牙狼月虹で離席してトイレやタバコに行くタイミングを解説!

今回は、牙狼月虹の魔戒チャンス中に離席できるタイミングについて解説します。

・マカチャン入ったから、ちょっとタバコを吸いに行きたいけど手を放してもいいの?

・マカチャン中にトイレに行きたいけど、どのタイミングで行けばいいの?

こんな疑問についてお答えします。

 

【先に結論】

牙狼月虹では右打ち時の電チューに保留ランプがありませんので、右打ちしなければいつでも離席できます。

但し、Vゾーンには必ず玉を入れましょう。(パンクします)

 

牙狼月虹は源さん韋駄天よりも離席するタイミングは簡単

牙狼月虹のように、1種2種混合機でラッシュが大連チャンしてトイレに行けない台と言えば、大工の源さん超韋駄天が有名ですよね。

いくら出玉スピードが速いとは言え、数十連チャンとかすると1時間ぐらいはトイレを我慢しなければいけません。

とは言っても、下手に手を離してパンク(大当たりの権利が失われること)しそうで怖い…。

 

そんな源さん韋駄天のトイレに行くタイミングについては、以前こちらの記事で解説しています。

 

何だか仕組みが複雑そうで不安…と思うかもしれませんが大丈夫です、安心して下さい。

牙狼月虹はこの源さんよりも、ラッシュ中にトイレに行くタイミングは簡単です。

トイレやタバコを無理して我慢せずに、気軽に離席することができます。

 

牙狼月虹の電チューには保留ランプがない

なぜ、牙狼月虹は離席のタイミングが簡単(分かりやすい)かと言うと、右打ち時の電チューに保留ランプがないからです。

源さんには電チューに保留ランプがありますので、この保留をすべて消化するまでは離席できません。

電チューの大当たり確率は約1/2と高いので、これが保留で当たってしまうと手を離せないからです。

 

これに対して牙狼月虹の電チューには保留ランプがありませんので、電チューのスルー(スタートチャッカー)に玉を通さない限り電チューは開きません。

電チューが開かなければ大当たり抽選をしないので、当然のことながら大当たりはしないわけです。

よって右打ちをしなければ、そのまま手を放して離席することができます。

最近の機種は保留ランプがどこにあるか分かりづらいですが、牙狼月虹の電チューには保留ランプがないことを覚えておきましょう。

 

ボーナスタイプを選択後に右打ちをしなければ離席できる

具体的に離席できるタイミングを説明します。

通常時から白図柄が揃って3Rを消化した後、魔戒チャンスに突入します。

その時、まずバトルボーナスのタイプを選択する画面になりますね。

 

・鋼牙の初代バトルボーナスタイプ

・雷牙の心滅バトルボーナス(最後の一撃タイプ)

・大河開眼ボーナス(タイマー告知タイプ)

の3つの中から選択します。

 

選択後、いよいよ右打ちして魔戒チャンスを消化するわけですが、この時、右打ちをしなければ魔戒チャンスは始まりません。

つまりこのタイミングなら、トイレへ行くなりタバコを吸いに行くなりできます。

画面には「右打ち」と表示されますが、これを無視して打ち出しをしなければ離席することが可能です。

↑PFOGとは「パーフェクト・フェイス・オブ・ガロ」のことです。

 

大当たり間も右打ちしなければ離席することができる

魔戒チャンス中の大当たり間も、右打ちしなければ離席することができます。

「大当たり間」とは大当たりの最中と言う意味ではなく、大当たりと大当たりの間という意味です。

当たり前ですが、アタッカーが開いている時に手を放してトイレに行ってはダメですよ。

 

具体的には、大当たりの最終ラウンドのアタッカーが閉じたら手を放します。

画面には「魔戒チャンス継続」と表示されますが、この時に右打ちしなければ離席することが可能ですので、トイレやタバコに行って大丈夫です。

 

魔戒チャンス中にトイレやタバコに行く時の注意点

以上が、牙狼月虹の魔戒チャンス中に離席できるタイミングになります。

ついでなので、離席する時の注意点についても書いておきます。

 

図柄が揃ったらVゾーンには必ず玉を入れる

これはないとは思いますが、パチンコ初心者の人は気をつけて下さい。

魔戒チャンス中に図柄が揃ったら、絶対に離席してはダメです。

右打ちしてVゾーンに玉を入れるように指示されますが、この時にVゾーンに玉を入れないと大当たりが終了してしまうからです。

 

↑この指示には従いましょう。例え漏れそうでもトイレに行ってはダメです。

 

