パチンコやスロットを台パンで破壊したら出禁になる?警察への通報や弁償はあるのか解説

登録した日から7日間無料でお試しできます。この期間中に解約すれば料金は一切発生しません。登録方法はコチラから。PC版は「777タウン.net 」をご利用下さい。

 

フィーバー!

台パ~ンチ、バイバイキ~ン!

元店長の”ななしー”です。

 

10万円負けたからと言って、いくら2000回転ハマったからと言って、台パンするのはやめましょう。

 

今回は、そんなムカついて台パンした時のお話です。

もし、台パンで遊技台を破壊してしまったら、その後どうなるのか・・・僕の経験からお話しします。

※僕の経験上のお話であって、各ホールの店長によって対応は変わってきます。

 

台パンでパチンコやスロットの台を破壊した場合、

・出入り禁止になる

・弁償させられる

・警察に通報される

など様々なことが言われています。

 

果たして、どれが本当なのでしょうか?

気になりますよね・・・と言うより、台パンしなければ関係ないことなんですけどね。

 

下の目次を読めば、この記事の要点が分かります。

気になるところをクリックして下さいね。 

 

  ハワイアンドリームの遊び方はこちらからどうぞ! 今なら無料ボーナスがもらえる! 姉妹サイトパーラーオンラインカジノもよろしくね!

台パンだけなら厳重注意か出禁になる

パチンコ台やスロット台をパンチするので「台パン」。

台をバンバン叩くので「台バン」という人もいますが、 ムカついて遊技台をぶっ叩くことには変わりありません。

ゲーセンでも、台パンって言いますよね。

 

もちろん台パンすることは、ホールのルールで禁止されています。

そんな禁止されてる台パンをした場合ですが、遊技台が壊れていないのなら、1回目は厳重注意で済むことが多いです。

しかし、2回目3回目と繰り返し台パンすれば、出禁になる可能性が高いでしょう。

遊技台が壊れる可能性がありますし、何より周りのお客さんに迷惑です。

 

負け込んでついカッとなり、1回ぐらい台パンしてしまうことはあるかもしれません。

でも普通の大人なら、一回店員に注意されればやめますよね。

1回目台パンして注意された時点で防犯カメラでマークされますが、それでもやめずに2回目・3回目と台パンした時点で退店&出禁になります。

当たり前ですが、台パンしても遊技台を破壊していなければ、弁償や警察への通報はありません。

 

台パンして破壊すると事務所へ連行される

さて、ここからが本題です。

台パンして、パチンコ台やスロット台を破壊してしまった場合です。

 

僕も、自分の店で何度か台パンで破壊された経験があります。

台「パン」ならず、台「キック」もありました。

 

とりあえず遊技台が破壊された時点で、そのお客さんを事務所まで連行します。

その場で言い合いしても周りのお客さんの迷惑になりますし、ホールではうるさくて、まともに話し合いができないからです。

 

台パンした本人も、周りの目を気にして”引くに引けない心理”になっていることもあります。 

散々イキがって台パンした挙句、破壊して店員が来たら平謝り・・・ではカッコ悪いという心理です。

 

まずは、事務所へ半ば強制連行ですね。

その後、どうなるのかを具体的に書きます。

 

 

遊技台を破壊したらほほ100%出禁になる

台パンで遊技台を破壊したら、ほぼ間違いなく出禁になります。

僕は例外中の例外として、本当に毎日来てくれている常連のお客さんの場合は、出禁にせずに1度だけ許しました。

でも、それ以外の台パンによる破壊行為は、すべて出禁にしています。

他のお客さんへの”示し”が付かないですし、そういうタイプのお客さんは、今後も同じことを必ず繰り返すからです。 

 

ましてや、遊技台が壊れるぐらいの力で台パンするのは、自分の感情をコントロールできない子供。

きっと普段から台パン以外の行動でも、周りのお客さんに迷惑を掛けていることでしょう。

そういうお客さんは、パチンコ店にとってはマイナスですので、二度と来て欲しくないわけです。

どんなに負けていても、台パンしない人は絶対に台パンをしません。

 

免許証のコピーを取られて誓約書を書かされることもある

事務所に連行したら、まずは身分証明書を出してもらいコピーを取ります。

こうしておけば、いつでも警察へ通報することができますし、余計な逆恨みを回避する効果もあります。

中には「もう二度とウチの店には来ない」と言う、誓約書にサインをさせるホールもあります。

 

稀に「身分証明書類は何も持っていないし、名前も言いたくない」とか言う人がいます。

台を壊しておいて、名前は言えませんはないでしょ!

