ジャグラーとハナハナ打つならどっち?勝てるシリーズは?


スポンサーリンク


フィーバー!

ハナハナのブラックライトで日焼けはするのか?、元店長の”ななしー”です。

 

今回は、ジャグラーシリーズとハナハナシリーズ、打つならどっち?と題して、皆さんの口コミを集めてみました。

どちらもロングヒットの超人気のシリーズ。

あなたなら、どっちのシリーズを打ちますか?

 




設定が良いのはジャグラーシリーズ

ジャグラーとハナハナ、どちらが勝ちやすいのか?

打つならどっちかについてですが、そもそも好きな台を打て!と言いたいです。

 

勝負にこだわるなら、設定状況が良いのはジャグラーではないでしょうか?

どっちかと言われれば、私はジャグラーです。

ジャグラーはシリーズを通してずっと打っていますが、ジャグラーの設定状況が悪い店でハナハナの設定が良い店など正直想像できません。

 

老若男女問わず、そしてパチスロ初心者からプロが打つのが、この北電子の最高傑作ジャグラーです。

このジャグラーシリーズで、パチスロを始めた方も多いはずです。

「ゴーゴーランプが光ったら当たり」という至高の光は、人生において美しい光トップ3は堅い。

 

ただ、ハナハナシリーズも「ジャグラーに疲れた・・・」と思った方は、たまには良いと思います。

ちなみに機械割についてはハナハナが上回っていますが、設定状況が良いのはジャグラーです。

 

ハナハナは、ボーナス確率がジャグラーに比べると当たりにくいため、ハナ連して調子に乗ってるとハマって泣いて帰る確率も高くなっております。

そんな経験を何度もしてきたことから、私の推しはジャグラーです。

 

ジャグラーに始まり、ジャグラーに終わる。

これは、スロッターの真実なのです。

 

 

人気があるのはジャグラーシリーズ

ハナハナシリーズは一部の地区で人気はありますが、全国的にはそうでもありません。

それに中部地区以外では設置店も限られており、ジャグラーシリーズに人気で劣りますね。

 

どっちのシリーズも、良い所はあります。

 

ハナハナシリーズは、ジャグラーシリーズの「ガコ音」が無いため安心してプレイできます。

また、ハナハナシリーズは機械割が高いため、上の設定をつかめれば勝ちやすいと言えるでしょうね。

ハナハナシリーズを打つなら、中部地区のホールで力を入れてる所で勝負するのが望ましいです。

 

一方のジャグラーシリーズは、人気・知名度は全国的であり馴染みやすいと言えます。

この馴染みやすいとは、プレイヤー・パチンコ店双方に言える事であり、設置台数と客が多ければ高設定も使うことができ、またこれが稼働につながり好循環になります。

 

どっちの機種も完全告知機なので、後は個人の好みじゃないですかね。

ちなみに、ハナハナシリーズは先告知しかありません。

 

ジャグラーシリーズにはマイジャグラーという機種があります。

ノーマルタイプの上の設定ではかなり安定しており、勝ちを意識するのであれば、このマイジャグラーを狙うのも良いかもしれませんね。

 

 

 

ジャグラーシリーズは夕方からでも打てる

スロットのジャグラーシリーズ、ハナハナシリーズを打つならどっちということですが、私はジャグラーシリーズだと思っております。

 

理由ですが、ハナハナは朝一から打っているイメージですが、ジャグラーは夕方、もしくは夜からと気軽に打ちやすい台だと思っております。

既に他の人が回しているので、合算もある程度決まってきています。

そのため打つ台を絞れる利点もあり、夜から行っても気軽に打てる台で勝ちやすいと思っております。

 

私が打つなら、ゴーゴージャグラーもしくはアイムジャグラーです。

ゴーゴージャグラーに関しては、機械割が他のジャグラーシリーズに比べて少し甘い点がありますので、初心者の方にもおすすめできると思います。

 

アイムジャグラーに関しては、導入しているお店が多いので高設定を入れているところが多いと思っております。

ただ導入台数が多いがために、設定にばらつきはあると思います。

私は、どっちかと言うとアイムジャグラーの方ですが。

 

で、肝心の設定を見るためには、ぶどうの数に注目しなければなりません。

設定をある程度予想したい方は、基本的にぶどうを数える必要があります。

ゴーゴージャグラーに関しては、機械割が少し甘い分、設定が他に比べ少しわかりずらい部分はあります。

 

目押しに関してですが、ボーナス以外は目押しの必要はないです。

7を狙うコツですが、7が光っておりますので分かりやすいと思います。

その点でも、ハナハナシリーズよりもジャグラーシリーズをおすすめします。

スポンサーリンク

 

