パチンコの釘の違いが分からない初心者必見!見分ける練習のポイントとは?  


スポンサーリンク


フィーバー!

元店長の”ななしー”です。

 

今回は、規制の波に逆らって「釘の読み方」について書こうと思います。

もう時代は、設定付きパチンコへ移行しようとしています。

釘調整はご法度です。

でもパチンコは釘、釘の違いがあるからパチンコは楽しいのです。

 

というわけで、今からでも釘の違いが分かるようになりたい!っていう初心者の人への、僕からのアドバイスをまとめてみますね。

ちょっと抽象的な内容ですが、きっと役に立つと思いますよ。

 

ちょっとだけ先に結論を書くと・・・

一番手っ取り早い方法は「実機を買って自分で釘を叩いて練習をする」です。

 

それではどうぞ~^^

 




まずは釘の違いを読もうとする意識

パチンコの釘を見分ける第一歩として、僕はまず「釘の違いを見分けよう」とする意識が大事です。

釘読みって、なんだか難しそうな感じがして構えちゃいますよね・・・。

僕も初めはそうでした。

こんな1ミリ以下の釘の違いなんて、自分には分からない!ムリだ!って。

でもこれではいつまで経っても、釘の違いが分かることができません。

 

まずは・・・

 

・右と左の台では、釘はどう違うのかな?

・釘がどっちに曲がっているように見えるのかな?

・この釘が右に曲がっていると、パチンコ玉はどっちに流れていくのかな?

 

と、分からなくても分からないなりに、釘を見分けよう、どう違うんだろう?って意識することから始まります。

自分には釘読みはムリ!って思った時点で、そこで終了です。

どんな釘師だって店長だって、初めは素人でしたから。

練習に練習を重ねて、ようやく「職人技」を身につけるのです。

 

これは釘読みに限らず、日常生活や仕事でも同じことが言えますね。

 

パチンコ玉の流れは釘の広い方へ

そもそも釘がどちらに向いていると、プラス調整なのでしょうか?

もちろん命釘は、左右に釘が開いてるほうが回ります。

 

ではヨロイ釘や道釘、谷釘、アタッカー周辺や小デジスタートチャッカー・・・

パチンコ盤面には、たくさん釘があります。

それぞれの釘がどちらに向いているほうが、プラス調整になるでしょうか?

 

パチンコ攻略雑誌には、写真で釘のプラス調整が解説されています。

でも、攻略雑誌には載っていない機種もたくさんありますよね。

自分で釘を見分けることができれば、攻略雑誌に頼る必要もなくなります。

そんな釘を見分けるポイントは、パチンコの玉の流れを水の流れに例えて見ることです。

そう「川の流れのように」(笑)

 

川の水って、川幅が広い方へ水がたくさん流れていきますよね?

パチンコ玉も同じです。

釘の幅が広い方へ広い方へ、よりたくさん玉は流れていきます。

ポイントは、難しく考えず単純に「玉は釘の幅が広い方へ流れる」です。

 

練習方法としては、パチンコ盤面の1点だけを見ないこと。

視野を広くして、全体の玉の流れを見るようにするのです。

 

パチンコを打っている時、つい命釘や液晶を見つめがちです。

というか、それがパチンコの楽しみですので正しいですよ。

 

でも僕は、保留ランプがフローしないように気をつけながら・・・

 

・打ち出された玉がどのように流れていくか?

・なぜこの台はよく回るのか?回らないのか?

・命釘へ玉が寄っていかないが、どこで玉が逃されている(マイナス調整)のか?

・逃されているポイントとなる釘はどれか?

・その釘がどちらを向いているから逃げているのか?

・では、その釘がどちらを向いていれば、玉が寄って行きより回るのか?

・そしてそのような釘調整の台は、そのホールにありそうなのか?

・隣の台が空いているのなら、その釘はどうなのか?

 

など。

 

なんか一杯ポイントを並べてしまいましたが、僕は釘を読んで座った台はしばらくこう分析しています。

釘の違いを見分けるのも大切ですが、実際の玉の流れを読むことでポイントとなる釘が分かってくるのです。

もうこれは練習に練習を重ねて、色んな機種を打ち経験を積むのが違いを見分ける近道ですね。

理論ばかりで頭デッカチになるよりも、とにかく打って感覚をつかみましょう。

 

同じ釘調整でも回転ムラがある

これはパチンコを打っている人なら、誰しもが感じたことのあることです。

メインデジタルがよく回ったり・・・突然回らなくなったり・・・

釘は変わっていないのに、どうしてこんなに回転数に差ができるのでしょうか?