後述しますが、僕は基本的に台パンは警察へは通報しません。

しかし、どこの誰だか名乗らない場合は、警察を呼ぶしかないですよね。

 

弁償させられるかどうかはホールの対応次第

皆さん、ここが一番気になるところではないでしょうか。

破壊した遊技台の弁償をさせられるかどうか?

実は、ここが一番難しい問題です。

 

一般的には、台の修理代(部品代)の弁償を請求されます。

メーカーや壊れた部品にもよりますが、スロットの下パネルなら1万円ぐらいです。

液晶なら10万円近くしますね。

 

しかし、破壊された部品を交換する際には、メーカーから部品と保証書を取り寄せて警察に届け出をしなければいけません。

その間、その遊技台は稼動を停止する必要があります。

勝手に部品を交換するのは、風営法上タブーだからです。

 

この一連の手続きをしている間は、その台の売上は0ですよね。

ですからホール側の本音としては、部品代と遊技台が稼働停止した分の売上の損失も弁償して欲しいわけです。

 

ちなみに僕は、その台の粗利(儲け)の弁償ではなく、売上の弁償をして欲しいと請求します。

例えば、1日の売上が3万で5日間の稼働停止なら、15万円の売上の弁償と部品代を請求します。

 

でも、お客さんにそんな金額を請求しても、まず払ってくれません。

金額が金額ですし、台パンしている時点で相当負けていて所持金がないことも分かります。

後日、請求しても恐らく逃げられます。

無理に弁償を迫ったら、「事務所に監禁されて恐喝された」とまで言われかねません。

 

僕が、これだけの金額の弁償を請求する目的は、台パンによる破壊でこれだけの被害額が発生していることを分かって欲しいからです。

「どうせボッタクリ営業しているから、弁償しなくていいだろ」とか言われたこともありますが、ちょっとそれは自分勝手な考えではないですか?

いや、実際そうなんですけどね(笑)。

台パンを軽く考えないで欲しいことと、最悪損害賠償と言う話になった場合、これだけの金額を弁償してもらうことになることを分かって欲しいのです。

 

ちなみに僕は、いくら台パンで破壊されたとは言え、実際にお客さんから弁償してもらったことは1度もありませんでした。

とにかく出禁にするので、身元をしっかり確認して2度と来るな!というのが、僕なりの対処法です。

弁償させてお金を受け取ると、後腐れして面倒なことになるのが嫌だからです。

 

でも、これは店長である僕の判断。

別のチェーン店の店長は、「台パンでスロットのパネル割りやがったから、その場で3万円弁償させた」と言うケースもあります。

どちらかと言おうと、このような対応をする店長の方が多いです。

正直、この辺の弁償する金額は「言い値」ですけどね。

 

もし「示談」できなければ、警察を呼んで被害届を出すまでです。

証拠がはっきりしているので、被害者であるホールが告訴をすれば、器物損壊罪になることは間違えないと思います。

告訴とは、裁判にかけられることです。

裁判で有罪になれば、罰金刑や懲役刑になり前科者にもなります。

 

台パンって軽く言いますけど、例えば街中で車やお店の看板を破壊した場合、普通に逮捕されますからね。

そう思えば、3万円って安い金額だと僕は思います。

 

 

警察への通報もホールの対応次第で変わる

ちょっと話が前後しますが、弁償の次に気になるのが警察へ通報されるのか?ということです。

これも弁償の時と同じで、それぞれのホールごとに対応が違います。

 

先ほどの別のチェーン店の店長は、「この場で弁償するなら、警察へは通報しない」と言ったそうです。

まさに「示談」ですね。

僕もこれと似たような考えで、できれば警察への通報はしたくありません。

なぜなら、メンドクサイことになるのが嫌だから。

 

警察へ通報するということは、被害届を出すことも視野に入れる必要があります。

(器物損壊は親告罪です。気になる人はググって下さい。)

