遊タイムが発動しない原因は?ST後や時短を含めるのか条件について解説!

2020年9月1日

登録した日から7日間無料でお試しできます。この期間中に解約すれば料金は一切発生しません。登録方法はコチラから。PC版は「777タウン.net 」をご利用下さい。

 

大当たり確率の3倍近くもハマっておいて、「遊」タイムはないでしょ?

元パチ屋テンチョーの”ななしー”です。

 

パチンコに天井ができたと聞いて、遊タイム搭載機種を打ってみたけど…

・朝一から発動条件の回転数までハマったけど、遊タイムが発動しないのはナゼ?

・遊タイムの発動条件に時短って含まれるの?

・遊タイムが発動しないけど、データカウンターの表示がおかしい?

 

こんな「遊タイムが発動しない!」と言う疑問について解説していきます。

結論である答えは、すぐ下に書いてあります。

目次をクリックして読みたいところへジャンプして下さい↓

  ハワイアンドリームの遊び方はこちらからどうぞ! 今なら無料ボーナスがもらえる! 姉妹サイトパーラーオンラインカジノもよろしくね!

遊タイムが発動しない主な2つの原因

遊タイムの発動条件は、遊技台の冊子やネットなどに「〇〇〇回転ハマると遊タイムが発動!」と紹介されています。

これは、問題ないですよね。

 

でも実は、意外と知られていない遊タイムの発動条件があるのです。

発動条件の「注意書き」「但し書き」とでも言うんでしょうか。

ホールでは、わざわざ大きく書いてまで紹介されていないことが多く、そのため冒頭のような「発動条件の回転数まで回したけど遊タイムにならないよ」と言うことが起こるのです。

 

今回紹介する、その意外と知られていない遊タイムの発動条件は2つ。

①遊タイムは大当たり~大当たり間で1回しか発動しない(2週目はない)

②遊タイムは時短の回転数は含むが、ST後などの確変中の回転数は含まない

の2つです。

 

①は、今初めて知った人も多いと思いますが、②は勘違いする人が多い発動条件ですね。

それぞれ、どういう状況で起こるのかを交えながら説明します。

 

【原因①】遊タイムは大当たり間に1回しか発動しない

遊タイムは、規定回数ハマれば時短が発動する仕組みです。

ただこの遊タイムは、大当たり~大当たりの間で1回のみしか発動しません。

1日1回ではないですよ。

「大当たり間で」1回のみの発動です。

つまり、何でもかんでもハマればいいと言うわけではないのです。

 

この遊タイムの発動条件は、ホールの冊子などにあまり書かれていないので、意外と知らない人も多いのではないでしょうか?

で、これが原因で「規定回転数まで回したけど遊タイムが発動しない!」が起こるのです。

 

遊タイムがスルーして当たらなかった場合の2週目はない

遊タイムが発動しても、その遊タイムが無限に続くわけではありません。

例えば「Pリング 呪いの7日間2」なら、遊タイムは通常時に885回転ハマると遊タイムが発動しますが、当たらない場合は1,214回転で遊タイムは終了します。

次回ループまでの確変と違い、遊タイムは次回の大当たりが約束されているわけではないのです。

 

ここから、どういうケースが考えられるかと言うと…

 

通常時に885回転ハマって遊タイム発動

遊タイムが発動したが1,214回転当たらずにスルー

↓(通常時に戻る)

再度、885回転ハマる

 

と言う、大ハマりを喰らうケースです。

この場合、1度スルーした後に再度885回転ハマっても、”2週目”の遊タイムはありません。

遊タイムは大当たり間に1回のみの発動ですから、2週目のハマリについては条件を満たしても発動しないのです。

 

上記のPリング 呪いの7日間2の場合、遊タイム中に当たる確率(引き戻す確率)は約98%とスルーすることは稀です。

しかし、機種によっては意外と遊タイムを駆け抜けてしまい、そのまま”2週目”に突入することもあります。

「遊タイムに2週目はない」と言う、発動条件があることを知っておいて下さい。

 

 

前日の閉店時にスルーしていると朝一からハマっても遊タイムは発動しない

実はここまでなら、さほど「遊タイムが発動しない!おかしい!」とはなりにくいです。

問題は、朝一の開店から遊タイムをハイエナ狙いで打った時です。

 

朝一ですから、当然データカウンターの回転数は「0」。

先ほどのPリング 呪いの7日間2を打った場合なら、このデータカウンターの表示が885回転になれば遊タイムが発動するハズです。

 

「でも…アレ?…遊タイムが発動しない??」

こんな経験をした人は、いるのではないでしょうか?

