スロットで時間がない時の立ち回り方とは?2~3時間でも勝負できるのか?

フィーバー!

寝る時間が2~3時間しかない、元店長の”ななしー”です。

 

今回は、スロットを打つ時間があまりない時の、立ち回り方について考えてみたいと思います。

この記事は、仕事帰りのサラリーマンを想定して書いています。

ぜひ参考にしてみて下さい。

 

下の目次を読めば、おおよその内容が分かります。気になる所をクリック↓

スロットは長時間打ってこそ勝てるギャンブル

時間がない時の立ち回り方法を説明する前に、大前提としてスロットは、長時間粘って打って初めて勝てるギャンブルです。

2~3時間で大勝ちすることは、基本的に難しいと思って下さい。

 

千円でGOD引けば数時間で大勝ちも可能ですが、そんなこと滅多に起こりませんよね。

運勝ちではなく、もっと現実的な勝ち負けを考えた場合、ある程度の長時間打たなければスロットは勝てません。

 

機械割110%のスロットを12時間打った場合

ここで具体例を出しておきます。

機械割110%の設定6を、開店から閉店までの12時間打った場合はこうなります。

※1時間あたり600ゲーム回すとします。

 

1ゲームxコイン3枚x600ゲーム=1800枚打ち込み(1時間あたり)

1800枚x12時間=21600枚(総打ち込み枚数)

21600x110%=23760枚(総払い出し枚数)

23760枚-21600枚=2160枚(12時間での純増枚数)

2160枚÷12時間=180枚 (1時間あたりの純粋枚数)

 

と、1時間あたり180枚のコインが純増し、12時間では2160枚のコインが純増する計算になります。

等価交換のホールなら20円を掛けて、それぞれ3600円、43200円の勝ちとなります。

 

2~3時間しか打てないと、スロットで勝てる金額が少なくなる

では、この機械割110%の設定6を、仕事帰りに3時間打ったとします。

1時間あたり180枚の純増なので、3時間の勝負なら540枚の純増ですね。

等価交換なら、10800円の勝ちになります。

スロットを打つ時間が少ないと、総回転数も少なくなるため勝てる金額も少なくなります。

 

機械割が100%を超えていると言うことは、理論上打てば打つほどコインが増えていく計算になります。

スランプグラフで言えば、少しずつ右上がりのグラフになるイメージです。

やはり2~3時間しかスロットを打てないと、終日12時間打った時よりも、勝ち額はその分少なくなってしまうのです。

 

繰り返しますが、2~3時間と言う短い時間で、スロットで大勝ちしようとする考え方はやめましょう。

4号機の爆裂AT機や裏モノスロットなら話は別ですが、今の6号機では到底ムリです。

 

 

等価交換以外のスロットは出玉交換すると損をする

上記は、等価交換でスロットを打った場合の計算です。

実際は、等価交換で設定6なんかないですよね。

機械割110%の台を打とうと思ったら、高価や低価交換のホールで探すべきです。

 

先ほどの「3時間で540枚の純増」した場合ですが、6枚交換のホールなら9000円の勝ちになります。

7枚交換なら7700円ぐらい。

 

低価交換になればなるほど、勝ち額が少なくなって行きます。

これは、貸しコインの手数料を取られているからです。

コインを借りる時は1枚20円なのに、交換する時は6枚交換なら1枚16.6円になります。

この差額が貸しコイン手数料として、パチンコ店の儲けになるのです。

 

つまり、等価交換以外のスロットは、出玉の交換をすると損することになります。

1枚16.6円で交換して、また翌日に20円で借りる訳ですから損しますよね。

せっかく借りたのなら、できる限り返さずに(交換せずに)長時間打った方がお得です。

ホールが手数料で儲かると言うことは、反面お客さんが損をしていることになります。

等価交換以外のホールでは、出玉の交換をすることは、手数料分で損をしていると思って下さい。

 

2時間の海外ドラマのDVDを100円でレンタルした時、2時間を一気に見て返却すれば100円で済みます。

しかし、前半の1時間だけ見て一旦返却し、再度同じDVDを借りて後半の残り1時間を見た場合は、レンタル料は2回分の200円かかってしまいます。

レンタル料=貸しコインの手数料、です。

一度借りたものを返却(交換)すると損をします。

 

スロットのコインも同じ。

現金投資から持ち玉になったら、極力長時間粘って打つことが理想です。

でも、時間がなく2~3時間しか打てない時は、このレンタル料で損をすることになります。

 

1日12時間打った場合は1回の交換ですみますが、1日3時間勝負を4日間に分けて12時間打った場合は、4回も交換することになります。

同じコインに対して、4回もレンタル料を払っているのです。

スロットは無制限遊技ですが、「閉店と言う名の強制交換」を忘れないで下さい。

 

スロットの等価交換はほぼベタピン確定で勝てない

「等価交換以外のホールは、貸しコイン手数料を取られる。ならば、等価交換のホールで勝負すればいいのでは?」と思いますよね。

でも、等価交換のホールのスロットは、残念ながらベタピン確定です。

ほぼほぼ設定1。

 

パチンコ店からしてみれば、貸しコイン手数料で儲けることができないので、その分設定が渋くなるのは当然です。

貸しコイン手数料を嫌って等価交換のホールばかり狙うと、もれなくベタピン地獄にハマります。

 