 

もうこれは「回転ムラは生じるもの」と割り切るしかありません。

この回転ムラの誤差を極力なくすためには、やはり打ち込む玉数(データ量)を増やすことですね。

4円パチンコで千円や二千円ぐらい打っただけじゃ、全然本来のその釘調整の回転数は把握できませんよ。

一万円打ってもどうかなぁ、おおよそは掴めますがもう少しデータ量が欲しいですね。

 

つまりせっかく釘の良し悪しを見て判断しても、ちょっと打ったぐらいで「回る or 回らない」を決断するのは早計すぎます。

僕は初めの500円で1回転しか回らなかったけど、実はブン回りのボーダー超えの台に何度も遭遇しています。

たまに500円ずつカニ歩きしながら、同じ機種内を打ち比べている人を見かけます。初心者の人にありがちな行動ですね。

でも僕は、たった500円ぐらいじゃ本来の釘の回転数なんか分からないのになぁって、いつも横目で見ています。

 

ちなみに釘の違いが分かってくると、「あ、ここから玉が逃げて行くから、この台の釘調整じゃダメだ!」って分かるようになります。

そうすれば、ムダな投資を抑えることができますよね。

もうこれだけでパチンコの勝率アップです^^

 

機種ごとの釘のゲージの違い

パチンコ台の盤面(セル盤)に釘が打ち込まれているわけですが、この釘が打ち込まれている配置の形をゲージと呼んでいます。

当然、機種ごとにゲージが違うので、「この機種はゲージがキツい、ゲージが甘い」などと言います。

 

つまりゲージがキツい機種は、釘が開いていても思ったほど命釘まで玉が寄っていかず、デジタルが回らないのです。

逆にゲージが甘い機種は、釘を寄せなくても(プラス調整にしなくても)命釘に玉が自然と向かっていくのです。

釘調整の有無以前に、釘の打ち込んである配置の時点から甘い or 辛いがあるのです。

 

ここでのポイントとして、釘を見比べる時は同じ機種同士で見比べて下さいね。

例えば違う機種と機種で命釘を見比べて、「こっちの機種のほうが命釘が開いている」って分かっても、それが必ずしもボーダーを超える適切な釘調整とは限らないからです。

機種によって、適切な釘調整があることを知っておいて欲しいです。

 

尚、ゲージの甘いor辛いのほかに、その機種のスペックによって釘調整が違ってくる場合もあります。

スペックが甘い機種は、釘を開けてスタート回数を回すことができないので、必然的に釘は渋めです。

また逆に、辛めのスペックの機種は、釘を開けてスタート回数を回さないとお客さんが付いて来れません。

もちろん同じ機種でも、換金率によって釘の違いがあります。

 

釘の違いを見分けるポイントに「各釘のバランス」

ちょっとこれは、初心者の人には難しいことかもしれません。

釘ってバランスが大切なんですよ。

どこか1箇所の釘だけで開け締めをしようとすると、どうしても極端な釘調整になります。

脚端な釘調整は、お客さんにバレますよね?

パッと見ただけで「ヘソ釘が渋いな~」って分かってしまい、打ってくれません。

下手くそな店長は、命釘だけで締めようとしたりします。

 

上手い店長は、ヨロイ釘・ジャンプ釘・命釘・ハカマなどで少しづつ玉を逃していきます。

各釘が少しずつマイナス調整なので、お客さんには調整の違いが分かりません。

 

つまり僕がここで言いたいのは、釘調整を読む時は釘全体を見て判断して欲しいということです。

どこか1か所の釘が開いているだけで、「この台は回る」と判断するのは危険です。

今は規制が強化され極端な釘調整はできませんが、以前は”命釘だけ大きく開けて寄せを殺す”という「ダマシ釘」もありますので。

 

反対に命釘が狭くても、全体的な寄せが釘がフラット~プラス調整で、「意外とよく回る」という釘調整もたくさん存在します。

今の規制の中では、こちらの調整法が主流になっています。

釘チェックシートの存在で、釘1本1本を大きく曲げることができません(厳密には一切曲げたらダメですけど)。

つまり全体的に釘を少しずつ触って調整するのです。

 

