パチンコのせいで人生が狂って台無しになった実話や体験談まとめ

フィーバー!

パチンコ以外の原因で人生が狂っている、元店長の”ななしー”です。

 

ギャンブル依存症って、本人や家族にとって本当に深刻な問題です。

対策をするなら、まずはホールのATMから撤去するべきだと僕は思いますけど。

 

さて今回は、パチンコで人生が狂って台無しになってしまった、皆さんの実話や体験談を集めてみました。

これを読むと、ちょっとパチンコ依存症は他人事ではないなって思います。

 

考えさせられるものがありますね・・・。

 




カードローンで300万円

パチンコのせいで、20代(男)の人生が台無しに…

ビギナーズラックでパチンコにハマり、学校は休みがちに…

毎日狂ったようにパチンコの日々…

 

友達との会話も、必ずパチンコの話題…。

今日はあそこでイベント、昨日はあの台が爆発…勿論、毎回勝てるわけがない。

パチンコとは、少なく勝たせて大きく負けるもの…

でも明日こそは!と、人間の心理を利用してまた回収…

とうとう生活費にまで手を出してしまい、人生台無しのスタートです。

 

社会人になり真面目働くも、パチンコの誘惑には勝てません(笑)

給料日に全額使ってしまう月もありました。

 

生活ができず、カードローン地獄の始まりです。

最初の1枚…借りたお金なのに、自分のお金の感覚になり10万20万…

今日勝てば返せる…勿論勝てません(笑)

 

更に借金が増え2枚3枚…

どんどん増えて自転車操業の始まりです…。

 

返しては借り、イベントがあるとまた借りて人生の敗北者の末路ですね。

債務整理をして真面目に完済し、穏やかな日常を取り戻せると思いきや、またキャッシング…

それも、またパチンコでの借金…

 

現在300万円の借金をコツコツ返済中だが、これもまたどうなるか分かりません。

現在3社でお借り入れしてて、返しても利息が高いのでなかなか元金減らず。

完済までに後、何年かかるやら…

 

くれぐれも、借りたお金は借りたお金。

自分のお金ではありません…利息もあるのでまさにご利用は計画的に…

 

 

借金…解雇…離婚

23歳で人生が狂った男の話です。

20歳で結婚、子供もできパチンコは同僚の付き合いで行く程度でした。

 

スロットで目押しが出来ることがカッコよく思え、自分も目押しできる様になるために通う様になる。

目押しが出来る様になった頃には、10万以上マイナスとなっていた。

同僚から10万以上の大勝ちの話をたまに耳にしていたので、勝って取り返そうと言う心理状態になっていた。

 

人生において仕事を休むことはほとんどなかったが、パチンコに行くため仕事を休む様になる。

会社では、休みが多すぎアテにならないと干され、そのイライラをパチンコへ。

 

勝つ日もあるがトータルのマイナス収支は変わらず、生活費も出せなくなり消費者金融へ。

借金した金で生活費を稼ぐと正当化し、パチンコ資金へ。

 

会社も休みが増えすぎ、見限られて追い出されるように退職。

妻にも、借金と退職の経緯がバレて離婚。

 

パチンコのせいで人生台無しにしたにも関わらず、その後もパチンコへ通い詰め、いよいよ借金の毎月の返済額が用意出来なくなり親に借金。

借金、離婚の経緯が親にもバレ、改善しないのであればもう勝手にしろもう知らんと勘当される。

 

借金返済の為に働き出すが、毎月の借金返済をすると手元に残る金額は少なく、それを増やそうとまたパチンコへ。

何ヶ月か返済し、借り入れ可能額が発生するとまた借金しパチンコへ。

 

この繰り返しで返済額が膨らみ、200万を超え返済額に青ざめようやく我に帰り意識を改めることとなる。

今も、その借金返済を続けています。

 

 

パチンコの病気で家庭崩壊

男性、50歳。

最初は、小遣いの範囲内でパチンコに行く程度でした。

次第に、家に入れる給料が給料日から遅れる、額が少ないなど、ちゃんと給料を入れなくなりました。

 

パチンコの負けを補おうと、更にお金を注ぎ込む悪循環になっていたのだと思います。

給料だけでは足りなくなり、借金も相当していました。

 

