パチンコの新年初打ちは元旦がおすすめ?正月でも勝つ方法はあるのか?

フィーバー!

正月期間中はフィーバーしませんよ、元店長の”ななしー”です。

 

パチンコの新年初打ちって、いつ行きますか?

初打ちですから、できれば勝ちたいですよね。

やっぱり、元旦に初打ちに行きますか?

 

もう先に結論を言っちゃいますけど、元旦にパチンコの初打ちに行くのにはおすすめしません。

そもそも、正月期間中のパチンコで勝つ方法を僕は知りません。

 

パチンコの新年初打ちに正月期間中はおすすめできない

パチンコ店が、大型連休中に出さないことは有名ですし、僕も他の記事で散々書いてきました。※この記事の最後にリンクを貼っておきます。

ゴールデンウイーク・お盆・年末年始とお正月・・・。

これらの大型連休の中で、回収度MAXでヤバいのがお正月!

 

僕が店長の頃、毎年毎年この正月営業は、釘も設定も通常ではあり得ないぐらい閉めていました。

今思えば、よくあんな回収調整でお客さん打っていたな~、って思うぐらいです。

 

正月期間中のパチンコが出ない理由を要約すると・・・

・多くの人が仕事が休み

・ボーナスも給料も入ってお金を持っている

・実家に帰省している人や、普段パチンコを打たない人などの「一見客」が多い

などの理由があります。詳細は、最後にリンクを貼ってある記事を読んで下さいね。

 

正月期間中は、お客さんがパチンコを打ちに来る「お金も時間もある」と言う好条件が揃っているわけです。

玉やコインを出すと言う営業努力をしなくても、お客さんがたくさん来てくれます。

だったらムリして出す必要がなく、「回収しちゃえ!」となるわけです。

 

正月の回収営業は、元旦~正月の終わりまで続く

このパチンコ店の回収調整は、元旦からお正月の終わりまで期間中はずっと続きます。

つまり新年初打ちは、元旦はおすすめできないどころか正月期間中は全部避けるべきです。

 

どこのパチンコ店も、お正月は「新春の運だめし」とか「新年初打ちは当店で」とかチラシを入れます。

しかし、このチラシに騙されて打ちに行くほとんどのお客さんは、最悪な1年のスタートを切ることになるでしょう。負けるということです。

パチンコ店の「今年もよろしくお願いします。」は、「今年も”養分”をよろしくお願いします」と解釈するべきです(笑)。

 

世間では、新春初売りや福袋などが話題になります。

確かにこれらは、お客さんが得することもあります。

 

でも、パチンコ店のお正月は別。

パチンコは、商品を売って儲ける小売業ではありません。ギャンブルです。

お正月の”売り文句”に変に期待して、打ちに行ってはいけません。

 

僕は、もうパチンコ店の正月営業の裏側を知ってしまった人間です(笑)。

とてもじゃないですが、元旦に新年初打ちとか怖くて行けません。

 

新年初打ちするなら正月開けの新台入替がおすすめ

じゃ、パチンコの新春初打ちは、一体いつ行けばいいの?となります。

僕がオススメする初打ちの日は、正月明けの1回目の新台入替当日です。

 

正月期間中のパチンコ店は、超回収営業で出ないとすでに説明しました。

このボッタクリした反動が、正月が終わった後に来ます。

お客さんは負けすぎてお金がない・・・そして仕事も始まる・・・。

ホールはガラガラです。

 

さすがにこれではヤバいので、回収した分を少しだけ還元してお客さんを呼び戻します。

それが新台入替なのです。

 

2020年正月の新春初打ちの具体例

2020年1月を例に説明します。

2020年1月のカレンダーを見ると、1月5日が日曜日でこの日までが回収営業になります。

 

1月6日の月曜日から、多くの企業が仕事初めですよね。

パチンコ店も通常営業になり、正月のボッタクリ回収調整はここで終了になります。

この6日の月曜日に新年初打ちをすると言うのもアリですが、やはり打つなら新台入替まで待ちましょう。

 

正月明けは、どこのホールも新台入替をします。

新台入替前に初打ちすると、撤去予定台で勝負してしまう危険性があります。

もう、次の新台入替で撤去する機種なんか出しません。

出しても意味がないからです。

 

どうしてもと言う場合は、海系とかジャグラー系を打ってみてはどうでしょうか。

これらの機種は、検定切れさえ気を付ければ撤去されることはまずないからです。

それに「稼働重視の機種」として扱っているホールが多く、どこも大切に使ってますからね。

”飛んで”もらっては困るので、真っ先に還元してお客さんを呼び戻す機種です。

 

