パチンコ屋のバイトで女性の景品カウンター業務内容は?仕事は大変か楽かを解説


スポンサーリンク


フィーバー!

ホールスタッフと景品カウンタースタッフを、一人で兼任して店番していた 、元店長の”ななしー”です。

 

今回は、パチンコ屋の景品カウンターの業務についてです。

景品カウンターは、女性スタッフが担当しているホールがほとんどですね。

 

一見すると、暇そう・ラクそうに見える景品カウンターの業務。

実は、これがかなり大変な仕事なんですよ。

僕の経験談から、順にその大変さをお話しますね。

 



パチンコ店のカウンターは大変な仕事

パチンコ店で働く場合、大きく分けて二つの仕事内容に分けられます。

それは、ホールスタッフのカウンタースタッフです。

 

説明は不要と思いますが、ホールスタッフとは、実際にパチンコやスロットを遊技しているお客さんの対応をするスタッフですね。

お客さんの出玉交換をしたり、遊技台の管理をするスタッフです。

 

そして、もう一つのカウンタースタッフとは、景品カウンターにてお客さんが交換した出玉を一般景品や特殊景品に交換する業務を行うスタッフです。

今回は、このカウンタースタッフについてです。

 

カウンタースタッフは、ほぼ全てのパチンコ店が女性店員が担当しています。

まれに白いカッターシャツを着た男性スタッフが担当していることもありますが、恐らくは人手不足か何らかの都合で、役職者がカウンター業務を担当している場合です。

実際、僕もカウンターの女性スタッフがいない時は、何度もカウンター業務を代理で担当してました。

 

そして、このパチンコ店のカウンター業務ですが、実はかなり大変な仕事なんです。

ホールスタッフの方が走り回って大変そうに見えますが、確かに体力的にはホールスタッフの方が大変です。

 

カウンタースタッフが大変なのは、精神的にかなり疲れるという点です。

少なくとも僕は、できればカウンタースタッフはやりたくないと思っていたぐらいです。

まあ店長ですから、人がいなければ問答無用でやるしかなかったですが・・・。

 

そんなパチンコ店のカウンター業務の大変さを、ちょっと説明しますね。

これからパチンコ店でバイトをしようと思っている女性の方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

一人で対応するのが大変

ホールスタッフは担当コース(島)が決まっていて、何人かの複数人でホール全体を管理します。

そのため忙しかったりトラブルがあった時でも、お互い協力してフォローし合うことができます。

やる気のないヤツや、呼び出しランプになかなか気づかないヤツがいると、他のホールスタッフに負担がかかるというデメリット?もありますが。

 

これに比べて、カウンタースタッフは原則一人です。

一人ですから、お客さんがカウンターに並んでしまった場合は、自分一人で対応しなければなりません。

もちろんお客さんを長時間待たせるわけにはいきませんので、場合によっては役職者がフォローに入ることもあります。

 

ちょうど、コンビニのレジのような感じですね。

深夜のコンビニに行くと、相方が休憩中なのか店員が一人でレジ打ちをして、お客さんが5人ぐらい並んでいる光景を見かけます。

お客さんとしては、「もう一台レジを開けろよ!」と言いたくなりますよね。

でも一番大変なのは、一人で対応している店員です。

お客さんが何人も並んでしまうと、やっぱり焦りますからね。

 

このように、ホールスタッフならすぐにお互いフォローに入って協力し合うことができますが、カウンタースタッフは基本一人ですから、自分一人でお客さんの対応をしなければならないことが大変なのです。

「お客さんを待たせてはいけない!」と、つい焦ってしまいます。

 

早番のカウンタースタッフは、比較的ヒマです。

営業時間が開店してから短いため、出玉がそれほど出ていないことと、お客さんが一気に景品交換して帰ることがないからです。

 

これに比べて、遅番のカウンタースタッフは忙しいです。

特に金曜日と土曜日の夜。

閉店間際は、大規模な人気ホールでは殺人的な忙しさに見舞われます。

 

閉店間際に何十人、時には100人以上のお客さんが一気に出玉交換して帰りますので、カウンターに長蛇の列ができます。

パチンコ・スロットを打つ人は、一度はその列を見たことがあることでしょう。

 

もちろんこれほどお客さんが並べば、カウンターも二人体制でやらなければ回りません。

二人で対応しても、結構な仕事量ですけどね。

1台ポスコンピューター(レジ)が故障したなどトラブルがあった時は、その場から逃げ出したくなるぐらい大変です。

 

