パチンコの釘が突然急に回らなくなる理由は?遠隔操作が原因なの?


スポンサーリンク


フィーバー!

元店長の”ななしー”です。

 

パチンコ打ってますか?

週末や大型連休は、ホールに行ってはいけませんよ。

 

ところでパチンコって、打っていると突然急に回らなくなることってありません?

さっきまでよく回っていたのに、急に回らなくなった・・・おかしい。

 

この「急に釘が回らなくなる」理由って何なんでしょう?

もしかして遠隔操作が原因!?

 

これは、ただの「回転ムラ」です。

回転村ではありませんよ。魔界村みたいな。

決して遠隔操作ではありませんのでご安心下さい。

 

詳しく書きますね。

 




パチンコの釘が突然回らなくなる理由は?

パチンコで勝ちたい皆さんは、もちろんパチンコを打つ時は、1000円当たりどれぐらい回るのかを数えていますよね???

まずパチンコは、ボーダーライン超えの台を打たないことには勝てませんので、1000円当たりの平均回転数を把握することは必須です。

やっていなかった人は、今ズグに始めましょう。

 

回転ムラが原因

でも、打っていると感じるのですが、パチンコの釘ってよく回ったり急に回らなくなったり・・・。

この原因は、「単なる回転ムラ」です。

深く考えないで下さい。

 

その理由というか、そもそも回転ムラに理由も何もありません。

逆に1000円投資するごとに、毎回回転数が同じだったらそれこそおかしいと思いませんか?

 

パチンコ玉が打ち出されてから命釘に到達するまでに、一体何本の釘に当たるのでしょう?

釘どころかパチンコ玉同士がぶつかりあい、玉の方向が変わることもザラです。

 

こう考えるとたった1000円、4円パチンコなら250発、1円パチンコでも1000発ぐらいじゃ回転ムラが生じるのも当然です。

よく回る、回らない、急に回らなくなった、回るようになったとは、人間がそう感じるだけです。

 

もっと長い時間で見ないと、本当のその機種の回転数は分からないのです。

1機種を千円ずつカニ歩きで回していき、よく回る台を探している人を見かけますが、千円ごときじゃ本当の回転数は見えてきませんよ。

 

僕は最低、一万円ぐらいは打って平均回転数を求めます。

それでもまだ回転ムラがありますからねぇ。

 

どうですか?

突然、釘が回らなくなる原因は、ただの「回転ムラ」です。

 

でもこれだけだとちょっと「急に回らなくなる答え」としては抽象的なので、その他の具体的な理由も挙げてみますね。

↑これの回転ムラは嫌ですね・・・。

 

ハンドルの強さが原因

まずは、ハンドルの打つ強弱。

今はパチンコの固定ハンドルも、厳しく注意されるホールもあります。

常に同じ強さでパチンコ玉を打っているとは限りません。

僕は、これも回転ムラの原因のひとつだと思います。

 

台の傾斜が原因?

その他考えられるのが、台の傾斜。

これは都市伝説級な理由かもしれませんが、パチンコ台の裏には次に払い出されるパチンコ玉が数百発ぐらい貯まっています。

数百発ですから、結構な重さですよね。

 

これが払い出されていくと、その重さの変化で微妙に台の傾斜が変わるのかなと。

実際はほとんど無視できるレベルだと思いますが、「大当たりしたら突然回らなる」のはこれが原因かも!?(笑)

スポンサーリンク

 

遠隔操作が原因なの?

いや、これを書くのを忘れていました(笑)。

大当たりが遠隔操作だって思うのは、分からないではないですが、さすがに釘まで遠隔操作だと思うのはどうかと思いますよ。

仮にホールコンピューターで釘調整を遠隔操作できたら、これはすごい技術だと思います。

 

パチンコの釘なんて、所詮ベニヤ板に釘が刺さっているだけですから。

僕もパチンコ業界に携わって長いですが、さすがに釘の遠隔操作はホールの人間からもメーカーの人間からも聞いたことはありません。

↑これを遠隔操作できますか?

 

パチンコのホールコンピューターの仕組みや設定は?違法な遠隔操作で出玉制御?

↑ホールコンピューターは、データの収集をしているだけですよ。

 

まとめ

というわけで、パチンコ打っていて釘が突然回らなくなるのは「ただの回転ムラ」です。

その他の原因は、無視しても大丈夫なぐらい「ただの回転ムラ」です。

逆に、常に一定の間隔で回り続けるほうがオカシイです。

 

その台のより正しい平均回転数を知るのには、最低一万円分ぐらい(4円で言う2500発)は打ち込みましょう。

人間は色々とアレコレ考えちゃいますが、パチンコ台やパチンコ玉は「何も考えずにただ打って打たれて」しているだけ。

そこに何も意図はありませんので。

 

追伸

こう結論付けると

「じゃ、一万円打って回らない台だったらどうするんだ?ボーダー超えなかったら、お金のムダじゃね?」

って声が聞こえてきます。

 

いやだから「パチンコは釘を読みましょう」って、日頃から言ってるじゃないですかー。

え?釘調整ってもうダメのでは?

 

パチンコはまだ釘を叩いて調整しているの?確認シートの影響は?

↑こんなお話もあります。

 

まず釘を見る。

期待できそうなら、実際に打ってみる。

どこの釘がプラスなのか、マイナスなのか実際の玉の流れをみて判断する。

良さそうなら一万円分ぐらいまで、回転数を数えながら打ってみる。

そしてボーダーラインや期待値を計算する。

 

簡単にいうとこんな感じでしょうか?

