歴代のジャグラーシリーズで一番好きな面白い機種は?まとめ


スポンサーリンク


フィーバー!

ジャグラーは完全確率だと思う、元店長の”ななしー”です。

 

今回は、ジャグラーファンの皆さんから「歴代のジャグラーの中で、一番面白い好きな機種」を聞いてみました。

ジャグラーって、本当によく作り込まれていますよね。

北電子さんスゴイです^^

 




クラシックジャグラー

私は、パチスロ歴12年の30代です。

 

歴代のジャグラーシリーズで、一番好きな機種はクラシックジャグラーです。

クラシックジャグラーは、昔のジャグラーの復刻版のような形で5号機に登場したのですが、まさにジャグラーの良い部分のみが集約されているスロットだと思います。

ジャグラーシリーズでの一番の醍醐味といえば、ゴーゴーランプが光る瞬間なのですが、クラシックジャグラーは先告知なしなので熱くなれる瞬間が一定なのが良いです。

 

さらに光る時も音が鳴ることがないので、気を抜いて打っていたらいつの間にかゴーゴーランプが光っていたということもあるのが面白いと思います。

リールの始動音から停止音まで、昔ながらの雰囲気を楽しめるのもクラシックジャグラーの醍醐味だと感じます。

 

時代は進化してジャグラーも演出パターンが増えて、ボーナスの告知も多種多様となりましたが、昔ながらの変わらないジャグラーの良さを体感できるのがクラシックジャグラーです。

スロットを打つときに誰にも干渉されることなく、静かに自分だけの時間をゆったりと過ごすことができるそんな台だと思います。

ゴーゴーランプも派手な光り方ではなく、昔ながらの豆球がひっそりと灯されるその瞬間がたまらなく良く、その光だけを求めて回し続けるというのもジャグラーの風情を感じることができます。

 

歴代ジャグラーシリーズの中でも、クラシックジャグラーは進化していくスロットをあえて昔風に作っています。

昔のジャグラーの良さを感じることができ、ジャグラーならではの面白さを残しつつ、派手さをなくしてゆったりと打つことができるので、私はクラシックジャグラーが好きです。

 

 

みんなのジャグラー

初めまして。

パチスロ歴12年、30台前半サラリーマン(男)です。

 

結論から先にお伝えすると、私が一番好きなジャグラーシリーズは“みんなのジャグラー”です。

私がスロットを始めたのは、4号機末期の頃で5号機の歴代ジャグラーから一番好きなものを選びました。

ハッピージャグラーVとかなり悩んだのですが、後述するさまざまな要素からみんなのジャグラーを選びました。

 

まず初めに、みんなのジャグラーは設定1と設定6の機械割が魅力です。

その他のジャグラーシリーズと比べても優秀な数値となっており、店舗に一番入るだろう設定1の機械割が5号機ジャグラーの中でも一番高いことも長く遊べる一つの要因でした。

 

そして次に、はまるキッカケとなった“目押しで楽しめるジャグラー”だったいうことです。

 

中押し7狙いの中段テンパイ時は、狙っても適当に押しても面白い打ち方でした。

中→左→右の目押しであれば、中段7からの左チェリー否定で激熱や中段テンパイ音発生など熱く長く楽しめる要素が沢山あり、ただの小役にすぎなかったジャグラーの代名詞であるピエロを重複役という一種の名脇役に仕上げたのも好きなポイントの一つです。

正に、ジャグラーもといピエロファンに応えた名機だと思いました。

 

私の仲間の間では、みんなの為の打ち手の為のジャグラー、略してみんジャグとして愛されており、普段ジャグラーを打たないスロッターの仲間にも 「みんジャグなら付き合うよ」と言わせたほどの愛されピエロでした。

 

フリーズ演出やリール逆回転など、これまでのジャグラーシリーズにないおてんば要素を沢山詰め込んでいる本機種です。

いつものように黙ってペカリとおしとやかにお祝いしてくれる瞬間も健在で、まだ彼(彼女)と遊んだことのない皆さんにもぜひ初デートを 迎えてほしい逸品です。

 

今後ジャグラーシリーズがどうなっていくか分かりませんが、生きてる間に是非みんジャグの妹分ピエロ登場を心よりお待ちしてます。

以上が、私の好きなジャグラーとその理由です。

 

 

ジャンキージャグラーⅢ

年齢:20代後半  スロット歴:8年程

 

私が歴代のジャグラーシリーズの中で一番好きな機種は、5号機のジャンキージャグラーⅢです。

それまでのジャグラーでは、チェリー重複時にBARが枠内になければGOGOランプが光ることはなかったのです。

しかしこのジャンキージャグラーⅢの魅力は、BAR無しのチェリーでもボーナス当選の期待ができ、チェリーでの期待度が上がりました。

 

