パチンコで隣の台が大当りすると自分は電圧が下がってハマるって本当?


スポンサーリンク


フィーバー!

元店長の”ななしー”です。

 

今回のオカルト都市伝説は、「隣の台が当たると、自分の台が当たらなくなってハマる」について検証?してみます。

検証と言っても、僕の長年の経験や考えでウンチクするだけですけど(笑)

 

先に結論を書いておきますね。

 

え~、パチンコやスロットは隣の台が当たってもハマっても、自分の台には一切関係ありません!

仮にそうなったとしても、それは偶然たまたまそうなっただけです。

 



パチンコで隣の台が大当りすると自分の台の電圧が下がる?

これ、意味が不明なんですけど、パチンコホールのオカルト都市伝説でよく言われています。

 

まず隣の台が大当たりすると、自分の台の電圧が下がるかどうかと言えば、それは下がりません。

そんなに電力会社の発電量は、ヤワではないです(笑)。

(そう言えば大地震の節電時に、パチ屋が営業していて批判を浴びたってことありましたね。)

 

パチンコ台が大当たりしても、問題なく電力が供給され続けますので自分の台の電圧は下がりません。

ちなみにパチンコ台の電圧は24Vです。

極端なことを言うと、パチンコ店のホール内すべての遊技台が大当たりしても、各台の電圧は下がりません。

それぐらいは店を建てる時に設計してありますので、ご心配なく。

 

でももし、仮に電圧が下がったとしましょう。

 

パチンコ台やスロット台って、電圧の高さと大当たりしやすいかどうかは関係ないですよ。

電圧が下がったら、そもそもパチンコ台は正常に動作しなくなります。

と言うより、電圧が定格より足りないと電源が落ちます。

パチンコ台が正常に動作して、初めてメイン基板は大当たり抽選をするのです。

そこに当たりやすい、当たりにくい、ハマりやすい、という現象は絶対に起こりません。

ちょっと考えれば分かることですよね?

 

パチンコ台やスロット台って電化製品です。

電化製品って、正しい電力が供給されて初めて電源が入り動作します。

身の回りの家電製品も同じですよね?

パチンコ台・スロット台も同じです。

 

 

パチンコ台は隣の台と配線がつながっているのか?

電圧が下がるからではなくて、隣の台が大当たりすると大当たりが吸われる?という、オカルト都市伝説も聞きます。

僕は初めてこれを聞いた時、このすごい想像力と発想力に関心しちゃいましたよ。

よくもまあそんなことを考えつくな~って。

 

パチンコ台やスロット台は、隣の台と配線はつながっていません。

仮につなげても、どうやって2台で大当たりの回数を調整するのですか?

メイン基板のロムがプログラム上で大当たり抽選しているものを、たかが配線をつなげただけで操作できるわけがないです。

裏ロムや特殊な不正ハーネスなどを取り付けないと、外部から大当たりは操作できません。

仮に取り付けても、操作できるのは取り付けたその台のみです。

僕もパチンコ業界は長いですが、大当たり回数を複数台で調整するという不正は、今まで聞いたことがないです。

 

パチンコ台って、店員が台を開けるとなんだか怪しい配線がいっぱい取り付けてあります。

知ってますか?

パチンコ台やスロット台って、電源コンセントさえつなげば動くのですよ。

電源コード1本でちゃんと遊べるし、大当たりもします。

 

あの「怪しい配線類」は、データを取るための配線や不正を感知するためのセンサーの配線です。

スタート回数や大当たり回数をホールコンに送ったり、磁石や電波を感知するセンサーを取り付けるための配線なのです。

スポンサーリンク

 

隣の台が当たると自分がハマる原因は?

これは、偶然たまたまそうなっただけです。

しっかり長期間のデータを取れば、確率通りの大当たり回数になります。

 

隣が「オスイチ」で大当たりしても、15連チャンしても自分の台の大当たり確率は変わりません。

波が・・・という人もいますが、波は過去の結果。

確率は常に一定ですから、この先の波は全く読めません。

 

逆に隣が大ハマリしていても、自分のパチンコ台が当たりやすくなることもありません。

当たりやすくなる=確率が上がるってことですよね?

確変でも引かない限り、大当たり確率が変わることはないです。

 

クドいようですが、波は確かに過去の事実としてありますが、これから先の未来の波は読めません。

ただの確率のバラツキですよ。

長期的に見れば、ほぼスペック通りの大当たり確率になります。

 

 

まとめ

パチンコ台やスロット台は、すべて1台1台独立しています。

隣の台が大当たりしたからと言って、それが自分がハマる原因にはなりません。

電圧も下がらないですし、仮に下がってもパチンコ台の電源が落ちるだけです。

 

またパチンコ台・スロット台の隣どうしが配線でつながっていることもありません。

あのゴチャゴチャした配線類は、データ取得のための配線です。

遊技台は電源コンセント1本挿すだけで、正常に動作して遊べます。

配線の有無は、大当たりとは一切関係ありません。

 

嘘だと思う人は、自分でパチンコ台を買ってみるといいですよ。

パチンコ台は24V仕様ですから、そのまま家庭用の100Vコンセントに挿すと、一瞬で基盤が壊れますので気をつけて下さい。

 

パチンコを打っていて、電圧が下がったから~、隣が当たったから~というオカルトはもうやめましょう。

完全な都市伝説です。

 

パチンコの電圧を上げる方法は?攻略打法で大当たりを操作できる効果はあるの?

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。