被害届を出したことがある人なら分かると思いますが、あれって警察署まで行って色々と書いたりと結構時間がかかります。

メンドクサイですよね(笑)。

 

台パンによる破壊行為は、立派な犯罪です。

先ほども言いましたけど、刑事裁判になれば罰金刑や懲役刑もあります。

 

でも、仮にそのお客さんが罰金や懲役になっても、ホールには1円もお金が入ってきません。

部品代や売上の弁償を請求するのなら、民事裁判で争う必要があります。

10万や20万円ぐらいで、裁判を起こす人なんかいませんよね。

弁護士に依頼したら、完全に費用倒れです。

 

このように、警察に通報したところでパチンコ店側にはお金が1円も入ってこない上、面倒な手続きだけが増えます。

つまり、示談にしてその場でいくらかで弁償してもらった方が、ホール側としても好都合なのです。

 

尚、僕の個人的な考え方は・・・

・台パンして破壊したことを心底反省して欲しい

・店の被害額を分かって欲しい

・本人納得の上、身元をはっきりとさせた上で出禁にしたい

・お金のやりとりや警察など、なるべく面倒なことは避けたい

・自分の怒りを収めるため、台パンしたことを小一時間説教したい

という考え方です。

 

先ほども言いましたけど、台パンで破壊された後って、後処理の手続きが面倒なんですよね。

僕的には、弁償するしない、警察呼ぶ呼ばないの問題よりも、この面倒な手続きに腹が立つんです。

 

特にパチンコ台のガラスを割られた時は、シャレになりません。

役物の中にガラスの破片が入るので、”全バラ”して掃除する必要があります。

だから、あーだこーだ小一時間説教して、スッキリするのが目的なのかもしれません(笑)。

 

あ、余談ですが、別のチェーン店の店長が弁償で受け取った3万円。

そのまま部品代として、お店の財布(収入)に入ると思ったら大間違いですよ。

本社には「台パンで破壊されて逃げられました~」って報告すれば、部品代は経費から出ます。

僕が何を言いたいか、お分かりですよね?

 

一応、弁償について簡単にまとめておきます。

・台パンして破壊した場合は、部品代ぐらいは請求されるものだと思って下さい。

・警察に通報されるかどうかは、台パンした本人の態度次第だと思います。

しっかり謝罪して1万円でも2万円でも弁償すれば、事務所から開放されるでしょう。

・弁償もせず、謝りもせず、警察にも通報されずに開放されることはないです。

 

ここまでは、台パンしてパチンコ台やスロット台を破壊し、事務所に連行されてしまった場合について書きました。

次は、破壊して逃げたらどうなるか?について書きます。

 

 

台パンで破壊して逃げたら捕まるのか?

「店長~!〇〇番台のガラスが割られてます!お客さんはいません・・」

これ、何度か経験あります(怒)。

台パンでパチンコ台のガラスを割って、そのまま逃げていくパターンです。

スロットなら下パネルですね。

ちなみにガラスの破片とともに、血が付いていることもあります。

 

このように、台パンで破壊して逃げたらバレて捕まるのでしょうか?

これは、会員登録をしていない初めて行くホールなら、ほぼ捕まらないかな?と思います。

反対によく行くホールや、会員登録などをしていると逃げてもバレる可能性があります。

 

そんな破壊されて逃げられた時の、僕の対応を書きますね。

 

防犯カメラの映像は残っている

台パンで逃げられたら、まずはお決まりの防犯カメラの巻き戻しチェック。

だいたい破壊するぐらい台パンするヤツって、”前兆”があります。

レバーを強打したり、割れない程度にゴンゴン台を叩きます。

 

管理ができているホールなら、この時点ですでに防犯カメラでマークします。

事務所のモニター画面一杯に、ドアップで映し出されているのです。

パチンコは振動センサーを付けていたので、台パンするとセンサーが反応して自動で防犯カメラがズームします。

 

また、逃げても店内通路や入り口にも防犯カメラはあります。

台パンは行動が目立ちますので、カメラの記録を巻き戻して追って行けば、ほぼ100%破壊した人物が特定できます。

※置き引きやコインの持ち込みなど、手元の動きが小さい行為は、防犯カメラでは特定できないこともあります。

 

