パチンコの遠隔操作の対処法や確認方法は?警察に通報して訴えたらどうなる?


スポンサーリンク


フィーバー!

遠隔操作対策?で、1日に何回か変装をしてくるお客さんを見たことがある、元店長の”ななしー”です。

 

お願いですから、防犯カメラに向かってピースをするのはやめてください(笑)。

カメラ目線で訴えられても、大当たりについてはどうすることもできません。

 

さて今回は、パチンコ屋で遠隔操作されたと感じた時の、対処法や確認方法について考えてみたいと思います。

 

又、もし遠隔操作されている?と思ったら、警察に通報して訴えてみたらどうなるのでしょうか?

実際に釘曲げ問題でお客さんに警察に通報され、稼働停止になったいう過去の事例もあるぐらいですからね。

 

そんな遠隔操作に対する、対処法や確認方法について考えてみたいと思います。

 

先にこの記事の結論書いておきます。

 

・遠隔操作を明確に確認する方法はありません。

・また、遠隔操作に対する有効な対処法もありませんので、遠隔操作をされたと思ったらそのパチンコ店には二度と行かないことです。

・警察に通報して訴えても、ほぼ99%相手にしてもらえません。無駄です。

 



警察に通報してもムダ

この記事では、遠隔操作があるのか?ないのか?ということは少し置いておいて、もしパチンコ屋で遠隔操作されているかも?と疑問に感じたら、どのような対処法や確認方法があるのかについて考えてみたいと思います。

 

遠隔操作の対処法と言ってもいくつか思いつきますが、とりあえず釘曲げ問題と同じように、警察に通報して訴えてみるという対処法はどうでしょうか?

でも残念ながら、警察に遠隔操作をしていると訴えても、ほぼ99%相手にしてもらえません。

それは、証拠がないからです。

 

あなたがどれだけ「大ハマリした」とか「10万円負けた」とか「激アツリーチが外れた」とか訴えても、警察にしてみれば”ただのギャンブルで負けたお客の腹いせやグチ”としか受け取ってもらえないです。

当のお客さんは、本気で遠隔操作をされていると思っているわけですが、第三者の警察が客観的にそんなこと言われても、にわかに信じることができません。

 

警察は、基本的に犯罪の事実や証拠がなければ動いてくれないですからね。

ちょっと上手い例えが思いつかないですが、例えば家族が「誘拐された」と警察に届け出ても、「家出かもしれないですね・・・」と言って警察が動いてくれないのと同じです。

このような場合は、探偵や興信所に依頼する人もいますが、もしかしたらパチンコ屋の遠隔操作も探偵や興信所にお願いした方がよっぽど頼りになるかもしれません(笑)。

 

別に警察のことを悪く言ってるわけではありませんので、誤解しないで下さいね。

そもそも、警察は便利屋さんではありませんし、パチンコ屋のお客さんの味方でもありませんので。

 

仮に根拠も証拠もない状態で、警察がパチンコ店に取り調べに入るとします。

そこで遠隔操作の事実が出てこなければ、反対に国家賠償として訴えられる可能性もあります。

 

もう少し警察の方の本音を代弁すれば、そんなパチンコというギャンブル客の苦情なんかいちいち相手にしているほど警察は暇ではないです。

パチンコは風営法に基づき営業してますが、警察でこれを担当するのは生活安全課という部署です。

 

新台入替の書類などを申請する時は、この生活安全課の担当の警察官に提出するのですが、いつも本当に忙しそうでした。

パチンコ店と言っても管轄内に10店舗以上もありますし、そもそも生活安全課はパチンコ店だけを相手にしてるわけではありません。

地域の防犯や少年犯罪など、担当する業務は多岐に渡ります。

 

パチンコの釘曲げ問題も、お客さんが実際にその部分の釘の写真を撮影して、初めて警察も動き始めます。

(ただ、その写真が偽造かもしれないと言う疑いも残りますが・・・)

 

