パチンコ店のコーヒーレディは楽なの?仕事内容は大変なのか体験談まとめ

こんにちは、sakiです^^

パチンコ店で、コーヒーレディを約3年ほどしていました。

今回は、その時の私の体験談をお話したいと思います。

 




パチンコ店のコーヒーレディは割と楽な仕事

まず、コーヒーレディのお仕事ですが、大変か楽かと聞かれれば割と楽な仕事ですね。

どんなお仕事でもそうですが、大変な部分と楽な部分とがあると思います。

 

順番にコーヒーレディのお仕事の大変なところ、楽なところをお話していきます。

その前に簡単ですが、私がバイトしていたお店と待遇を説明しますね。

 

私が働いていたホールの大きさは、パチンコとスロット合わせて400台ぐらいのパチンコ店でした。

勤めている最中にスロットの台が増設し、最終的に全450台になりましたが、正直そこまで広いお店ではありません。

 

気になる時給ですが、900円です。

意外と安いと思いませんか?

ちなみに私は派遣ではなく、「委託」と言う形でホール内でコーヒーを販売させてもらっている、会社に勤務していました。

 

パチンコ店のバイトだと、最低でも時給1100円ぐらいもらえますよね。

交通費は全額支給で、私の場合は1日あたり、往復のバス代として900円をもらっていました。

 

出勤日数ですが、入社した当初はバイトという形で月に15日以内の出勤。

途中からパート契約をし、月に16日以上の出勤へと変更になりました。

 

勤務時間は原則10:30〜19:30でしたが、私はバスの都合で11:00に変更してもらっていました。

この点は、とても融通の効くところで良かったです。

 

 コーヒーレディは一人の仕事なので気楽

それでは、本題に入ります。

コーヒーレディの仕事は楽か?大変か?ですが、初めにもお話したように、私自身は全体的に楽だと感じました。

 

コーヒーレディは、基本的には1人でする仕事です。

自分のタイミングでホールを回ったり、好きな時間に休憩に入れますので、とても気楽にお仕事をすることができました。

 

一人でする仕事は、全部自分でこなさないといけない反面、自分のペースで進められるのが精神的に楽ですね。

同じバイトの人たちがいると、イライラしたりさせてしまったりすることがありますが、一人でするコーヒーレディの仕事は気楽にできます。

 

 コーヒーレディは会話をしなくて良いので楽な仕事

私は、人との会話は得意な方ではありません。

でも、コーヒーレディの仕事はサービス業(接客業)と言っても、ドリンクが欲しいかどうかを聞いて周るだけです。

コミュニケーションは、最低限で済みます。

 

お客さんはパチンコに夢中ですし、周りもうるさいのでほとんど会話をすることはありません。

コミュニケーションが苦手な人にも、コーヒーレディの仕事はできると思います。

お客さんと無理して話さなくていいのは、やはり楽な仕事の部分だと思います。

 

 

 コーヒーレディは大声を出す必要があるので大変な仕事

ただ、もちろんコーヒーレディの仕事にも大変な部分もあります。

注文を聞いて周る時は、騒音の中なので大声を出さなくてはいけないこと。

 

コミュニケーションは取らなくてもいいですが、騒音の中でも注文は取らなくてはいけません。

特に耳が遠い年配のお客さんや、活舌の悪いお客さんの注文を取る時は、ちょっと大変でしたね・・・。

 

 コーヒーレディはタバコの臭いがキツイので大変

禁煙者の私には、タバコの臭いや煙もキツかったです。

髪の毛に臭いが染み込んでしまうので、家に帰ってすぐにお風呂で洗い流していました。

 

タバコを吸わない人がコーヒーレディの仕事する場合は、ここが一番大変な部分かもしれませんね。

 

 セクハラや暴言を受けるのでコーヒーレディは大変な仕事

負けていて機嫌の悪いお客さんから、セクハラや怒りの言葉を受けることもあります。

 

私のコーヒーレディ業務の中で一番酷かったのは、お客さんに壁に追い詰められて頬にキスをされたことでした。

信じられないかもしれませんが、営業中のパチンコ店内の中で実際にキスされたのです。

今、思い出してもムカつきますね(怒)。

 

