コーヒーレディは1日で何杯売るの?1時間当たりの平均杯数は?

こんにちは、コーヒーレディのsakiです^^

今回は「コーヒーレディは、1日で何杯コーヒーを売るの?」について、私の経験からお話します。

 

当たり前のことですが、パチンコ店の規模や立地条件、お客さんの入り数によっても何杯売るのかが変わってきます。

私は、2つのパチンコ店でコーヒーレディの経験があるので、そちらを元に書いていきますね。

 

下の目次から、気になるところへジャンプできます^^




お客さんが少ないとコーヒーは売れない

まず、1店舗目。

立地場所は田舎っぽい市だけれど、近くには大型デパートや全国規模の洋服屋などがある、そんな場所に建つパチンコ店です。

遊技台の数は、約450台ほど。

 

このお店は4円パチンコの台が無く、1円や2円パチンコ専門のお店です。

近隣店舗の中で、2円パチンコが打てるのはここのお店だけですので、平日休日関わらず、2円の島は比較的お客さんで賑わっていたことが多かったですね。

だけれど、全体的な客数を見ると、平日は全部の台が半分も埋まらないことが日常的風景でした。

 

 1日平均して20~30杯、1時間平均3~4杯ぐらい

さて、これぐらいのお客さんの人数で、けっきょく1日でコーヒーは何杯売れたのかと言うと・・・

コーヒーレディは11時開店〜19時閉店で、休み時間以外は常に島を周った結果、平日は20杯前後で土日は30杯前後です。

単純に7時間売り続けたとすると、1時間当たり平日で3杯、土日でも4杯ぐらいの計算です。

 

え?思ったよりも少なすぎない?

私もそう思います。

 

正直、コーヒーレディへの時給などのことを考えたら、この杯数では、会社の儲けはなかったのではないかと思います。

後に、ここのパチンコ店でのコーヒーレディは撤退することになってしまったのですが、あまりにも売上が少なすぎが原因だと私は思っています。

パチンコ店の規模やお客さんの入数にもよりますが、コーヒーレディの1日の売上杯数が20~30杯ぐらいでは、少なすぎると言うことですね。

 

 過去最高で1日に50杯コーヒーを売った

最高で1番コーヒーが売れた日は、元旦の50杯だった記憶があります。

これでも1時間当たり、平均して7杯ぐらいです。

店内には自販機を設置してありましたし、わざわざコーヒーレディから買わなくてもそちらで安く買えるのですから、喉が渇いたら自販機を利用していたお客さんが多かったのでしょう(悲)。

 

私だから、こんなに少ない杯数だったのかな・・?

いいえ、そんなことはありません。

ベテランの先輩のコーヒーレディが1日中周った日も、だいたい同じような売上杯数でした。

このパチンコ店やお客さんの感じだと、どのコーヒーレディが売ってもこのような杯数になることと思います。

 

 

1時間当たり7~8杯でコーヒー売上が倍

次に、2店舗目のパチンコ店。

立地場所は、1店舗目とさほど変わりません。

というか、1ヶ所目と2ヶ所目は目と鼻の先の場所でライバル関係でした(笑)。

 

遊技台の台数も、お客さんの人数もそこまで変わりません。

強いて言えば、2店舗目の方が若干台数もお客さんも多かったかな、ぐらいです。

 

 4円パチンコは1日に売れるコーヒーが多い

一番の違いは、このお店には4円のパチンコ台があるところ。

そのためか、コーヒーの1日の売上杯数はこちらのほうが多かったです。

立地条件やお客さんの人数も何杯売れるのかに影響しますが、1円や2円パチンコなのか4円パチンコなのかでも変わってきます。

なので私は、近くのパチンコ店でもこれだけ売上杯数が変わるのか!と、最初はびっくりしたものです。

 

このパチンコ店での1日の売上杯数は、1店舗目の倍以上。

1日平均で平日50杯・土日80杯は売れていました。

1店舗目では、元旦以外に見たことのない数字です。

 

 コーヒーレディのやる気次第で1日何杯売れるのかが変わる

こちらでは、コーヒーレディによって売上杯数に差がありました。

同僚は土日にも関わらず、1日で40杯売るか売らないかの杯数だったり・・・。

正直、この杯数は彼女のやる気の問題だったと私は思っていますが、私のように普通に周るだけでも、土日でしたら80杯は売れるはずです。

 