 

これ、どんな原因が考えられるかと言うと、前日に1度遊タイムをスルーした状態で閉店を迎えたと予想できます。

つまり、前回の大当たりからすでに1度遊タイムが発動済みで、朝一から2週目を打っていることになるわけですね。

 

ホール側が閉店後にラムクリ(ラムクリアー)すれば、遊タイムの発動条件はすべてリセットされますので、2週目と言うこともリセットされます。

しかし、ラムクリしない場合は例え閉店後に電源を切っても、遊タイムの発動条件は翌日の開店から引き継がれますので、宵越で2週目からのスタートになるのです。

だから朝一から規定回転数ハマっても、遊タイムが発動条件しないんですね。

 

このように朝一からハイエナで天井を狙う場合は、前日からの宵越しで発動条件を引き継いでいる可能性があることを認識しておきましょう。

・グラフの履歴から、1度遊タイムをスルーしているかどうか?

・また、そのホールがラムクリをする店なのかどうか?

も合わせてチェックすることが大切です。

パチンコは、通常ラムクリすると液晶デジタルの停止出目も初期化されますが、店員が手で1回転まわして対策されることもあります。

 

 

【原因②】遊タイムは時短を含む低確率でハマった時に発動する

次に2つ目の「遊タイムが発動しない!」となる原因についてです。

遊タイムが発動する条件は、通常時に規定回転数ハマった場合です。

この「通常時」と言う表現を正しく言い換えると、「低確率時」になります。

パチンコは低確率=通常時と呼ばれますが、ここは問題ありません。

 

で、先に補足説明をしておきます。

パチンコには、大きく分けて3つの状態があります。

・通常時

・時短中

・確率中

の3つです。

これらが、それぞれどんな状態かを正しく説明できますか?

 

ザックリ簡単に説明すると…

・通常時…メインデジタルが確率で電サポほぼなし

・時短中…メインデジタルが確率で電サポあり

・確率中…メインデジタルが確率で電サポあり

になります。

 

パチンコを打つ人なら通常時と確変の違いは分かると思いますが、時短については曖昧(あいまい)に認識している人が多いようです。

時短はメインデジタルの確率は低確率なので、当たりやすいってことはないわけですね。

 

…時短は低確率?

 

そう、通常時も低確率ですが、時短中も低確率なので遊タイムの発動条件である回転数にカウントされるのです。

つまり、遊タイムが発動する条件は「通常時と時短中の低確率時に規定回転数ハマった時」になります。

時短の回転数も、遊タイムの発動条件にカウントされますよ。

 

確変中の回転数は含まないのでST後から発動条件がカウントされる

「時短が発動条件にカウントされることぐらい知ってるよ」

と言う意見がありそうですが、発動しない原因②の本題はここからです。

 

通常時と時短中が遊タイムの発動条件になると言うことは、反対に言えばこれは、確変中は発動条件にカウントされないことになります。

確変中にどれだけハマっても、遊タイムは発動しないんですね。

 

…ん?

確変中のハマリと遊タイムが発動しない条件とに、一体どんな関係があるの?

そもそも、確変中に遊タイムが発動するわけないでしょ?

 

えーとですね、パチンコの確変には「次回までループする確変」と「〇〇回転で終了する確率」の2タイプがありますよね?

