元旦のスロットは出る?1月1日のパチンコは勝てないのか解説!

2021年1月10日

今回は1月1日、そう元旦のパチンコ・スロットについて書きます。

年末年始のパチンコ店は、回収日で出ないことは有名。

でも、元旦って新年のスタートですよね。

 

いくらパチンコ店が正月は回収すると言っても、元旦ぐらいは出すんじゃないのかな…?

元旦から来てくれたお客さんには、パチ屋の店長からお年玉のプレゼンツ…とか?!

って、少しは期待しちゃいます。

さて、1月1日元旦の釘や設定状況はどうなんでしょうか?

 

先に答えを書いておきます。

・いくら元旦だからと言っても、年末年始には変わりありませんので1月1日は回収日で出ません

・パチンコの釘は全力の鬼締めで、スロットの設定はほぼほぼ1確定です。

↓の目次をクリックすれば読みたい所へジャンプします。


↓ハワイアンドリーム遊ぶなら遊雅堂 ↑遊雅堂は登録するだけで3千円プレゼント!
遊雅堂のアカウント登録と無料ボーナスのもらい方をキャプチャ画像で解説!

1月1日元旦のパチンコ店は回収日で出ない

先に結論を書きましたが、新年早々の元旦からパチンコ店は回収しますので出ません。

元旦にパチ屋へ行っても、店長からお年玉なんかもらえませんよ。

お客さんが、ホールへお年玉を渡す側です。

 

「元旦だから景気づけに出すかも?」

とか、

「新年早々出すと縁起が良いから、もしかしたら勝てるかも?」

というのは、お客さんの勝手な妄想です。

正月のパチンコ・スロットは出ないので、絶対に打ちに行かないようにしましょう。

1月1日の元旦も、パチ屋は回収日で出ません!

 

元旦などの正月期間中は一見客が多いのでパチンコ店は出さない

元旦の釘や設定状況の説明の前に、まずはなぜ正月のパチ屋が出ないのか?の理由を先に書きます。

パチンコ店のお正月は、客層がちょっと特殊な状況になります。

それは、お正月期間中は実家に帰省する人が多いからです。

毎日欠かさず来る常連のお客さんでも、正月だけは帰省先のホールで打ったりします。

 

そして、普段は見慣れないこのような”一見のお客さん”は、お正月が終わったら自宅に帰るのでもう打ちに来ません。

もしかして次に来店してくれるのは、お盆か次の年末年始になるかもしれません。

そんな次いつ打ちに来てくれるかも分からないお客さんに、パチンコ店が出玉を出すと思いますか?

もしかしたら、もう二度と来ない可能性だってあります。

正月中に打ちに来る帰省客は、勝っても負けても再度来店してくれる保証はどこにもないのです。

 

通常営業では、勝ったお客さんはまた後日来店してリピーターになってくれる見込みがあります。

だからお客さんに勝たせてあげても、決してムダにはなりません。

 

しかし元旦などのお正月期間中は、”それっきり”のお客さんが多い。

パチンコ店としては、そんなお客さんに出しても意味がないし、逆に言えばどれだけボッタクリ回収しても、”それっきり”で文句を言われることもないです。

だから、元旦から回収日にするわけです。

 

元旦は新年の運試しでパチンコを打つ客がいるので出さない

そして帰省客の他にも、このお正月期間中には一見のお客さんがパチンコ店には来ます。

それは普段はパチンコ・スロットを打たないけど、「新年の運試し」と銘打って勝負しに来る人たち。

おみくじを引く感覚で、「毎年1月1日の元旦だけパチンコを打つ」という人、いますよね。

初詣の帰りに、パチンコに寄る人もいます。

 

このような人たちは、もちろん勝とうと思って打ちには来ますが、そこまで勝ちにこだわってはいません。

あくまで”運試し”。

そして勝っても負けても、お正月が終わったらもう打ちに来くことはないでしょう。

 

こう言う運試しでパチンコを打つ人は、お店から見れば絶好の「カモ」。

パチンコ・スロットの打ち方にあまり詳しくない、初心者の人が多いからです。

保留ランプが満タンでも打ち続けたり、目押しを失敗してコインロスをしたり…。

そして何より、負けても「今年は運が悪かった~」で済ませてくれるからです。

…もしかしてアナタ、心当たりあります?(笑)

 

先ほどの帰省客と同様、このような”新年の運試し客”にパチンコ店が出玉を出すと思いますか?

仮に勝たせてあげても、「今年は運が良くて勝てた!」でもう二度と来ないんですよ。

パチンコ屋は、お金を配るお店ではありません。回収するお店です。

繰り返しますが、パチンコ店は元旦から回収日です。

 

 

1月1日元旦のパチンコの釘とスロットの設定状況

なぜ、正月期間中のパチンコ店が出ないのかが、分かってもらえたと思います。

では、具体的にどれだけ回収なのか?

