パチンコで特殊景品の交換を忘れた!持って帰って後日でも換金できる?


スポンサーリンク


フィーバー!

昔、友達が特殊景品をコレクションにしていたと言う、元店長の”ななしー”です。

 

今回は、パチンコ店で「特殊景品を現金に交換し忘れた場合」について考えてみたいと思います。

 

特殊景品は、その地域によって様々なものがありますよね。

本物の金だったり、昔ならボールペンだったり。

僕の地域では、変な釣り針?ゴミ?みたいなよく分からないものです(笑)。

 

さて、この特殊景品を交換し忘れて家に持って帰った場合、後日でも交換できるのでしょうか?

 

先にこの記事の要点をまとめておきます。

 

・特殊景品は、家に持って帰っても問題ありません。後日でも換金することができます。

・他の換金所でも後日に交換できますが、同じ組合内のみです。

・換金所によっては、レシート明細の添付が必要な場合や、当日限りのところもありますので気をつけましょう。

・また、稀に特殊景品が変わる可能性もあります。そうなった場合は現金に交換できませんので、家に持って帰っての長期間の保管はおすすめしません。

 




「特殊景品は」持って帰ってもOK

パチンコ店の景品カウンターで、交換することができる特殊景品。

これを交換し忘れる人は中々いないと思いますが、景品交換所が並んいるためそのまま家に持って帰る人もいると思います。

この特殊景品は、家に持って帰っても大丈夫なのでしょうか?

 

もちろん特殊景品は、家に持って帰ってもOKです。

特殊景品と言っても、景品には変わりありません。

あなたが玉やメダルと交換して手に入れたものですから、焼くなり煮るなり好きにしても構わないのです(笑)。

 

もし特殊景品を交換し忘れた場合や、換金所に並ぶのが嫌な場合は、一旦家に持って帰って後日換金所で交換することができます。

換金所は、特殊景品を現金に交換することだけを業務にしています。

その特殊景品が、いつパチンコ屋から交換された物かは問いません。

 

例えば翌日の開店直後に、換金所で10万円分の特殊景品を交換しても全く問題ないです。

また、そのパチンコ店と同じ組合内なら扱っている特殊景品も同じですので、他の換金所でも交換することができます。

 

パチンコ店と換金所は、全く別物です。

そのパチンコ店で交換した特殊景品は、そこの換金所で当日交換しなければならないという決まりはありません。

一旦家に持って帰って後日交換したり、また並ぶのが嫌ならその足で他の換金所で交換することも可能です。

 

ほとんどの人は、そのままそこのパチンコ店の換金所で交換しますが、もし特殊景品の交換をし忘れても焦らなくて大丈夫ですよ。

ただし、換金所よっては注意が必要な場合がありますので、それを次に説明します。

 

 

「レシート」は当日限り

と思ったのですが、ふとここで気になることを思い出しました。

 

この記事のタイトルは、「特殊景品交換を忘れた」です。

これは、「パチンコ店でレシートを特殊景品に交換したが、その特殊景品を換金所で現金に交換するのを忘れた」という意味で僕は書いています。

でももしかしたら、中には「特殊景品への交換を忘れた」という意味で、この記事を読んでいる人もいるかもしれない、ということに気がついたのです。

 

これは、とても大切なことですので先に書いておきますね。

 

特殊景品への交換忘れたということは、パチンコ店でレシートを特殊景品に交換し忘れたということです。

これはヤバいです。

 

パチンコ店のレシートは、当日限りのみ有効です。

後日以降になるとそのレシートは無効になりますので、特殊景品への交換はできません。

レシートは、絶対に家に持って帰らないでください。

家に持って帰って明日になれば、そのレシートはただのメモ用紙になりますよ(汗)。

 

そんな人いるのかな?と思うかもしれませんが、 Twitter など見てると意外と皆さんよくこのレシートの交換忘れをやるようです。

一番やってしまうパターンが、レシートをそのまま換金所へ出してしまうこと。

 

恐らくオバちゃんに「店内で交換して来て下さい」と言われると思いますが 、そう言われる前にあっ!と自分で交換し忘れたことに気がつくようです。

ちょっと恥ずかしいですよね・・・。

 

実はこれ、僕も一度やったことがあります(笑)。

スロットを打っていたのですが、メダルを交換しながらいくら使っていくら儲かったかを計算していたら、そのままレシートを持って換金所の小窓に出してしまいました。

パチンコ初心者みたいで、ちょっとどころかかなり恥ずかしかったです・・・。

 

ちなみにパチンコ店と換金所は全く別物ですが、換金所のオバちゃんが「パチンコ店でレシートを交換してください」と言うのは警察的にはOKなのでしょうか?