土曜日は、パチンコやスロットは基本的に閉め調整をしますので、それほど出玉が出ません。

しかし、金曜日は週末前ということでそれなりの出玉が出ます。

新台入替時だと、特に出ますね。

 

その出た出玉は全て閉店までに交換され、カウンターで景品交換されます。

どれだけ大変か想像がつきますよね。

早番の時間帯のように、お客さんがバラバラに景品交換に来ればそれほど忙しくはありませんが 、遅番の閉店前の「交換ラッシュ」の時間帯は本当に殺人的な忙しさです。

 

これをミスなく対応してこそ、一人前のカウンタースタッフと言えるでしょう。

 

 

特殊景品=お金だから大変

「パチンコは現金に交換できません!ギャンブルでありません!」というのは、はっきり言って寝言です。

何のためにお客さんは、出玉を特殊景品に交換して行くのですか?

もちろん現金に換金するためです。

 

そう、カウンタースタッフが扱う特殊景品は=(イコール)現金なのです。

取り扱っているのが現金ですから、銀行の窓口の女性行員と全く同じ仕事だと思ってください。

 

特殊景品は、お菓子やタバコ・ジュースなどの一般景品とは、その扱いの重みが違います。

もちろん、一般景品の交換数を間違えて良いわけではありませんが、特殊景品はそのまま現金になりますので、交換数を間違えるとお客さんからクレームが来ます。

「特殊景品は、受け取りましたらその場でご確認ください」とカウンターに注意書きがあっても、換金した金額に不足があれば、ほとんどのお客さんはパチンコ店にクレームに来ます。

その場を離れてからのクレームは原則受け付けませんが、もし本当に数を間違えていればお店の信用問題に関わります。

 

あなたが銀行の窓口でお金を下ろして、その金額が少なかったらどうしますか?

その場で確認しないお客さんにも非がありますが、お店の信頼は確実に下がります。

 

僕は、この景品カウンターでの特殊景品数の間違いクレームが、実は一番関わりたくないトラブルのひとつなんですよ。

お客さんには、何とかしてあげたいけど何とかしてあげられなく、同情で不足分を補償するわけにも行きません。

 

また閉店後、本社へ特殊景品の過不足を報告しなければいけないですからね。

もちろん過不足あれば、その原因も併せて報告です。

当然、どのカウンタースタッフが間違えたのか特定し、そのカウンタースタッフを指導しなければなりません。

 

本当にこの特殊景品の数は間違いは、起きて欲しくないトラブルのひとつです。

まだゴト師の方がマシです(笑)。

スポンサーリンク

 

愛想良くするのが大変

パチンコ店のカウンタースタッフは、女性店員が任されることはほとんどです。

やはり、それはカウンターはお店の中心だからです。

 

最近の新しいパチンコ店は、景品カウンターが島から離れた区切られたスペースにあります。

しかし古い造りのパチンコ店ですと、まだシマ横のお店の中心に景品カウンターがありますよね。

 

本当に景品カウンターは目立つんです!

 

ですからカウンタースタッフは、ホールスタッフ以上に身だしなみや接客に注意が必要です。

そして愛想良く、ニコニコ応対することも、とても大切です。

 

だからと言って、男性スタッフがカウンターでニコニコしていたら、ちょっとキモいですけどね・・・。

やはり女性スタッフがニコニコ愛想良くしていた方が、(古い言い方ですが)華(はな)があります。

 

それにもう一つ、カウンタースタッフがホールスタッフに比べて愛想良く接客する理由があります。

 

ホールスタッフがお客さんに対応する時、お客さんはパチンコやスロットを打っています。

お客さんは遊技台の方を見ていますし、意識も遊技台に集中してます。

接客したスタッフには、あまり気が回りません。

 

しかし、景品カウンターではお客さんはやることがないです。

ただ順番に並んで、景品を渡されるまで待っているだけ。

つまり、カウンタースタッフに意識が向きやすいんですよね。

 

少しでもムスッとしたり嫌そうな顔すると、お客さんはすぐにそれを感じ取ります。

カウンターでは、お客さんの意識は自分に向いていると思ってください。

ホールスタッフの接客とは、お客さんの状況が違うのです。

 

