ジャグラーが急にハマったり連チャンする原因は?波が荒い理由を解説!

ジャグラーで大連チャンして「今日は万枚突破かな♪」って思った矢先、突然急にハマり出す俺の台…。

スランプグラフは、急上昇から一気に急降下で”富士山”を描く…。

と思ったら、また急に連チャン!

何でこんなに波が荒いの??

こんな経験ありますよね。

 

と言うわけで今回は、

・ジャグラーが突然急にハマる理由

・急に連チャンする理由

・ジャグラーは波が荒い機種なのか?

について解説します。

 

【先に結論】

・急にハマるのは確率の偏りが原因です。

・ハマリや連チャンは予測できないので急に来る方が自然です。

・ジャグラーは波が荒い機種ではありません。

・ジャグラーは長期目線で打ちましょう。

 

ジャグラーが急にハマる理由は確率の偏り

前提として、この記事で書いている「ジャグラー」とは、6号機のジャグラーシリーズすべてを指します。

・Sアイムジャグラー

・マイジャグラー5

・ファンキージャグラー2

・ゴーゴージャグラー3(発売日未定)

です。

理由は、ボーナス確率こそ各機種に違いがありますが、大当たり抽選の仕組みがすべて同じだからです。

自分の打っているジャグラーに置き換えて読んで下さいね。

 

結論を先に書きましたが、ジャグラーが急にハマったり連チャンしたりするのは、単なる確率の偏りが原因です。

いきなりハマったりすると…

・初めから波がプログラムされている!

・遠隔操作されている!

・電圧が下がった(?)

という人がいますが、これは深読みしすぎです。

 

もっとシンプルに考えて下さい。

ジャグラー(スロット)は確率ゲームです。

毎ゲーム、決められた確率に従いボーナス抽選をしているわけですが、ハマリや連チャンの波の原因は、その抽選結果が単に偏っているだけです。

「波」とは、単なる確率のバラツキですね。

 

ジャグラーはレバーオンでボーナス抽選

急にハマったり連チャンしたりする原因を理解するためには、ジャグラー(スロット)のボーナス抽選の仕組みを知る必要があります。

 

ジャグラーは、スタートレバーを叩いた瞬間に抽選を行っています。

ストップボタンを押した時ではありません。

レバーをオンにした時に抽選をしていますので、リールが回る前からすでに抽選結果は決まっています。

 

で、この抽選でBIGやREGの他に、リプレイやぶどう・チェリー、そしてハズレが決まります。

抽選の結果、当選した役をリール制御により揃えようとします。

ハズレなら、どれだけ正確に目押ししても絶対に揃いません。

 

・・・ジャグラーのボーナス抽選は、毎ゲームこれを繰り返しているだけです。

シンプルですよね。

 

ボーナスは毎ゲーム独立抽選方式

スロット・パチンコの大当たりの仕組みの説明でよく使われる言葉として、独立抽選方式や完全確率という用語があります。

これは1ゲーム1ゲームごと独立して、完全にその確率だけによって抽選されていることを指します。

「独立」ですから、それまでの過去の結果は考慮されませんし、「完全」ですから確率以外のことから影響を受けません。

 

簡単に言えば、毎ゲームサイコロを振っているようなものですね。

「1の目が出たら大当たり!」のような感じで。

 

サイコロって、過去にそれまでどれだけ1の目が出ていても出ていなくても、次に1が出る確率は1/6です。

過去の結果によって、1の目の数が増えたり減ったりはしません。

また、初めから「あと〇回振ったら1が出る」とも決まっていません。

ジャグラーのボーナス抽選も、内部ではこんな感じで行われているのです。

 

サイコロの1/6だとイメージが付きにくいので、SマイジャグのBIGの抽選をガラガラ抽選機に例えて説明します。

ガラガラ抽選機とは、くじ引きで使う下の画像のようなヤツです。

アイジャグの設定6のBIG確率は1/255なので、

白玉…ハズレ254個

赤玉…BIG1個

がガラガラの中に入っています。

赤が出る確率は、1/255です。

 

1回目まわします

白が出ました、ハズレです。

その出た白玉を再びガラガラ抽選機の中に戻します。

2回目をまわします。赤が出る確率は1/255です。

 

アイジャグのBIGは、こんな感じで抽選されています。

どうでしょう?