キスは例外としても、セクハラまがいの言葉や負けていて八つ当たりされることは、コーヒーレディなら誰でも一度は経験していることだと思います。

コーヒーレディって、恐らく愚痴を言ったり八つ当たりをしやすいのでしょうね・・・ここは大変です。

私は、仕事だから仕方がないと割り切って我慢していました、キス以外は(怒)。

 

 上司が近くにいないのでトラブル時は大変

ちなみにですが、こういったお客さんとのトラブルの際に、すぐに相談できたり対応をしてくれる直属の上司が、近くにいないことが不満ではありました。

私の会社の上司は、定期的に見回りにパチンコ店に来るぐらいで、常にコーヒーレディを近くで管理しているわけではありません。

コーヒーレディは、上司もいないことも含めて「一人でする仕事」なのです。

ですから、こうしたトラブルの時にも自分で対応するしかなく、トラブルがあった時は一人でする仕事は大変だな感じます。

 

もちろん、後から報告や相談はしていましたが、そこまで親身になって聞いてくれる上司ではなかったです・・・(悲)。

(パチンコ店の主任さんに相談したら、そのお客さんに厳しく注意してくれたのが救いでした。)

 

 

私がコーヒーレディを辞めた理由

こんなコーヒーレディの仕事ですが、私はわずか1年でやめてしまいました。

最後にその辞めた理由をお話します。

 

コーヒーレディのバイトを始めた当初は、先輩と私の2人体制です。

が、すぐに先輩が妊娠されたため、そのまま退職になりました。

 

私がいたバイトには、コーヒーレディの中のリーダーと言う役職がありました。

その辞めた先輩がリーダーだったため、自動的に私がリーダーに。

実は、コーヒーレディのリーダーと言っても特別することはなく、リーダー手当としての月3千円をもらうことができ、それはけっこうおいしかったです。

 

そして、しばらくは私一人で働いていたのですが、一人で動き始めた4ヶ月後にコーヒーレディの販売自体がなくなってしまったのです。

正直、お客さんがあまりいないパチンコ店でしたので、売上が良くなかったのが原因かも・・・。

 

以前は、コーヒーレディは現金でも販売することができてましたが、数年前から規制のためらしく、玉かメダルのみでしかコーヒーを売ることができなくなりました。

これも、コーヒーの売上が減った理由だと思います。

私への時給や交通費のことを考えたら、会社は本当に儲かっているのか?むしろマイナスではないのか?という疑問を常に抱いていましたからね。

 

会社が、コーヒーレディの販売をやめる本当の理由は分かりません。

でも、私はそこのパチンコ店でのコーヒーレディのお仕事が気に入っていたので、まさかこんな形で退職になるとはちょっと残念です。

 

コーヒーが売れた時は嬉しい!

一人で気楽な反面、大変でもあるパチンコ店のコーヒーレディ。

そんなお仕事の中で、やはりコーヒーが売れた時が一番嬉しかったです。

 

常連のお客様が何を買われるのか覚えていくのも楽しくて、お客様の顔を見ただけでドリンクをお持ちできるようになった時は、「お!覚えてくれてるのか」と言ってくれて、なんだかお客さんも嬉しそうでした。

常連のお客さんとのこうした距離感は、小さい店舗ならではかもしれませんね。

 

タバコ・騒音・立ち仕事だけ我慢すれば、コーヒーレディは楽な仕事!

最後にまとめます。

一人でやるコーヒーレディのお仕事ですが、きちんと休憩も取れます。

一通り注文を聞いて周り、次の周回までに隙間時間ができた時には、ある程度の自由なことができたことも楽に感じていました。

お客さんが少ないのに、あまり間隔を詰めて注文を聞きに周ることは、何だか”押し売り”しているみたいですからね(笑)。

 

私のように、壁に追い詰められてキスされるということは滅多にないですが、タバコや騒音、立ち仕事に耐えられるのでしたら、コーヒーレディは割と楽な仕事だと思います。

やはり、上司がいない環境で一人でできると言う点では、コーヒーレディという仕事は気楽だと思います。

 

 

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。