ジャグラーでハイエナが狙い目の時間帯は夜?朝イチや夕方はできないの? 


スポンサーリンク


フィーバー!

元店長の”ななしー”です。

 

今回は、ジャグラーのハイエナしやすい時間帯について書いてみます。

 

仕事帰りのジャグラーなどでは、夕方や夜から回転数などをチェックしてハイエナ狙いをすると思います。

日曜日など休みの日は、朝イチから前日のハイエナ狙いですね。

 

果たしてジャグラーでは、一体どの時間帯がハイエナしやすい狙い目の時間帯なのでしょうか?

 

このジャグラーのハイエナについて、僕の考えを書いていきますね。

 

僕の結論を先に書いておくと・・・

ジャグラーではハイエナできないし、ましてやハイエナしやすい時間帯もありません。

朝イチ・夕方・夜・閉店間際・・・いつ狙ってもハイエナは無理です。

 



ジャグラーのハイエナが狙い目の時間はいつ?

パチンコの方でも書きましたが、パチンコやスロットの大当たりに時間帯は一切関係ありません。

 

パチンコ店の開店直後の朝イチは当たりやすい時間帯で狙い目なの?

パチンコは閉店間際が大当たりしやすく連チャンが狙い目の時間帯なのか?

 

もちろんジャグラーも、いつ何時に打ってもボーナスが当たる確率は同じなのです。

考えてみれば当然のことですよね、営業中は設定が同じなのでボーナス確率も同じですから。

 

ということは、どれだけ大ハマリしようが連チャンしようが、ボーナスの確率は常に一定で同じです。

つまりハイエナ行為は意味がないということです。

 

ジャグラーに限らず、パチンコ・スロットはメイン基板で大当たり抽選をしていますが、このメイン基板に”今が何時か?”を把握する機能はありません。

仮に時間を把握できているとしても、特定の時間帯に大当たりやボーナスを当たりやすくするプログラムもありません。

そんな解析結果、聞いたことないですよね?

 

パチンコはスタートチャッカーに玉が入った瞬間に、スロットはスタートレバーを叩いた瞬間に大当たり抽選をします。

ただそれだけ。

実はこのように、パチンコ・スロットの大当たりの仕組みは至って単純明快なのです。

 

朝イチや夕方、夜などという「時間」は、僕たち人間界でのお話です(笑)

ただのプログラムされた機械のジャグラーには、今が何時か?という「時間」はありません。

ジャグラーにしてみれば「時間?そんなの知ったこっちゃね~」って感じなのです。

コインを投入されてレバーを叩かれたら、毎回毎回、その都度ボーナス抽選をしているだけですから。

 

この様に、パチンコ・スロットには「時間」という概念はありませんので、ハイエナが狙い目の時間帯は存在しないのです。

いつ打ってもボーナス確率は同じ。

次の1回転で大当たりする確率も同じ。期待も同じ、です。

 

ハイエナしやすい狙い目の「時間」は、根拠もない人間が勝手に決めつけていることです。

 

 

ジャグラーは夕方や夜からがハイエナの狙い目?

今、説明しましたが、ジャグラーにはハイエナの狙い目の時間帯はありません。

でも多くの人が、夕方や夜にジャグラーのハイエナ狙いをしています。

僕は、別にこのハイエナ行動を否定するつもりはありません。

しかし、もっとジャグラーで勝ちたいのなら、ハイエナなどという意味のない立ち回りは今すぐにヤメましょう。

 

恐らくジャグラーを夕方~夜のハイエナ狙いする人の心境としては・・・

 

・たくさんハマったから、そろそろ出るだろう。

・まだ連チャンが残ってそうだな。

・ボーナス終了後にあまり回していないから、ジャグ連するかも?

・そろそろ当たりやすい回転数だな。

 

こんな理由だと思います。

 

確かに夕方や夜にジャグラーのシマを見に行くと、結構なハマり台を見つけることができます。

でもジャグラーって、ハマると大当たりしやすくなるのですか?

違いますよね?

どれだけハマっても、設定が同じならボーナス確率も同じですよ。

 

例えストレート3000Gぐらいハマっても、それでもボーナスの確率は同じ。

その次の1回転で、大当たりが期待できる確率は同じなのです。

 

反対に30連チャンぐらいジャグ連しても、ボーナス確率が低くなることもありません。

同じく次の1回転で大当たりする確率も、これまた同じなのです。

 

BIGボーナス終了後、即ヤメのジャグラーが捨ててあっても、特別にそのジャグラーが当たりやすいってこともないです。

ボーナス確率は変わりませんので。

 

 

このように「ジャグラーは、夕方や夜からがハイエナの狙い目」というのは、全く根拠のないオカルトです。

むしろ僕からすれば、ジャグラーを夕方や夜から打つのは、逆に負けやすいと思います。

 

今のパチンコ店は、ほとんど等価や高価交換のホールが多いので、それほど換金手数料の影響は気にすることはないかもしれません。

でも等価交換以外のパチンコ店では、「持ち玉交換=換金手数料分の損」ということを忘れてはいませんか?

ジャグラーなどスロットでは、いかに高設定をつかむかが重要です。

でもこの設定と同じぐらい、換金手数料も重要な要素なのです。

 

仕事帰りの夕方~夜からジャグラーを打っても、閉店までせいぜい5~6時間の勝負です。

5.5枚交換なら僕も換金手数料は気にしませんが、6枚や7枚で夕方や夜からの勝負は無謀です。

 

閉店すれば、持ち玉を強制的に交換させられます。

この時点で、パチンコ店に手数料を払っているのです。

で、翌日また現金投資をしてコインを借りる・・・。

 

ジャグラーを夕方や夜からの短時間勝負では、持ち玉で打つ時間が短すぎます。

交換→現金投資のスパンが短く、その分、換金手数料で損をしてしまうのです。

いかに持ち玉で長時間粘るか?