魔戒チャンス中の離席はイタズラに気を付ける

源さんで実際にあったことですが、ラッシュ中にトイレに行っている間に勝手に右打ちされてパンクさせられた…というイタズラ(嫌がらせ)です。

このイタズラには、源さんよりも牙狼月虹の方が注意が必要ですね。

なぜなら、牙狼月虹は電チューの大当たり確率が約92%と、玉が入ればほぼ当たるからです。

当たればVゾーン入賞を促されますので、玉を入れなければ当然パンクしてしまいます。

 

しかも牙狼月虹は釘ゲージの構成上、電チューのスルーに入った玉がそのまま電チューに入る可能性が高いです。

魔戒チャンス中は例え1発でもイタズラで右打ちされたら、パンクしてしまう可能性がありますので注意しましょう。

 

あと、これは牙狼月虹に限らずですが、空き台かと思って知らずに(?)確変中の台に座って打つ人が稀にいます。

離席する時は「遊技中」ということが分かるように、しっかりと「キープ」をアピールすることが大切ですね。

※スマホで台をキープしたら、そのスマホを盗まれたという事件もありますので注意。

 

悪意はないにせよ、もし知らずに魔戒チャンスを他人に打たれてパンクしても、基本的にホール側は補償はしてくれません。

「お客さん同士で解決して下さい」になります。

故意にイタズラで打った場合は、ホール側の対応は「警察を呼んで下さい」になります。

今の時代、パチ屋でも何が起こるか分かりませんので、離席中は「もしかしたら、誰かに魔戒チャンスを打たれるかも…」と警戒心を持っておいて損はないと思います。

 

魔戒チャンス中の離席は周りから良くは思われない

基本的にパチンコでは、確変中に離席するのは周りからは良くは思われません。(スロットならボーナス中)

隣の人が魔戒チャンス引いて、おめでとう!って思いませんよね?

多くの人は、

・僻(ひが)み

・妬(ねた)み

・嫉(そね)み

の感情が芽生えると思います(笑)

 

そしてこれが、前述のイタズラにつながるわけですね。

特にドヤ顔で魔戒チャンスを見せびらかすように離席したり、当たる度にどこかへ行くのは周りから反感を買うこと必至。

いらぬトラブルを避けるためにも、トイレやタバコはできるだけ最小限にした方がいいかもしれません。

 

魔戒チャンス中の離席には玉泥棒に気を付ける

これも牙狼月虹に限ったことではないですが、離席している間に玉やメダル・ICコインやICカードを盗まれたっていう事件は意外と多いです。

こちらもイタズラ同様にホールは補償してくれませんので、自分で管理するしかありません。

「遊タイム狙いのハイエナかと思ったら、実は玉泥棒だった」っていうことにならないように、離席する時は十分に注意しましょう。

 

【結論】魔戒チャンスの右打ちは「ハネモノ」であり確変ではない

今回は、パチンコ(牙狼)初心者の人に向けて書きました。

ですから、これ以上書くと混乱するので簡単にしておきますが、牙狼月虹は1種2種混合機と呼ばれるタイプのパチンコ台です。

1種とはデジパチのことで、「液晶のデジタルが揃えば大当たり」という一般的なゲーム性のパチンコ台。

2種とはハネモノのことで、役物内のVゾーンに玉が入れば大当たりとなります。

これを組み合わせた台なので、1種2種混合機と呼ばれるわけですね。

 

つまり、右打ち時の魔戒チャンスはハネモノであり、確変ではありません。

確変ではないので電チューに保留ランプがなかったり、電チューの大当たり(小当たり)確率が約93%というスペックが造れるわけです。

ややこしいですよね。

 

でもハッキリ言って、パチ屋の店員でも「1種」とか「2種」をうまく説明できる人は少ないです。

それなのにこの「1種2種混合機」という、一般ユーザーには意味不明なネーミングは一体誰が考えたのか…。

とてもじゃないですが、パチンコを浸透させる気が感じられません。

恐らくユーザーの中では、若い人たちぐらいしか理解していないのではないでしょうか。

 

1種2種混合機は、画面と音声で「右打ち」「左打ち」を教えてくれるので、この指示に従っていればパンクすることはありません。

でも、ユーザーのことを考えるのなら、右打ち時に「今がトイレに行くチャンス!」って表示してくれると親切だと思います(笑)

↓ハワイアンドリームがより荒波になった「クリスマスversion」が登場!

ハワイアンドリームのクリスマスと通常版とのスペックの違いを比較してみた

ベラジョンカジノの姉妹サイト「遊雅堂(ゆうがどう)」が登場!

日本円をそのまま銀行送金で入出金ができて超便利!

8/31までの当サイト限定特典として、上記バナーからアカウント登録するだけで6,000円分の無料ボーナスを進呈!

もちろん、大人気スロットのハワイアンドリームも遊べます^^

↓ディーチェなら合法的に景品交換ができる!