独り身ならパチンコのせいで人生狂っても構いませんが、家族がいるので家族は悲惨です。

督促の電話がかかる。

手紙が来る。

自分が悪い事をしたわけでもないのに、毎日を台無しにされ家庭は崩壊状態でした。

 

家族が苦しもうとも、パチンコをやめない心理は変わりません。

こんなに周りを苦しめている根元のパチンコをやめないのは、もはや病気だと思いました。

 

いくら言っても解らない。

解ったとしても、またパチンコをしに行ってしまう。

全てが悪い方向を行く中、実の兄が二度とパチンコをしないという約束の元、借金を肩代わりしてくれました。

 

その後は多少は改心でき、パチンコには行かなくなりました。

もう這い上がれないくらいにまで落ちていたのに、もう一度人生をちゃんと歩む機会を与えられたのは幸運だと思います。

月日が流れ、家族の仲も回復しつつあります。

 

 

勝ったお金でキャバクラにハマって…

私のパチンコ友達の話です。

昔によく一緒にパチンコを打ちに行き、そのあと飲みに行ったりと、初めは楽しく遊ぶ程度で楽しかったです。

 

が、ある日を境に急にパチンコの打ち方が変わってしまい、狂ったように見境もなくお金を借りてまでパチンコを打つようになってしまいました。

どうやらその理由は、パチンコを打ち終わった後にキャバクラに行って、それに入れ込んでしまったみたいです。

 

友達は、毎回パチンコで勝った後に1人でキャバクラへ行くようになり、それはある程度私も知っていました。

しかし、そのキャバクラでかなりの大金をつぎ込んでいたようです。

そして、その遊ぶお金欲しさにパチンコで元手を稼ごうとしていました。

 

正直近くで見ていて怖い時もあり、もうパチンコはやめとくように言ったのですが、すでに遅くもう止められない感じでした。

その後は言うまでもなく、パチンコのせいでお金は尽き果てました。

 

後で聞いた話でしたが、給料を家にほとんど入れてなかったみたいです。

もちろん家族とは別れてしまい、幸せな家庭だったのですが人生を台無しにしてしまいました。

 

パチンコをする人の心理として、どうしても大勝ちしてしまったら次もまた・・・と思うようです。

フィーバー時の音は、脳波にも刺激があり勘違いさせてしまうみたいです。

友達は、まんまとそのパチンコにハマってしまいました。

 

パチンコを遊び程度でやっていたら、こんなことにならなかったのですが・・・。

私も止めてあげることができず、今でも後悔しています。

その友達は、今は次の人生に向け頑張っています。

 

 

借金が返せずタコ部屋労働

うちの親父は、俺が小学生の頃から仕事中にサボって、よくパチンコに行っていた。

だが、往々にしてパチンコは負けるもの。

親父は、金がなくなってもパチンコを打つのをやめず、消費者金融で借金してそれをパチンコで使っていた。

 

母親は、親父が借金する度に親戚からお金を借り、消費者金融に返していた。

俺は、親戚からうちがお金を借りてるのを知っていたから、お盆や正月に親戚一同が集まると肩身の狭い思いをした。

 

母親は、俺が学校から帰ると良く泣いていた。

「また親父が借金したんだ」と、俺はいつもすぐにわかった。

ロクに働かずに母親を泣かせる親父を、俺は心底憎んだ。

 

しかし母親は、それでも親父とはなかなか離婚しようとはせず、一人で必死に働いた。

俺が高校三年の時、親父がまたパチンコのせいで借金した。

しかも、俺の大学の入学金もパチンコでスったらしい。

 

俺は何とか大学に行けたが、母親はその時ついに離婚を決意した。

別れ際に親父は「行ってくる。すまなかった」と泣いていた。

多分借金を返すため、いわゆる「タコ部屋労働」に行ったんだと思う。

自業自得だ。

まだ45歳だったのに、自分で人生を台無しにして。

 

それ以来、親父がどこ行ったのか知らないし、パチンコ依存症の狂った親父の心理も分かりたくもない。

だが俺の人生から消えてくれたから、とりあえず良かったって話。

スポンサーリンク

 