いつ回して抽選しても、BIGが当たる確率は1/255ですよね。

 

どれだけ白が続いても、次に赤が出る確率は1/255。

赤が連続で出た後でも、次に赤が出る確率は1/255。

これが独立抽選方式です。

 

また、ガラガラ抽選機を揺すったりなどして、意図的に赤が出やすい回し方などはしません。

外部からの影響を受けずに抽選しているので、この抽選は完全確率と言えます。

 

ハマリは急にやって来るのが自然

ここからが本題なんですが、ガラガラ抽選などで当たりがなかなか出ないことを「ハマリ」と言います。

1/255なら、数百回まわしても当たらないことが普通にありますよね。

 

でも、このハマリ。

いつやって来るか、予想できますか?

 

「あと100回まわしたら当たらなくなる(ハマる)!」

って分かれば、それを見越して回すのをやめますが、そんなことを予想することはできません。

理由は、独立抽選で完全確率だからです。

だからハマリは急にやって来るのが自然なんです。

 

予測できないことが突然起こるので、人は「急だ!」って感じます。

あらかじめ最初から分かっていれば、「いきなり」とは思いません。

 

逆にもし店員から、

「僕の予想ではこの台、次のBIG後から700回転ハマりますよ」

って言われて実際にその通りになったら、こっちの方がおかしいですよね。

遠隔操作だ!裏基板だ!って思っちゃいます。

 

連チャンも急にやって来るのが自然

では、ジャグラーが急に連チャンする原因は何でしょうか?

これは、急にハマるのと同じ理屈です。

独立抽選の完全確率なので、いつ当たるのか予想できません。

だから急に当たり出すと「突然ジャグ連した!」って感じるわけです。

 

もし店員から、

「僕の予想ではこの台、あと90回転まわすと10連チャンしますよ」

って言われて、本当にその通りになったらおかしいですよね。

連チャンは嬉しいですが、これはこれで遠隔!?って思っちゃいます。

 

ハマリや連チャンはおかしくない

ジャグラーが「急に」ハマる原因をまとめると、こんな感じになります。

・ハマリは予想できない。

・予想できないから「急」と感じる。

・むしろハマリを予想できる方がおかしい。

 

ジャグラーが「いきなり」連チャンする原因をまとめると、こんな感じになります。

・連チャンは予想できない。

・予想できないから連チャンすると「突然」と感じる。

・むしろ連チャンを予想できる方がおかしい。

 

突然ハマったり急に連チャンする理由は、独立抽選の完全確率だからです。

この先未来の抽選結果は、誰にも予想できません。

予想外のことが起こるので人は、「急に調子が悪くなった!」とか「いきなり連チャンした」って感じるわけですね。

「おかしい」と思う気持ちは分かりますが、ジャグラーのボーナス抽選の仕組みから見れば全然おかしくないのです。

 

↓おいらんドリーム遊ぶならベラジョンカジノ遊雅堂で!

今だけ当サイト限定の無料ボーナス特典がもらえる!

花魁ドリームは勝てるのか?機械割やスペックを解説!

 

ジャグラーは波の荒い機種ではない

では、もう一つの今回の疑問

「ジャグラーはなぜ波が荒い機種なのか?」

について解説します。

 

結論を先に言うと、ジャグラーはスペックから見て全然波が荒くない機種ですね。

波が荒いと感じるのは、ボーナス確率に対して回転数が少ないからです。

 

Aタイプのジャグラーは波が荒くない

波が荒くない機種という理由は、ジャグラーシリーズはノーマルAタイプだからです。

マイジャグ5やSアイジャグ・ファンキー2・ゴージャグなど、どのジャグラーもBIGとREGのみで天井やモード・ATは非搭載。

ボーナス確率も、2~300分の1と高めだからです。

 

波が荒くない機種とは、上振れや下振れの幅が少ないスペック、と言えば分かりやすいでしょうか。

だからジャグラーで万枚出ることはかなり珍しいですが、反対に1日に10万円負けることも珍しいですよね。

 

反対に波が荒い機種と言えば、沖ドキやゴッド系・AT機などでしょう。

ボーナス確率だけならず、モードやATの引き次第で結果が大きく変わって来るからです。

これらは、短期間ではなかなか設定通りの出方にならず、大勝ちすることもあれば大負けすることもあります。

上振れや下振れの幅が大きく、低設定でも事故れば一撃数千枚もありますが、大ハマりを喰らえば10万負けもあります。

 

パチンコで言えば、ミドルや昔のフルスペックは波の荒いタイプの機種。

甘デジやハネモノは、波の荒くない(穏やかな)タイプの機種になります。

 

1日では設定通りの確率にならない

ジャグラーは波が荒くないとは言っても、そのボーナス確率は1/200~1/300。

一番確率が甘いファンキージャグラー2の設定6でもBIGは1/219です。

 

で、ジャグラーを開店から閉店まで1日中ぶん回しても、8,000回転ぐらいが精一杯な数字になります。

どうでしょう?