また、パチンコ店のカウンターは出入り口から目立つ所にあることから、例えお客さんが来なくても常に誰かに見られています。

暇そうにしたり、ダルそうに立っているだけでものすごく目立つのです。

お客さんがいない時でも、常に神経を集中して立っていなければいけません。

 

もちろんホールスタッフも同じですが、それ以上に目立つのがカウンタースタッフです。

これを半日続けるわけですから、そりゃ神経も疲れますよ。

 

又、景品カウンターは特殊景品という現金が置いてあるため、全てのパチンコ店は防犯カメラで録画監視しています。

カウンタースタッフはお客さんだけではなく、防犯カメラ、つまり事務所の店長からも常に見られているわけです。

そう考えると、パチンコ店の景品カウンター業務って大変ですよね。

 

景品カウンターに、防犯カメラがないパチンコ店なんてあるのかな?

 

 

お客さんの相手が大変

カウンターには、様々なお客さんが来ます。

特殊景品に交換するお客さんだけではありません。

タバコやジュースを交換しに来るお客さんも来ます。

 

中には何も用もなく、景品カウンターへ雑談しに来るお客さんもいますね。

負けた腹いせに、捨て台詞的な文句を言って行くお客さんも当然います。

そのカウンタースタッフの女性に、個人的な好みで寄ってくるオヤジもいます。

 

カウンタースタッフは、それら全てのお客さんに対して愛想よく対応しなければいけません。

例えそれが自分の苦手なお客さんでも、キモいオヤジでも、息が臭いオヤジでもです(笑)。

 

ホールスタッフなら、仕事をするフリをして逃げることができます。

別のホールスタッフに、担当コース(シマ)を交代してもらうこともできるでしょう。

 

しかし、カウンタースタッフは逃げ場がありません。

これが結構大変なんですよ。

特にカウンタースタッフは女性が任せられることが多いので、余計にお客さんも物事を言いやすいのでしょう。

まあ適当に愛想よく苦笑いして、「そうですね」と言っていればお客さんも気が済みますが、ホールスタッフに比べてカウンタースタッフは、お客さんと直接会話する機会が多いのは事実です。

 

閉店間際の忙しい時などは、さすがにお客さんも立ち止まってまでグチや雑談をしません。

何かトラブルで真剣に対応して欲しい時などは、「役職を呼んで欲しい」と言いますから、大抵のお客さんは単に話を聞いて欲しいだけのグチや雑談です。

 

ですから、比較的仕事量が少ない早番の時間帯は、結構カウンターに寄ってきては「あーだこーだ」言ってくるお客さんが多いですね。

毎回毎回、お客さんのグチや雑談に真剣に対応していては疲れてますので、適当に愛想笑いしながら受け流すのがコツです。

 

ちなみに「体を触ってくる」「しつこく電話番号を聞いてくる」など度を超えたお客さんは、店長や主任にチクれば対応してくれるので大丈夫です。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

景品カウンターの業務は体力は必要ありませんが、精神的にかなり疲れます。

扱っている特殊景品は、「物」ではなく「現金」ですので、 数を間違えるとお客さんから必ずクレームが来ます。

 

間違えずに業務をこなすコツとしては、やはり焦らないことですね。

確かにお客さんが並んでしまうと、「待たせてはいけない」と焦ってしまいます。

しかし車の運転と同じように、人間は焦るとミスを起こしやすくなります。

景品カウンターの業務は、スピードよりも正確さが求められる仕事内容です。

「お客さんなんか待たせておけばいい」ぐらいのつもりで、一人一人のお客さんを丁寧に正確に対応することが重要ですね。

 

景品カウンターの業務は慣れるまでが大変ですが、慣れてしまえば意外と楽なものです。

最新型のポスコンピューター(レジ)だと、交換レシートを読み込ませると自動で特殊景品が出てくるタイプがありますね。

スーパーのレジで、自動で釣り銭が出てくるのと同じです。

これなら、特殊景品の数を間違えることはまずありません。

 

もし、パチンコ屋の景品カウンターでこれからアルバイトをしようと思っている女性の方は、面接に行く前に一度そのパチンコ屋の景品カウンターは、一体どのような仕組みになっているのか下見に行くことをお勧めします。

 

景品カウンターの業務は、一見して「暇そう」「ラクそう」に見えますが、一度半日やってみればその大変さが身に染みて分かりますよ。

僕は、景品カウンターはもう二度とやりたくないです(笑)。

ホールを走り回っていた方が、よっぽど気楽ですから。

 

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。