お盆休みのパチンコはなぜ出ない?回収で勝てない理由を店長が解説!

お盆休み、まさかパチンコに行かないですよね?

今回はとても重要なことを書きます。

お盆営業のパチンコは…

当たらないし、回らないし、出ないし、勝てません。

これ以上ない4重苦です(笑)

 

なので、お盆営業のパチンコに行くのは絶対にヤメましょう。

…って言われても、すぐには納得できないと思いますので、元店長の僕がこう思う理由を書きますね。

 

先に結論】

・休みの人が多く来店が見込めるから出ません。

・ボーナスが出てお金を持っているから出しません。

・帰省客はリピーターになる見込みが少ないから回収です。

 


↑日本円で遊べる日本人のためのオンラインカジノ「遊雅堂」

お盆のパチンコは3大回収のひとつで出ない

突然ですが、ここで問題です。

パチンコ店の3大回収イベントを答えなさい。

 

答えは…

・GW(ゴールデンウィーク)

・お盆

・年末年始(お正月)

の3つです。

 

もちろん回収する物はお金であり、回収するのはお店側。

お金を回収される側はお客さんです。

 

この3つの大型連休中に、パチンコが出ないのは有名な話。

負けたくなければ、絶対にお盆営業のパチンコ店に行ってはいけません!

お盆休みのパチンコは、3大回収イベントのひとつなんです。

その理由を順番に解説して行きますね。

 

来店客が見込めるので出さずに回収

まず1つ目の出ない理由として、お盆期間中は多くの人が仕事が休みだからです。

普段の一週間で見ても、週末の土日や祝祭日などはパチンコを打つ人が多いですよね。

つまり休日っていう理由だけで、お客さんが来てくれます。

店としてはわざわざこんな日に、釘を開けて玉を出す必要がないので回収するわけです。

お盆営業のパチンコは、期間中は毎日が土日営業だと思って下さい。

 

別にこれは、パチンコ店に限ったことではありません。

例えば飲食店ってランチサービスやってますよね?

でも平日限定で「土日祝は除く」って言うお店が多いです。

 

値段を安くしてお得なランチメニューを提供するのは、来店客が少ない平日の昼間の集客のためです。

いわば営業努力のひとつ。

でも、土日祝は仕事が休みの人が多いので、お客さんが増えます。

だったら、通常価格で提供したほうが儲かりますよね。

当たり前ですけど、どんなお店も儲けるために営業しているので、その営業努力の一環として様々なサービスを行っているのです。

 

これはパチンコ店も同じ。

パチンコ店だって、お金を儲けるために営利目的で営業しています。

決して社会福祉やボランティアで営業しているわけではありません。

 

これを踏まえた上で話を戻すと、お盆期間中って毎日が日曜日で休みなわけです。

通常の平日よりも、確実に来店客の数は増えます。

単に休みと言うそれだけの理由でお客さんが来てくれるのに、何でわざわざ玉を出さないといけないのですか?

釘を開ける必要性など、まったくないですよね?

パチンコ店の店長や経営者の気持ちになってみれば、これはすぐに分かることだと思います。

 

早い話がお盆休み中のサービス業は、集客するための営業努力をしなくていいってことです。

飲食店の営業努力がランチサービスなら、パチ屋の営業努力は玉を出すことですよね。

だからお盆営業のパチンコ店は、営業努力をしないので回収で出ないんです、勝てません!

 

ボーナスが出るのでお盆は回収

ここで次の問題。

先ほどのパチンコ店の3大回収イベントを、ボッタクリ回収率がエグイ順番に並び替えなさい

正解は…僕の経験則だとこうなります↓

 

回収率ナンバー1 年末年始(お正月)

回収率ナンバー2   お盆

回収率ナンバー3   ゴールデンウィーク

 

この理由はボーナスの有無です。

お盆前や年末前って、ボーナスが出ますよね。

でも、GW前にボーナスはありません。

 

ボーナスが出るっていうことは、お客さんはお金を持っています。

パチンコに使うお金の余裕があるし、余裕があれば気持ちも大きくなります。

ベタな言い方をすれば、お客さんの財布のヒモがゆるゆるな状態(笑)

つまりパチンコ店はそこを狙って回収するのです。

 

旅行会社とか見ても、お盆休みのハイシーズン中は特に料金が高いですよね。

あのビックリするような高い価格に設定しても、お客さんは時間とお金があるので予約します。

これをパチンコに置き換えてみて下さい。

旅行会社の割高料金は、パチ屋で言えばボッタクリ大回収に当てはまります。

これがお盆休みが出ない理由の2つ目です。

 

一見の帰省客には出す必要がない

お盆営業のパチンコが勝てない理由の3つめ。

年末年始やお盆って、実家(故郷)に帰省しますよね?

