パチンコやスロットは元旦は回収日で負ける?正月は勝てないの?

フィーバー!

元店長の”ななしー”です。

 

今回は、正月元旦のパチンコについて考えてみます。

年末年始のパチンコ・スロットは、回収日で勝てないことで有名です。

 

でも、元旦って新年のスタート。

いくら回収日のパチンコ屋でも、元旦ぐらいはパチンコの釘を開けたり、スロットの設定を上げたりしてあるのでしょうか?

パチンコ屋の店長から、お年玉はもらえるのかな?

 

先に答えを書いておきます。

 

・正月の元旦と言えど、年末年始には変わらず回収日で勝てません。

・店長からお年玉はもらえません。お客さんがホールへお年玉を渡す側で負けます。

・やはり年末年始・正月元旦は、パチンコへ行くのはヤメたほうがいいでしょう。

 

パチンコ店の元旦は回収日で負ける

似たような記事を先日書きました。

そう、クリスマスにパチンコ・スロットは出るのか?

釘や設定は甘くて勝てるのか?

という内容です。

 

 

クリスマスだと、何かパチンコ店も出してくれるのかな?って妙に期待してしまいますが、全然そんなことありません。

クリスマス当日やイブは、パチンコ屋にとって思いっきり回収日です。

冬のボーナスが出た後で、お客さんがお金を持ってるからです。

 

これはお正月の元旦も同じで、パチンコ屋は変わらず回収日で勝てません。

しかも年末よりも年始のほうが回収日なので、もっと勝てないです。

 

その理由を簡単に説明します。

 

お正月は一見のお客さんが多いのでパチンコ店は出さない

元旦などのお正月は、運試しや初打ちだからと言って、普段はパチンコ・スロットを打たない人までホールに打ちに来ます。

そしてお正月+ボーナスや給料日後ということもあり、お金を使うことに対して気持ちが大きくなりがちです。

お酒を呑んでパチンコ・スロットを打ちに来る人もいるでしょう。

 

また実家に帰省する人も多く、常連のお客さんでも地元のホールで打ったりします。

本当にこのお正月の期間は、普段は見慣れないお客さんがたくさん来店するのです。

パチンコ店で働いている人は、これはよく分かると思います。

 

このように、パチンコ店のお正月はちょっと特殊な状況になります。

 

普段は見慣れない”一見のお客さん”は、お正月が終わったらもう打ちに来ません。

もしかしたら次に来店してくれるのはお盆か年末年始になるかもしれないのです。

そんな2度と打ちに来ないかもしれないお客さんに、パチンコ店が玉やコインを出す必要があると思いますか?

そのお客さんは、勝っても負けても次に来てくれる保証はどこにもないのです。

 

通常営業では、お客さんは勝てばまた来店してリピーターになってくれる見込みがあります。

だからお客さんを勝たせてあげても、決して無駄にはならないです。

 

しかし、元旦などのお正月は「それっきり」のお客さんが多い。

だったら思いっきり回収日にして、利益を上げると考えるのがパチンコ店の店長の心理です。

 

お正月は「運試し」で打つお客さんが多い

そして先程も書きましたが、この元旦を含めたお正月期間中のお客さんは、勝ち負けよりも「運試し」や「暇つぶし」、「連れ打ち」や「景気づけ」などと言った動機でパチンコやスロットを打ちに来ます。

もちろん勝とうと思って打ちに来ますが、そこまで勝ちにこだわってはないはず。

正月だけしかパチンコを打たないって言う人もいますよね。

こう言う人は、絶好の「カモ」です。

 

これだけ世間では「年末年始のパチンコ屋は、回収日で勝てない」と認識されているのに、毎年毎年たくさんの人が来店します。

普段は「税金対策」と言われているホールでさえも、かなりのお客さんがパチンコ・スロットを打ちに来るのです。

皮肉なことに、1年で1番回収日で負けるお正月に、1番お客さんが多く来店するのです。

もうお正月は、パチンコ店にとってウハウハな期間なのです。

 

お正月は1年間で1番釘や設定を閉める期間

僕が店長現役だった頃は、本当にお正月期間中は元旦から思いっきり釘も設定も閉めました。

会社からの指示を見た時は、「え?こんなに釘や設定を閉めて大丈夫なの?」っていうぐらいの回収調整です。

調整している店長自身が、ビビるぐらい閉めます。

1年で1番閉めて回収日調整にしたのが、元旦からのお正月ですね。

 

普段、こんな釘や設定で営業したら、確実にお客さんが飛び稼働に影響します。

でもお正月は、元旦からそれが許されるぐらいお客さんが勝手に打ちに来てくれます。

なのでパチンコ・スロットをわざわざ出す必要がないのです。

 

お正月の元旦は、パチンコ・スロットは回収日なので、打ちに行くのはヤメたほうがいいですよ。

「元旦=お年玉調整で出る」と、自分の都合の良いように解釈はしないほうが身のためです。

お正月は、かなりの確率で負けるでしょう。

 

元旦は1年の始まりで営業時間も短いため、少しなら出す?

・・・ただですね。

中には、元旦だけ多少回収を緩めるホールもあるかもしれません。

元旦は、営業時間が短いパチンコ店が多いです。

開店時間が遅く、閉店も20時ぐらいのところもありますよね。

 

営業時間が短いから、多少は回収を緩めても良いかな・・・元旦は新年の始まりだし・・・。

という店長も、実際に僕の知り合いでいました。

 

でもその店長は、ある年の元旦に赤字を出してしまい、本社からメチャクチャ怒られましたけどね。

やはりパチンコ・スロットは確率のゲーム。

どれだけ釘や設定を回収モードにしても、時には出てしまうことがあるのです。

 

でもこの1年で1番の回収時期であるお正月に、パチンコ店の店長としては、さすがに赤字はやってはいけないことです。

だから僕は、どんなに確率が甘く入っても絶対に赤字にならないように親の仇(かたき)のように思いっきり閉めていました。

 

パチンコは命釘だけでなく、アタッカー周辺や小デジスルーまでも閉めます。

念には念を・・・。

スロットはほぼオール1。高確が疑わしい台は、確実に低確に落ちるまで回しします。

念には念を・・・。

 

「確率が甘く入っちゃって・・・」という言い訳は、本社には通用しないのです。

店長と言う役職は、数字と言う結果がすべてなんです。

 

 

【まとめ】お正月のパチンコは勝てないので、家でテレビでも見ましょう

年末年始のパチンコ店は、噂通りの回収日で勝てません。

特に年が明けての元旦からは、思いっきり回収モードに入りますので負ける可能性が高いでしょう。

 

お正月は、元旦から帰省客やお金に余裕があるお客さん、そして運試しなどで普段は、パチンコ・スロットをやらない一般のお客さんが打ちに来ます。

このお正月期間だけのお客さんが多いので、パチンコ店はわざわざ玉やコインを出す必要がないのです。

 

それにお客さんも、ボーナスや給料日後でお金に余裕がありますからね。

長期連休でヒマだから、パチンコでも・・・って思う人や、「景気付け」や「お酒の勢い」でパチンコ・スロットを打つ人もいるでしょう。

 

これだけ元旦などはお正月は、パチンコ店にとってお客さんが勝手に打ちに来てくれるオイシイ期間なのです。

お客さんにとって、お正月は元旦から勝てない日々が続きますね。

負ける確率が高いので、おとなしく家でテレビでも観ていたほうが良さそうですね。

 

 

スポンサーリンク





 

↑$102,900は約1,100万円です!

 

↑こちらは約150万円です!

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。