元旦などのお正月は、お客さんが多くもちろんコーヒーも売れやすいです。

その他にパチンコ店のイベントデー、大型連休の期間などは多く売れていました。

そういう日は、普段は1人で回るところを人数を増やして、2人のコーヒーレディで周ったりもしていました。

 

 雨の日は1日の杯数が1~2割増える

常連のお客さんの中には農家の方が多かったため、雨の日は農家の仕事がお休みになり、パチンコ店のお客さんも増えます。

雨の日は、平均するとコーヒーの売上杯数が1~2割多くなる傾向にあります。

雨の日などの肌寒い日に、温かい飲み物をコーヒーレディから買って飲みたかったという要因もあったかと思います。

 

フードでソフトクリームも取り扱っていたので、やはり夏場はそちらが売れやすかったです。

ソフトクリームはコーヒーと違って、自販機では売っていませんからね。

パチンコ店で食べるアイスは、いつもと違って美味しいのかもしれません(笑)。

コーヒーだけの売上杯数も気になるところですが、コーヒーレディはこうしたフード類の売上にも気を遣っています。

 

 1時間当たり7~8杯でコーヒー売上が倍のお店

このパチンコ店での1時間当たりの売上杯数は、平均して7〜8杯ぐらいです。

1店舗目と比べると、コーヒーが倍売れていることになります。

 

開店直後や閉店前はコーヒーを売るのが難しいので、お客さんがお昼休憩から帰ってきた頃の時間帯が、コーヒーレディの勝負時です。

1時間平均で7~8杯と言っても、売れる時間帯と売れない時間帯の差が激しいので、いかにお昼過ぎの時間帯に売るかが重要になります。

 

 フードとコーヒーを一緒に売って杯数を増やす

コーヒーレディは、ドリンクの他にフードも売っています。

「お昼まだでしたらいかがですか?」等と言い、コーヒーと一緒にフードを売りに行きます。

コーヒーとフード類を一緒にすすめるのも、売上杯数を増やすコツなのです。

 

ちなみにですが、コーヒーなどのドリンクはともかく、フード類は声をかけられたから買おうとはなりません。

フード類は、自ら買いに来る人の方が多いので、フード類の販売にはそこまで力を入れていませんでした。

 

 土日は売上杯数を伸ばすチャンス

休日は、1円4円関わらずパチンコの島は半数以上埋まります。

同じ人が1日に3杯も4杯もコーヒーを買ってくれることもありました。

土日のみに来店するたくさん買ってくれる方もいるので、やはり土日祝はチャンスです。

 

お店の知名度やお客さんの質などによって、1日の売上杯数や平均杯数は変わっていくのでしょう。

 

 半日でコーヒー100杯売った?!

私はネットで、「半日で100杯以上コーヒーを売った」というコーヒーレディの口コミを目にして、一体どんな都会にあるお店なんだろうと驚いたものです。

半日で100杯と言うことは、恐らくは1日で200杯、1時間平均にすると30杯前後コーヒーを売っていることになります。

 

もしかしたら、コーヒーレディ2人で販売しているお店かもしれませんが、それでもここまで1日で売れるのは凄いと思います。

ちょっと想像がつきませんねぇ(笑)。

 

 

 平均何杯売れるのかを他のパチンコ店と比べても意味がない

現役のコーヒーレディの人は、

「他のコーヒーレディは、一日にどれぐらい売れているのだろう?」

「私、これぐらい売っているけれど、平均よりも多いのかな、少ないのかな?」

などと疑問に感じるかもしれません。

 

1日に何杯売るのかは、コーヒーレディの力量ややる気が関わって来ますが、だいたいはパチンコ店の規模やお客さんの人数や質に左右されるものです。

ですから、あまり他のパチンコ店では何杯売ていると言うことは、気にしなくてもいいと私は思います。

同じ職場の同僚のコーヒーレディと比較して、それの平均よりも杯数が多い・少ないをチェックした方がいいですよ。

 

以上が、私のコーヒーレディとしての体験談です。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。