1/219を8,000回抽選するわけです。

8,000回転まわせばBIG出現率は設定通りの1/219になるでしょうか?

 

ほとんどなりませんよね。

上振れして1/180になったり、下振れして1/400などになることもあります。

むしろ、1/219前後になることの方が少ないぐらいです。

 

この理由は1/219という確率に対して8,000回転という試行回数は少なすぎるからです。

もっと数十万回転ぐらい回せば、おおよそ1/219に近い数字に落ち着きます。

しかし8,000回転、つまり1日ぐらいでは確率(設定)通りにならないことが多いのです。

抽選結果が本来の確率通りになることを「確率の収束」と言いますが、試行回数が少ないと収束しづらいわけですね。

 

ジャグラーシリーズを毎日打つ場合、1か月もあればだいだいその設定通りの確率に落ち着きます。

1か月毎日打って、トータルの合算が1/50とか1/300とかはさすがに極々稀な出来事です。

※稀であって絶対起こらないわけではありません。確率は0%でない限り起こります。

だから高設定をいつも狙って打つプロは、短期間では負ける時もありますが、長期間でみれば勝っているわけですね。

 

サイコロでも説明します。

 

サイコロを10回振って、

「1が1回も出ない!おかしい!」

って言わないですね?

いや、もっとたくさん振れよ!ってなります。

 

この場合は1/6と言う確率に対して、10回という試行回数が少ないのが原因です。

100回振ればだいたい1/6に近いぐらい、1,000回も振ればほぼ1/6の結果になるでしょう。

 

500回ハマリは荒波とは言わない

「1日単位で波が荒いとかではなく、急に500回とかハマるんだよ!」

「1/240のBIGが、何で500回まわして当たらないんだ?」

という疑問があると思います。

 

この理由も、試行回数が少ないのが原因です。

8,000回転でも試行回数が少ないわけですから、500回転なら1回も当たらないことは珍しくありません。

 

サイコロを15回振って、

「1が1回も出ない!急に当たらなくなった!おかしい!」

と言っているのと同じです。

 

15回連続で出ないことなんて、全然おかしくとも何ともないです。

いやいや、もっと振りましょうよ、と。

ジャグラーで500回ハマリは、これと同じです。

 

具体例を挙げます。

 

マイジャグ5やファンキージャグラー2の、設定5のBIG確率は1/240です。

1/240のBIGが500回転ハマる(当たらない)確率は、12.4%もあります。

BIG8回に1回は、次のBIGまで500回ハマる計算ですね。

1日打てば、2~4回は普通に喰らうハマリです。

 

合算も同じです。

マイジャグ5とSアイムの設定5の合算は、約1/127。

これが300回転ハマる確率は、約9.3%です。

ボーナス10回に1回は、次のボーナスまでストレートで300回転ハマるってことですね。

 

このように合算300回転やBIG間500回ハマリは、ごくごく普通に起こる自然なことです。

だから、この程度のハマリはハマリとは言えないですし、全然波が荒いとも言えません。

 

毎回、確率通りに当たる方がおかしい

それでも、

「急に連チャンしたり、ハマったりするのはおかしい!」

「500ハマるなんてジャグラーは波が荒い!」

と言う人に質問です。

 

では、240回転まわすごとにBIGが当たれば、おかしくはないんでしょうか?

127回転まわす度にペカれば波が荒くはないと言えるのでしょうか?

 

そんなことはないですよね。

逆に毎回、確率通りの回転数で当たる方がおかしいです。

サイコロも6回振るたびに毎回1が出たら、それこそ「何か細工してるんじゃないか?」って疑ってしまいますので。

 

確率は偏るので、確率以内で当たることもあれば、確率以上で当たることもあります。

時には連チャンしたり、ハマったりする方が自然なんです。

でも長期間で平均すれば、本来の確率に限りなく近い結果になります。(収束する)

 

↓カエルが光ればボーナス確定!

ドリームオブゴールド遊ぶならベラジョンカジノ遊雅堂で!

今だけ当サイト限定の無料ボーナス特典がもらえる!