投資のムダをなくすためには、やはり釘を見分ける力をつけるしかないですね。

でもこれは、釘を見ようとすれば誰でも分かるようになりますよ。

 

パチンコ店はなぜ遠隔操作をするの?意外な理由やメリットとは?

パチンコで急に玉がスタートに入らなくなった!回るようにする打ち方はあるの?

パチンコの釘の違いが分からない初心者必見!見分ける練習のポイントとは?  

 

スポンサーリンク







12 件のコメント

  • 釘見れる様になるといかに普段釘を開かないか分かる様になりますね。
    一年間見て一度もヘソがサイズ変わらなかったので辞めるきっかけになりましたね

    • そうですね、命釘が「万年釘」なホールもありますからね(笑)
      もう最近の釘は調整できないので、見ても全く魅力を感じません。

  • 単に回転ムラでかたずけられる問題ではないですよ。

    パチンコ台を購入すれば分かります。
    家ではいくら回してもなかなか大当たりしません。
    それも玉をチェッカーに入れまくっててもです。
    当たっても連ちゃんは薄いです。

    ホールでもし命釘が折れたら。
    すぐに爆発します。
    少々(小一時間)はまる場合もありますが、すぐに10万円分は出ます。
    時間があれば20万勝ちも余裕です。

    これ何故か分かります?
    ある一定以上回れば、通常時でも殆ど確変状態と同じになるんです。(ホールでは)

    回転を邪魔しているのは、命釘を含める付近の釘です。
    回転ムラでは説明し難い、命付近の玉の逃げ方。
    完全に蹴られてる状態。
    故意にされているとしか思えません。

    何故か?
    その蹴られている時に入れば当たるからです。
    ある他の台と同時当たりになるから、その台は弾かれるのです。

    学がないから説明が下手ですいません。
    20年以上前から知っていました。

    • パチンコ店がボロ儲けしていて、お客さんの大多数が負けているから
      運次第ではないですよ。

      運次第なら、パチンコ店が損したりボロ儲けするお客さんがたくさんいるはずです。

      やはりパチンコ・スロットは確率です。

  • パチンコ打つ時は必ず1プッシュ毎の回転数を記録していますが
    14 17(31) 8 9(17) 4 7(11) 5 3(8) 6 7(13)
    といったような展開が最近異様に多いです。
    回転ムラはわかりますが、最初の1k分の回転を超えるもしくはそれ近い回転数がまた来てもいいはずなのに一切こないのはどういう理屈なんでしょう?

    • 千円ずつの回転数を数えるのは、良いことだと思います。
      でも千円という金額は、人間が決めた切りの良い数字であって
      回転数を調べるのには少なすぎる数字です。

      僕は比べるのなら、せめて一万円ごとで比べるべきだと思います。
      千円だと、分母が小さすぎます。

      実際に過去に僕がやっていた方法は、持ち玉なら大当たり終了後に上皿下皿の玉を全部抜いて、
      ドル箱を目分量でスライスにします。
      2000発箱なら2000発ちょうどになるように、目分量で入れるのです。

      それで、1箱当たりの回転数を調べてました。
      この場合は、2000発=八千円当りの回転数ですね。

      現在は、ICカードで正確な玉数が分かるので、
      持ち玉になっても回転数が把握しやすいと思います。

      最初の千円分の回転数が、一番良く回ったというのもよくあることです。
      これも「ムラ」ですね。

      「最近」という部分も「ムラ」です。
      最近、たまたまそういった回転数になっているだけです。

      反対に、どんどん回るようになっていったということもあります。
      今は「一切こない」かもしれませんが、そのうち来ると思います。

      比較するスパンが短いと思いますので、もっと長期目線で見てはどうでしょうか?

      ホールコンでデータを見ても、同じ台が終日フル稼働しても、日々同じ回転数になることのほうが珍しいです。
      フル稼働とは、5万~6万発打ち込む計算です。

      もちろん止め打ちなど、打ち手の差もありますが、釘を一切触っていないのに回転数が日によってバラバラです。
      このような時は、釘調整に悩みますね。
      本来の回転数が分かりませんので、自分で試し打ちした感覚で調整します。

      釘が分かるようになれば、何となく「これなら回って当然」とか「よくこの渋い調整でここまで回るな」など
      感覚的に掴めるようになります。

      自分の釘から見た予想と、実際に打ってみた回転数のデータとを総合して、
      本来の回転数を見抜くと言った感じでしょうか。

      現在は、よく回る方にムラが出ているのか、反対に回らない方にムラが出ているのか、を判断します。

      同じ機種を打つのなら、回転数の違いだけでなく釘の違いも合わせて比較してみて下さい。
      この釘でこの回転数か・・・という感覚を掴むことが大切です。

      慣れてくれば、釘を見ただけで千円で何回転ぐらい回りそうかが、何となく分かってきます。

  • 全然答えになってなくて失笑だわ。
    記事書くならもっと説得力のある文章書きなさい。
    パチンコ店員には無理か。

    • でも、笑ってもらえたなら、それだけで良いですよ。
      「失笑」したんですよね?

      あと、別に説得するつもりはありません。
      自分の考えを書いているだけ。
      共感してくれる人がいれば嬉しいし、反対意見ならそれはそれで結構です。

      まあ、結局は「遠隔」って書けば納得するんでしょ?

  • 結局煽り耐性もなく稚拙な文章しか書けない、ツイッターかなんかでメモ帳程度に持論書いておけばよかったものを

    • 結局、匿名でしか書き込みできない、IPアドレスやメアドが管理者にバレているとも知らず。
      わざわざこんなところに書き込まず、独り言で済ませておけばよかったものを

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。