プレミア演出もたくさん収録されており、レバーON時の無音や、ファンファーレ告知はなかなか見る事が出来ません。

またうっかり生入りをさせてしまっても、このジャンキージャグラーではGOGOランプが光ることがある為、ついつい生入りさせてしまってもGOGOランプの光を拝む事が出来るのです。

 

そして、ジャンキージャグラーの最大の魅力と言ってもよいのが、REG時の枚数です。

アイムジャグラーではREGの枚数が104枚なのに対し、ジャンキージャグラーではなんと143枚となっており、REGでも出玉に直結していくのが良い所です。

枚数が多い分、合算確率は設定6でも約1/145とやや重めとなっていますが、機械割では設定3で101パーセント、設定6では107パーセントとシリーズの中でも高めとなっています。

 

この機種も他のジャグラーシリーズの例に漏れず、爆発的な連チャンがしばしば見られるのも面白い所です。

最近のホールでは、ほぼ見かけることもなくなってしまいましたが、低価貸しのシマではたまに見かける事もあります。

 

いまのジャグラーと違い、やや薄暗い筐体も味があって魅力的です。

ジャグラーシリーズではアイムジャグラーやマイジャグラーシリーズが主流となっているが、このジャンキージャグラーも一度リメイクして出してもらいたいです。

 

 

アイムジャグラーSP

5号機のアイムジャグラーSPが一番好きでした。

今ではもう設置されていない機種ではありますが、アイムジャグラーEXと若干の違いもあり、そこを楽しめたジャグラーでした。

 

スロットを始めたばかりの私でも、知識を身に付けて唯一闘えた機種です。

歴代ジャグラーシリーズの中でも5号機で初期の方に導入されていた機種で、面白さは非常に多くありました。

 

アイムジャグラーシリーズにはなりますので、ランプはLEDの力強い光となっています。

しかし、SPの場合にはGOGOランプが小さくて可愛いと言う特徴があります。

その可愛いランプから力強い光が放たれるのが大好きで、ハマっていました。

 

頻繁にアイムジャグラーSPを打っていた理由は、可愛いランプだけではありません。

当時では、アイムジャグラーSPは一番機械割が低いジャグラーとされていましたので、高設定がとにかく入りやすいと言う特徴のある機種でした。

面白いだけではなく勝負をする事が出来ましたので、とにかく狂ったように打っていたジャグラーです。

 

今では様々なジャグラーが導入されており、特徴が薄いアイムジャグラーSPは他の人は打たないと思います。

でも、私にとっては思い出が深いジャグラーなので、やっぱりもしも現役稼働をしていたら打ってしまうと思います。

 

最近は機械割の高いジャグラーが増えましたが、ジャグラーSPのように機械割が低くて頻繁に高設定を使ってくれるようなジャグラーがやっぱり好きです。

その分、たくさん光って当たりますからね。

 

アイムジャグラーSPは、とにかく高設定を使っていた店が多いのでよく当たる、光るで楽しい思い出があり大好きです。

小さくても力強いGOGOランプが大好きです。

 

 

スロットと言えばジャグラーシリーズ

20年以上のGOGOファンで、ジャグラーは初代から打っています。

 

最初は、ジャグラーの何が面白いのがさっぱり分かってなかったですが、スロットの最終形はジャグラーかハナハナだと思ったりしますね。

すべてのジャグラーがとにかく好きなので、どれか一番好きなのかは決められません。

 

ジャグラーが好きな理由は、やはり高設定投入率の高さでしょう。

シリーズ通して甘い機種はマイジャグラーですし、これは歴代で一番面白いシリーズの機種ですね。

個人的には、ファンキージャグラーがランプの色が綺麗なので好きです。

 

ジャグラーって完成されたスロットだと思うので、これ以上のスロットはないと思います。

逆押ししての完全DDT打法とか、チェリーだけフォローする打ち方など、ありとあらゆる打ち方もあります。

それぞれが面白い打ち方になり、もう素晴らしいパチスロです。

まぁ、光らないときの苦痛はハナハナもジャグラーも同じですが、ブドウに一喜一憂するのが休みの日のリラックスにつながっていると思います。

 

ぶっちゃけ、4号機の時はチェリー重複はなかったので、意味のないリーチ目でした。

5号機になり、その意味が生じたというか、はっきりと重複がわかるのはかなりいいと思いますね。

 

6号機のジャグラーが、どういった形になるのかは想像ができません。

どんどん規制が強化されていく中で、今より面白いジャグラーをつくるのは、メーカーもかなりしんどいと思います。

 

でもキタックのことなので、さぞかし面白いジャグラーがでてくるんだろうなと思って期待しています。

6号機になっても、面白いジャグラーが打ちたいですね。

 

 

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。