アイジャグはシリーズの中では波が荒い

今度は、別の視点でジャグラーの波の荒さを見てみます。

同じ回転数をまわす場合、ボーナス確率が低い機種ほど確率が収束しづらくなります。

確率が低ければ、収束するのにそれだけ多くの試行回数が必要だからです。

 

ということで、6号機ジャグラーを比べてみると…

Sアイジャグは各設定のボーナス確率が、他のジャグラーよりも低くなっています。

 

例えば設定6のBIG確率を比べると、

・Sアイジャグは1/255

・マイジャグ5は1/229

ファンキー2は1/219

と、Sアイジャグは辛めのスペックです。

 

ということは、Sアイジャグはジャグラーの中では波が荒い機種と言えます。

同じ8,000回転まわした場合、Sアイジャグは他のジャグラーに比べて、確率通りの結果になりづらくなります(=波が荒い)。

 

誤解して欲しくないのは、Sアイジャグの波が荒いと言っているわけではありません。

Sアイジャグは、他のジャグラーシリーズに比べて波が荒い、という意味です。

この理由は、確率が低いほど収束しにくいからです(=波が荒い)。

 

低設定は高設定よりも波が荒い

確率が低い方が収束しづらい=波が荒くなるので、高設定よりも低設定の方が波が荒いと言えます。

 

例えばファンキー2のBIG、

・設定6…1/219

・設定1…1/266

を比べた場合、設定6よりも確率の低い設定1の方が波が荒い、と言えます。

 

誤解して欲しくないのは、ファンキー2の設定1の波が荒いと言っているわけではありません。

ファンキー2の設定1は、設定6に比べて波が荒い、という意味です。

理由は、確率が低いほど収束しにくいから、です。

 

【結論】ジャグラーは長期で見れば波は荒くない

結論として数百回転や1~2日の短期間では、とてもじゃないですが確率通り・設定通りの結果にはなりません。

試行回数の少ない短期間では、確率はハマったり連チャンしたりする方が自然だからです。

ジャグラーは、もっと長期目線で見て下さい。

1か月単位など長期で見れば、おおよそ確率なりの結果になっているハズです。

 

ところでジャグラーで1日で収束しやすい確率と言えば、ブドウの出現率ですね。

どのジャグラーも、ブドウの確率は約1/6です。

 

設定推測のために小役をカウントする人がいますが、1日8,000回転まわせば、ブドウの出現率はおおよそ1/6前後になります。

1日打ってブドウが1/3だったり、1/10になったりすることはほとんどないでしょう。

1/6の確率に対して8,000回転は、十分に収束できる試行回数だからです。

 

6号機ジャグラーは、千円50枚で約40回転まわせます。

40回まわして、1/6のブドウが1回も揃わない確率は約0.07%。

ほとんどあり得ない数字です。

40回まわせば、ブドウは99.93%の確率で1回は揃うってことです。

 

20回まわして、ブドウが1回も揃わない確率は2.5%。

つまり、97.5%の確率で揃います。

 

このように確率が高い(甘い)と、少ない試行回数でも収束します(=波が穏やか)。

でも、1/200~1/400というジャグラーのボーナス確率は、数百~数千の試行回数ではなかなか収束しません。

これが「急にハマった!」「波が荒い!」と感じる正体です。

↓ハイビスカス光る!蝶が飛ぶ!キュイーン!

ハワイアンドリーム遊ぶならベラジョンカジノ遊雅堂で!

今だけ当サイト限定の無料ボーナス特典がもらえる!

ハワイアンドリームは勝てる?オンカジはパチスロよりも儲かるのか解説!

↓連チャン率が最大91%にアップ!

ハワイアンドリームにクリスマスver.登場!

ハワイアンドリームのクリスマスと通常版とのスペックの違いを比較してみた

↑日本円で遊べる「ミスティーノ」

↓おいらんドリームで500万円勝ちプレイヤー出現!

今だけ当サイト限定の無料ボーナス特典がもらえる!

花魁ドリームは勝てるのか?機械割やスペックを解説!

↓W杯の勝者を当てろ!下記バナーからの登録で3000円プレゼント!

遊雅堂の詳細はこちらから

↓日本人に一番人気のベラジョンカジノ!

↑【当サイト限定】登録するだけで30ドルプレゼント!

ベラジョンカジノは日本で違法ギャンブルなのか?逮捕される可能性について調べてみた

ジャグラー

Posted by ななしー