人物が特定できたら、それをプリントアウトして事務所内にこう書き添えて貼り出します。

「この顔にピンと来たら」(笑)。

 

警察へ被害届を出すかどうかはホール次第

防犯カメラで台パンの犯人が特定できたら、それを警察に通報して被害届を出すかどうかになります。

ここは、各店長のやり方や判断次第ですね。

 

僕は前述のように、台パンでは一度も被害届を出したことはありません。

その理由は、もちろんメンドクサイから(笑)。

そして、被害届を出しても捕まる可能性が薄いからです。

 

台パンでの破壊は器物損壊罪ですが、警察もそこまで本気で捜査しないのではないでしょうか。

店内での傷害罪やわいせつ罪なら話は別ですが、台パン程度では”負けた客の腹いせ”程度の事件と扱われます。

仮に捕まっても、弁償してもらえるかどうかは、これまた別の話ですからね。

もちろん、中には警察へ通報するホールもありますので、「逃げるが勝ち」と言う考えはやめた方がいいと思います。

 

何だか僕が、何されても警察へ通報しない店長と思うかもしれませんが、台パン以外なら何回も通報したことありますよ。

車上狙いに遭った、夜間に事務所に侵入された、駐車場に大量のゴミを投棄された、従業員が売上を盗んで逃亡した、ゴト師に基盤を交換された・・・などなど。

どんな内容か気になります??

 

これらは明らかな犯罪で、再犯の可能性もあります。

でも、台パンは犯罪は犯罪ですが、怒りによる一時の感情によるものなので、ちょっと違うかなと。

 

通報してもどうせ捕まらないだろうし、捕まっても弁償させることは難しいし・・・。

これらと被害届を出す手間を天秤に掛けたら・・・ね。

 

あと、極力警察の方には、必要以上にホール内には来て欲しくないという本音もあります。

イベントが~とか、ヤブヘビになり兼ねないので(笑)。

 

会員情報から身バレする可能性がある

ICカードタイプ会員カードでは、何番台で誰が打っているか分かるものもあります。

と言うことは、逃げてもバレバレですね。

正しい住所や氏名で会員登録していれば、その情報を元にホールから追求されるでしょう。

 

会員登録してあるホールでは、個人情報が握られています。

台パンで破壊してしまった場合は、逃げずに素直に謝った方がよさそうです。

僕のホールはボロかったので、まだこうしたシステムは導入していませんでしたけどね。

 

常連客などに聞き込み調査される

これは、意外と盲点かもしれません。

実は従業員よりも、常連のお客さんの方が良く知っていると言うことがあります。

 

僕が台パンして逃げられた時は、周りにいた常連さんによく聞きていました。

そうすると、普段はライバル店でよく打ってるとか、〇〇の知り合いとか、どの辺りに住んでいるとか意外と情報が聞けます。

台パンするヤツってマナーが悪いので、日頃から常連さんにもマークされているわけです。

常連さん同士の情報網は広いので、日頃から適度に仲良くしておくと、こうした時に頼りになります。

 

実際、逃げた奴が後日謝りに来たことがありました。

〇〇(常連さん)の知り合いだったらしく、逃げきれないと思い自首したようです。

 

店員にバレていない、カメラには映っていないと思っても、実は周りのお客さんが一番良く見ているのです。

遊技台を破壊して逃げたら、許されるものも許してもらえなくなりますよ。

 

 

台パンによる他のお客さんへの被害

ここまでのことは、一般的によく言われていることです。

警察へ通報されるのか?

弁償させられるのか?

出禁になるのか?など。

 

でも、これから書くことは、あまり知られていないことだと思います。

他の人が、台パンしてパチンコ台やスロット台を破壊した場合、あなたがその被害を受ける可能性があるかもしれないということです。

犯人に間違えられるとかじゃないですよ(笑)。

 

台の稼働が止まるので設定が入りづらくなる

これは、それぞれの店長の考え次第ですが・・・、と前置きさせて下さい。

 

例えば、ジャグラーが4台あります。

4台あるなら、1台は設定入れることができます。

でも、台パンで破壊された場合は、その台の稼働を止めなければいけません。

 

