パチンコ屋の常連客はその店でバイトできる?働けるのか店長が解説!

フィーバー!

パチ屋の「常連」の定義って何だろう?

元店長の”ななしー”です。

 

今回は、「パチンコ屋の常連客は、そのパチンコ屋でバイトすることはできるのか?働くことは可能なのか?」について、僕の店長としての経験から解説してみようと思います。

 

先に結論をぶっちゃけますと・・・

 

常連客が、そのパチンコ屋でバイトするのはほぼ無理、難しいです。

僕も、2名ほど常連のお客さんから「ここでバイトしたいけど募集してる?」って聞かれたことがありますが、丁重にお断りしました。

その理由について解説しますので、よろしければ読んで下さいね^^

 




パチンコ屋の常連客はその店でのバイトは難しい

毎日行っているパチンコ屋でバイトしたいって言う人は、だいたいスロットで生活している若い人だと思います。

 

「このまま毎日スロット打っていても、将来的にどうなのかな?」

「どこかでバイトでも探そうかな・・・」

「あ、ここのパチンコ屋なら店員は全員知ってるし、他の常連客とも仲がいいのでバイトしてみようかな?」

 

多分、こんな心境ではないでしょうか?

実際、僕もバイトスタッフから、

 

「店長、あのいつもスロット打ちに来る〇〇さんが、ウチの店でバイトしたいって言ってますけど、募集ってしてますか?」

って聞かれたことがあります。

※「〇〇さん」にはあだ名が入ります。常連のお客さんには、ほぼあだ名が付いているのです(笑)。

「常連のお客さんはゴメンナサイ、って断っておいて」と返事しておきましたけどね。

 

各パチンコ屋の店長の考え方にもよりますが、僕がこう判断した理由を次に説明します。

 

 常連客がバイトすると情報漏洩などの不正が疑われる

一番はこれですね。

以前、「パチンコ屋の店員は、辞めた後もそのパチンコ屋で打つことはできないのか?」と言う記事を書きました。

常連のお客さんをバイトで採用しないのは、それと全く同じ考え方です。

 

 

もし、自店に毎日打ちに来ていた常連客をバイトで働かせたら、他のお客さんはどう思うでしょうか?

「アイツ、ここのパチンコ屋の常連だったヤツだよな。ツレの仲間に設定とか教えてるんじゃね?」と思う人が、一定数はいるでしょう。

周りのお客さんに、こんな余計な不信感を与えてしまいます。

 

もちろん、バイトがスロットの設定を知るはずもありません。

でも、周りのお客さんは「情報漏洩」や「不正結託」を疑ってしまいます。

それが本当かウソかはどうでもよく、情報漏洩を疑われる時点でパチンコ屋としてはマズイのです。

だって、特定のお客に内部情報を流してると思われるパチンコ屋に、あなたなら打ちに行きますか?

アホらしくて行きませんよね。

 

また、常連客をバイトで働かせると、お客さんだけでなくパチンコ屋側も疑ってしまいます。

例えば、

・新台入替の日にちがお客さんに漏れていないか?

・撤去される機種や、導入する新台の機種がバレていないか?

・次に開催するイベントの情報は知られていないか?

などです。

 

もちろん店長や主任は、これらの情報がバイトに漏れないように管理しています。

でも、完全に遮断するのは実は難しいです。

 

・事務所に入った時に新台のパンフレットが置いてあった。

・次回の折り込みチラシが、業者から届いた。

・店長が、電話で新台の話をしているのを聞いた。

・店長が閉店後に、○○○番台を開けて何かしていた。

 

などから、勝手に推測されて情報を漏洩される恐れがあります。

※例えバイトでも、こうしたお店の内部情報を漏らしてはいけません、入社時に誓約書を書かされます。

 

店長としては、従業員を必要以上に疑いたくないです。

しかし、どうしても常連客をバイトで働かせると、こうした余計な心配や疑いが生まれるのです。

ちなみに店長は、従業員を100%信用しないことも、店舗を管理するうえで重要なことです。特にパチンコ屋は。

 

 常連客がバイトで働くと店員同士の人間関係が難しい

上記の情報漏洩や不正結託は、どちらかと言えば「余計な心配事」レベルの話です。

しかし、確実に常連客をバイトで採用すると起こる”弊害”があります。

それは、他のバイトなどとの人間関係です。

 

だって、今までお客さんだった人が、今日から新人のバイトですよ。

立場が180度逆転、どちらもやりにくいです。

 

元常連客の新人バイトに偉そうな態度取られたら、先輩バイトはムカつきます。

「オマエ、もう客じゃねーだろ!」って(笑)。

元常連客の新人バイトの方も、昨日まで自分が通ると会釈してくれていた店員に、今日から反対に自分が頭を下げる番です。

 

それに冒頭の「俺は常連で、店員とも全員仲が良いから」と言うのは妄想だったと気が付きます。

仲が良いと感じていたのは、あなたがお金を使う常連客だからです。

パチンコ屋は、まがりなりにも接客業。

店員も、内心ウザイ客と思っていながらも、とりあえずは愛想笑いします。

 

きっと、常連客だった時とバイトとして働いた時との現実のギャップに驚くと思います。

常識ある人(常連客)なら、きちんとした人間関係が築けるかもしれません。

しかし、そもそも毎日スロット打って、しかもそのパチンコ屋でバイトしようと思う発想の持ち主が、常識ある人だとは僕はちょっと思えませんけどね。

 

 常連客をバイトで採用するとメンドクサイ

と言う上記の2点が、僕が常連客をバイトで採用しない理由です。

ハッキリ言って、常連客をバイトで採用しても、デメリットはあってもメリットが見つかりません。

いくら万年人手不足の業界でも、常連客をバイトで働かせるとこれだけメンドクサイことになります。

だったら、初めから「お断り」した方がいいと思ってしまうのです。

 

常連客をバイトで雇うパチンコ屋ってあると思いますか?