お墓参りに~とか、孫の顔を見せに~とか。

 

今年2022年もコロナの影響で帰省がビミョーな状況ですが、例年なら実家に里帰りする人が多いです。

実はこれ、パチンコ店にとってはおいしい理由なんです。

なぜか?

 

パチンコ店はサービス業であり客商売。

リピーターのお客さんや、毎日来てくれる常連客を増やしたいわけです。

駅前店などでは一見客が多いホールもありますが、それでも誰しもが「行きつけ」のパチ屋ってあると思います。

 

でも、お盆休みにパチンコ打ちに来る帰省客って、リピーター客(常連客)になるでしょうか?

帰省客は実家に帰った時にたまたま打ちに来ただけであり、お盆休みが終わったらまた自宅に帰ります。

こんな帰省客が次に来店するのは、恐らく年末年始やお正月。

もしかしたら二度と来ないかもしれません。

 

こんな一見の帰省客に、わざわざ玉を出して勝たせる必要ってありますか?

ないですよね?

勝っても負けても次いつ来るか分からない帰省客に対しては、パチンコ店は出す気なんてサラサラないのです。

 

もし、あなたがパチ屋の店長で、

「今日来ているお客さんは、勝っても負けても2度とこのお店には来ません」

っていう条件だったらどういう営業しますか?

僕だったら遠慮なく、鬼ジメのスーパーボッタクリ営業します(笑)

 

「また次に来店して欲しい」という気持ちがあるからこそ、パチンコ店は玉を出してお客さんに還元します。

だから一見の帰省客が多いお盆休み中は、釘を閉めて回収するのです。

こんな状況では勝てませんよね…。

 

実際、パチ屋の店員やっていると分かりますが、お盆休み中って普段見かけないお客さんが増えて、いつも見る常連さんが来なくなります。

みんな里帰りして、地元のパチ屋で回収されてるんですね~(笑)

 

【結論】盆休みはパチ屋にとって稼ぎ時

お盆休み期間中は、パチンコ店にとってボッタクリできる好条件が揃っています。

絶好の”稼ぎ時”ですね。

逆に言えばお盆休み中に玉を出してお客さんに勝たせる理由ってあります??

パチ屋はお金を配っている、慈善団体ではありませんよ。

 

近年のパチンコは「時速〇万発」の機種で盛り上がってますが、スロットは長らくオワコン状態ですよね…。

そのせいで経営が苦しくなり、どんどん倒産するホールが増えています。

ちょっと前までは1万店舗あったパチ屋も、気が付けば7,000店舗代に。

現在進行形で今も潰れて行ってるわけです。

 

こんな厳しい状況で稼ぎ時のお盆休み中に、パチンコ店がどういった営業をするか?容易に想像ができはずです。

勝てない時期にわざわざ打ちに行って、負ける必要はないと思いますよ。

↓連チャン率が最大91%にアップ!

ハワイアンドリームにクリスマスver.登場!

ハワイアンドリームのクリスマスと通常版とのスペックの違いを比較してみた

↓日本円でそのまま遊べる遊雅堂!

【当サイト限定】今なら登録するだけで3千円プレゼント!

遊雅堂のアカウント登録と無料ボーナスのもらい方をキャプチャ画像で解説!

↓おいらんドリームで500万円勝ちプレイヤー出現!

今だけ当サイト限定の無料ボーナス特典がもらえる!

花魁ドリームは勝てるのか?機械割やスペックを解説!

↓日本人に一番人気のベラジョンカジノ!

↑【当サイト限定】登録するだけで30ドルプレゼント!

ベラジョンカジノは日本で違法ギャンブルなのか?逮捕される可能性について調べてみた

↓ハイビスカス光る!蝶が飛ぶ!キュイーン!

ハワイアンドリーム遊ぶならベラジョンカジノ遊雅堂で!

今だけ当サイト限定の無料ボーナス特典がもらえる!

ハワイアンドリームは勝てる?オンカジはパチスロよりも儲かるのか解説!

大型連休

Posted by ななしー