ただ中には、実際にお客さんが証拠の写真を持っていても「はい分かりました。」と言いながらも、実際は全く相手にしてくれない(動いてくれない)警察署もあります。

警察署は、パチンコ客の”駆け込み寺”ではありません。

 

ちょっと話がそれますが、僕も店長やっていた時に「遠隔をやってるだろう!」などのクレームは散々お客さんから言われました。

もちろん「嘘イベント」だとかいう苦情は、日常茶飯時です。

 

その時のお客さんの決まり文句は「警察に通報するからな!」です。

もちろん僕の答えは、ダチョウ倶楽部のように「どうぞどうぞ」です(笑)。

多分、これは全国のどこのパチンコ屋の店長(役職)でも、同じ答え方をすると思います。

お客さんに脅されて「いや~、警察に通報するのだけは勘弁してくださいよー」って、泣きつく店長はいません。

そんなことしていたら、パチンコ店の経営なんかやってられませんからね。

 

実際、所轄の警察署からお客さんからそのような通報があった等という確認は、一度たりともなかったです。

つまり警察は、根拠のないタレコミは相手にしていないということです。

 

また釘曲げ問題は、実際にその釘を見れば分かることです。

しかし遠隔操作は、外観から見ただけでは真実は分かりません。

 

2000回転大ハマりしたデータ表示機の写真を見せても、警察は相手にしてくれないでしょう。

もっと警察を動かすことができる、具体的な決定的な証拠が必要です。

「遠隔操作をしているだろう」「遠隔操作かもしれない」では、警察はまず相手にしてくれません。

 

繰り返しますが、警察に通報して訴えても、しょせんは負けた客の腹いせと思われます。

財布を置き引きされた、車上狙いにあったなどの犯罪は、警察に通報して訴えればしっかりと対応してくれますよ。

 

遠隔操作については、例え警察に通報して訴えてもほぼ取り合ってもらえないと思って下さい。

それにパチンコ屋に「警察に言うぞ!」と言っても、パチンコ屋はお客さんが思っているほど「警察」というキーワードにビビりません。

こちらも同じく「負けた客の遠吠え」と思われるのがオチです。

 

もし、遠隔操作を本気で警察に通報して訴えるのなら、その先の裁判まで見据えるぐらいの本気度は必要ではないでしょうか?

この分野に詳しい弁護士さんに、相談するというのもアリですね。

 

ということで、警察に通報して訴えるという対処法は使えません。

 

データを見てもムダ

それでは警察に通報して訴えても無駄なら、もう少し視点を変えて自分でできる確認方法はないでしょうか?

遠隔操作をされているという疑惑が、遠隔操作をしているという確信に変われば、またそれはそれで新しい対処法ができます。

と言っても、もし遠隔操作をやっていることが100%確信できたのなら、そんなパチンコ屋には行かないのが一番ですけど。

 

遠隔操作をされているかも?と思う時と言えば、やはり大ハマリを食らった時ではないでしょうか?

ということは、データを見れば異常が見つかるはずです。

 

でも、これも無駄なことです。

データを見ても、遠隔操作かどうかを判断することはできません。

つまり、遠隔操作に対してデータを分析して確認する方法はないということですね。

 

パチンコ店には、数百台というパチンコ台やスロット台が設置してあります。

それをたくさんのお客さんが1日打つわけですから、中には当然大ハマリや大連チャンする台があります。

いや、むしろあって当然です。

逆に大ハマリや大連チャンがない方がおかしいです。

 

そりゃ、5000回転ぐらいの大ハマリする台が10台や20台もあれば、さすがに僕も遠隔操作を疑いますが、まずそんなことないですよね。

もしそんな台があったら、僕ならデータ表示機の故障か裏モノだと思います。

 

1000回転、2000回転ハマリなんかザラですよ。

そんな事いちいち遠隔操作だと騒いでいては、パチンコやスロットなんか打ってられません。

僕からしてみれば、遠隔操作だと騒いでいる暇があるのなら、よほど確率論を勉強した方が勝率アップにつながると思います。

 