また、店長としての考えは「正月開けは新台入替から仕切り直し」です。

6日にムリして出そうとしても、お客さんがいません。

それに同じ「出す」なら、「出す」と言って出した方がお店の信頼につながります。

 

新台入替は、昔からお客さんが期待するイベントです。

チラシを入れれば、普段以上に来店数が増えます。

どうせなら、そこで出した方がいいですよね。

6日の月曜日に出しても、店長は「出した」つもりでいても、お客さんは「たまたま出ちゃった」と認識して、逆に翌日「昨日出過ぎたら、今日は閉めてるぞ」と警戒されることすらあります。

 

僕なら2020年1月は6日の月曜日ではなく、新台入替があるまで新年初打ちは待ちます。

この「待つ(我慢する」)も、パチンコで勝つ上で重要な要素です。

「パチンコの正月は出ない」と言うウワサは、誰しも一度は聞いたことがあると思います。

それは、ウワサではなく事実です。

 

 

パチンコの正月期間中に勝てる方法はハイエナぐらいしかない

僕は、正月営業のパチンコ店で勝てる方法が思いつきません。

だって、ほぼ全台期待値マイナス調整ですから。

だから新年初打ちに、元旦など正月期間中はおすすめしないのです。

 

でも中には、「仕事が忙しいから、正月休みしかパチンコを打ちに行けない」という人もいると思います。

そんな人は、ハイエナに徹してみてはどうでしょうか?

正月営業中は先ほど説明しましたように、普段パチンコを打たない人も「運だめし」などと言ってパチンコを打ちに来ます。

このような人たちは、パチンコ・スロットの知識が乏しいのも事実。

パチンコなら確変などの潜伏をハイエナ狙いしてみたり、スロットなら6号機を中心にゾーン狙いが有効かと思います。

 

また、スロットのディスクアップも初打ちにはいいかもしれません。

どうせ設定は1だろうし、1でも100%超えるからです。

スロットは、設定1より下げようがないですからね。

 

注意点として、正月営業中はお客さんの人数が多く、空き台が少ないことです。

当然、同じハイエナ狙いの”ライバル”も多いので、思うように立ち回りができないことも予想できます。

 

こう考えると、やはりわざわざ正月のパチンコ店に行ってまで、初打ちするメリットが僕には見つかりません。

なんだか、時間のムダに思えるのです。

 

「運」と割り切って勝つ方法ならあるが・・・

僕が「正月は勝てない」と言っているのは、理論上勝てないからです。

ほぼ全ての台が、期待値がマイナス調整で営業しています。

 

パチンコやスロットって、単純な確率ゲームです。

すごく大雑把に説明すると、1000円使ったら500円もらえる台ではなく、2000円もらえる台を探すのが勝つ方法です。

たくさんもらえる=釘や設定が甘いと言う意味です。

 

しかし、どうしても元旦に初打ちがしたいと言う人は、いっそ割り切って運勝ちを狙ってみてはどうでしょうか?

1000円使って500円しかもらえない台でも、運が良ければ勝てる(儲かる)こともありますよね。

それは理論上は負けですけど、勝ちは勝ちです。

釘が良くて回るとか設定推測とか気にせずに、ただ自分の運に頼って勝負をするわけです。

 

お正月期間中は、多くのお客さんがボッタクリ営業で負けます。

しかし、中には運勝ちして奇跡的に勝つお客さんがいるのも事実。

それを狙うわけです。

 

でもすみません。

僕は、その運でパチンコを勝つ方法を知りません。

神社にお参りに行くとか、パチンコの攻略雑誌に載っている怪しいブレスレットを身に付けるとか、ドラクエみたいにラックの種を使うとか、それぐらいしか思いつかないのです(笑)。

何かギャンブル運を上げる良い方があれば、コメント欄から教えて欲しいぐらいです。(ぜひお願いします)

 

ただ、運勝ち狙って新春勝つ打ちするのもいいですが、負けても文句は言ってはダメですよ。

だって1000円使って500円しかもらえない台を打つわけですから、負けるのは当たり前です。

勝つ方がおかしいです。

僕は、このように運勝ちしてしまった場合は、「期待値を損した、前借りした」と思っています。

 

【まとめ】パチンコの新年初内は新台入替まで待ちましょう

と言うわけで、僕ならパチンコの新年初打ちは、正月明けの新台入替まで我慢します。

勝負をせずに待つのも、パチンコでトータルで儲ける重要なことです。

決して、パチンコ店の正月のチラシに釣られてはいけません。

もし、正月期間中に初打ちに行くのなら、ハイエナ狙いに徹するか設定1でも機械割が100%を超える台を打ったほうがいいでしょう。

 

 

スポンサーリンク





 
 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。