こう考えると、初心者の人には釘の違いの見分けが難しい時代になったのかもしれませんね。

でもこの少しの違いを見分けることができれば、そこで他人と差がつき勝率アップに繋がるのです。

 

一番の練習方法は実機を買って打つこと

最後になりますが、初心者の人が一番手っ取り早く釘の違いが分かるようになる方法を紹介します。

それは、パチンコの実機を買って自分で釘を叩くことです。

できれば、専用の板ゲージと玉ゲージ、ハンマーもあればいいですね。ちょっと値段が張りますが。

 

とにかく自分で好きなように釘をいじって、そして打ってみる。

実際のホールの釘はコンマ何ミリの調整なので、初心者の人には分かりません。

でも自分で買った実機は、思いっきり釘を曲げられます。

営業停止も怖くありませんし(笑)

 

「この釘をこっちに向けると、玉はこちらに流れるんだな」

っていうのが、次第に分かるようになりますよ。

 

僕も店長見習いの時は、実機を買って自宅で練習をしていました。

閉店後のホールの台でも練習できますが、アタッカー周辺や寄せ釘などの「万年釘」は触ることができないですからね。

ホールで釘の試し打ちの練習をすると、ホールコンピュータがデータを集計してくれるので「平均スタート回数」や「大当たり出玉」などが正確に分かるというメリットもあります。

これは、一般の人にはできない練習方法ですけど。

 

実機は何でも良いですが、初心者にはクセの少ない海物語など人気の機種が良いですよ。

最新機種は値段が高いので、昔の古い機種で構いません。練習用ですからね。

釘を覚える「自分への投資」だと思えば、かなり安い買い物です。

 

尚、板ゲージを使って叩けば、「あ、この命釘は12.50ぐらいかな」っていうのも、だんだんと分かるようになってきます。

板ゲージって0.25ミリ幅で調整するのですが、この0.25ミリって覚えれば意外と違いが分かるのです。

僕も毎日釘を叩いていたので、今でもほぼ正確に命釘のサイズを当てることができますよ。

もう感覚で覚えているのです。これも日頃の努力と練習の成果ですね。

 

さあ、これであなたも明日からパチプロです(笑)。

 

ついでに僕がオススメする、中古パチンコ実機の通販サイトも紹介しておきますね。

 



高品質の中古パチスロ・パチンコをお届けします!【ホームスロット】

 



初心者でも安心サポート!家庭で楽しむパチンコ実機販売【A-PACHINKO】

スポンサーリンク







2 件のコメント

  • パチンコはガロfinal辺りでもう終わった間はありますね。
    あの時は探せば回る台は未だあった。
    ガロfinalで19~20回程度ね。
    うちの地元は今はもう全然ダメですね。

    かろうじて打てるレベルが北斗無双の18回位が上限で、人気あったシンフォギア辺りは17回行くかどうかでしたし。

    去年の年1の特定日はスロット全台456でお祭り騒ぎになったのに、パチンコは何時も通り回収釘でしたね。
    今は警察の定期監査もありますし、同業者のチクりも有るみたいでパチンコは釘を弄るのはリスクが高過ぎるみたいですよ。

    • いつもコメントありがとうございます。

      そうですね、どの台も「どんぐりの背比べ」で魅力のない同じ釘ばかりです。
      換金率や機種によっての、釘調整の差もなくなっています。
      ホール側の苦悩が伺える釘ですね。
      閉めたくても閉められない、開けたくても開けられない・・・。

      今後スロットもオール6号機時代に突入しますので、
      更にパチンコ業界は厳しくなりますね。

      この業界は、浮き沈みの激しいことでも有名ですが、
      パチンコがダメな時はスロット、反対にスロットがダメな時はパチンコ、
      とうまく立ち回って乗り切ってきた過去があります。

      しかし、釘調整不可と6号機のダブルパンチは、業界にとって今までにない最大の試練ではないでしょうか?

      設定付きのパチンコがどこまで受け入れられるかもありますが、
      やはりパチンコとは、リアルな玉の動きを楽しむゲームであって
      釘調整ができないのは、もはやパチンコとは呼べません。

      釘のあるスロット、昔あった「パチコン」と同じです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。