他の記事でも書きましたけど、皆さん遠隔操作に対する認識が少し違っているように思います。

パチンコ店の遠隔操作は、大ハマリや大負けをさせるためにやっているわけではありません。

割数調整のために遠隔操作をするのです。

 

パチンコ店は釘や設定で出玉調整をしますが、やはりそこは確率もの。

狙った割数通りに、営業が行かないこともあります。

そこを狙った通りの割数(確率)に落ち着かせるのが、遠隔操作なのです。

 

もし、遠隔操作で大ハマりや大負けばかりお客さんにさせたら、そのパチンコ屋はどうなると思いますか?

間違いなく、お客さんはブッ飛びますよね?

そんな魅力のないパチンコ屋、誰も行きません。

 

反対に、大連チャンばかりお客さんさせたらどうなるでしょう?

これも答えは簡単です。

はい、パチンコ屋は潰れます。

 

つまり何が言いたいかと言うと、パチンコ屋はお客さんを生かさず殺さず儲けなければいけないのです 。

玉やコインを、出し過ぎても出さな過ぎてもダメ。

ここが、パチンコ店の経営で一番難しいところです。

だから僕は、2000回転ハマりやストレートの大負けしたら、反対にこのパチンコ店は、遠隔操作をやってないんだなって思っちゃいますよ。

 

また、全然回らないパチンコ台も遠隔操作をやっていない証拠です。

釘や設定を開けると、パチンコ台は出てしまいます。

 

でも、もし遠隔操作をしているのなら、どれだけ釘や設定を開けても遠隔操作で大当たりを調整できます。

お客さんにしてみれば、釘がぐるぐる回った方が楽しめてたくさん打ってくれるわけです。

だから遠隔操作をしているパチンコ屋なら、わざわざパチンコ台の釘や設定を閉める必要はないのです。

 

本当に昔にあった遠隔操作が疑わしいパチンコ屋とは、その機種の全台がやたらとボーダー以上にぐるぐる回るという状態です。

どれか一台や二台ならメリハリのつけた釘調整と言えますが、その機種全台がグルグル調整ということは、パチンコ屋にしてみれば利益を上げることができません。

 

それが新台入替当日のみならまだしも、通常営業時もぐるぐる回りで放置されているのなら、やはり「何か」を疑うのが自然だと思います。

でも今は釘調整自体がダメなので、それ以前にそんなお店はありませんが・・・。

 

ちょっと話がそれてしまいましたが、データの話に戻ります。

 

このようにデータで露骨な大ハマりがあっても、それがすぐに遠隔操作の証拠とは言えません。

1日や2日ぐらいの大ハマリなら、ただの確率の偏りで十分に起こりうることです。

もしデータから遠隔操作を見抜こうとするのなら、その機種全台を1ヶ月や2ヶ月データを追って検証する必要があるでしょう。

 

というわけで、データを見ても遠隔操作に対しての対策法はありません。

確認するのは困難ですね。

 

裏モノは、波が激しいのですぐにデータやスランプグラフでわかります。

が、遠隔操作はデータでは一見して分かりません。

遠隔操作だからこそ、一見してバレないようにするのではないでしょうか?

 

パチンコ屋だって、大ハマリすれば遠隔だって言われるのは分かっています。

その裏の裏をかくってこともありますが。

 

もし、僕が遠隔操作をするのなら、大ハマリや大連チャンをさせずにテキトーに中ハマリや適度な大当たりを繰り返して、最終的にはボッタクると思います(笑)。

すごくグルグル回るけど、勝てそうで勝てない、儲かりそうで儲からない。

それが遠隔操作です。

スポンサーリンク

 

台の裏を見てもムダ

遠隔操作をするには、パチンコ台に何らかの細工をしなければできません。

不正な基板をパチンコ台にセットして、大当たりを強制的に発生させるわけですから、外部から信号を送る必要があるからです。

 

電波を飛ばして大当たりをさせる、という方法も考えなくもないです。

しかし電波を使うと、周りの他の台が反応してしまったり、タイミングがずれてリーチがかかっていないのに大当たりしてしまう(笑)、というような不具合が起こる可能性があります。

 

遠隔操作をするのには、不正ハーネスなどをパチンコ台に取り付けて外部から操作する必要があります。

ということは、パチンコ台の裏を見て怪しい不正な配線を見つける、という確認方法はできるのでしょうか?

