コーヒーレディに売上や杯数のノルマはあるの?給料は歩合制なのか?

こんにちは、コーヒーレディのsakiです^^

今回は、コーヒーレディのノルマや給料についてお話します。

コーヒーの売上にノルマがあるのか?給料は歩合制なのか?気になりますよね。

 

下の目次から、気になる所へジャンプできます。




コーヒーレディに売上ノルマはない

私の経験では、コーヒーレディに売上のノルマはありませんでした。

ただ、ノルマはありませんが「目標」はあり、頑張って売ったら手当てが付くというものはあります。

 

私のバイト先では、コーヒーレディのブース内に”販売手当表”というものが貼ってあり、個人1時間当たりの平均販売数が8杯を超えると、時給にプラスして手当てが貰えるという仕組みです。

例えば、1時間当たりの平均販売数が8~9杯で時給+20円、10~15杯+70円、16~20杯+150円・・・などです。

 

実際は、もっと細かく決まっています。

しかし、このパチンコ店では1時間で20杯以上売れたことは、今までに1度もなかったですね(笑)

お客さんの数が少なすぎます。

 

 コーヒーレディの基本給は安い

ちなみに、基本となる時給は900円です。

私は、常に平均杯数8杯以上を売っていたので、実質時給920円でした。

コーヒーレディの仕事にしては時給が低いかもしれませんが、たくさん売れば時給が上がる仕組みですので、これは「実質歩合制」と言えるかもしれません。

 

パチンコ店の立地が都会か田舎、お客さんの入り数によってコーヒーの売れ行きは変わります。

そのため同じ経営会社でも、働く店舗によって手当てが異なります。

私が勤めていた店舗は田舎にあるので、都会の店舗にはなかった「8〜9杯」の手当てが付いていました。

 

正直、今日はあまり頑張れないなという日でも、平均8杯さえこなせば時給が上がるので、そこはやる気の原動力になりますね(笑)

この点は、「歩合制」の良い点だと思います。

 

だけれど、平日は平均10杯ぐらいが精一杯です。

それ以上の売上を狙うのなら、やはり土日祝ですね。

土日祝やパチンコ店のイベントデー、大型連休中は手当ての歩合をたくさん稼げるチャンスの日です。

 

ちなみに売っているものはコーヒーなどのドリンクだけではなく、おにぎりや唐揚げといったフード類も売っていました。

フード類も平均杯数に含まれるので、お昼時は時給アップを狙うチャンスです。

 

↑基本時給+歩合制の一例です。ちなみに私が働いていたお店ではありません^^

 

 ノルマはないが売上目標はある

コーヒーレディはノルマはないものの、1日の平均売り上げ目標というようなものがあります。

「時間から時間まで働けばいい」という考え方は通用しません。

 

早番遅番の交代制で、一緒に勤務していた子は正直やる気のない人でした。

上司にその日の売上杯数を見られて、「今日土曜日だよ?なにこの杯数!?」と、彼女が起こられていたのを目撃したことがあります。

やはり、コーヒーが平均より極端に売れなかったら、指摘は受けてしまいますよね。

私は言葉には出さなかったものの、同僚があまりにもひどい売上杯数を叩き出していると、上司という立場ではなくても気になってしまいます。

 

私はシフト上、遅番から勤務することが多いです。

その日1日の目標杯数に少しでも到達するために、早番の彼女の尻拭いをしなくてはいけないのが少々大変でした。

ノルマではなくあくまで「目標」だし、ましてや自分の1時間平均杯数8杯以上というのはこなしていたので、私がここまで頑張らなくてもよかったのかもしれませんが…。

 

 他のパチンコ店でもノルマはないが歩合給はある

ちなみに、このパチンコ店以外に別の会社でコーヒーレディでバイトをしていましたが、そちらの店でもノルマというものはありませんでした。

だけれど、ここと仕組みは違うインセンティブ手当てがあり、そちらでは1杯売れるごとに1杯目から給料に+20円です。

フードが売れた際も、同様に歩合制で給料に加算されます。

 

ちなみにこちらのお店でも、コーヒーレディの会社は違うのに、全く同じ仕入れ先のおにぎりを扱っていたのでなんだか少し衝撃的でした。

扱い慣れた商品だと売りやすいのは、私にとってはメリットでしたけどね。

 

 固定客や常連客で歩合給を稼ぐ

この2つのパチンコ店での経験から、コーヒーレディはノルマというものはほとんどない、と私は感じています。

仲良くなったお客さんは、私からしかコーヒーを買ってくれなかったり、大勝ちしているお客さんは知り合いの分もコーヒーをまとめて買ってくれたりと、目標を達成するために色々やりくりをしていました。

こういう意味では、新人のコーヒーレディよりもベテランのコーヒーレディの方が、歩合の部分の給料を稼ぎやすいのかもしれません。

 

 ノルマではなく目標、歩合制の会社を選ぶべき

コーヒーレディの給料は、実質歩合制です。

基本給だけでは、ちょっと安すぎますよね。

ふつうに一生懸命やっていれば、そこそこ歩合が加算されるので、給料は基本給だけと言うことはまずありません。

前述の彼女のように、やる気がないと最低限の給料しかもらえませんし、上司にも怒られます。

 

私は、ノルマのあるところでコーヒーレディを勤めたことがありません。

やはりノルマのあるお店だと、プレッシャーになって重荷になってしまうと思います。

目標ならいいけれど、目標とノルマは違いますからね。

 

↑このように、ノルマ無しでのコーヒーレディの求人もたくさんあります。

 

店をノルマや歩合制の有無で選ぶのなら、ノルマが無く歩合制の有る会社が個人的には良いと感じています。

その方がプレッシャーもなく、また給料に対する欲求も働き一段とやる気が出ます(笑)。

 

参考になりましたでしょうか?

少しでも、私のコーヒーレディとしての経験が、これを読んでいる人の役に立てばうれしいです^^

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。