ジャグラーのハイエナのやり方は?狙い目の回転数など台選びの方法のコツは?  


スポンサーリンク


フィーバー!

元店長の”ななしー”です。

 

今回は、スロットと言えばコレ「ジャグラー」シリーズについて書いてみます。

年齢性別問わず、根強い人気ですよね~。6号機でも発売されるのかな?

 

こんなジャグラーで思い浮かべるのが「ハイエナ」。

このジャグラーのハイエナのやり方について考えてみます。

 

具体的な狙い目の回転数など、台選びのコツなどがあるのでしょうか?

 

まあ先に結論を言ってしまえば、ジャグラーでハイエナ行為なんて意味のないことです。今すぐヤメましょう。

 



ジャグラーのハイエナのやり方は?

スロットで言うハイエナとは、「前打っていた人の後に次の人が打って、すぐにボーナスを引き当てること」という解釈で良かったですよね?

 

「かなりハマったから、そろそろ連チャンしそうだ」

「連チャンしてヤメていったけど、まだ出そうだ」

「ボーナス終了後、100回転も回していないのでジャグ連するかも?」

 

こんな考えで、台選びをすると思います。

でも僕は、このようなやり方は何ら根拠のないオカルトだと断言します。

 

ジャグラーシリーズでは、このようなやり方のハイエナは狙ってできません。

ハイエナのやり方など存在しないのです。

 

その理由は、ジャグラーはすべての機種でノーマルAタイプです。

ATやRT、ボーナスのストックなどという機能はありません。

あと何ゲーム回したらストック解除や、ATに入りやすい高確率ゾーンなどもありません。

毎ゲーム毎ゲーム、ボーナスを1発抽選しているのみです。

 

つまりいつボーナスを引き当てるかは、誰にも分からないのです。

誰にも分からないので、いつボーナスが当たるのかは根拠のないただの未来の予想に過ぎません。

つまり、ジャグラーのハイエナのやり方などは存在しないのです。

 

でも、確かに他の人がヤメていった後に、すぐにボーナスを引き当てることもありますよね?

 

この場合は、「たまたま未来の予想が当たっただけ」です。

ハイエナが狙って成功したのではありません。

「たまたまの偶然」です。

 

ジャグラーの設定1でも、何回転か回していれば当然ボーナスが当たることもあります。

つまりジャグラーでハイエナしてボーナスが当たったと言っても、それはただの結果論に過ぎないのです。

 

 

ジャグラーの狙い目の回転数はあるの?

ジャグラーは、毎回同じ一定の確率でボーナスを抽選しています。

同じ設定なら、いつ何時でもボーナスの確率は同じです。

つまり、次の1回転でボーナスが当たる確率は常に一定ということ。

 

ストック機でもないジャグラーでは、特別にボーナスが当選しやすいという狙い目の回転数はありません。

ストック機なら狙い目の回転数が確かに存在しますが、ジャグラーは完全なノーマルAタイプ。

ボーナス終了後でも、1000回転ハマった後でも、5連チャンした後でも、次の1回転でボーナスが当たる確率は一定です。

 

確かにジャグラーの台選びをする時には、ボーナス終了後に何回転回しているかは気になります。

でもそれは、全く意味のない台選びのやり方なのです。

 

特定の回転数だけを狙って立ち回るハイエナ行為は、ストック機なら有効な台選びのやり方でした。

しかし、ボーナスを完全毎回1発抽選しているジャグラーでは、このようなハイエナのやり方はただのオカルトなのです。

 

繰り返しますが、例え狙った回転数でボーナスが当たっても、それはハイエナのやり方が成功したのではなく、たまたまの偶然です。結果そうなっただけ。

選んで狙ったそのジャグラーで、あなたが自力でたまたまその回転数でボーナスを引き当てただけです。

決して、その回転数が狙い目だったわけではありません。

 

ジャグラーには、ハイエナしやすい狙い目の回転数など存在しないのです。

スポンサーリンク

 

ジャグラーの台選びの方法のコツは?

このようにジャグラーには、ハイエナなど狙い目の回転数はありません。

ハイエナのコツや、ハイエナしやすい台もありません。

 

つまりジャグラーでいう台選びのコツとは、高設定を探して狙うしかないのです。

ボーナス確率が常に一定なら、少しでも確率が良い高設定のジャグラーを狙った方が、当然勝ちやすいに決まっています。

だからスロットには設定があるのですよ。

 

僕はジャグラーの台選びをする時は、ボーナス終了後に何回転まわしているか?などは一切見ません(気にしません)。

だって、気にしたところで意味がないですので。

 

たくさん回したからと言って、ボーナス確率が高くなって狙い目になるわけでもないし、仮に20連チャンしてもボーナス確率が低くなることもありません。

もちろん「1日にボーナスは何回まで」と、予め回数が決められていることもありません。

回転数を見て「そろそろ狙い目だな」というハイエナ行為は、全く根拠がないので今すぐヤメましょう。

 

もちろんジャグラーを純粋に楽しむ分には、回転数狙いのハイエナもアリだと思います。

僕はオカルトを否定はしますが、認めていないわけではありませんので。

でも勝ってこそのジャグラー(スロット)ですよね?

負けて楽しいハズがありません。

負け組から勝ち組へ、もしくはもっと勝ち額を増やしたい人は、一刻も早くオカルト思考から卒業することをオススメします。

 

まとめ

純粋なノーマルAタイプのジャグラーシリーズでは、ハイエナで狙い目の台を選ぶことは意味がないことです。

根拠のない全くのオカルト。

ボーナス確率は常に一定なので、狙い目の回転数など存在しません。

たまたま狙った回転数でボーナスを引き当てても、それはあなたが自力で偶然にその回転数で当たっただけ。

 

もし何でしたら、一度狙い目の回転数があるかどうかデータを取ってみたらどうですか?

データを集めれば集めるほど、設定通りのボーナス確率に近づいて行きますよ。

いかに回転数を狙ったハイエナ行為が、ムダな行動かが分かると思います。

 

スロットは設定のみ。

これは基本中の基本です。

 

余談

唯一、ジャグラーで有効なハイエナ方法があります。

それは、「GOGOランプ」が点いて捨ててあるジャグラーを拾うことです(笑)

信じられないかもしれませんが、稀にあるみたいですよ。

 

 

このように、スロットでリーチ目や熱いゾーンが捨ててあったり、パチンコで言えば潜伏確変を拾ったりするのが、本当のハイエナというものです。

勝率アップにつながらないハイエナは、ハイエナとは呼べません。

 

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。