次回までループするタイプの確変は、今回の”遊タイムが発動しない問題”には関係ありません。

発動しない原因②でよく勘違いされるのが、「〇〇回転で終了する確変」、いわゆるSTタイプの確変です。

※STとは「スペシャルタイム」の略です。

 

例えば、「PF真花月2夜桜バージョン」には遊タイムが搭載されており、低確率時に500回転ハマれば発動します。(759回転で終了)

そしてこの機種の確変は、「大当たり終了後100回転まで(ST100回転)です。

次回までループはしません。※先ほどのPリング 呪いの7日間2は、ST74回転の仕様です。

 

で、これがどういった遊タイムが発動しない原因になるかと言うと、ST中に当たらずスルーして駆け抜けた場合、データカウンターは100回転から通常時(低確率)がカウントされると言うことです。

ST=高確率の回転数は、遊タイムの発動条件にはカウントされません。

 

ループタイプの確変なら、確変終了後のデータカウンターは低確率の0回転からカウントします。

しかしSTタイプの確変の場合は、このSTの回転数がそのまま引き継がれてデータカウンターには表示されますので、これを勘違いして

「遊タイムが発動しない!おかしい!」

と思う人がいるのです。

※ホールによって、データカウンターの表示設定は異なります。

 

PF真花月2夜桜バージョンの場合なら、データカウンター上では

100回転+500回転=600回転

ハマれば、遊タイムが発動します。

※「データカウンター上では」です。

 

これを知らずに、データカウンターの回転数を見ただけだと

「あれ?500回転まわしたけど、遊タイムが発動しない…??」

と思ってしまうわけです。

 

 

【まとめ】遊タイムはデータカウンターの回転数の表示をそのまま信用しない

今回の結論から僕が言いたいことは、「データカウンターの回転数をそのまま信じるな」です。

「嘘だから信じるな」と言う意味ではなく、遊タイムの発動条件はあくまで遊技台がどれだけハマったか?

データカウンターの表示でハマった回転数が、そのまま遊タイムの発動条件にはならないと言うことです

 

実はデータカウンターって、稀に表示がおかしくなることがあるんですよ。

データカウンターは遊技台と配線で接続されていて、遊技台から送られて来たスタート信号や大当たり信号を、あらかじめ設定された通りに表示するようになっています。

でも、これが稀に配線の接触不良や配線間違え、データカウンターの基板の故障などで、表示がおかしくなることがあります。

完全に壊れてカウントせずに「0」なら店員も気が付きますが、時には「30回転に1回ぐらいスタートをカウントしない」と言うトラブルもあります。

こうなると、なかなか店員も気が付きにくいんですよね。

 

こうしたトラブルは、特に古いホールのデータカウンターで起こりやすいです。

僕もボロいホールを担当していたので、データカウンターの故障にはかなり苦労しました。

データカウンターから更にホールコンへ信号(情報)が送られるので、データカウンターが壊れるとホールコンのデータもおかしくなるんですよ。

「何かこの台だけスタート回ってないな~」って思ったら、単にデータが正しく取れていなかっただけ、なんてことはザラですからね。

データカウンターの表示を、そのまま100%信用してはイケマセン!

 

データカウンターってホールによって種類がバラバラですし、同じデータカウンターを使っているホールでも、表示のされ方が違うこともあります。

データカウンターはホールにとって営業戦略のひとつなので、各店により仕様(設定)が異なるのは自然なことです。

ST後に回転数が0にクリアーされないデータカウンターなら、今回のような「遊タイムが発動しない!」と言う原因になりますし、中にはデータカウンター自体が故障している場合もあります。

 

遊タイムが発動する条件は遊技台が基準であり、データカウンターが基準ではないことを認識して下さい。

遊タイムの発動条件を覚えると同時に、

「もしかしたらデータカウンターの表示がおかしいカモ?」

と、頭の片隅にでも覚えておいてくださいね。

 

余談ですが、遊タイムって大当たり確率の3倍近くハマっている時点で、全然”遊べていない”と思うんですが…。

「遊タイム」ではなく、「ヒキ弱救済タイム」って言う名前に変えません(笑)




姉妹サイト「パーラーオンラインカジノ」は、こちらからどうぞ!

パチンコ・パチスロの代わりになるギャンブルを探している人は、ぜひ一度オンラインカジノで遊んでみて下さい。

風営法は関係ないので100万勝ちとか狙えますよ。

 

沖ドキ南国育ちを彷彿とさせる爆裂連チャンスロット「ハワイアンドリーム」がオススメ機種です!

・リスピン(リプレイ)の連続がアツい!

・ハイビスカスが光ればボーナス確定!

・蝶々が飛ぶと、スーパーボーナスへ昇格!

・金7のアルティメットラッシュで一撃大量出玉を狙え!

 

ハワイアンドリームについて詳しく知りたい方は、こちらからどうぞ!