夫婦揃って…

とある有名なパチンコ店に、主人の知り合いの夫婦が毎日打ちに来ていました。

私自身もスロットのジャグラーとか大好きで、たまにその店に行った時でもお二人は必ずホールのどこかに座ってました。

 

特に旦那の方は、狂ったように同じ台に何万円も入れてるのを見ました。

それもほぼ毎日です。

私も、その台の近くで打っていた事もあるので間違い無いです。

奥様はというと、パチンコでもハイスペックな台ばかり選んでいました。

 

夫婦揃っていつもパチンコへ外出していますが、その夫婦には年頃の子供が居ました。

その夫婦とその子供が買い物で歩いてる姿を見た時に、子供はまだ義務教育中のはずなのに、髪型は脱色、服装もボロボロのジャージに草履姿でした。

 

夫婦の家での会話は「明日はどんな台がいいか?」とか、子供の前でパチンコの話を絶対にしてるはずです。

それでは子供の心理状態は悪くなり、いつか親子の絆さえ狂って行くのは間違いないと思います。

 

で、そんな夫婦がなぜ仕事もせずにパチンコ屋に毎日行けたのかと言うと、奥様の親が亡くなりそれで多額の保険が降りたようです。

しばらく夫婦してパチンコ屋に入り浸り、人生の半分以上楽した暮らしをかなりの年月されていたみたいです。

 

でも、そんな事も長くは続きません。

やはりパチンコで”人生台無し”になったようで、まずは高級外車を全部売りに出したのを知りました。

オシャレに着飾ってた夫婦は、旦那はボロボロの作業着に髪はペンキまみれ・・・。

奥様も、別人かと思うような格好でした。

 

そして奥様は、それ以来まったく見かけなくなってしまいました。

きっと離婚でもしたと思います。

 

 

パチンコ借金で結婚が破談

私の友人に、パチンコのせいで人生が狂ってしまった人がいます。

 

彼女は高校の時の同級生で、学年で一番可愛いと言われていた子でした。

その後は短大に進み、高校時代から付き合っている彼氏と結婚するために寿退職。

本当に女性として、すごく幸せそうだったと思います。

 

しかし彼女の場合、結婚する前に正社員から現場のパートさんとして働くようになったのですが、それがきっかけで人生がおかしくなったのです。

やはり彼女に対する周りからの”やっかみ”もあり、パートになってからはイジメられていたようです。

 

その時、職場で仲良くしてくれる人がいて、その人の誘いでパチンコに行ったそうです。

当時、彼女は婚約者の彼氏と同棲していて、大規模な結婚式をするためのお金を貯めるために、パートとして働き始めました。

 

結婚資金を貯めている彼女を、わざわざパチンコに連れて行くということは、その人も彼女に”やっかみ”があったんでしょうね・・・。

今思えばですけど。

 

正社員では順風満帆だったのに、結婚が決まってパートになった途端いじめられて、それをかばってくれない彼氏にも不満。

そんな中、彼女はまんまとパチンコにのめり込みました。

 

そして、私に借金を申し込んできたのです。。

結婚式の準備を進めているのがわかっていたので、そのお金だと思って話を聞いたら、どうやらパチンコが原因だったんです。

 

結果、あちこちにパチンコの借金をしていたのが彼氏にバレて、結婚の話は無かったことに。

彼女は、まさに人生を台無しにしてしまいました。

 

いじめが辛かったとは言え、どうして結婚前の大切なタイミングでそこまでパチンコにのめり込んだのか、彼女の心理は今も全くわかりません。

あの時、同僚にパチンコに誘われなければ、彼女の人生はきっと幸せだったと思います。

 

 

性格が変わった・精神科へ通う

私の人生がパチンコで狂い出したのは、25歳位のときでした。

パチンコ店に足を運ぶ日は休日が多かったのですが、仕事のストレスが溜まるにつれて、平日もパチンコ店に行く頻度が徐々に増えていったのです。

 

パチンコにハマったきっかけは、その時に少ない金額で勝ってしまった事です。

少ない金額でパチンコに勝つと徐々にそれが癖になり、負けてもヤケになり、更に金額を入れて負けてしまうのがパチンコです。

その負け分を取り返そうと、次の休みの日にもまたパチンコ店に足を運び、そしてお金を入れてまた負けてしまう・・・。

取り返そうとする心理が、人間なのです。

 