設定推測がしやすいハナハナシリーズ

私がどっちかを打つなら、ハナハナシリーズです。

理由としては、設定推測の要素が多いことが一番の理由です。

小役とボーナスの設定差はもちろんですが、ハナの光り方やボーナス中の設定看破要素と、ジャグラーシリーズよりも格段に設定看破要素が多いのです。

 

ジャグラーシリーズはパチンコ店の看板機種であるので、もちろん設定が入れられていることも多いと思います。

ですが、試行回数が2,000~3,000ゲーム程回さないと設定看破できません。

 

ハナハナシリーズが設置されているパチンコ店に関しては、ジャグラーシリーズよりも力を入れて設定を使っているパチンコ店も多いと思います。

従って私は、どっちかといえばジャグラーシリーズよりもハナハナシリーズの方が総じて勝ちやすいと考えます。

 

具体的には、グレートキングハナハナの30φの機種が好きで良く打ちます。

他のハナハナシリーズよりも筐体の美しさもあり、個人的なオカルトですがビッグに偏るようなイメージを持っています。

グレートキングハナハナは設置台数もそれなりに多いですし、お店の常連さんの動きを見ればだいたいの設定予測はできます。

下手なAT機やART機を打つより、よっぽど月間収支・年間収支をプラスにできると思います。

 

 

勝ちやすいハナハナシリーズを打つ

ジャグラーとハナハナ。

どちらもシリーズもので、人気がある機種ですよね。

 

完全告知、Aタイプ、ボーナスが確定すれば光ってお知らせしてくれる、というところは同じでどちらも似ています。

そして、どちらも初心者にも分かりやすい機種です。

誰でも手軽に遊ぶことができることから、全国的に人気があるのでしょう。

 

さて、もしこの2機種のどっちかを打つなら、私は断然ハナハナシリーズを打ちます。

なぜなら、ハナハナのほうが勝ちやすい、連チャンしやすいと感じているからです。

 

もちろん、ジャグラーも連チャンしやすい機種ではあります。

しかし、昔から沖スロのほうが爆発時のパンチはあると考えています。

さらにハナハナシリーズは、告知時にビック確定演出があるところが好きです。

告知に関しても、見た目のインパクトが強烈です。

 

ジャグラーとハナハナ。

どっちも好きな機種ではありますが、これまでトータルで打った回数は、圧倒的にハナハナシリーズのほうが多いです。

どちらも大ハマリすることもありますし、設定の悪い台に当たってしまえば、つまらない時間が長く続くのは同じです。

しかし、それを含めて考えてもハナハナシリーズのほうが面白さがある、と感じています。

 

 

波が分かりやすいハナハナシリーズ

ジャグラーシリーズとハナハナシリーズのどちらか打つなら、勝ちやすいハナハナシリーズを打ちます。

その理由は、現行のハナハナシリーズは良い波と悪い波がはっきりしているからです。

悪い波の時は、200回転オーバーのハマリを繰り返すなど、打っても勝てないオーラを出しています。

 

一方のジャグラーシリーズは、波が悪くてもいきなり波が上がるケースがあり、それを期待して手を出す可能性が高いです。

波が悪い台を出そうとする打ち方はリスクが多く、結果として負ける率が高くなりがちです。

 

もちろん、ハナハナシリーズも下から上に上がるケースもあるでしょうが、大抵の場合は手を出さない人が多いです。

そのため、どっちを打つか迷った場合、両シリーズの波を見てハマりの浅い方を選び、なおかつ合成確率よりビッグ先行になっているかが見極めのポイントです。

 

例えばアイムジャグラーEXAEは、レギュラーボーナスが多いと差枚数が出なくなる傾向があり、勝てる可能性が低くなります。

ハナハナシリーズも、レギュラーボーナスが多いと当たりを軽く感じて追いかけてしまいがちですが、結局負ける率が高くなります。

 

「高設定はレギュラーボーナスが多い」というイメージがあり、つい飛びつきがちになります。

実際に高設定を入れている可能性は低いので、レギュラーボーナスが多い台は手を出さない方が勝ちやすいです。

 

まとめ

実は、僕はジャグラーシリーズが圧勝かと思っていましたが、ハナハナシリーズも根強い人気ですね。

スペックが甘いこともありますが、ジャグラーとはまた違ったゲーム性が楽しめます。

 

ここだけの話、僕の場合は「ハナハナシリーズ=裏物」というイメージが強すぎて・・・。

スカイバージョン・・・。

※メーカーさんは、関係ありません。

 

 

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。