パチンコ店の深夜までの延長営業は出ない?釘や設定は回収なのか?

登録した日から7日間無料でお試しできます。この期間中に解約すれば料金は一切発生しません。登録方法はコチラから。PC版は「777タウン.net 」をご利用下さい。

 

フィーバー!

店長時代は、帰るのが深夜までの延長残業で毎日3~4時だった、元店長の”ななしー”です。

ちなみに、出勤は開店前です。

 

パチンコ店の中には、特定の期間だけ深夜1時までとか営業しているところがありますよね。

この延長営業って出る(出す)のでしょうか?

単純に「営業時間が長い=チャンスが多い」と思って良いのでしょうか?

釘や設定の状況は果たして??

 

気になるパチンコ店の延長営業について、出るのか回収なのかを説明します。

予想は付くと思いますが、結論は下の目次の各見出しを読めば分かります。

 

  ハワイアンドリームの遊び方はこちらからどうぞ! 今なら無料ボーナスがもらえる! 姉妹サイトパーラーオンラインカジノもよろしくね!

パチンコもスロットも延長営業は出ない!

残念ながら(?)、パチンコ店の深夜までの延長営業は出ません。釘も設定も回収モードです。

「深夜1時まで営業!」って言うチラシも入るので、いかにも何だか出そうな気がします。

しかし、それは本当にそういう気がするだけ(笑)。

通常営業より出ません。

 

深夜遅くまでパチンコが打てるからと言って、行かない方がいいですよ。

また、お祭りのついでにパチンコ店に寄るのもやめた方がいいです。

 

パチンコ店の延長営業が出ない理由を順番に説明しますね。

 

深夜1時まで延長営業ができる理由はお祭りなどの行事のため

出ない理由を書く前に、なぜ深夜1時までの延長営業ができるのか?を説明する必要があります。

ここが重要ですので、読み飛ばさないで欲しいです。

 

パチンコ店を規制している風営法では、深夜0時から翌朝6時まで営業ができません。

そしてここから更に、各都道府県の条例で営業時間が決められているのです。

だから都道府県によって開店が9時だったり10時だったり、閉店が22時だったり23時だったりするわけです。

 

でも、そうなると深夜1時の閉店は、風営法に違反していますよね?

条例は、基本的に法律より緩くすることができませんので、なぜ深夜1時までの延長営業できるのかが疑問です。

 

実は、風営法には「習俗的行事その他の特別な事情のある日には、条例で定めることができる」という決まりがあるのです。

つまり、原則は深夜0時~翌朝6時までは営業しちゃダメだけど、特別な理由がある時は条例で決めてもいいよと言うことです。

「習俗的行事」の「習俗」とは、ならわしとか習慣と言う意味ですから、地域で昔から行われているお祭りなどのことですね。

だからパチンコ店の延長営業は、京都の祇園祭や札幌の雪まつりの時期に行われているのです。

 

三重県はオールナイト営業もできる

延長営業で一番有名なのが、三重県ですね。

年末は延長営業ですが、大晦日に限っては延長どころかオールナイトで夜通しの営業です。

閉店はありません。

 

今では、全国から多くの人がこのオールナイトパチンコに訪れます。

最大で40時間もぶっ通しで営業ですから、お客さんも店員も体力が必要です(笑)。

 

三重県のオールナイトパチンコは、伊勢神宮の初詣の参拝客ためと言われています。

トイレや駐車場が足りないので、パチンコ店を借りて確保しようとした訳です。

先ほどの祇園祭や札幌雪祭りと同じように、昔からある地域の習慣的な行事のために許可されているのですね。

 

実は、ここが延長営業が出ない理由です。

 

 

延長営業はお祭りなどの観光客が多いので出さない

このように、地域のお祭りや参拝などは、観光客なども含めて遠方から人々が訪れます。

そのついでにパチンコにでも寄って行こうかな、となるわけです。

でも、このようなお客さんは「一見さん」が多いです。

 

普段は、近所や地元の常連さんがメインですが、こうした全国的に名の知れた行事の日は、初めてそのパチンコ店に来る人もたくさんいます。

こうした一見さんたちは、次いつ来店するか分からないですよね。

来年の同じ日まで来ないかもしれないですし、もしかしたら、もう二度と来ないこないかもしれません。

そんな一見のお客さんに、わざわざ出すと思いますか?

 

常連のお客さんの場合、回収ばかりしていては逃げられてしまいます。

たまには出してあげて還元しないと、お金も持たないしリピーターになってくれないですからね。

 

でも、一見さんは出ても出なくても次来る保証がありません。今日限りのお客さんです。

だったら、出さずに回収した方が商売としてはウマイですよね。

あなたならどうしますか?