 

残念ながら、この対処法も無理です。

確認はできません。

 

家スロを買ったことがある人なら知っていると思いますが、パチンコ台やスロット台は、電源コード一本さえ繋げば動きます。

しかし実際のパチンコ店では、電源コードの他に情報配線や不正防止の配線が無数に台に取り付けてあります。

店員が台を開けた数秒の間に、不正な配線があるかどうかは見分けるのは不可能です。

とても一般のお客さんでは何が何だかわからないですし、業界経験者でも分からないでしょう。

各パチンコ店によって、取り付けてある配線が違うからです。

 

そもそも不正ハーネスを、そんなパッと見で分かる所に付けるはずがありません。

もし遠隔操作などをするのなら、その事実がアルバイトや平社員にも知られてはマズイです。

つまり身内である従業員が台を開けても、それが不正な物と分からないように取り付ける必要があります。

 

僕は、ゴト師に不正ハーネスを取り付けられたことありますが、本当に一見してソレとわかるようなものでありません。

ハーネスを一本一本外して、よーく見て確認しないと不正品とは気が付かないです。

ですから台の裏を見たところで、遠隔操作用の配線があるかどうかなんて到底わかるはずもありません。

 

このことから、遠隔操作に対する「パチンコ台の裏を見る」という対処法も無理ですね。

確認するのはムリです。

 

店員に聞いてもムダ

それでは、店員に直接「遠隔操作ってやってるの?」と、ストレートに聞く確認方法はどうでしょうか?(笑)

この対処法も、残念ながら意味がありません。

 

この場合の店員とは、アルバイトや平社員のことを指します。

しかし、遠隔操作というパチンコ店のトップシークレットの事を、アルバイトや平社員が知っているわけがありません。

新台入替の日や導入する機種のことさえも、ギリギリ直前まで従業員には黙っているぐらいです。

 

トップシークレットのことを知っているのは一部の役職、もしくは店長だけど思っていいでしょう。

というより、店長しか知らないから”トップシークレット”というのですが・・・。

 

もし、店員が遠隔操作をやっていることを暗に認めても、それはその店員の個人的な意見や感想です。

あなたがアルバイトの店員に「この台って設定6?」と聞いて「6だと思うよ」と答えても、それを信用しますか?

それと同じです。

 

いくら店員が「店長が事務所で大当たりボタンを押していた」とか言っても、それを信用してはいけません。

ましてや店員から聞いた証言で、警察へ通報して訴えるなんてもってのほかです。

何かあった時に”しっぺ返し”を食らうのはあなたですよ。

 

お客さんが思ってるほど、アルバイトや平社員は、自分のパチンコ店の内部のことには詳しくないのです。

それにもし店員が根拠も証拠もなく「ウチの店は遠隔やっている」と言いふらしたら、会社から懲戒処分の対象になるでしょう。

 

店員に直接「遠隔操作やってるでしょ?」という確認方法は使えません。

 

店長と仲良くなってもムダ

アルバイトや平社員がダメなら、いっそのこと「店長と仲良くなって裏事情を聞き出す」と言う確認方法はどうでしょうか?

今までの中で一番可能性のありそうな対処法と思えますが・・・でもこの方法は何とも言えません。

というか、やはり使えないでしょうね。

 

もう10年以上も昔の時効になっていることなら、パチ屋の店長も裏事情を教えてくれるかもしれません。

しかし現在進行形の裏事情は、さすがに店長と仲良くなっても話してはくれないでしょう。

 

もし仮に現役の店長が会社に恨み等を持っていて、「実はウチ、遠隔操作やってるんですよ」と暴露したとします。

するとどうなると思いますか?

