パチンコ店が赤字営業になる日はあるの?利益の還元日はある?

フィーバー!

常に家計が赤字の、元店長の”ななしー”です。

 

今回は、パチンコ店は赤字営業をするのか?

利益を還元する日はあるのか?

について考えてみたいと思います。

 

昔は、パチンコ店のチラシには、

 

「赤字出血還元大開放!」

 

と、漢字ばかりで読みにくいですが、こんなチラシをよく見かけました。

これって、本当なのか(本当だったのか)気になりますよね。

 

僕の経験から、パチンコ店の赤字営業や利益還元の裏側を暴露します。

先に結論を書いておきますと、パチンコ店が赤字営業して利益を還元する日はわずかながらあります。

 




赤字営業の日はある

パチンコ店が赤字営業になる日、と言うか赤字営業をする日の代表的なものといえば、グランドオープンの時ですね。

一番出玉が期待できる、新規開店の日です。

 

グランドオープンは赤字営業

グランドオープンですから、そのパチンコ店のまさに一番初め、新規開店の日です。

僕は、現役時代にこの新規開店のグランドオープンに2~3回ほど立会いましたが、全て大赤字営業でした。

確か1日で、600万円ぐらいの赤字のパチンコ店もありましたね。

大丈夫かなって、不安になりましたけど。

グランドオープン初日から、3日目ぐらいまでは赤字営業を続けて、その後様子を見ながら利益なしの”チャラ”営業に移行します。

 

パチンコ店にとって、「出る」というイメージはとても大切です。

グランドオープンの時にイマイチ出玉が出ないと、ホールの雰囲気が悪くなり「このパチンコ店は出ない」という烙印が押されてしまいます。

グランドオープンですから、それまでの実績が全くない白紙の状態です。

そこに「出ないパチンコ店」というイメージが、お客さんに植え付けられてしまうのです。

 

グランドオープン時につまずくと、後々とても苦労します。

何十億という設備投資をしてパチンコ店を一軒建てたのに、いきなり失敗してガラガラではそれこそ「大赤字」です。

一度ついた悪いイメージを払拭するためには、長期に渡って玉を出し続けなければいけません。

こっちの方が、かえって余計な赤字営業を続けなければならないのです。

 

反対に、グランドオープン時に大開放の赤字営業をして、お客さんに良いインパクトを与えれば、自然と固定客(常連客)が定着します。

こうなれば、徐々に通常営業に向けて調整を戻し黒字営業にしても、お客さんがちゃんと付いてきてくれるのです。

やはりパチンコ店のイメージって大切なんですよ。

 

ちなみに、グランドオープン時に中途半端な「開け調整」をして万一出なかった場合、前述のように悪い雰囲気になってしまいます。

ですからグランドオープン時は、確率が辛く入ってもどうやっても赤字になるように思いっきり開けるのです。

利益なんか考えずに、とにかく盛り上げてお客さんに良い印象を植え付けるのが目的です。

パチンコ店の新規開店グランドオープンは、たった一度しかないからこそ赤字営業が期待できる日と言えるでしょう。

 

 

リニューアルオープンも赤字営業が期待できる

グランドオープンの次に赤字営業になる日と言えば、 リニューアルオープン(新装開店)の日でしょう。

パチンコ店のリニューアルオープンは、年に何回かありますよね。

特に最近はイベントが露骨にできないため、やたらとリニューアルオープンの文字を目にするような気がします。

 

リニューアルオープンの時には、チラシが入ります。

赤字営業、もしくは赤字営業に近いぐらいの利益還元をお客さんは期待しています。

 

ただ、リニューアルオープンが必ずしも赤字営業になるかと言えば、そうではありません。

僕の経験上、リニューアルオープンの中でも赤字営業が期待できるのは、換金率の変更やパチンコやスロットの増台、大幅な新台入替の時です。

特に夕方6時開店などの時は、パチンコ店側も赤字覚悟の営業をします。

(通常の朝10時から開店すると大幅な赤字になってしまうので、夕方6時からしか開店できないのです。)

 

換金率を変えたりスロットを増台したり、パチンコの海物語を何十台単位で大幅に導入した場合などは、グランドオープンと同じようにお客さんに良いイメージを持ってもらうために、赤字覚悟の営業をするのです。

 

もし、これが失敗してしまうと・・・

・換金率を変えてから出なくなった

・スロットを増台してから設定が渋くなった

・あそこの海物語は出ない

といった悪いイメージが付いてしまいます。

 