 

お盆やお正月が出ない理由と似ている

これは、お盆やお正月にも同じことが言えます。

お盆は、実家に帰省する人が打ちに来ます。

帰省客は、お盆が終わったらもう来ません。

 

お正月は”新年の運試し”として、普段パチンコをしない人も打ちに来ます。

このような人も、お正月が終わったら「次はまた来年」のお客さんです。

この辺は、何となくお祭り客や参拝客と似ていますよね。

 

パチンコ店が出すのは、お客さんにまた来て欲しい、リピートして欲しいという狙いがあるからです。

「エサ撒(ま)き」とか言われるアレです。

 

しかし、パチンコ店の深夜までの延長営業は、お祭り客などもう来ないと分かっているお客さんが多いため、エサを撒く必要がありません。

出さずに回収するのです。

つい、お祭りのついでにフラ~と寄ってしまう時点で、パチンコ店の思うツボになってますよ。

 

 

営業時間が長いので釘や設定は回収調整で出ない

パチンコ店の延長営業が、回収で出ない理由はまだあります。

それは、通常よりも営業時間が長いことです。

当たり前じゃんと思った人、良く考えてみて下さい。

 

例えば、朝9時開店で23時閉店のホールだと14時間営業です。

これが深夜1時までの営業ですから、16時間営業で2時間長くなります。

 

パチンコやスロットは、確率ゲームです。

機械割(出玉率)が100%を超えている調整の台は、理論上、打てば打つほど玉やコインが増える計算になります。

 

この機械割100%超の台を、14時間打った時と16時間打った時ではどっちがたくさん出ますか?

もちろん16時間の方です。

2時間余分に回せるからですね。

 

ということは、深夜1時までの延長営業をする場合、23時閉店の時と同じ釘や設定調整をしていては、通常よりも出てしまうことになります。

2時間長い分だけ釘や設定を閉めて、ようやく通常と同じぐらいの出玉。

通常よりも回収するなら、更に釘や設定を閉めないと帳尻が合いません。

 

営業時間が長いと売上が伸びないので出せない

また、営業時間が長くなると持ち玉で粘られやすくなり、売上が思った以上に伸びなくなります。

深夜でも、新規のお客さんが来店してくれればその分売上が伸びますが、閉店時間が迫れば迫るほど、残って打っている人は持ち玉がある人ばかりです。

閉店1時間前とかに、現金投資している人はかなり珍しいです。

 

売上が伸びない状況で機械割が100%を超える台ばかり打たれると、割数だけがどんどん上がっていきます(=赤字になっていく)。

やはり釘や設定を普段以上に閉めないと、2時間長い延長営業ではパチンコ店は儲けることができないのです。

 

営業時間が長いと高設定台がバレやすいので出せない

これをもう少し分かりやすく説明すると、営業時間が長いと出る台、出ない台がバレてしまい、出る台(機械割100%超の)だけ打たれるということになります。

特にスロットなんかは、閉店まで粘って打っている人は高設定の場合が多いです。

これが、「売上が伸びずに持ち玉で粘られる=割数だけ上がっていく」状況です。

 

これらの理由から、パチンコ店が延長営業をする場合は、通常よりも釘や設定をより一層閉めなければバランスが取れません。

反対に、釘や設定は普段のままで営業時間だけを長くすれば、その分出てしまいホールの利益は確実に減ります。

営業時間の長さって、実はかなり重要な要素なのです。

 

 

パチンコ店は儲かるから延長営業をする=お客さんは損をする

繰り返しますが、延長営業をする場合は釘や設定を閉めて回収します。

パチンコ、スロットどちらも出ません。

 

ここまで僕が説明しても、「本当に釘や設定は回収調整なのか?」と、まだ疑う人がいるかもしれません。

でも、そもそも考えてみて下さい。

 

なぜ、パチンコ店が深夜までの延長営業をするのか・・・?

 

本当にお祭り客や参拝客にトイレや駐車場を貸すのが目的で、延長営業をすると思いますか?