 

本当に遠隔操作をやっていて証拠が揃えば、そのパチンコ屋は警察に摘発されます。

が、同時にそこの店長も逮捕されます。

 

店長は、そのパチンコ店の最高責任者ですから、知らぬ存ぜぬは通用しません。

本社に言われたから断れなかった、部下が勝手にやったなどという言い訳も通用しません。

何かあったら責任を取る、のが店長という立場です。

 

むしろ店長は、本社から”トカゲの尻尾切り”で捨てられる可能性があります。

本社からの指示で遠隔操作をやっていたとなると、会社ぐるみの犯行と見られます。

ですから本社は、「本社は知らない。店長が一人で独断で遠隔操作をやっていた。」と言い逃れをするのです。

 

店長にとっては、自分の店の悪事を暴露することは、自分の首を絞めることになります。

現役の店長が、そんなことを周りに喋るはずがありません。

 

暴露するなら退職後でしょう。

しかし退職後に暴露したところで、そのパチンコ店が遠隔操作を辞めてしまえば証拠がなくなってしまいます。

 

それに一般的なイメージ通り、パチンコ業界は”アウトローな人たち”が多いのも事実です。

僕のいた会社にも、何人が”怖い系の人たち”がいました。

会社に逆恨みして裏事情を暴露すれば、さらに逆恨みされる危険があります。

 

またパチンコ業界は、パチンコ業界内で転職することが多いです。

もし、退職後に在籍していた会社の裏事情を暴露すれば、そこは狭い業界。

次のパチンコ店では、そんな人物は採用してもらえないでしょう。

 

このようにいくら店長と仲良くなっても、遠隔操作をしているという事実を教えてくれる可能性はかなり低いです。

この確認方法も、現実的ではありませんね。

 

また同じことを言いますが、仮に店長が遠隔操作を認めたとしてそれを元に警察に通報し訴えても、やはり取り合ってもらえないでしょう。

店長自身が、証拠を揃えて直接警察に行けば話は違ってくると思いますが、やはりお客さんが行ったところで「パチンコで負けた客の腹いせ」と軽くあしらわれてしまうのがオチです。

 

遠隔操作に対する「店長と仲良くなって直接聞いてみる」という確認方法も使えないですね。

 

結局は「行かない」のが1番

早い話が、パチンコ店の遠隔操作に対処する方法はありません。確認のしようがないからです。

僕の結論として、一番の対処法は「そのパチンコ屋には近づかない・行かないこと」。

 

もちろん、遠隔操作されているからと言って、防犯カメラにピースしてもムダです(笑)。

服装を変えて変装しても、おかしな客と思われるだけです。

どんな打ち方をしても、どうあがいても遠隔操作には有効な対処法はないのです。

 

そして、「あのパチ屋は遠隔操作をやってる」という人に限って、なぜかまたそのパチンコ屋に打ちに行くのです。

遠隔と思うのなら行かなければいいのに・・・パチンコ店って他にもたくさんありますよね。

 

パチンコはギャンブルですから、怪しいと思うお店には近づかないのが一番です。

これが、僕の遠隔操作に対する対処法です。

そもそも僕は、現在は遠隔操作をしているパチンコ屋はほぼないと思っていますけど。

 

スポンサーリンク




4 件のコメント

  • 北斗無双は絶対に遠隔してると、思いますが…
    700、800、嵌りになるのがおかしいし、
    そもそも、そうゆう当たらない、極端に単発、2、3連しかしない、
    逆に40連以上したり、70連なんていうのも、ありました。
    極端すぎます…もう、はっきり言って、客を選んでるか、
    サクラがいるとしか、思えませんがね、自分には…

  • 北斗無双は、客認証、遠隔してる、
    可能性があると、思いますがね。
    極端に単発、2、3連で終わるかと、
    思えば、40連以上、70連以上て、
    いうのもありますし、
    もう、店側が客を選んでるか、
    サクラがいるとしか、思えませんがね、私には…

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。