時間がない時の勝てる立ち回り方の具体例

と、前置きが長くなりましたが、時間がない時の短時間勝負のスロットは、基本的に勝ちにくくて不利と言うことを知って下さい。

これを踏まえて、「では2~3時間しか時間がない時のスロットは、どう立ち回るべきか?」を考えてみます。

 

時間がない時は高価交換のパチンコ店で勝負する

僕なら、時間がない時は5.5枚~6枚交換のホールで勝負します。

これ以上低価交換になると、やはり換金手数料で損をしますし、等価交換は全く設定に期待ができません。

「等価交換である5枚交換と、5.5枚交換ってそんなに変わるの?」って思いますよね。

全然違いますよ。

 

単純に5枚交換は、損益分岐点が10割ちょうど。

10割で”チャラ”営業となります。

※10割ですから、出玉率で言えば100%となります。

 

5.5枚交換なら11割なので、等価に比べて1割も余分に出玉を出すことができます。

人気機種なら、各1台ずつぐらいは設定入れることも可能な交換率です。

僕も、実際このように設定配分をしていました。

等価交換と5.5枚とでは、全然違うのです。

 

ちなみにですが、これは粗利の計算です。

等価交換のホールが、10割で営業したら赤字になります。

出玉的にはチャラでも、経費で赤字になるからです。

ですから実際には、等価交換なら8割後半~9割前半ぐらいで営業します。

だから、ベタピンなんですよ。

 

もうちょっと分かりやすい例を挙げると・・・

県外まで、スロットの遠征に車で行きました。

スロット自体は2000円勝ちだったけど、ガソリン代と高速代で3000円かかったので、最終的には1000円のマイナスでした。

経費も含めた勝負(経営)をしなければ、儲けることはできません。

こんな感じです。

 

と言うわけで、僕は時間がない時のスロットは、高価交換のホールをおすすめします。

 

ハイエナを中心とした立ち回りをする

ハイエナ狙いは、純粋に期待値が高くなります。

徹底したハイエナ狙いをすることも、勝つための有効な立ち回り方法と言えます。

但し、露骨なハイエナ狙いはホールからも周りのお客さんからも嫌われやすいので、この辺りには気を付けたいですね。

 

ディスクアップなど甘い機種を打つ

目押しに自信があるのなら、設定1を前提としてディスクアップなど甘い機種を打つのも手です。

夕方以降の立ち回りでは、空き台はほぼ低設定確定と思えば、初めから設定1だと思って勝負するのもアリですね。

 

ただ2~3時間の勝負だと、110%であれぐらいの勝ち額です。

これが機械割103%になるわけですから、勝ち額はかなりショボくなります。

負けはしないけど、ほとんど勝てない。

そんな立ち回りになります。

もちろん、どうせ設定1を打つなら迷わず等価交換のホールです。

 

 

貯玉サービスを利用すれば勝ちやすくなる

2~3時間と言う短時間勝負では、どうしても貸しコイン手数料がネックになってきます。

そこで貯玉システムがあるホールなら、これを積極的に活用することでこの手数料をカットできます。

閉店時に「交換」したことにはならず、翌日以降、いきなり持ち玉で遊技できるのは大きいです。

 

時間がない時のおすすめ機種はAタイプのスロット

あと、時間がない時はこれ。

Aタイプのスロットを打つことです。

ジャグラーとかですね。

 

ATタイプのスロットは、せっかくATを引いても営業時間内に消化できない可能性があります。

パチンコの確変と同じで、ATが閉店打ち切り終了では大損をするからです。

Aタイプなら取りこぼすこともないので、安心して打つことができます。

時間がない時こそ、ATで一発勝負ではなくAタイプで堅実に稼ぐのです。

 

 

Aタイプ以外は閉店間際まで打たない

もしATのスロットを打つなら、時間がないからと言って、閉店間際まで粘って勝負するのは賢明ではありません。

その理由は、もちろん消化できずに取りこぼすからです。

機種にもよりますが、遅くとも閉店30分前、できれば1時間ぐらい前にはやめた方がいいでしょう。

 

「もし、今ここでATを引いたら全部消化できるか?」を考えながら立ち回るべきです。

閉店間際まで打てないと言うことは、その分さらに勝負する時間が短くなることを意味します。

時間がない時は、Aタイプを打った方が無難ですよ。

 

【まとめ】時間がない時のスロットは勝ちにくい

スロプロや”軍団”の人たちが、どうして開店前から並んで閉店までブン回すのか?

それは、スロットは高設定台を長時間打てば勝てる、打たなければ勝てないからです。

時間がなくて2~3時間の勝負では、スロプロの立ち回り方法と全く逆になっています。

勝てないわけではないが、勝ちにくい。

それを認識しておいて欲しいです。

 

仕事帰りにフラ~とパチ屋によって、何となく選んだ空き台で勝負。

千円でGOD引いて、たった3時間で〇万勝ち。

仕事辞めようかな(笑)。

 

誰しもこんな展開を夢見ますが、そんなにスロットは甘くはありません。

正しい店選び、機種選び、台選びの立ち回りが必要です。

遊びでスロットを打つなら、ここに書いたことはすべて無視してもらって構いません。

しかし、勝つためにスロットを打つなら、少しでも役に立ててもらえばと思います。

 

時間がない時でも、スマホで思う存分遊べるスロットをご紹介します↓

スポンサーリンク





 

↑$102,900は約1,100万円です!

 

↑こちらは約150万円です!

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。