ジャグラーで勝つには、高設定をつかむことと同じぐらい、換金手数料は重要な要素なのです。

 

パチンコ・スロットは「コインをどれだけ出したか?」ではなく、「最終的にいくら手元に現金が残ったか?」ですよね?

極端な話、ジャグラーで毎ボーナスごとに交換すると仮定してみて下さい。

1回交換でジャグラーを打つということです。

 

するとどうでしょう?

トータルで出したコインの枚数は同じでも、1回交換すると勝てません(儲かりません)。

交換するごとに、パチンコ店に換金手数料を払っているからです。

6枚や7枚交換で夕方以降に現金投資をしたら、その時点で負け決定と僕は思っています。

 

では、等価交換のホールでで打てばいいのでは?と思いますよね?

確かに等価交換なら、換金手数料は取られません。

せいぜい、端数のお菓子分ぐらいです。

 

でも等価交換のパチンコ店のジャグラーなんか、ほぼほぼ設定1ですよ。

反対の立場のホールにしてみれば、換金手数料で儲けられないので設定を閉めるしかないのです。

スポンサーリンク

 

ジャグラーのハイエナは朝イチが狙い目?

繰り返しますが、ジャグラーにはハイエナしやすい狙い目の時間帯はありません。

これは朝イチでも同じで、例え前日大ハマリして閉店を迎えても、ボーナス確率が上がるわけでもないからです。

 

それにジャグラーにとっては、閉店とか開店とかは知るよしもない話。

人間が勝手に決めつけているだけのことです。

 

ただ朝イチは、設定変更を狙うということができます。

よくジャグラーで言われているのが、朝イチリール「ガックン」。

設定変更した次の1回転に、リールがブレて回転するという現象です。

 

確かにジャグラーのこれは狙い目と言えますが、今の時代に設定変更してそのまま放置するパチンコ店はないですよ。

ほぼすべてのホールが、閉店後に設定変更の有無を問わず、スロット全台を1回転ずつ回しているハズです。

ホール側だって、設定変更をお客さんに見破られたくはありません。

ネット社会の現在で、こんな「リールガックン」などという分かりやすい現象を知らないわけもないし、ホール側が対策しないわけもないです。

ジャグラーの朝イチ「リールガックン」には、期待しないほうがいいでしょう。

 

ただジャグラーに限らず、朝イチからのパチンコ・スロットの勝負は、高設定をつかめば長時間打つことができます。

朝イチなら台も選べますので、人気のジャグラーだから仕方なく空き台で・・・ということもありません。

前日のボーナス回数やそのホールの設定変更の傾向やクセなどから、高設定のジャグラーを予想しましょう。

 

 

まとめ

このようにジャグラーには、ハイエナが狙い目の時間帯はありません。

そもそもボーナス確率は、常に一定なのでハイエナなどという行為も存在しません。

 

朝イチ・夕方・夜・・・いつ打ってもボーナスの期待は一緒です。

ジャグラー自身?に、今が何時か認識するプログラムはないです。

 

又、夕方や夜だと「そろそろハマり台が狙い目で出そうだ」と思いがちですが、それは人間の勝手な思い込みです。

どれだけ大ハマリしても、それだけジャグ連しても、ボーナス確率は変わりません。

 

それに夕方や夜からの現金投資は、換金手数料で損をします。

閉店という強制交換があるからです。

 

やっぱりパチンコ・スロットを打つなら、朝イチからですね。

でも土日祝は、設定は閉めてますよ。狙うなら平日です。

 

余談

そう言えば以前、ジャグラーで乱数の特許がどうのこうのっていう話が一時話題になりましたね。

あれってデマですよ。

まさか信じていないですよね?

あんな乱数を変えてしまうやり方が、保通協の検査を通るわけがない。

 

ビ:「ちなみに、ファンの間でもまことしやかに囁かれているもう1つのゲーム性、『ジャグ連』『北連』というのは、本当のところ、どうなんですか?

川:「スランプグラフが良い波を描くように確率面を考えていますが、特別なことは何もしていません

ビ:「本当ですか? よく抽選方法が違うという噂を聞くんですが…」

川:『北電子独自の乱数生成方式が~』ってやつですね? そんなのメーカーとしては一言も言っていませんよ。あれは雑誌さんが勝手に言い出したのが広がっただけで、そんなのはありません。『そんなのないんですけど』と編集部に電話したら、『単なるキャッチコピーだから気にしないで下さい』だって(笑)」

引用元:パチンコビスタ https://www.pachinkovista.com/info/news.php?nid=200910011347380n

 

あんなやり方が認められてしまったら、現在のパチンコ・スロットの根底が覆されてしまいます。

乱数をいじれないから、各社知恵を絞ってRTやATなどを開発したのです。

僕は初めRTの仕組みを知った時は、このプログラマーよく思いついたな~って関心しました。

当時の規制の穴をうまく突きましたからね。

 

ジャグラーのハイエナのやり方は?狙い目の回転数など台選びの方法のコツは?  

ジャグラーはレバーオンのタイミングで強制ペカ可能?BIG直撃打法は本当?

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。