実際の釘や設定は入れていても、お客さんが悪いように感じてしまえば、それはパチンコ店とって「失敗」のリニューアルオープンです。

これだけは避けたいですから、パチンコ店は利益度外視の赤字覚悟の営業をします。

 

実際、僕が店長だったパチンコ店が、パチンコの換金率を80玉から55玉に変更したリニューアルオープンの時の事です。

通常なら80玉から55玉に換金率を変更すれば、スタートも出玉も確変中の持ち玉も、全部削らなければパチンコ店は営業が成り立ちません。

 

でも、これをリニューアルオープン時にやってしまうと、お客さんは・・・

・確かに換金率は上がったが、その分釘が渋くなった。

・80玉交換の時の方が、よく回って遊べた。

となってしまいます。

 

ですからその時の僕は、釘は80玉交換の時とほぼ同じままで(55玉交換の)リニューアルオープンしました。

もちろん大赤字でしたよ。

お客さんにしてみれば、釘が以前とほぼ同じなのに大当たり1回分の金額が明らかにアップしています。

55玉交換になって良かった、55玉交換の方が勝てる、と思ってくれます。

 

後は徐々に分からないように釘を閉めていき、赤字営業で還元した利益を回収していくのです。

このような換金率の変更や、パチンコやスロットの大幅な増台・導入のリニューアルオープンは、赤字営業で利益の還元を期待してもいいと思います。

 

これに比べて同じリニューアルオープンでも、赤字営業はそれほど期待できないリニューアルオープンもあります。

設備の導入などのリニューアルオープンが、これに当てはまります。

 

・休憩コーナー新設しました。

・マイナスイオン導入でタバコの煙もスッキリ。

・データカウンターが新しくなりました。

・貯玉システム導入

・ ICカード導入

 

など、よくチラシで見かけませんか?

 

確かにこれら全ては、お客様にとって快適便利になるリニューアルオープンですが、パチンコ店は莫大な経費を投じています。

どちらかと言えば、設備投資とリニューアルオープンを強引に結びつけて集客しようと言う考えも見え隠れします。

そのため、通常営業よりは利益の還元を期待できますが、赤字営業の日にすることはあまりないですね。

 

パチンコ店の設備投資の目的は、集客のアップを図り今よりも利益を上げるのが目的です。

休憩コーナーやマイナスイオン導入で、「夕方6時開店」のリニューアルオープンは見たことがないですよね(笑)。

 

グランドオープンと違い、リニューアルオープンはそのリニューアルの内容をよく見て、パチンコ店の利益の還元度合いを見極めましょう。

 

 

新台入替の「新台」は赤字営業

次にパチンコ店の赤字営業が期待できるのは、新台入替の日です。

とは言っても、新台入替だからといって、ホール全体が赤字営業になるのはごく稀です。

 

新台入替で赤字が期待できるのは、やはり導入した「新台」ですね。

これも先ほどのグランドオープンと同じ考えで、初めの第一印象が大切です。

話題の人気機種などは赤字、もしくは赤字営業並の利益還元を期待しても良いです。

 

 

海物語シリーズを新台で大量に導入した場合などは、特に狙い目ですね。

海物語シリーズは、どこのパチンコ店にも必ず設置してある人気機種です。

「出ない」というイメージを持たれてしまっては、すぐにライバル店へ逃げられてしまうからです。

 

海物語シリーズに限らず、新台入替での本当の「新台」は、赤字営業を期待しても良いですよ。

逆に言えば、新台入替で入れた「新台」を出さないパチンコ店は終わってます。

 

あ、中古台は駄目ですよ。

その機種の市場の「結果」がもう出ていますので、パチンコ店は赤字にする必要がありません。

スポンサーリンク

 

看板イベントも赤字営業?

パチンコ店の看板イベントも、赤字営業が期待できる日でもあります。

ただ、中には「ガセ」イベントもありますので注意が必要。

 

利益還元の赤字営業を狙うなら、そのイベントの第1回開催の日ですね。

繰り返しになりますが、これもグランドオープンと同じ考えで、パチンコ店はそのイベントに対して良いイメージを持たせたいからです。

第1回目の開催から出玉が出なければ、お客さんからはガセイベントと思われてしまい、それ以降開催しても集客できません。

やはり何事も、第一印象が肝心なのです。

 

オフミーなどは初開催は期待できますが、中にはイベントがマンネリ化して、すでにガセイベント化しているパチンコ店もありますよね。

この場合は、オフミーと言うイベントの信頼ではなく、パチンコ店そのものの信頼が重要です。

ガセイベントに踊らされないよう、気をつけましょう。

 

 

通常営業に赤字営業はある?

