレるケースの方が多いかもしれませんね。

 

セコいことは、やめたほうがいいと思いますよ。

 

 

まとめ

お客さんは、お金を使って玉やコインをパチンコ店から借りています。

買っているわけではありません。

 

自分が落とした玉やコインなら、拾っても大丈夫です。

でも他人が落とした玉やコイン、元々床に落ちている玉やコインを拾うのはやめましょう。

誰のものでもない床に落ちている玉やコインは、所有者であるパチンコ店のものです。

捨ててあるわけではありません。

 

また、仮に拾い集めた玉やコインで大当たりした場合は、店員に見つかれば大当たりは無効とされる可能性が高いです。

その時は見つからなくても、景品交換する時に断られる場合もあるでしょう。

常識で考えて、こんなセコイことが通用するはずがありません。

 

もちろん悪質だと判断されれば、そのパチンコ店への出入り禁止が言い渡されます。

パチンコ店にとっては、玉やコインを拾い集めたところで被害は微々たるものです。

それよりも、周りのお客さんを不快にさせるという被害の方が大きいですね。

 

当人は、店員にバレないように拾い集めてるつもりですが、実はその行動はバレバレです(笑)。

防犯カメラで追跡録画され、写真をプリントアウトされた挙句、従業員用の休憩場に貼り出されるのがオチです。

パチンコ店で玉やコインを拾い集めるのは、やめた方がいいですよ。

 

スポンサーリンク




2 件のコメント

  • 一つ質問があります。
    よく店員が、落ちてるメダルや台に残っているメダル(1~2枚)を回収するのを見かけます。
    1日ではたいしたことはありませんが、1ヶ月、1年単位で考えれば、かなりの金額になると思います。
    お店は、このメダルをどのように計上して、申告しているのでしょうか?

    • 店員が回収した玉やコインは、とくに何も計上や申告はしません。

      例えば、税務署に申告するのは、売上や経費です。

      お客さんが玉やコインを放棄した分、ホールは景品を出さなくて済みますので、経費が浮き儲かることになります。
      ですから、特に回収した玉やコインについては、直接外部へ公式に申告などはしません。

      ただ、このような玉やコインを「誤差玉・誤差コイン」と呼んでいますが、本社へは日々報告をしています。

      もう少し専門的に書きますと・・・

      お客さんが放棄した玉やコインは、ホールにとってはプラスになりますので、
      「プラスの誤差玉(誤差コイン)」となります。

      反対に、ゴト師などに外部から持ち込まれた玉やコインは、「マイナスの誤差玉(誤差コイン)」となります。

      通常は、やはり玉やコインはホールの床に落ちますので、「プラスの誤差」で営業を終わります。
      しかしマイナスの誤差が出た時は、このようなゴトなどの不正やデータ異常(故障)がないかをチェックします。
      意外とこれが、役職者の重要な仕事です。

      わかりにくいですよね・・・。
      宝くじ売り場(主催者)に例えると、少しは理解しやすいかもしれません。

      宝くじ売り場は、お客さんへ宝くじを売ります。
      当選発表があっても、換金に来ない当たりくじが何枚かありますよね?

      実際に1等が未換金などもあります。
      いわば、お客さんが放棄した宝くじです。

      未換金の当選金が残った分、宝くじ売り場は儲かることになります。

      どうでしょうか?
      ちょっと例えがアレですが、イメージが伝われば幸いです。

      尚、1日で回収する玉やコインは、ホールの規模や稼働により異なります。

      パチンコ玉は、1日で数千個単位回収します。

      コインは、それほど多くはありません。1~2百枚ぐらいでしょうか。
      コインは、お客さんがこまめに拾いますからね。
      ホールそれぞれです。

      確かに1年間を合計すると、かなりの金額になります。
      (計算したことはないですけど・・・)

      この辺りの暴露話も、また記事で書きますね^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。