そうなると3台になりますよね。

3台になると、ちょっと設定が入れづらくなるのです。

3台と4台では、設定を入れる側としては考え方や配分が全然変わってきます。

10台ぐらいあれば、1台ぐらい稼働が止まっても何とかなりますが、4台から3台は大きいですね。

 

一般的に台数が少なくなれば、設定が入りづらくなります。

台パン破壊による被害が、ホールだけではなく関係のない他のお客さんにも及ぶのです。

 

部品代や売上減の損害のシワ寄せが他のお客さんに行く

「いや、俺は台パンで破壊された機種打たないから関係ないし・・・」

って思う人がいるかもしれません。

でも、それは甘い考えですよ。

台パンした犯人に部品代はともかく、売上分まで弁償させることは現実的に難しいです。

金額が高額になりますし、なかなか犯人も納得しません。

 

結局、その売上が減った分はどうなるかと言うと、ホールが泣き寝入りして負担することになります。

当初の目標より売上は減るし、余分な部品代の経費は掛かるし・・・。

仕方がない・・・で終わると思いますか?

 

その売上が減った分、余分な経費が掛かった分、そのシワ寄せは他の台の設定や釘に行きます。

なぜなら、台パン破壊で稼働が止まったからと言っても、本社が当初の目標より売上や粗利を下方修正してくれないからです。

どういう意味か分かりますよね?

他の台から回収するのです。

 

これを知ったら、何だか腹が立ちませんか?

実際には、数百台ある中の1台が数日間止まったぐらいでは、全体としてはその影響は微々たるものです。

しかし、先ほどの例えのジャグラー4台の場合なら、その機種への影響は大きいですね。

1台稼働が止まることによる、他の台(お客さん)への影響があることを知ってもらえたらと思います。

 

台パンしたヤツから、キッチリ弁償してもらえば問題ないんですけどね。

でも、ナカナカ難しいんですよ・・・。

 

【まとめ】台パンによる破壊は、ホールも他のお客さんも被害者になる

台パンして破壊した時の対応は、ホールごとにより対応が様々です。

少なくとも出禁にはなります。

部品代ぐらいの弁償は、請求されるでしょう。

 

警察へ通報されるかどうかは、その時の店長や状況次第。

素直に謝った方が良いと思います。

 

間違っても「遠隔やってるだろ!」とか言わない方がいいですね。

いくら納得いかなくても、それが遊技台を破壊しても良い理由にはなりません。

店長を感情的にさせると、解決することも解決しなくなりますよ。

 

また台パンして逃げても、防犯カメラには必ず映像が残っています。

パチンコ店の防犯カメラは、性能がかなり良いです。

通路や出入り口、駐車場にも設置してありますので、犯人がどんな人物かは分かります。

店員が気が付かなくても、周りのお客さんが見ていることも。

 

そして、台パンを他人ごとと思わないで欲しいです。

台が破壊されて稼働が止まれば、その分の損失を他のお客さんが間接的に負担することになります。

ホールも周りのお客さんも、台パンの被害者です。

これは、ゴト師による被害と同じですね。

 

周りで台パンしているヤツがいた時は、トイレついでに店員に注意するように言ってもいいと思いますよ。

電話で「〇〇番台のヤツが台パンしてウザイ」とクレームするのもアリだと思います。

本来なら、まず店員が気付いて止めさせるべきですからね。

 

台パンは、遊技台が壊れる恐れがある上に、周りのお客さんの迷惑にもなります。

台パンしているヤツの隣では、打ちたくないですよね。

稼働が低下する原因にもなるのです。

 

ホント、台パ~ンチ!はやめましょう。

 

 




姉妹サイト「パーラーオンラインカジノ」は、こちらからどうぞ!

パチンコ・パチスロの代わりになるギャンブルを探している人は、ぜひ一度オンラインカジノで遊んでみて下さい。

風営法は関係ないので100万勝ちとか狙えますよ。

 

沖ドキ南国育ちを彷彿とさせる爆裂連チャンスロット「ハワイアンドリーム」がオススメ機種です!

・リスピン(リプレイ)の連続がアツい!

・ハイビスカスが光ればボーナス確定!

・蝶々が飛ぶと、スーパーボーナスへ昇格!

・金7のアルティメットラッシュで一撃大量出玉を狙え!

 

ハワイアンドリームについて詳しく知りたい方は、こちらからどうぞ!