最後に番外編として、新台入替もイベントも何もない通常営業の日に、パチンコ店は赤字営業することがあるのでしょうか?

さすがに通常営業で赤字はないでしょ…って思いがちですが、実は通常営業でも赤字の日があるのです。

というより、正確には「赤字になっちゃった日」があるのです。

 

今までお話ししたグランドオープンやリニューアルオープンの赤字営業の日は、パチンコ店側が意図的に赤字にした、利益を還元した日です。

 

しかし、パチンコやスロットは確率ゲーム。

どれだけ釘や設定を念入りに調整しても、確率が思うように収まらず甘く入ってしまえば、通常営業の日でも赤字になってしまう日があるのです。

特にこれは、平日の方が起こりやすいですね。

 

土日はもともと釘や設定が渋いですし、お客さんの数も多いことから稼働が高いです。

稼働が高ければ確率が収束しやすいので、滅多に赤字営業になることはありません。

 

反対に、平日は土日に比べ釘や設定が甘めの調整です。

お客さんの数も少ないです。

つまりパチンコ店全体で見た場合の確率が、収束しづらいく暴れやすいのです。

特に昔の爆裂4号機や確変連チャン機があった時代は、稼働が少ない平日だとわずか数台が爆裂するだけでお店全体が赤字ということもありました。

その反面、吸い込みすぎる「真っ黒営業」という日もありますが・・・。

 

ちなみに、通常営業日にパチンコ店が意図的に赤字営業にすることはまずあり得ないと思った方がいいですね。

パチンコ店にとっては、どうせ赤字になるぐらい利益を還元するのなら、何らかのイベントと絡めて出した方がお店の信頼も付くからです。

「新台入替だから出します」「リニューアルオープンだから出します」と言って本当に出せば、お客さんも信用してくれますよね。

 

通常営業日の日に、何も言わずに赤字営業並みに出すという戦略もありますが、今のパチンコ店はそんな余裕はないでしょう。

むしろ通常営業日にそれだけ出ていたら、赤字に”なっちゃった”日と思った方が妥当です。

赤字に”なっちゃった”ということは、パチンコ店とっては予定外の利益の還元です。

 

ここからあなたは、何を読み取りますか?

 

その後の利益の回収には気を付けて下さいね、閉めるから警戒して下さいね、ってことです。

同じパチンコ店の赤字営業でも、意図的に赤字営業にしたのか、もしくは赤字営業になっちゃったのかを見極めることも大切ですね。

 

 

まとめ

やはり確実にパチンコ店の赤字営業を狙うなら、新規のグランドオープンの日でしょう。

そのパチンコ店とって、たった一度しかないからこそ狙い目なのです。

グランドオープンの日は、全ての機種が狙い目です。

 

ただ、営業時間が短いことがほとんどですので、確率の辛い機種を打つのはやめましょう。

「ハマって閉店」という最悪の展開にならないためにも、営業時間が短い夕方開店の日などは、大当たり確率が甘い比較的波が穏やかな機種を狙うべきです。

 

リニューアルオープンや新台入替の日も、赤字営業の利益還元が期待できます。

ホールが、どの機種に力を入れているのかをよく考えて立ち回ってください。

 

イベントも何もない通常営業日に、パチンコ店に赤字営業を期待することはできません。

ただ赤字までにはならないけど、いつもよりは利益を還元する日はあります。

 

余談

基本、パチンコ店は黒字営業です。

パチンコ店は、利益を得るために営業してますので当然です。

そう考えれば、赤字営業をする方が珍しいです。

 

「けっこう今日は出ているなあ」とお客さんが思う日でも、意外と黒字営業なんです。

ですから、赤字営業もしくはチャラの利益なし営業の日は、かなりの出玉感がありますよ。

一度ダメ元で、店員に「今って何割」と聞いてみてはどうでしょうか?(笑)

 

スポンサーリンク







2 件のコメント

  • パチンコの神様がいますね
    必ずホールに都合のいい偏りをする
    神様に守られてるからなんですね
    その都合が良すぎる偏りは、メーカーのせいだもんね

    • たまに6割営業とかありますからね。
      神がかっているとしか思えません。

      その反対に、甘く偏ることもありますが。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。