 

 

話を戻しますと、パチンコ店で玉やコインを交換した際のレシートは、当日限り有効です。

絶対に当日中に、特殊景品なり一般景品なりに交換してください。

レシートは、家に持って帰って後日交換することはできません。

 

もし、閉店後にそれに気がついたけど、お店のドアが閉まっていて中に入れない場合は、お店に直接電話をしてください。

そして、レシートを交換し忘れた事を相談してみて下さい。

当日ですので24時までは当日です。

 

この辺りはパチンコ店によって対応が変わるかもしれませんが、僕が店長だった頃は24時まではレシートの交換を認めていました。

その交換し忘れたレシートは、景品カウンターの POSコンピューターが受け付けなくても、役職の権限で手操作で特殊景品に交換することができます。

 

中には面倒だからと言って、閉店後のレシートの交換を受け付けないパチンコ店もあるかもしれません。

しかし、景品レシートに「当日限り」と書いてあるなら、当日は24時までではないのか?と交渉してみてください。

ちなみにPOSコンピューターは、計数機が発行したレシートがどれだけ戻って来ていないか(交換し忘れていないか)をすべて把握しています。

 

特殊景品の現金への交換をし忘れた場合は、家に持って帰ってもOKです。

しかし、レシートを特殊景品への交換をし忘れた場合は、家に持って帰ったらダメです!

スポンサーリンク

 

レシート明細や交換期限に注意

話を本文に戻します。

このように特殊景品は、家に持って帰って後日換金することもできますし、また他の換金所でも交換することもできます。

 

ただし、注意しなければいけないことがあります。

それは、換金所によってはレシートの明細が一緒に必要なところがあるということです。

この場合は、パチンコの景品カウンターでレシートの明細を輪ゴムで止めてくれたりしますよね。

 

またそのレシートも、当日限りでなければ換金できないという換金所もあります。

これらは、恐らく特殊景品の偽物対策だと思います。

一時期、特殊景品の偽物が結構出回ったんですよ。

だからパチンコ店のレシートの添付が必要なのです。

 

でも、これもパチンコ店と換金所を結びつけることになっているような気がしますが、どうなんでしょうか?

今は、レシートの添付はどこもやっていないのかな?

 

この辺りのルールは換金所ごとに違いますので、家に持って帰る場合や他の換金所で交換する場合は、事前に確認してください!

 

そしてこれはレアケースですが、特殊景品が変わる時があります。

 

冒頭でも書きましたが、僕の友達で200円の「小」特殊景品を貯め込んでいる人がいました。

200円の特殊景品を10万円近く貯めこんだのですが、ある時その特殊景品が別のタイプのものに変わってしまい、友達が持っていた200円の特殊景品が換金できなくなってしまったのです。

 

事前に取扱終了の告知があったようですが、その時はしばらくパチンコに行かなかったので気がつかなかったとか。

特殊景品が本物の金なら他で売ることもできますが、その特殊景品の中身はどう見てもただのゴミ?にしか見えません(笑)。いや、笑えないか。

このように、特殊景品を家に持って帰って長期間保管することは、その特殊景品の取り扱いが終了してしまうというリスクがあります。

 

パチンコ店の貯玉サービスもそうですが、ある日突然そのサービスが終了したりします。

やはり僕は、その都度現金に換えておくのが一番確実だと思います。

 

パチンコ店や換金所は、そこまでお客さんのことを考えていないです。

何とかしてくれるだろうと思って、何ともならないのがパチンコ業界(笑)。

所詮パチンコはギャンブルですので、手堅く現金に交換しておきましょう。

パチンコ屋は嘘ばかりつきますが、お金は嘘をつきません。

 

まとめ

最後にもう一度、この記事の内容をまとめておきます。

 

特殊景品の交換を忘れた場合は、家に持ち帰って後日でも換金することが可能です。

また同じ組合内なら、他の換金所でも交換することができます。

 

ただ、玉やメダルを交換した際のレシートは、必ず当日中にパチンコ店の景品カウンターで特殊景品や一般景品に交換してください。

レシートの有効期限は、当日のみです。

景品への交換を忘れて家に持ち帰った場合、後日の交換はできません。

間違えて換金所にレシートを出してしまった場合は、恥ずかしがらずにパチンコ店の景品カウンターに戻りましょう。

 

換金所によっては、特殊景品を現金に交換する際にレシートの添付が必要なところもあります。

ある日突然、特殊景品の取り扱いが別のタイプのものに変わることもあります。

やはり特殊景品を家に持ち帰るということは、このような換金ができなくなるリスクを背負いますので、理想は忘れずに当日その場で現金に換えてしまうことですね。

 

特殊景品がただのゴミにならないように、レシートがただメモ用紙にならないように気をつけて下さい。

 

 

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。