パチンコの釘やスロットの設定状況を、僕の経験からお話しますね。

 

パチンコの釘は元旦から全力で鬼締め回収する

僕が店長やってた頃は、パチンコは元旦から思いっきり釘を閉めていました。

会社からの指示を見た時は、「え?こんなに釘閉めて大丈夫なの?」っていうぐらいの調整です。

通常営業でこんな釘したら、確実にお客さんがぶっ飛ぶレベル。

命釘なんか「逆ハの字になるぐらい、鬼締めしてましたね。

多分、保留ランプなんかいらないぐらいの回らない調整だと思います。

 

寄せ釘も逃がして小デジスルーも締めて、アタッカー周辺も出玉を削る調整に…。

もう、念には念を入れての超絶回収釘です。

もし元旦早々から出てしまったら、それこそ本社に怒られます。

1月は1年で一番粗利が取れる月ですが、それもこれもすべてこの正月期間中に掛かっています。

店長は、失敗は許されません。

 

確かに近年は、釘調整に対して警察も厳しく取り締まっています。

でも最近は一時に比べて営業停止になったって言う話はそこまで聞きません。

交通違反の取り締まりと同じで、ある特定の期間は取り締まりを強化しますが、ずっとそのペースで取り締まりをやるわけではないです。

 

また、警察のパチンコ店に対する取り締まりは”見せしめ”的な意味合いが強いですから一番目立つホールがロックオンされます。

すべてのホールに対して、平等にチェックしているわけではありません。

同じ違反と思われることでも、大型店や人気店は細かく指導されたりしますが、なぜかガラガラな弱小ホールは何も言われないこともあります。

 

先日ツイッターを見ていたら、「グランドオープンしたホールが、ゲーセン並みに釘を開けていた」という写真がありました。

さて、警察は取り締まるのでしょうか?

 

何が言いたいかと言うと、

「釘調整は禁止だから、正月でもそこまで閉めないのでは?」

という考えは甘いです。

正月期間中は、釘は確実に閉めます。

 

店長だって、万一バレたら捕まるのは自分です。

本音は、釘調整なんかやりたくない。

でも、やらなきゃ仕事になりませんし、本社からの指示を断れば降格させられることだってあります。

釘を触らずに利益を上げられる方法があればいいですが、そんな方法ないですからね。

 

パチンコ店も、背に腹は代えられません。

馬鹿正直に法律を守って釘を中途半端に開けたら、それはそれで潰れる可能性があります。

正月に回収しなかったら、いつ回収するのでしょうか?

正月は、パチンコ店が一年で一番回収する時期ですよ。

GWよりも、お盆よりも、年末よりも正月です。

 

「元旦から全力で営業!」

っていうチラシ見たことありません?

あれ、ほんとですよ。

元旦から全力で回収営業!です。(笑)

 

 

スロットの設定は元旦からほぼ1で正月中はベタピンで回収

パチンコに比べれば、スロットの調整はカンタンです。

設定を1にすればいいだけで、しかも合法。

僕は5.5枚交換のホールでやってましたが、スロットは元旦からずっとほぼ設定1で放置でしたね。

看板機種に、設定2が少しあるぐらいです。

 

5?

6?

なんで、正月に設定を入れる必要があるのでしょうか?

この記事の前半を思い出して下さい。

相手は、帰省客や運試し客です。

 

また、多くの人が仕事が休みで時間があり、ボーナスも給料も入った後でお金を持っています。

どう考えても低設定なのに、それでも打ってくれるのが正月なんです。

って言うか、正月に設定5や6を入れたら本社から確実に怒られます。

 

それによく考えてみて下さい。

正月のパチンコの釘がエグイことは、釘が読める人ならすぐに分かりますし、読めなくても少し打つだけで回らないと判断できるハズです。

「正月のパチンコ(の釘は)回収で出ない」

これに異論はありませんよね?

 

だったらスロットも、パチンコと同じぐらい回収すると思うのが自然ではないですか?

パチンコが元旦から全力で鬼締め回収なのに、スロットだけ出すってことはあり得ません。

スロットは釘と違い設定が外観から分からない分だけ、ある意味幸せとも言えますが。

 

正月期間中のスロットの設定状況は、1月1日の元旦からほぼほぼ1。

もしかしたら、もれなく1。

そしてこれが、ベタピンで正月明けまで続きます。

※参考までに「もれなく」とは、「漏れることなく」「例外なくすべて」と言う意味の言葉です。

 

言われてみれば、6月6日が「6」の日なら1月1日は「1」の日ですね(笑)。

 

【結論】正月は元旦からパチンコもスロットも回収日で勝てない

こんな内容の記事を書くと

「俺のマイホは、去年は元旦でも設定入ってたぞ。ウソ書くな!」

と言うコメントが来ますが、そりゃ全国1万店もパチ屋があれば、どこかに正月でも設定入れる店もあるんじゃないですか?

そういうホールが近場にあるのなら、逆にうらやましいぐらいです。

 

でも、今回僕が書いたことはおおかた間違ってはいません。

パチ屋が、正月に回収することは常識です。

小学校で習いませんでしたか?

そんな回収時期に、何でわざわざ勝負する必要があるのでしょう?

どうせ打つなら、正月が明けてから打った方が勝てる可能性が高いですよ。

 

運試しや付き合いで、初めから割り切って打つならいいと思います。

パチ屋もコロナで厳しいので、あなたが負けてあげれば経済に貢献することもできます。

でも、勝つつもりで正月パチ屋に行くのは、さすがにどうかと思いますよ。

 

 

「元旦からパチンコ行ったら負けた」

と言って、同情してくれる人いませんよね?

「正月に打ちに行く方がアホでしょ」

と言われるのがオチ。

これが、今回の答えです。

ベラジョンカジノや遊雅堂なら、ハワイアンドリームの他にも…

(左)おいらんDream

(中)バトルドワーフ

(右)ゴールデンドリーム

も全部遊べる!

パチスロ好きなら絶対にハマるこの面白さ^^

ベラジョンカジノは日本で違法ギャンブルなのか?逮捕される可能性について調べてみた

ベラジョンカジノのアカウント登録方法は簡単!やり方をキャプチャ付きで解説!

 

↑遊雅堂は登録するだけで3千円プレゼント!

遊雅堂のアカウント登録と無料ボーナスのもらい方をキャプチャ画像で解説!