私は温厚な性格でいましたが、パチンコに負けた時はイライラしてしまい、家族友人にあたってしまう事も増え友人が離れていきました。

友人は、私のことを「性格が変わった」と話をしてました。

 

20代後半になると、結婚などの為に貯金していたお金に手を出してまでパチンコに行く・・・そして負ける。

この繰り返しだったのです。

 

その時は、自分の人生が狂い始めているとは気が付くはずもなく、開店から閉店までパチンコを打ち続けるようになりました。

気がついたら貯金していた300万円も底がつき、借金までしてパチンコをするようになりました。

 

増え続けた借金の毎月の支払いはできず、今は精神科に通いパチンコから離れました。

私は、パチンコのせいで人生が台無しになりました。

 

 

家賃が払えず家を追い出された

パチンコのせいで人生が台無しになりつつある、29歳男性の知人の話です。

知人は18歳からパチンコを始めて、最初は軽いノリでパチンコへ行っていました。

私も知人と何度かパチンコへ行ったことがありますが、知人はいわゆる依存性なのだと感じました。

 

パチンコに行く前はすごくテンションが上がっていて、負けた時はとても落ち込みます。

ですが、次の日になるとまた「今日は勝てる」と異様なテンションになり、パチンコ屋さんに行きます。

たまに大勝ちするのが、またパチンコへ行きたくなる心理なのだと思います。

 

そんな知人の人生が狂い始めたのは、当時付き合っていた彼女と同棲を始めた頃からでした。

彼女は普通にOLをしており、安定した収入がありました。

知人は、最初は生活費を彼女より多く出していた様です。

 

しかし、仕事帰りにもパチンコに行くようになり、負け込むと生活費も渡せない月が出てきて、最終的には彼女にお金を借りてパチンコに行くようになりました。

愛想をつかした彼女は家を出ていき、知人は一人暮らしになりましたが、それでもパチンコは続けていました。

 

そのうち知人は携帯が止まったり、家賃の滞納をするようになり、ついには家を追い出されました。

けれども、それでも懲りずにパチンコへ行き、また負けて周りからお金を借りて、借りたお金でまたパチンコに使っていました。

 

数年たった今でも、知人はまだパチンコに狂っています。

あれから家は2回変わって、遂に自分の名前だと家が借りれなくなりました。

これからの人生どう生きるのだろう、と陰ながら心配しています。

 

 

パチンコで勝てるから人生狂った

現在67の男性です。

パチンコを始めたのは高校3年生の頃で、それ以来ずっとパチンコを打ち続けています。

そんな私も、パチンコのせいで人生が狂った人間の一人になりました。

 

ただ借金をしてパチンコをしたとか、パチンコ依存症になったという話ではありません。

信じてもらえるかどうかわかりませんが、実は私はパチンコでこれまで数千万円稼いでいるのです。

私が人生で失敗したのは、パチンコで勝てるのでまじめに仕事をしなかったということです。

 

パチンコが主たる収入源だったのは50代になってからの数年間ですが、もしこの間に何らかの資格でも取って一人前になっていたら、今のように経済的に困窮することはなかったと思います。

言うならば、パチンコで勝てるせいで人生が台無しになったということです。

 

パチンコは、たいていの人にとってギャンブルであるという心理が働きます。

しかし店側の不正さえなければ、パチンコは単なる確率のゲームです。

この点は、競馬や競輪などの純粋なギャンブルとは異なっています。

 

一切のオカルトを排除し、純粋に確率的に勝てる台を探すことができたら、実は誰でも勝てるのです。

皆が同じような考えでパチンコをすると、パチプロは生きていけなくなります。

パチンコをギャンブルと考えて打つ人がたくさんいるから、パチプロは助かっているのです。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ちょっと今回は、今までの他の記事とは違った印象を受けたと思います。

考えさせられますよね・・・。

 

借金までしてパチンコはヤバいと思いますが、それが止められないのがギャンブル依存症の怖さです。

また離婚や人間関係の崩壊、仕事にも影響します。

 

パチンコって身近にあるので、つい打ちに行っちゃうんですよね。

 

 

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。