あまりにも顔がしれていると雇わないと思います。
働いたらそこでパチンコを打ってはいけないし、辞めてからも数ヶ月はダメな所が多いです。
お店も勘違いされては困るので、なかなか雇わないかなと。

引用元:ヤフー知恵袋 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1056073110

 

常連客がそのパチンコ屋でバイトする方法はあるのか?

ついでなので、「では、常連客がそのパチンコ屋でバイトする方法、採用される方法はあるのか?」についても解説します。

どうしても、行きつけのパチンコ屋でバイトがしたいって言う人は、一応の参考にしてしてみて下さい。

 直接、事務所に電話してバイトの応募をする

バイトしたいことを、店員を通して店長に聞いてはダメです。

冒頭のように「常連のお客さんが~」とバレてしまいますので、その時点でバイトへの道は断たれます。

 

バイトをしたい場合は、直接自分で事務所に電話して応募して下さい。

さすがに、電話では常連客かどうかまでは聞かれませんので、募集していれば面接のアポを取ることが可能です。

 

ただ、実際に面接に行った時に、ホールやカウンターの店員に顔バレする可能性があります。

ここは、メガネで変装するとかで乗り切って下さい(笑)。

 

うまく顔バレせずに店長と面接できれば、バイト採用される期待は残ります。

店長は、四六時中ホールを回っているわけではないので、すべての常連のお客さんの顔を覚えていません。

 

面接で「当店に来店されたことはありますか?」と聞かれることがあります。

間違っても、「毎日来ています。昨日も打ちに来ました。」と答えてはいけません。

常連客だと言うことがバレてしまします。

 

店長は、なぜバイト先に自店を選んだのかを知りたく質問しているので、

「何回かは来たことがあります。雰囲気が良さそうだなと思いまして、アルバイトに応募しました。」

と、無難に回答しましょう。

 

常連客と言うことが店長にバレなければ、あとはその他の条件次第で採用されるかもしれません。

 

 目立たない常連客ならバイトできるかも

「常連客」の中でも、目立つ常連客はほぼバイトで働くのはムリです。

集団グループの一員で、派手な格好や服装で態度もデカければ、すでに店員や店長に悪い意味でマークされていることでしょう。

 

でも、中には常連客と言っても、一人でほとんど目立たずにひっそりと打っている人もたくさんいます。

こうした目立っていない常連客なら、もしかしたらバイトできるかもしれません。

他のお客さんへの影響も少なそうですし、そもそも店長が常連客と気付いていない可能性もあります。

 

少なくとも、そのパチンコ屋でバイトしようと思うのなら、店員から嫌われていないことは最低限の条件ですね。

嫌われている=常連客以前に、人間性で不採用です。

 

 しばらくそのパチンコ屋に行くのをやめる

本気で、行きつけのそのパチンコ屋でバイトで働きたいのなら、この方法が現実的です。

常連客だからバイトで働けないのなら、常連でなくなればいいのです。

1か月ではちょっと短すぎますが、最低3か月、半年ぐらいそのパチンコ屋に行くのをやめれば、店員の記憶から忘れ去られると思います(笑)。

 

でも、そこまでしてそのパチンコ屋にこだわならくても、周りのライバル店ならすんなりとバイトの応募できるんですけどね。

 

パチンコ屋の常連客はその店でのバイトはできるのか?のまとめ

と言うわけで、常連客がそのパチンコ屋でバイトするのは難しいです。

その主な理由は、情報漏洩の可能性と人間関係がメンドクサイから。

僕は、常連のお客さんからバイトの応募があった時は、丁重にお断りしていました。

でも、中にはスンナリ採用してくれるパチンコ屋もあるかもしれませんね。

 

また、1000台クラスで稼働が高いパチンコ屋だと、いくら常連とは言え、店員も一人一人顔を覚えていない可能性があります。

こういう大型店は、バイトができるチャンスかもしれません。

 

尚、店員に対してムカつく態度をしたりホールのルールを守らないと、高確率で変なあだ名が付き悪い意味でマークされます。

常連以前に、人間性でバイト不適格と判断されますので、やはり日頃の行いが大切ですね。

「俺、店員と仲が良いから」とか、自惚(うぬぼ)れないほうがいいですよ。

 

今回は以上です。

「つまらなかった」とかのコメントは不要です。

自覚してますので。

 

 

スポンサーリンク







 

※ベラジョンカジノに登録後、トップページからHawaiian Dream(ハワイアンドリーム)を選んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。