違いますよね、儲かるから延長営業をするのです。

 

「条例で特別に延長営業ができるようになっている」と最初に説明しましたが、もちろんこれは強制ではありません。

延長営業をしなくてもいいわけです。

 

深夜営業って、コストが余計にかかることは容易に想像がつくと思います。

光熱費は増えますし、人件費も深夜手当が必要になります。

防犯にも、気を遣わなければいけません。

 

大型スーパーも以前は24時間営業が多かったですが、近年は減少傾向です。

それだけ、24時間営業するメリットがないからです。

 

これは、パチンコ店も同じ。

わざわざ深夜まで余分な経費を使って延長営業するのは、それ以上に儲かるからやるのです。

パチンコ店が儲かるってことは、お客さんが損をするってことですよね。

 

・・・というわけで、延長営業は回収で出ません。

反対に、延長営業が出る理由があれば教えて欲しぐらいです。

 

パチンコ店は、営利目的で営業しています。

経営者の立場になって考えてみれば、延長営業をする理由や、出るか出ないか(出すか出さないか)は自然と分かるはずです。

 

なぜグランドオープンは営業時間が短いのか?を考えてみる

そう言えば皆さん、パチンコ店のグランドオープンやリニューアルオープンって行ったことありますか?

パチンコの釘は(バレない程度に)開いていて、スロットはかなり設定が入っています。

 

ここで注目して欲しいのは営業時間。

グランドオープンやリニューアルオープンって、開店時間は昼や夕方などで通常よりも遅いですよね。つまり営業時間が短いです。

朝9時開店のグランドオープンやリニューアルオープンは聞いたことがないです。

そして閉店時間も早く、21時とかで突然閉店することもあります。

 

なぜか?

釘も設定も、かなり出す調整にしているからです。

 

ほぼすべての台が機械割100%を超えているので、打てば打つほど玉やコインが増えていきます。

こんな状態で14時間も営業したら、とてもじゃないですが超大赤字になってしまいます。

 

又、ここまで甘い調整だと当たりやすくなるため、多くのお客さんが持ち玉で遊技します。

現金投資をしている人は少なくなり、売上もある一定額からなかなか伸びません。

割数は、どんどん上がっていく一方です。

ですから釘や設定を出る調整にする分、営業時間を短くするのです。

 

深夜までの延長営業は、グランドオープンやリニューアルオープンと真逆の考え方です。

このように、なぜ営業時間が短いのか?営業時間が長いとどうなるのか?を考えてみれば、釘や設定の調整の方向性が分かると思います。

 

お盆や年末のパチンコ店は元々出ない時期

最後にもう一つ。

元々、パチンコ店はお盆や年末年始、そしてゴールデンウイークなどの大型連休は出ません。

多くの人が仕事が休みですし、お盆や年末はボーナス後でもあるからです。

 

祇園祭は7月で札幌雪祭りは2月ですから、これら大型連休とは重なりません。

しかし、三重県のオールナイトパチンコは年末年始ですから、この大型連休に重なりますので注意が必要です。

※オールナイトパチンコは40時間近く営業しますので、16時間営業の比ではない回収調整であることは容易に予想が付きます。

 

全国を見れば、他にもこうした延長営業を行っている地域はあります。

お祭りなどは、こうした大型連休に行われることが多いです。

パチンコ店の延長営業+大型連休=ボッタクリ調整、だと思って下さい。

 

 

【まとめ】パチンコの延長営業はトイレを借りるだけがベスト(笑)

ちょっと長くなりましたので、要点をまとめます。

 

・深夜までの延長営業は、お祭りなど地域の行事のために特別に認められています。

・そのことから観光客など一見客が多いため、パチンコ店は気兼ねなく回収できます。

・延長営業は営業時間が長くなるため、通常よりも機械割を下げる釘や設定調整が必要です。

・グランドオープンやリニューアルオープンはよく出ますが、その分営業時間が短いです。延長営業はこの逆です。

・そもそもパチンコ店は、儲かるので延長営業をします。と言うことは、お客さんは損をします。

・お盆や年末年始などの大型連休は、元々パチンコ店は出ません。これに重なる延長営業は注意が必要です。

 

お祭りついでにパチンコ屋に寄ったら、トイレだけ借りて帰るのが賢い本来の利用目的です。

つい・・・と打つのは、負ける原因ですのでやめましょう。

 




姉妹サイト「パーラーオンラインカジノ」は、こちらからどうぞ!

パチンコ・パチスロの代わりになるギャンブルを探している人は、ぜひ一度オンラインカジノで遊んでみて下さい。

風営法は関係ないので100万勝ちとか狙えますよ。

 

沖ドキ南国育ちを彷彿とさせる爆裂連チャンスロット「ハワイアンドリーム」がオススメ機種です!

・リスピン(リプレイ)の連続がアツい!

・ハイビスカスが光ればボーナス確定!

・蝶々が飛ぶと、スーパーボーナスへ昇格!

・金7のアルティメットラッシュで一撃大量出玉を狙え!

 

ハワイアンドリームについて詳しく知りたい方は、こちらからどうぞ!